Open Close
  • DSC_3484

    佐藤健、阿部寛のタフさに驚き! 林遣都は佐藤健との初対面に感激!「他にはないオーラ!」 映画『護られなかった者たちへ』公開直前トークイベント

    映画『護られなかった者たちへ』の公開直前トークイベントが、9月20日、東京・銀座松竹スクエアにて行われ、主演の佐藤健をはじめ、共演の阿部寛、林遣都と瀬々敬久監督が登壇した。

    「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山七里の傑作小説を映画化した本作は、東日本大震災から10年目の仙台で起きた不可解な連続殺人事件を軸に、その裏に隠された切なくも衝撃の真実を描く、感動のヒューマン・ミステリー。連続殺人事件の容疑者として追われる主人公・利根泰久を佐藤健、利根を追う宮城県警刑事・笘篠誠一郎を阿部寛、笘篠の部下・蓮田を林遣都が演じるほか、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、永山瑛太、緒形直人など豪華演技派俳優が集結した。

    佐藤は「まずはこの撮影にご協力くださった宮城県の皆さまに感謝申し上げます。今の世の中に投げかける意義のある作品になったと思っております」と挨拶。阿部は「原作を読んで身の毛がよだつような作品でした。これを瀬々監督が映画化するということで面白いものができるだろうなと。一人ひとりが全身全霊を注いで臨んだ作品です」と本作の出来栄えに自信をのぞかせた。林は「今、皆さんに届いてほしいなと思う作品に参加できて幸せでした」としみじみ。

    この日のイベントでは、劇中で事件の容疑者として追われる佐藤と、それを追う刑事役の阿部&林が刑事の取り調べさながらにお互いに聞きたいことを追及。

    雨のシーンや利根を取り押さえようとするなどハードなシーンが多いが、「この人が凄いと思ったことは?」と問われると、「阿部さんがタフでいらっしゃる。めちゃくちゃ走ったのに、阿部さんは全然平気でいらして」と佐藤。阿部は「いや、その日は大丈夫だったんですが、そのあと半年苦しみました(笑)。歳とってくると、あとで来るんですよ」と言って会場の笑いを誘った。

    林も「阿部さんに付いていくのが大変でした。速いし、バテないし。なんといっても歩幅が全然違う・・・。全力でもかないませんでした」と阿部の体力に驚きを隠せない。

    一方、阿部は佐藤について「佐藤くんの集中力に驚きました。容疑者がそこにいるかのようでやりやすかったです」と称えると、林も同調。「それと、初めて『佐藤健だ!』と(笑)。お会いできて嬉しかった。他の方にないオーラを放つ強い印象を受けました」と共演を喜んだ。

    二人に称えらえた佐藤はロケ地の力も大きかったようで、「被災地にいると、やっぱり怖いし、心細いし、寒くて自然に震えが起こってしまう。避難所では誰かがいてくれるだけで安心感があった。そういう状況に身をゆだねて演じました」と振り返った。

    また、それぞれが聞きたいことは?と勧められると、佐藤は阿部に「あの~、阿部さんてLINEとかやってますか? スタンプは使いますか?」と、フランクに質問を。阿部は「やりますよ。スタンプ?あのニコニコの?使います(笑)」と照れ笑い。

    阿部は佐藤に「撮影の時、カメラマンの方から『カッコいいですね~』って言われるとどうしたらいいのか、困るよね?」と。佐藤は「はい、困りますね」と共感しながらも「阿部さんはカッコいいのが漏れちゃうから仕方ないですよ」と微笑み返していた。

    さらに、一般の方からの質問にも答えた登壇者たち。「雨男として名高い佐藤さんですが、雨の逃走シーンはいかがでしたか?」という質問に、佐藤は「実はあのシーンは雨の予定ではなかったんです。でも、雨が降って結果オーライに。僕のおかげですね」とニッコリ。監督も「まさに!」と雨男が功を奏し、いいシーンが撮れたと満足気。

    阿部とバディを組んだ林は長い時間を共有したが、阿部は「共通点は結構ありますよ。まず二人とも顔が濃い」と笑うと、林も「おこがましいですが、昔からよく似ていると言われていました(笑)。阿部さんは待ち時間にも色々なお話をしてくださいました。尊敬し、理想の阿部さんとご一緒できたのは自分の財産です」と感激しきり。自身の役がらについて「自分の状況に戸惑いながらも、ちょっと曲がった性格、未熟な部分がありますが、今回の経験をするなかで成長していきます」と説明した。

    最後に佐藤は「震災から10年経ちましたが、まだ世界には様々な問題があり、苦しまれている方がたくさんいます。この映画では自分たちの大切な人、自分たちの周りを守ることができる社会であってほしいという願いが込められています。ぜひそれを受け取っていただきたいです」とメッセージを伝え、イベントを締めくくった。

    映画『護られなかった者たちへ』
    【ストーリー】
    全身を縛られたまま“餓死”させられるという不可解な連続殺人事件が発生。捜査線上に浮かび上がったのは、過去に起こした事件で服役し、出所したばかりの利根という男。刑事の笘篠は利根を追い詰めていくが、決定的な確証がつかめないまま、第三の事件が起きようとしていた―。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか?利根の過去に何があったのか?さまざまな想いが交錯する中、やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく―

    出演:佐藤健 阿部寛 清原果耶 林遣都 永山瑛太 緒形直人 吉岡秀隆 倍賞美津子
    監督:瀬々敬久
    脚本:林民夫 瀬々敬久
    音楽:村松崇継
    原作:中山七里「護られなかった者たちへ」(NHK出版)
    主題歌:桑田佳祐「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)
    配給:松竹
    ©2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会
    公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/mamorare/

    10.1(金)魂が、泣く。

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”0fac92e9.172f60d5.0fac92ea.2c76632d”;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId=”0″;rakuten_size=”600×200″;rakuten_target=”_blank …

  • 202109_なにわ男子_グループ

    『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』番組スタート! ※意気込みコメントも到着!

    なにわ男子、グループ初となる冠レギュラーラジオ決定!
    『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』
    毎週土曜日19時~21時 オンエア

    11月12日にCDデビューする人気グループ「なにわ男子」が、グループ初となる冠レギュラーラジオ番組を担当することが決定した。昨年末に初の7人全員での冠ラジオ特別番組に挑んだ、「オールナイトニッポンPremium」がその初挑戦の場となる。新番組『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』は、2021年10月2日(土)19時スタート。

    西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也からなる
    関西ジャニーズJr. の7人組グループ、なにわ男子。
    2018年10月のグループ結成後、テレビドラマ・CM出演に加え、バラエティ分野でも自身の冠番組が放送され、更にはメンバー個々の活躍も注目を集める中、
    全国8か所を巡る単独アリーナツアーを開催。関西ジャニーズJr.として異例の活躍を遂げてきた。

    来る11月12日に、“初心LOVE (うぶらぶ)”で待望のCDデビューする彼らが、グループ初となる冠レギュラーラジオ番組『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』を、半年間の期間限定で担当することが決定した。

    昨年末、グループ初となるメンバー7人全員での冠ラジオ特別番組「オールナイトニッポンPremium」を担当。そして今夏には、デビュー発表翌日に「オールナイトニッポン」を担当するなど、ニッポン放送との関係値は深い。明るい笑顔がトレードマークの彼らが、リスナーを笑顔にする楽しい2時間となる予定だ。

    新番組『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』は、FM93.0 AM1242 ニッポン放送をキーステーションに全国ネットで放送され、初回は10月2日(土)19時スタートとなる。

    なお、制作局となるニッポン放送ではプロ野球中継「ニッポン放送ショウアップナイター」を編成しているため、10月・11月のニッポン放送でのオンエアがない放送回に限り、パソコン・スマートフォンで視聴可能なストリーミングサービス「SHOWROOM」での音声配信を予定している。詳細は、今後開設される公式HPで発表されるので、要チェックだ。

    <なにわ男子 意気込みコメント>
    この度、「なにわ男子のオールナイトニッポンPremium」を担当させて頂くことになりました。
    今までオールナイトニッポンさんには2度出演させて頂いたのですが、
    今回はグループとして初レギュラーラジオということで、メンバー全員めっちゃ楽しみにしてます!
    生放送でとても緊張し、変な感じになってしまうこともあるかもしれませんが、
    その時はリスナーの皆さまからのツッコミお便りどしどしお待ちしております!(笑)
    なにわ男子とリスナーの皆さんでつくる楽しいラジオ番組にしていきたいです!

    <新番組概要>
    番組名:なにわ男子のオールナイトニッポンPremium
    パーソナリティ:なにわ男子
    (西畑大吾/大西流星/道枝駿佑/高橋恭平/長尾謙杜/藤原丈一郎/大橋和也)

    放送局:ニッポン放送をキーステーションに全国ネット
    放送日時:毎週土曜日19時~21時
    放送期間:2021年10月~2022年3月
    ※2021年10月2日(土)ネット局で先行スタート。
    ※ニッポン放送でのスタートは10月23日(土)を予定しています。
    ※10月・11月のニッポン放送でのオンエアがない放送回に限り、
    パソコン・スマートフォンで視聴可能なストリーミングサービス「SHOWROOM 」での音声配信を行います。
    <配信URL>
    https://www.showroom-live.com/naniwadanshiann

    ハッシュタグ:#なにわ男子ANNP
    メールアドレス:728@allnightnippon.com

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”0fac92e9 …

  • TOMORROW X TOGETHER_アー写

    主演・田中圭 ドラマ「らせんの迷宮」オープニングテーマがTOMORROW X TOGETHERに決定! ※コメントあり

    10月15日(金)放送スタート!
    金曜8時のドラマ
    「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」
    主演:田中圭
    オープニングテーマが決定!
    GReeeeNが書き下ろした新曲「Ito」を
    今をときめくTOMORROW X TOGETHERが歌う!

    Ⓟ&ⒸBIGHIT MUSIC
    テレビ東京にて、2021年10月15日(金)から田中圭主演の金曜8時のドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」が放送される。
    原作は、小学館ビッグコミック増刊号で連載された人気漫画で、作:夏緑(なつ みどり)、画:菊田洋之の『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』。「DNAは嘘をつかない」が口癖で、32億個の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女とともに、難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るヒューマンミステリー。

    この度、本作のオープニングテーマが、グローバルに人気を集める韓国の5人組グループ
    TOMORROW X TOGETHERの新曲「Ito」に決定した!TOMORROW X TOGETHERがドラマのオープニングテーマを担当するのは日本初となる。
    “絆”がテーマの「Ito」は、デビュー以来数々のヒット曲を生み出し、これまで多くのドラマで主題歌を担当してきたGReeeeNが作詞作曲を担当。糸が半分と書いて「絆」。半分の糸を持った者同士が出会い、一つの糸へ――。そんな思いが込められた「Ito」は、田中圭演じる神保仁と安田顕演じる安堂源次にも通じるようなテーマの楽曲となっている。

    豊富な知識と推理力で難事件を解決していく“ミステリードラマ”として、また医療や健康などDNAプチ情報満載の家族みんなで楽しく学べる“情報ドラマ”として、そして、遺伝子捜査の裏にある深い人間ドラマに感動する“ヒューマンドラマ”として、幅広い層が楽しめるエンターテインメントドラマの新シリーズにご期待ください!

    <コメント>
    ■TOMORROW …

  • ユンヒへ/メイン

    韓国から小樽へ―注目のクィア・ラブストーリー『ユンヒへ』2022年1月7日(金)待望の日本公開決定!

    2020年 青龍映画賞 2冠(監督賞、脚本賞 受賞)
    2020年 韓国映画評論家協会賞 4冠(脚本賞、ベスト映画10選出、監督賞、音楽賞 受賞)
    2019年 釜山国際映画祭 クィアカメリア賞受賞
    韓国から小樽へ―降り積もる雪の下に隠されていたのは、二十年前に閉じこめた記憶
    アジア版『キャロル』とも評され世界中で絶賛された、クィア・ラブストーリー
    「ユンヒへ、あなたと出会ったから、私は自分がどんな人間なのか知ることができたの」
    『ユンヒへ』
    2022年1月7日(金)待望の日本公開&邦題決定!

    2019年、第24回釜山国際映画祭のクロージングを飾り、2020年には韓国のアカデミー賞ともいえる青龍映画賞で最優秀監督賞と脚本賞の二冠に輝いた映画『윤희에게』(英題:Moonlit Winter)の邦題が『ユンヒへ』に決定し、2022年1月7日(金)シネマート新宿ほか全国公開となることが決定した。

    本作は、韓国の地方都市で暮らすシングルマザーのユンヒが、長い間、連絡を絶っていた初恋の女性から一通の手紙を受け取ったことから始まる、クィア・ラブストーリー。母の手紙を盗み見てしてまった高校生の娘セボムは、自分の知らない母の姿をそこに見つけ、手紙の差出人である日本人女性ジュンに会う決心をする。セボムに強引に誘われるかたちで、北海道・小樽へ旅立つユンヒ。
    それは、二十年前の自分と向き合う、心の旅でもあった――。

    監督は、本作が長編2作目となる新鋭のイム・デヒョン。岩井俊二監督の『Love Letter』にインスパイアされたと語り、ロケ地を北海道・小樽に選び、二人の女性達が心の奥にしまってきた恋の記憶を描き出す。登場人物の心情に優しく寄り添うような小樽の美しい冬景色と、ミステリアスに紡がれるユンヒの恋。二十年前に、一体何があったのか? 控えめな言葉と降り積もる雪に隠されながらも、真実は物語が進むにつれて徐々に輪郭をあらわしていく。

    主人公のユンヒを演じるのは長年ドラマや映画で活躍し、昨年韓国で放送された大ヒットドラマ「夫婦の世界」では数々の賞も受賞したベテラン俳優のキム・ヒエ、日本人女性ジュンに『野火』や『ストロベリーショートケイクス』の中村優子。ユンヒの娘セボムに元I.O.Iのキム・ソへ、セボムのボーイフレンドに元B Of Youのソン・ユビンが配された。

    東アジアにおける中年女性達の同性愛と、彼女たちが経験してきた抑圧を真摯に描き出しており、『82年生まれ、キム・ジヨン』や『はちどり』に続く、ジェンダーやフェミニズムをテーマにした傑作である本作は、韓国のLGBTQ+コミュニティや女性達から熱狂的な支持を受け、2019年の釜山国際映画祭では、セリーヌ・シアマ監督の『燃ゆる女の肖像』やグザヴィエ・ドラン監督の『マティアス&マキシム』といった作品が顔を並べる中、クィアカメリア賞を受賞。同映画祭の審査員からは、「久しぶりに映画を見て、胸躍る経験をした。それが韓国で作られた女性たちの愛の物語を描いた映画だからなおさらだ」と絶賛された。尚、日本では2020年11月、第6回大阪韓国映画祭にて同タイトルで上映され、熱狂的に迎え入れられた。

    イム・デヒョン監督は「韓国と日本の女性は確かに違います。しかし、男性中心的な社会秩序が強固に成立した国で生きてきたという点では似ていると思いました。『ユンヒへ』で東アジアの女性たちが互いに連帯し、愛を分かち合う姿を見せたかったのです」と語っている。

    <STORY>
    高校生の娘を持つシングルマザーのユンヒのもとに、いまは韓国を離れて北海道・小樽で暮らす友人から1通の手紙が届いた。もう20年以上も連絡を絶っていた2人には、互いの家族にも打ち明けていない秘密があった…。

    監督・脚本:イム・デヒョン
    出演:キム・ヒエ(『密会』「夫婦の世界」)、中村優子(『野火』)、キム・ソへ(元I.O.I …

  • horizontower1s

    「摩天楼のモンタージュ~Horizon Tower~」DVD好評リリース中!アンジェラベイビー インタビュー

    アジアのトップスター女優アンジェラベイビー主演!
    秘密を抱えた容疑者たちの食い違う証言から真実を見つけ出す、
    本格ミステリー・サスペンス「摩天楼のモンタージュ~Horizon Tower~」DVD好評リリース中!

    「摩天楼のモンタージュ」に出演を決めた理由は何でしょうか?初めて脚本を読んだとき、どんなところに魅力を感じましたか?
    脚本を読んですぐジョン・メイバオという役を演じてみたいと思ったからです。ジョン・メイバオはシンプルな女性ですが謎のあるキャラクターでもあります。矛盾に満ちた多面的なキャラクターである彼女に魅力を感じました。
    原作小説は読まれていましたか? 撮影前に全話の脚本を読み、ヒロインのジョン・メイバオを殺害した真犯人をわかった上で演じたのでしょうか?
    はい、そうです。でも、ネタバレはしないでおきましょう。皆さんにこのドラマを観ていただき、ストーリーを追いながらジョン・メイバオという女性について知っていってもらいたいと思います。

    あなたの演じるジョン・メイバオは謎めいた美女で、登場人物たちの眼に映る彼女はそれぞれ違っています。そんな複雑なキャラクターを演じるにあたって、どのように役作りしていきましたか?特に気をつけたこと、工夫されたことはありますか?
    そうですね、一人一人が見ているジョン・メイバオのイメージは違いますから、自分自身でそれぞれの人物の視点から見た彼女の人物像を書き出してみました。また、それぞれの環境で、それぞれの人物と対面するとき、彼女がどんなふうに過ごし、何を言って、何をして、どんな気持ちでいるのかを考えました。こうして彼女は多面的な人物像となっていったのです。役作りにおいては彼女の持つ雰囲気も大事にしました。そのために撮影現場でもなるべく人と話さずに役に没入するなど、出来るだけ自分の中にある自我をなくすということも意識しました。

    撮影は脚本の順番通りだったのでしょうか?このドラマで最も難しかったこと、苦労したことは何でしょうか?
    現場の状況に応じて撮影予定が組まれていましたので、順撮りではなく同じ場所のシーンは一度に続けて撮るといったふうでしたが、美術はもちろんキャストもスタッフも優秀にこなしていたと思います。最も難しかったことは、ジョン・メイバオは泣くシーンが多かったこと、心身ともに激しく役に入りこまなければならないシーンが多かったことです。時には撮影で一日中泣いていたこともあり、心も体も疲労が大きかったです。一方でレスト・チェン監督はキャストに対してとても気遣いがある方なので、安心感を持ってそうした演技を続けることができました。

    本作は女性視点で綴られたサスペンスで、現代女性が直面する問題を見せるだけでなく、女性たちの友情をも描き出しています。こうした女性にスポットを当てたテーマについてどう考えますか?ストーリーのどのような部分に共感しますか?
    私自身、女性がテーマの作品や女性視点で描かれた作品が好きです。なぜなら、私たちの社会には注目すべき女性問題があまりにもたくさんあるからです。本作で共感するところは鍾美宝の人となりですね。彼女は心の底で苦しみを抱えていますが、それを表に出すことはなく、周りの人たちを幸せにしようと頑張ります。彼女のそんな芯の強い性格には胸を打たれます。

    本作は群像劇でもあり実力派の豪華キャストが揃っていますが、役者同士でどのように息を合わせていきましたか?撮影現場での印象深い思い出や面白いエピソードなどがありましたらお聞かせください。
    監督は事前にキャストたちが息を合わせられるように、クランクイン前に一緒に脚本を読み解く場を設けてくださったので、そこで私たちはキャラクターやシーンをリアルなものにするにはどうしたらいいか話し合うことができました。また、印象深かった撮影と言えば、ジョン・メイバオの隣に住む女性作家・ウー・ミンユエ(コン・イェン)のシーンで、ジョン・メイバオが引きこもっていた彼女を家の外に連れ出そうとするところですね。あそこはお互いに心の傷をさらけ出し、相手の話に耳を傾ける中で新しく生まれ変わる、非常に演技力が必要とされるシーンだったので、自分としてはかなり印象に残っています。面白いエピソードとしては、このドラマのロケ地は四川省の成都で、火鍋の本場でもあったので、たとえケンカしていても一緒に火鍋を囲むという文化だったことですね。

    ここは見逃さないでほしいというシーンはどこですか?日本の視聴者に注目してもらいたい見どころはどこですか?
    ネタバレしたらダメですよね(笑)。ジョン・メイバオのシーンについて言えば、ジョン・メイバオと新人女性刑事のヤン・ルイセン(ヤン・ズーシャン)が一度だけ同じシーンに登場するところがあります。違う立場の2人が互いにじっと見つめあうシーンはみなぎる緊張感があり、忘れられないシーンとなりました。日本の皆さんにもそこは注目してもらいたいところです。

    このドラマは様々なキャラクターの視点から事件とジョン・メイバオを描いていて、どのキャラクターもそれぞれのストーリーがあり魅力的です。もし、このドラマで違う役を演じるとしたら、誰を演じたいと思いますか?
    やはり私はジョン・メイバオを選びたいと思います。彼女という女性がとても好きだからです。

    このドラマはあなたにとってどんな意義のある作品となりましたか?この役を演じたことによって、自分の中で成長や変化はありましたか?
    脚本がとても気に入っていたので、このドラマに参加できたことをとても嬉しく思っています。おかげでこの役者という仕事を本当に素晴らしいと感じることができました。どんな女性もどんな弱者もジョン・メイバオのように自立して強くなってほしいです。ただ、皆さんには幸せな結末を迎えてほしいと思います。

    このサスペンスは中国で配信されてDoubanのユーザー評価で高得点を獲得し、視聴者からも好評を得ました。ご自身は出演を決めた際にこのような高い評価を予想していましたか?このドラマが認められた理由は何だと思われますか?
    出演を決めたときには評価がどうなるかということは考えていませんでした。このドラマが認められたのは、もちろん優秀な脚本による深みのある作品だったからですが、最も大きな理由は制作チーム全員の努力があったことだと思います。

    日本で仕事をされていた時期もありますが、日本の印象や思い出について教えてくださいますか?
    日本で仕事をしていたときにはよく渋谷に行ってお買い物を楽しんでいました。今でも東京に行く機会があれば、渋谷で町歩きをします。懐かしい思い出と言えばコンビニですね。日本のコンビニは朝から晩まで人々のどんなニーズにも応えていて、朝ごはんはもちろん、仕事が遅くなったときの夜ごはんも買えて、疲れを癒してくれる場所でした。

    長年、美貌とスタイルの良さを保っているのは本当に羨ましいです。その秘訣は何ですか?
    栄養について注意しているからかもしれません。普段の飲食では栄養バランスを考えています。もちろん、何よりも大切なのはいつでも気分良くいることですね。

    今後、挑戦してみたい役柄、作品のタイプ、その他の仕事はありますか?
    いつか自分とはギャップのある大悪党を演じてみたいですね。

    最後に日本の皆さんへメッセージをお願いします。
    ハロー、日本の皆さん。「摩天楼のモンタージュ〜Horizon Tower〜」を観ていただき、ジョン・メイバオを好きなってもらえたら嬉しいです。こんな時期ですからお体には気をつけて、健康で平穏な日々をお過ごしください。

    「摩天楼のモンタージュ~Horizon Tower~」
    DVD-SET1&2 発売中
    ※レンタルDVDリリース中
    ※U-NEXT にて独占先行配信中
    発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
    ©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
    公式サイト:https://kandera.jp/sp/horizontower/
    予告編:

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT