Open Close
  • eaef332s2

    音楽劇『ライムライト』稽古披露・取材会【動画】

    チャールズ・チャップリンの同名傑作映画を原作とした、音楽劇『ライムライト』が、8月3日(土)から東京・日比谷シアタークリエで上演される。2015年の初演、2019年の再演に引き続き、チャップリンが演じた老芸人・カルヴェロ役を石丸幹二が演じる。
    新たにバレリーナ・テリー役に朝月希和、音楽家・ネヴィル役に太田基裕を迎え、「前回を超えていこうという思いで」3度目の上演に挑む。

    7月17日(水)に稽古披露と取材会が行われた。動画では稽古披露の模様と、石丸幹二、朝月希和、太田基裕が揃って登壇した取材会の模様をダイジェストでお届けする。

    太田基裕  石丸幹二  朝月希和

    石丸が演じるのは、かつて一世を風靡した老芸人・カルヴェロ
    稽古披露で披露されたのは二幕冒頭。一幕で、一度は自殺を図ったバレリーナ・テリー(朝月希和)をカルヴェロが献身的に支え、公開されたニ幕冒頭は、テリーが再び舞台に立てるようになったところから。

    石丸幹二が「プリマバレリーナそのもの」と太鼓判を押した朝月希和のバレエをぜひ、動画でご覧ください。

    テリーと運命的ともいえる出会いをする音楽家・ネヴィル(太田基裕)とのシーンもご注目ください。

    音楽劇『ライムライト』
    原作・音楽:チャールズ・チャップリン
    上演台本:大野裕之
    音楽・編曲:荻野清子
    演出:荻田浩一

    出演者:
    石丸幹二
    朝月希和 太田基裕
    植本純米 吉野圭吾 保坂知寿
    中川 賢 舞城のどか

    ヴァイオリン:岸 倫仔
    リード:坂川 諄
    アコーディオン:佐藤史朗
    ピアノ:荻野清子

    東京公演:2024年8月3日(土)~8月18日(日)シアタークリエ
    大阪公演:2024年8月23日(金)~8月25日(日)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
    大分公演:2024年8月31日(土)~9月1日(日)別府国際コンベンションセンター(B-Con Plaza)
    公式サイト: https://www.tohostage.com/limelight …

  • メインビジュアル(撮影:山崎伸康)

    『セツアンの善人』メインビジュアル、公演詳細、演出家&キャストメッセージ公開

    世田谷パブリックシアターにて、10-11月に上演される、芸術監督・白井晃演出による『セツアンの善人』について、メインビジュアル、公演詳細、演出家メッセージ、出演する葵わかな・木村達成のコメントが新たに公開された。東京公演のチケット一般発売は8月25日(日) 。

    (撮影:山崎伸康)
    『セツアンの善人』は、第二次世界大戦中、ナチスにより市民権を剥奪されたドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトが亡命先で執筆し、1943年にスイスのチューリッヒで初演。神様が地上に降りてきて善人を探すという寓意劇.

    ▼上演台本・演出 白井晃 メッセージ(チラシより)
    この世の中でホントに善人でいることができるのか?善意と言われても、無料の奉仕などあり得るのか、自己満足もしくは何か裏にあるのではないかと疑ってしまう。そんな殺伐とした世界に私たちは生きている。
    真に人と人とが信じあえて、思いやれる時が来たらと願っても、そんなことなど絶対にあり得ない、信じる方が愚かだと思えてしまう。私たちは諦めの中に生きている。だからこそなお、今このブレヒト作品を上演する意味があると思ったわけなのです。パンデミックや災害、戦争の悲壮を身近に感じる中で、社会の原理が本質的に変わることを目指すべきとした、かつてのブレヒトのメッセージはより一層強力に心に響くのです。
    演劇に社会を変える力など、もはやありはしないのかもしれない。
    それでも、主人公シェン・テを今の世界を生きる人間として描くことで、少しの時間だけでも演劇の力を信じたいと思うのです。

    ▼出演・葵わかな コメント
    シェン・テと、シェン・テが劇中で演じるシュイ・タの二役を演じます。なかなか複雑な構造の二役に挑戦することになります。シェン・テはとてもお人好しな性格で神様から善人だと認められ、逆にシュイ・タは周囲から冷酷な人物だと評価されています。果たして本当にそうなのか、見ている人によっても色々と感じ方が変わるような役でもあると思うので、そういう部分も楽しんでいただけるように頑張りたいです。
    今回、演出の白井さんとは初めてご一緒させていただきます。白井さんは俳優の新境地を開拓してくださる印象があったので、私も新しい挑戦ができることをとても楽しみにしております。
    『セツアンの善人』は80年以上前に書かれたお話ではありますが、素敵な共演者の皆様と演出の白井さんと共に、今を生きる私たちにも響くようなメッセージをしっかりと表現していきたいです。また音楽の力によって、より親近感や楽しい瞬間も生まれるような作品になればいいなと思っております。

    ▼出演・木村達成 コメント
    失業中のパイロットの青年、ヤン・スンを演じます。ヤン・スンは一見すると嫌な奴のように思えるのですが、とても人間らしくもあって、そういったところに親近感を覚えています。
    白井さんの演出作品にはこれまで二度出演させていただきましたが、いつも自分はどうあるべきなのかといったことや、人のために何かをする自己犠牲の気持ち、観客の皆様に与える影響などについて考えるきっかけを与えてくださり、自分が変わる瞬間に何度も立ち会っていただきました。今回、世田谷パブリックシアターで『セツアンの善人』に出演することになり、改めてそういったことをたくさん考えられる稽古が待っていると思うと、少し不安でもあり、同時に楽しみでもあります。
    約1年ぶりの舞台出演となりますが、この作品を観ていただいた皆様に、“面白そうな奴だな”と思っていただけたら幸いです。

    『セツアンの善人』
    東京:2024年10月16日(水)―11月4日(月・休)世田谷パブリックシアター
    兵庫:2024年11月9日(土)13:00、11月10日(日)13:00 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
    【作】ベルトルト・ブレヒト 【音楽】パウル・デッサウ 【翻訳】酒寄進一
    【上演台本・演出】白井晃 【訳詞・音楽監督】国広和毅
    【出演】
    葵わかな 木村達成 渡部豪太 七瀬なつみ あめくみちこ
    小林勝也 松澤一之 小宮孝泰 ラサール石井 ほか
    【演奏】
    磯部舞子(Vn. 東京公演) 島津由美(Vc.) 熊谷太輔(Perc.)/加藤優美(Vn. 兵庫公演)

    東京公演では、託児サービス、車椅子スペース、補助犬を伴っての観劇、聞こえにくい方のための音声サポート、聴覚障害者のための字幕タブレット貸出、視覚障害者のための舞台説明会および音声ガイド貸出あり。
    【世田谷パブリックシアターHP】https://setagaya-pt.jp …

  • 7月17日(水)AM6時_WEB媒体様解禁画像_映画「青春ゲシュタルト崩壊」

    佐藤 新 (IMP.) × 渡邉美穂 『青春ゲシュタルト崩壊』W主演で実写映画化決定!! 爽やかでピュアな距離感にキュンとするストーリーに注目! ※コメントも到着♪

    壊れそうな私を、“あなた”が変えてくれた
    佐藤 新 (IMP.) × 渡邉美穂
    映画『青春ゲシュタルト崩壊』
    W主演で実写映画化決定!!

    スターツ出版が運営する小説サイト「野いちご」にて、2016年から開催されている小説コンテスト「野いちご大賞」の第5回大賞作品、丸井とまとの「青春ゲシュタルト崩壊」(スターツ出版文庫)がNAKACHIKA PICTURES配給にて実写映画化、2025年に公開することが決定した!

    昨年話題となった映画化原作を数多く生み出した、小説コンテスト「野いちご大賞」。
    10代、20代から圧倒的な“共感と感動”の声が続出した青春小説、ついに実写映画化!!

    スターツ出版が運営するケータイ小説サイト「野いちご」は10代、20代の学生へ向けた恋愛・青春小説が無料で読める投稿サイト。昨年、同サイトから生まれた原作「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」、「交換ウソ日記」、「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」が実写映画化され、いずれも大きな話題となった。
    そして、この度、映画化されるのは2021年に単行本化されるとTikTokで話題となり、物語上で描かれる等身大の学生ならではの悩みに“ほんとに号泣しちゃって自分みたいだなって思いました”、“共感する部分が多くて、序盤から涙が止まりませんでした”との声が続出した小説「青春ゲシュタルト崩壊」。本作はリアル世代の物語への共感性はもちろんだが、<個性を押し殺し、他人に合わせて自分を見失うこと=自分の顔が見えなくなる>と原作で表現される【青年期失顔症】になった女の子が、新たな出会いを経て成長していく物語が、これまでの青春小説とは一線を画し高い評価を受けている。

    作者の丸井とまとは、これまでにも数々の青春小説、恋愛小説を生み出し続け、10代の等身大の悩みを紡ぐ作品に多くの読者の共感を得ている。本作の映画化について、「もしも心の苦しさが目に見えるもので、周りに合わせて自分を見失ってしまったら……そんなテーマで書いた作品を出版してもらえたことが夢のようでしたが、このたび映画化が決定いたしました。爽やかで魅力溢れる佐藤新さんと、眩しい笑顔が素敵な渡邉美穂さんが演じてくださる朝比奈と間宮をスクリーンで観る日が今から楽しみです。」と期待を込めたコメントを寄せている。そして、脚本を務めるのは今年の1月からTBSで放送され、最終回後は国内外でロスが多発したドラマ「Eye Love You」を手掛けた三浦希紗。登場人物1人1人の心情を丁寧に追って紡ぎ出し、その共感性の高い台詞は視聴者自身の経験や感情と重ね合わせられる物語と定評がある。三浦は「〝自分を見失う〟というごく身近にある感情を、青年期失顔症という架空の病気を設定して表現されていたことに衝撃を受けました。けれど、そのショッキングな設定の中で描かれていた心理描写は繊細で脆く、とてもリアル。」と原作の魅力について語り、続けて「爽やかさ、苦々しさ。爽快だけれど、儚い。そんな〝青さ〟を持った登場人物たちの青春を、どうか劇場で見守っていただければ幸いです。」と楽しみにしている方へメッセージを寄せている。

    佐藤新×渡邉美穂 “初共演でW主演” 今、注目のフレッシュな2人が魅せる
    爽やかでピュアな距離感にキュンとするストーリーに注目!

    本作のW主演にはIMP.の佐藤新&渡邉美穂が決定!派手な見た目と乱暴な態度で教師から目をつけられているが、人一倍“痛み”に寄りそえる高校2年生の朝比奈聖(あさひな・ひじり)を演じるのは、2023年8月18日にデジタルシングル「CRUISIN’」でデビューを果たしたIMP.のメンバーでありセンターを務める佐藤新。佐藤は2023年に話題となったドラマ「silent …

  • NEXT14山中

    ViVi国宝級イケメンランキング2024年上半期・全順位発表!

    「ViVi国宝級イケメンランキング」各部門の
    ランキングの全順位を発表!
    2024年上半期 国宝級イケメンランキング
    ◆NOW部門
    1位 八木勇征(FANTASTICS)
    2位 萩原利久
    3位 京本大我(SixTONES)
    4位 高橋文哉
    5位 道枝駿佑(なにわ男子)
    6位 川西拓実(JO1)
    7位 髙橋海人(King & Prince)
    8位 ラウール(Snow Man)
    9位 尾崎匠海(INI)
    10位 K(&TEAM)
    11位 松田元太(Travis Japan)
    12位 綱啓永
    13位 板垣李光人
    14位 樋口幸平
    15位 末澤誠也(Aぇ! group)

    ◆NEXT部門
    1位 宮世琉弥
    2位 佐野晶哉(Aぇ! group)
    3位 池﨑理人(INI)
    4位 山下幸輝
    5位 窪塚愛流
    6位 杢代和人(原因は自分にある。)
    7位 柏木悠(超特急)
    8位 岩瀬洋志
    9位 HARUA …

  • DSC_2854

    浜辺美波、豪華偉人ジャーズ勢ぞろいに「迫力が凄い!」 赤楚衛二は「 土佐弁がちょっと難しかったぜよ」と坂本龍馬になりきり! 映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』完成披露試写会

    映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』の完成披露試写会が、7月16日、TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、主演の浜辺美波をはじめ、共演の赤楚衛二、GACKT、髙嶋政宏、江口のりこ、池田鉄洋、小手伸也、長井短、観月ありさ、竹中直人、野村萬斎と武内英樹監督が登壇した。

    眞邊明人の大ヒット小説「もしも徳川家康が総理大臣になったら」を原作に、実写映画化した本作は、現代の日本×歴史上の偉人という壮大なジェネレーションギャップが織りなすエンターテインメントムービー。コロナ禍真っ只中の2020年、首相官邸でクラスターが発生し、総理が急死した日本で、未曾有の危機に直面した政府が最後の手段として「歴史上の偉人達をAIで復活させ、最強内閣を作る」ことを実行。“最強ヒーロー内閣”として、窮地に追い込まれた日本を救うべく、誰もが知る日本の歴史に名を刻む錚々たる偉人が、議員バッジをつけ大集結。
    テレビ局政治部の新人記者として、最強内閣のスクープを狙う主人公・西村理沙を浜辺美波が演じ、内閣官房長官・坂本龍馬を赤楚衛二、経済産業大臣・織田信長をGACKT、文部科学大臣・紫式部を観月ありさ、財務大臣・豊臣秀吉を竹中直人、そして内閣総理大臣・徳川家康を野村萬斎という豪華キャストが顔を揃えた。さらに偉人内閣を構成するキャストとして、髙嶋政宏、江口のりこ、池田鉄洋、小手伸也、長井短も出演し、個性強すぎる最強ヒーロー内閣が誕生する。

    劇中に登場する大階段に見立てた真っ赤な階段を降りてキャスト陣が登場すると、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。偉人役のキャストは役衣装を身に纏い、まさに最強ヒーロー内閣の大復活となり、観客は大熱狂となった。

    坂本龍馬に扮した赤楚が「今日は楽しんで帰るぜよ!」と役さながらに声をかけると、次のGACKTもそれに続き、それぞれが偉人になり切って挨拶する。

    偉人ジャーズに囲まれた浜辺は、「久しぶりに皆さんの紛争姿を見たんですが、やっぱり迫力が凄くて。幕が上がる前はみんなウロウロしたり、竹中さんがツンツンして遊んできたり・・・」と笑顔を見せ、和気あいあいとした雰囲気に懐かしさを感じていた様子。

    役柄で大変だったことを聞かれると、赤楚は「髭が痒いぜよ」とポツリ。「え~とですね」と素に戻ったと思えば、「楽しかったのはみんなと酒を酌み交わしたことじゃ」と坂本龍馬が抜けない。「大変だったのは土佐弁がちょっと難しかったぜよ」としながらも、「武内監督が(自分と)凄く向き合ってくださって、周りの方々のおかげで坂本龍馬になったんじゃないかと思うぜよ」と、監督や共演者たちに感謝する。

    小手は「みんなで飲みに行って楽しかった。そして酔っぱらったみんなとコンビニの前で“コンビニじゃんけん”をしたんですが、僕が負けたんです。でもこの錚々(そうそう)たるメンバーにおごれるなら・・・と思ったんですが、みんな明日のことを考えてかヨーグルトばかり買っていて。3,300にしかならなかったです(笑)」とエピソードを披露していた。

    池田は「監督から『君、大河の主役だと思って演じて』って言われて。でも、思えないじゃん。そんなことやったことないしさ」と言って笑いを誘う。

    長井は「衣装合わせからみんなと話し合いながら作っていて楽しかったです。でもやっぱり私も飲み会が1番楽しかったですね」と笑う。

    観月は「私も飲み会が楽しかった」としながら、「あと、とにかく待ち時間が長かったので、そのときに『江口さんのお家に遊びに行ったごっこ』みたいなのをしていました。何もないところで想像を膨らませて」と明かす。

    江口は「大変だと思うことはそんなになくて。これだけの先輩がいらっしゃる中での芝居だったので、凄く緊張していたんですけれど、だんだんとそれが楽しい時間に変わっていって、お酒の席でもチャーミングな方たちばかりで楽しかったです」と振り返る。

    髙嶋は「初めて京都の東映太秦撮影所に行ったときに、松平健さんの“暴れん坊将軍”シリーズをやっていて、それを見て、いつかこの役をやってみたいと思っていた。今回は暴れない将軍ですが、徳川吉宗を演じられて夢が1つ叶いました」と満足気。苦しかったことについては、「武内監督作品のめちゃくちゃファンなんですが、どんなファンタスティックな撮影が繰り広げられるかと思っていたら、早朝から夜遅くまで、準備も多いし・・・」と体力的にも大変だったようで、「これはテストステロンの値を上げなきゃいけないと思って、早朝からテンションを上げるためにXでセクシー動画を観ることが苦しかった・・・」とこぼし、登壇者が「ちょっと誰か止めてもらっていいですか?」と慌て出す場面も。赤楚も「めちゃくちゃ暴れん坊将軍ですね(笑)」と笑いが止まらない。

    竹中は「これだけのメンバーが揃っていますが、もう毎日が夢のような感じで凄かったです。セットも凄いしビックリしちゃって。毎日が目がくらむような思い出。最高の現場でした。監督のテンションが高くて、僕たちを乗せていくんです。久しぶりの武内組でしたが、最高の時間を過ごすことができました」としみじみ。

    GACKTはクライマックスのシーンに言及し、「かなりシリアスな空気が流れていて、思いの丈を伝えるところなんです。それが萬斎さんが真剣に『三成殿~』って。どう切り返したらいいのかと。これが芸能界の恐ろしさを知るということかと」と暴露し、会場を沸かす。

    すると、野村は「正確には『織田殿!』を『石田殿!』と言ってしまいまして。やっちまったなと」と苦笑い。それでも「そのときに皇居を見下ろす映像が出てくるので素晴らしい景色です」と勧めた。

    浜辺は「私は飲み会にも、江口さんの家に遊びに行くごっこにも参加してないですが、大御所の方ばかりで、本来なら私が一番最初に現場に入らなければいけない立場なんですが、皆さんの準備が長いので、一番最後に入らせていただいていました。楽しくて優越感がありましたね(笑)」といたずらっぽく笑っていた。

    <ストーリー>
    ピンチだよ、偉人集合! 最強ヒーロー内閣、ここに爆誕!!

    時は2020年、コロナウィルスが猛威を振るい日常を奪われた日本。
    国内どころか世界中が大混乱に陥る中、首相官邸でクラスターが発生、あろうことか総理大臣が急死してしまう。
    そこで政府が実行した最終手段、それは「AI・ホログラムにより歴史上の偉人たちを復活させ、最強内閣をつくる」という前代未聞の計画だった。
    総理大臣を託されたのは“江戸幕府を作り上げた伝説の男”徳川家康(野村萬斎)。そして、日本史に燦然と輝く大スターたちが議員バッジをつけ内閣に参加。官房長官を“幕末の風雲児”坂本龍馬(赤楚衛二)、経済産業大臣は“最強にして最恐の革命家”織田信長(GACKT)、財務大臣を“空前の成り上がり者”豊臣秀吉(竹中直人)ほか、紫式部(観月ありさ)、聖徳太子(長井短)、北条政子(江口のりこ)、徳川吉宗(髙嶋政宏)、徳川綱吉(池田鉄洋)、足利義満(小手伸也)など通称≪偉人ジャーズ≫によるドリームチーム内閣が誕生する。
    圧倒的なカリスマに加え、政策を推し進める“えげつない”実行力に人々は驚愕し、日本中が熱狂していく。
    そんな中、女子アナ志望の若手テレビ局員・西村理沙(浜辺美波)はスクープを取ろうと政府のスポークスマンである坂本龍馬に近づくのだが、ひょんなことから偉人ジャーズの活躍の裏に渦巻く黒い思惑に気付いてしまい――
    果たして、陰謀の正体とは?
    そして、日本史に新たに刻まれる“事件”の真相とは?!続きは劇場で!

    『もしも徳川家康が総理大臣になったら』
    公開日:2024年7月26日(金)
    原作:「もしも徳川家康が総理大臣になったら」(著:眞邊明人 発行:サンマーク出版)
    監督:武内英樹(『のだめカンタービレ』『テルマエ・ロマエ』『翔んで埼玉』)
    出演:浜辺美波 赤楚衛二 GACKT 髙嶋政宏 江口のりこ 池田鉄洋 小手伸也 長井短 観月ありさ 竹中直人 野村萬斎
    脚本:徳永友一(『翔んで埼玉』)
    音楽:Face 2 fAKE(『翔んで埼玉』)
    配給:東宝
    マルシー表記:Ⓒ2024「もしも徳川家康が総理大臣になったら」製作委員会
    公式HP:https://moshi-toku …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT