Open Close
  • 【WEB用小_マルシーあり】KV_FIX_96dpi_2812x2000

    舞台『夢職人と忘れじの黒い妖精』について、メインキャスト17名のキャラクタービジュアルが公開

    2024年8月2日(金)~12日(月・休)上演の舞台『夢職人と忘れじの黒い妖精』について、メインキャスト17名のキャラクタービジュアルが公開された。
    原作となる「夢職人と忘れじの黒い妖精」は、100万ダウンロード突破の人気ゲームアプリで、「夢王国と眠れる100人の王子様」などを手掛けるジークレストが送る「夢世界シリーズ」最新作。
    様々な職業で活躍する 職人=マイスター たちと一緒に、世界をまたにかけ夢を追いかけるファンタジーRPGで、個性豊かなキャラクター達、美しいイラストやフルボイスのメインストーリーが多くのファンを虜にしている。
    2024年8月に舞台化が決定し、現在原作ゲームアプリ内にて、チケット先行が受付中。© GCREST, Inc. ©舞台ゆめくろ製作委員会
    月渡り

    クロウ:武子直輝

    イツキ:佐野真白

    グランフレア:川上将大

    ルージュ:古谷大和

    ノア:新谷聖司
    マギア・ゼミナール

    カイ:若林星弥

    シオン:熊谷魁人
    プリムスクラブ

    カミュ:小野健斗

    セブン:吉原雅斗

    ヴィクトル:田内季宇

    レン:武本悠佑

    ユミル:梶田拓希

    ナナシ:橋本真一

    エース:内田将綺

    ジョー:伊勢大貴

    マム:田中良子

    テスタメント:矢田悠祐

    舞台『夢職人と忘れじの黒い妖精』
    2024年8月2日(金)~8月12日(月・休)劇場:シアターH(東京都品川区勝島1丁目6番29号)
    原作:「夢職人と忘れじの黒い妖精」(株式会社ジークレスト)
    脚本・演出:西田大輔
    音楽:TAKA
    メインキャスト:
    クロウ:武子直輝 イツキ:佐野真白 グランフレア:川上将大
    ルージュ:古谷大和 ノア:新谷聖司
    カイ:若林星弥 シオン:熊谷魁人
    カミュ:小野健斗 セブン:吉原雅斗 ユミル:梶田拓希
    ヴィクトル:田内季宇 レン:武本悠佑
    ナナシ:橋本真一 ジョー:伊勢大貴 エース:内田将綺 マム:田中良子
    テスタメント:矢田悠祐
    ・舞台公式HP https://www.marv.jp/special/stage_yumekuro/
    主催:舞台ゆめくろ製作委員会 © GCREST …

  • Seoul_No_Haru_Poster(軽サイズ)

    8/23全国公開!百想芸術大賞の大賞、作品賞、男性最優秀演技賞受賞!2024年観客動員数第1位『ソウルの春』スタービジュアル&予告編、場面写真が一挙解禁

    5月7日に開催された第60回百想芸術大賞にて、映画部門の大賞(キム・ソンス監督)、作品賞、男性最優秀演技賞(ファン・ジョンミン)の3冠に輝いた、2023年韓国で年間観客動員数第1位映画『ソウルの春』が8月23日(金)より新宿バルト9ほか全国公開される。日本版ポスタービジュアル&予告編、場面写真が一挙解禁となった。

    本作は、「粛軍クーデター」「12.12軍事反乱」などとも言われる韓国民主主義の存亡を揺るがした実際の事件を基に、一部フィクションを交えながら再構築。1979年、大統領暗殺――独裁者の座を狙う男チョン・ドゥグァン(ファン・ジョンミン)と、国を守ろうとした男イ・テシン(チョン・ウソン)の、国家の命運を懸けた9時間の攻防を描く。

    キム・ソンス監督は、当時高校3年生で、住んでいた漢南洞(ハンナムドン)で銃声を聞いて以来、ずっと疑問を胸に抱き続けてきた。「韓国現代史の運命を変えたあの日を、果たして私に描き切ることができるのだろうか?」と当初は不安もあったが「当時を知らない世代の観客をも、事件が起きたあの日あの場所へと誘う」という決意のもと映画化を果たし、国の命運を懸けた事件に怒り打ち震えた国民の4人に1人が鑑賞するという傑作を生みだした。

    今回、ムビチケカードに加え、映画前売券付きブロマイドの発売が決定!ブロマイド写真は全6種ランダムで本作キャスト6人(ファン・ジョンミン、チョン・ウソン、イ・ソンミン、パク・ヘジュン、キム・ソンギュン、チョン・ヘイン)が登場。

    <ムビチケカード>
    ●購入場所:上映劇場+メイジャー通販サイト
    ●価格:1,600 円(税込)
    ●販売開始日:
    《劇場》5/24(金)劇場オープン時~劇場公開前日まで
    《通販》5/24(金)正午~8/22(木)23:59
    ●上映劇場:https://eigakan.org/theaterpage/schedule …

  • 【0523解禁】Team天界グループビジュアル

    『聖☆おにいさん THE MOVIE~ホーリーメン VS 悪魔軍団~』賀来賢人、岩田剛典、白石麻衣、勝地涼、佐藤二朗の出演決定! イエス、ブッダを取り巻くTeam天界メンバー集結!

    松山ケンイチ(イエス)×染谷将太(ブッダ) W主演
    地球上最も有名な神様仏様が年の瀬にスクリーンへ降臨!

    「聖☆おにいさん」待望の第2弾キャスト解禁!!
    賀来賢人(梵天) 岩田剛典(ミカエル) 白石麻衣(弁才天) 勝地涼(帝釈天) 佐藤二朗(戦いの仙人)
    イエス、ブッダを取り巻くTeam天界メンバー集結!

    <神の子イエス>と<仏の悟りを開いたブッダ>が東京・立川の風呂なし6畳一間アパートでふたり暮らしをしながら下界でバカンスを満喫している日常を描く――そんな大胆で斬新な描写で、今や原作累計発行部数1700万部を超える異色のギャグ漫画「聖☆おにいさん」(著:中村光/講談社「モーニング・ツー」連載中/既刊21巻)。イエスとブッダという組み合わせ。そんな2人のスタイルはTシャツとデニム。題材もさることながらあまりにもユニークで唯一無二の描き方はまさに日本ならではの革命的ギャグ漫画と称され、性別・年齢・地域を超えて愛され続けている。

    そんな<ギャグ漫画日本代表>とも呼べる「聖☆おにいさん」初の実写映画『聖☆おにいさん THE MOVIE~ホーリーメンVS悪魔軍団~』が12月20日(金)に全国公開いたします。監督は『銀魂』シリーズ、『今日から俺は!!劇場版』、『新解釈・三國志』などを監督してきた、コメディ映画の奇才・福田雄一監督。ゆるい日常を描くショートストーリーとは異なる、劇場映画化のために原作者の中村光が描いた原作エピソードであり、「聖☆おにいさん」史上初となる壮大な長編シリーズ「スクリーンへの長い途(みち)」の完全実写化に挑む。

    主人公のイエスを演じるのは、『ノイズ』(2022)、『ロストケア』(2023)などで主演を務め、コメディからシリアスな作品まで、幅広いジャンル・役柄を巧みに演じ切る松山ケンイチ。長髪・髭・茨の冠がトレードマークで、下界でのバカンスを奔放に楽しむ<神の子・イエス>をコミカルに演じる。そして、もう一人の主人公であるブッダを演じるのは、『ヒミズ』(2012)で第68回ヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞、以後も『寄生獣』シリーズ(2014、2015)など、数多くの話題作に出演し続ける染谷将太。定評のある演技力で、螺髪、白毫、長い耳たぶがトレードマークの、主婦並みにお金を気にする<目覚めた人・ブッダ>を魅力たっぷりに演じる!

    作品タイトルにちなみ、毎月23日を”おにいさんの日”と銘打ち、今回新たな情報として…
    イエスとブッダを取り巻く“Team天界”のメンバーを解禁する!

    今回解禁されるのは梵天、ミカエル、弁才天、帝釈天、そして戦いの仙人の5つの役どころ。

    宇宙の原理が人の姿になった存在である梵天には、2007年の映画『神童』で俳優デビュー、以後、映画、ドラマそして舞台とマルチに多くの作品に出演、どんな役どころでも存在感を放つ演技で魅了し続ける賀来賢人。ドラマ「今日から俺は!!」(2018)や映画『新解釈・三國志』(2020)など多数の福田監督作品に出演していることもあり、長髪で太眉のがっしりとした体形、スーツ姿といういで立ちで、押しが強くプロデューサー気質を持ち合わせた梵天の役どころに安定感のある演技を見せている。

    天使の軍団を率いる天使長のミカエルには、「三代目 J SOUL BROTHERS」のパフォーマーであり、『クローズEXPLODE』(2014)で映画デビューして以後、俳優としても活躍の場を広げている岩田剛典。劇場映画としては『新解釈・三國志』以来の福田監督作品への出演となり、ウェーブのかかった金色長髪、見目麗しい大天使ミカエルをコメディセンスたっぷりかつ美しく演じている。

    音楽や芸術を司る女神の弁才天には、今年1月クールのドラマ「恋する警護24時」でのヒロイン役での記憶も新しい白石麻衣。映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2020)でのヒロイン役でも迫真の演技を見せた白石。女優としてはもちろん、モデル、バラエティMC、そしてブランドディレクターを務めるなど、活躍の幅を大きく広げている白石が、本作で福田作品に初参加する。

    そして、雷を司る軍神の帝釈天には、映画『亡国のイージス』(2005)で第29回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、その後も良作に出演を続けている勝地涼が扮しています。『銀魂2 掟は破るためにこそある』(2018)、ドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」(2021)以来の福田監督作品への出演となる勝地。本作では切れ長の目の面長に超高級ブランドのスーツというスマートな見た目ながらも、時に荒っぽい口ぶりになる帝釈天のギャップを勝地ならではの色に染め上げている。

    また福田作品には欠かせぬ人となっている佐藤二朗が本作でももちろん出演決定!今回の役名は、戦いの仙人。映画オリジナルキャラクターで、イエスとブッダが修行を積む際に登場する謎の仙人役に挑みます。福田監督とは数多くタッグを組んできている佐藤の今作の出演シーンは、福田監督作品の歴史に残るシーンとなる予感も…。

    ま、まばゆすぎる!! 神々しさ満載Team …

  • 「アングリースクワッド 公務員と7人の詐欺師」0521解禁用

    主演:内野聖陽 共演:岡田将生『アングリースクワッド 公務員と7人の詐欺師』11月公開決定&場面写真 初解禁!!

    上田慎一郎監督が「カメラを止めるな!」公開前から始動の渾身企画が遂に公開‼
    騙して奪って脱税王から10億円を納税させろ!
    マジメな公務員 × 天才詐欺師
    異色のタッグによる痛快クライム・エンターテイメント
    主演:内野聖陽 共演:岡田将生
    『アングリースクワッド 公務員と7人の詐欺師』
    11月公開決定!&場面写真 初解禁!

    この度、上田慎一郎監督最新作『アングリースクワッド 公務員と7人の詐欺師』が、11月に新宿ピカデリーほか全国公開されることが決定した。あわせて、主演キャストとして内野聖陽と共演の岡田将生の出演者情報と2人が演じるキャラクターの場面写真が初解禁された。

    本作『アングリースクワッド 公務員と7人の詐欺師』は、上田慎一郎監督が「カメラを止めるな!」公開前から動いていた渾身のプロジェクト!ソ・イングク、 スヨン、 マ・ドンソクの豪華共演で日本でも話題を呼んだ韓国ドラマ「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」を原作に上田監督が存分にオリジナリティを加えた本作は、監督のもと豪華キャストと精鋭スタッフが集結しスケール感もビッグに実現した待望企画となる。

    主演は、「きのう何食べた?」シリーズや公開の控える映画『八犬伝』では葛飾北斎を演じるなど話題作への出演が続く内野聖陽。税務署に務めるマジメで気弱な中間管理職の公務員でありながら詐欺師と組んで、脱税をひた隠す大企業から未納の10億円を徴収することになった男・熊沢二郎を演じる。そんな公務員、熊沢と異色のタッグを組む天才詐欺師役には、今年公開の映画『ゴールド・ボーイ』の怪演も話題となり、『ラストマイル』などの公開も控える岡田将生。頭脳明晰で素早い判断力に大胆な話術と行動力を持ち合わせる天才詐欺師で、熊沢とともに壮大な詐欺を企てる男・氷室マコトを演じる。

    マジメな公務員×天才詐欺師の異色のタッグが、クセ者ぞろいの詐欺師集団《アングリースクワッド》を結成して挑む、壮大な税金徴収ミッションとは、果たして――⁉税金問題に対する国民感情(アングリー)を発散させる痛快クライム・エンターテイメントが誕生した!

    この度、公開決定情報に加え、内野聖陽と岡田将生が演じる真面目な公務員と天才詐欺師の場面写真が解禁!異色のタッグを組む二人のキャラクターの対比がうかがえる。さらに、内野聖陽、岡田将生、上田慎一郎監督のからのコメントも到着!
    今後、出演キャストなど続々と情報解禁がありますので、乞うご期待ください!

    ◆内野聖陽(熊沢二郎役)コメント
    上田慎一郎さんから一緒に映画を造りたいと言われて、どれ程の時間をかけてここまで来たか。
    韓国ドラマを下敷きに自分の作家性を詰め込んだ映画を撮りたいんだという情熱がすごかった。
    「『ここまで大きな商業映画』は初めてです!」という言葉がかなり印象に残っています。
    ショーギョーとかゲージツとかそんな区分けはどーでもいいからおもろい映画を作ろうということで走り出しました。
    台本打ち合わせをやるたびにシナリオの精度を上げてくる気迫に感心したのを覚えています。
    撮影は8月のうだるような暑さの中で始まりました。途中監督がコロナに罹患し、事務所からリモート演出というのも新鮮でした。
    スタッフプロデューサー陣も初めてのことだらけで、現場の混乱も少なからずありましたが、
    元気な娯楽映画が出来上がったのではないかと思っております。お客様の皆さんが、どう見てくださるのかとても楽しみです!

    <プロフィール>
    1968年9月16日生まれ、神奈川県出身。1996年にNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」に出演。同年『(ハル)』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。03年にドラマ「蝉しぐれ」で初主演を務める。舞台にも積極的に出演し、人気と実力を兼ね備えた演技派俳優として幅広く活躍する。近年の主な出演作に、ドラマ「とんび」(13/TBS)、「真田丸」(16/NHK)、「きのう何食べた?」(19/TX)、映画『家路』(14)、『罪の余白』(15)、『海難1890』(15)、『初恋』(19)、『ホムンクルス』(21)、『劇場版 きのう何食べた?』(21)、『鋼の錬金術師』シリーズ(22) などがあるほか、7月より放送予定の日曜劇場「ブラックペアン シーズン2」(TBS)、10月には『八犬伝』の公開が控える。

    ◆内野聖陽(熊沢二郎役)コメント
    上田慎一郎さんから一緒に映画を造りたいと言われて、どれ程の時間をかけてここまで来たか。
    韓国ドラマを下敷きに自分の作家性を詰め込んだ映画を撮りたいんだという情熱がすごかった。
    「『ここまで大きな商業映画』は初めてです!」という言葉がかなり印象に残っています。
    ショーギョーとかゲージツとかそんな区分けはどーでもいいからおもろい映画を作ろうということで走り出しました。
    台本打ち合わせをやるたびにシナリオの精度を上げてくる気迫に感心したのを覚えています。
    撮影は8 …

  • DSC04092

    SNSで話題のアロマンティックな親友!青木柚演じる田中が良すぎ!『不死身ラヴァーズ』新場面写真解禁!!

    『ちょっと思い出しただけ』松居大悟監督が
    10年以上に渡り温め続けてきた渾身のラブストーリー
    『不死身ラヴァーズ』
    青木柚が演じる田中が良すぎ!
    アロマンティックな親友がSNSで話題!
    異性の親友にした意図とは!?松居監督明かす

    松居大悟監督最新作のラブストーリー『不死身ラヴァーズ』がポニーキャニオン配給にて、5月10日(金)より全国公開中だ。原作は、構想に10年かけ長きに渡り、「諦めることができなかった」と松居大悟監督を魅了した高木ユーナ著の漫画『不死身ラヴァーズ』(講談社「別冊少年マガジン」所載)。主人公・長谷部りのを本作が初の映画単独主演となる見上愛が飾り、りのの運命の相手役の甲野じゅんを、佐藤寛太が務めます。公開後SNSで話題になっている青木柚演じる田中について、新場面写真が解禁された。また親友を異性にした理由も明かされる。

    SNSで「こんな異性の親友が欲しい」と話題!
    田中の新場面写真3点解禁、病室を覗き込む意味深な姿も…

    公開後のSNSには、「田中、最高!田中みたいな友人が欲しかった」「りのの幼なじみの田中が良い奴すぎて好き」「田中みたいな異性の幼馴染憧れる〜!」といったコメントが多く寄せられている。
    田中は、りのの幼少時代からの腐れ縁であり、良き相談相手。彼女の恋を静かに見守り、応援することもあれば、時には「お前は、恋に恋してただけだ」といったドキリとする発言をすることも。演じた青木は、田中について「ミステリー要素があるので、それを僕が意味深な顔で見る時に、変に重くしてゲームマスターみたいにすべてを知っている人の感じになったらまずいなと思った」と役の難しさを語りつつ、「松居監督が上手く調整してくださいました」と繊細な演出を明かしている。
    解禁された場面写真は、りのと神社でアイスを食べながら、田中が「消えるってことは、いたってことだよな」「知らないのは、お前だけだよ」と言う物語の重要な鍵となる場面や、訳ありな様子で田中が病室を覗き込む姿が収められている。田中の意味深なセリフ&行動にも注目してご覧いただきたい!

    アロマンティックな親友について松居監督の意図は!?

    原作の田中は“イケメン田中”として登場する。松居監督は、親友をあえて男女にしたことについて「原作(じゅんがりのを追いかける設定)と性別を入れ替えたことで、田中をどうするかとなったのですが、親友が女性だと気が置けない会話になって、、すぐに核心をついたことを言っちゃうと思ったんです。ですから、男のままにしました」と明かし、りのと田中の超越した関係を描くために「アロマンティックは裏設定」だったと述べている。また、「専門家の方に実際に脚本を読んでもらって違和感がないか確認してもらった」と制作の裏側を明かしている。

    5月22日と23日にテアトル新宿にて開催される映画『不死身ラヴァーズ』大ヒット記念トークイベントに、松井監督とともに、23日に登壇が決定している青木。どんなウラ話が飛び出すのか。新たな発見をしていただきたい!

    映画『不死身ラヴァーズ』
    <STORY>
    「消えたっていいよ、私が消さないから」
    長谷部りのが“運命の相手”と信じて追いかけるのは、両想いになった瞬間、この世界から忽然と消えてしてしまう甲野じゅん。二人は人生の中で何度も出逢い、その度にりのは「好き」と伝え、両想いになり、じゅんが《消える》という出来事を繰り返していく。それでも諦めないりののどこまでも真っすぐな「好き」が起こす奇跡の結末とは――。

    見上愛 / 佐藤寛太
    落合モトキ 大関れいか 平井珠生 米良まさひろ 本折最強さとし 岩本晟夢 アダム
    青木柚  前田敦子  神野三鈴
    監督:松居大悟
    原作:高木ユーナ『不死身ラヴァーズ』(講談社「別冊少年マガジン」所載)
    脚本:大野敏哉 松居大悟
    音楽:澤部 渡(スカート)
    主題歌:「君はきっとずっと知らない」スカート(PONYCANYON / IRORI Records)
    製作幹事:メ~テレ ポニーキャニオン
    配給:ポニーキャニオン
    製作プロダクション:ダブ

    ©2024「不死身ラヴァーズ」製作委員会 ©️高木ユーナ/講談社
    2024|日本|カラー|103分|5.1ch|ヨーロピアンビスタ|映倫区分:G

    公式サイト:https://undead-lovers.com
    公式X、Instagram:@undeadlovers_m …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT