Open Close
  • タクうまリリース画像2S

    「タクシー運転手さん 一番うまい店に連れてって!」6/2(木)放送のゲストに、菊池風磨(Sexy Zone)×みちょぱ 出演決定!

    毎週木曜夜6時25分から放送中!

    ゴールデン帯レギュラー番組初MCの吉村崇
    &今最も旬な3時のヒロイン
    で毎週木曜夜6時25分から放送中の #タクうま は
    6/2放送回に
    菊池風磨(Sexy Zone)とみちょぱのゲスト出演が決定!

    画像左から、菊池風磨(Sexy Zone) 池田美優
    どこの都市でも一番うまい店を知っているのはタクシー運転手さん!ということで…全国各地で乗車したタクシードライバーに「1番美味いご飯屋に連れて行ってください」とお願い!その街の知る人ぞ知る絶品グルメにありつくグルメドキュメント番組「タクシー運転手さん 一番うまい店に連れてって!」。「いつか旅行で行ってみたい!」「近所にこんなに美味しそうなお店があったなんて!」そんな素敵なお店に出会えること間違いなし。番組MCは運転手役としてゴールデン帯のレギュラー番組で初MCの吉村崇(平成ノブシコブシ)!さらに今最も旬の3時のヒロインもレギュラー出演する本作は各回で豪華なゲストを迎えてお送りしているが、この度、6/2放送回の出演者も決定した!
    近年バラエティでも頭角を現す
    菊池風磨(Sexy Zone)と
    "令和のバラエティ女王"と称される
    みちょぱ こと、池田美優 の出演が決定!
    2人からのコメントもご紹介!
    6/2(木)の放送回に、近年のバラエティで頭角を現す美男美女、菊池風磨(Sexy Zone)と池田美優のゲスト出演が決定した !全員よく共演する関係性ということもあり、息ピッタリで笑いっぱなしのスタジオに !
    収録直前の菊池、収録直後の池田からのコメントをご紹介 !

    ▼菊池風磨(Sexy Zone)
    吉村さんとはよく他局でもお会いすることが多くて、裏でおしゃべりさせてもらいましたが、オンとオフの切り替えが良い意味ですさまじい方で、本当にすごいなぁといつも思っています。みちょぱさんは、今日この後も同じお仕事があって、よくご一緒させていただきますし、3時のヒロインさんとも共演させていただく事があるので、よくお会いする方たちばかりなのですごく安心しています。タクシーは時々移動で使いますがグルメについては聞くことが無かったので、今日の収録を受けてやってみようかなと思います。すっごくお腹が空いちゃうと思うので、収録が終わった後にバク食いしないように気を付けようと思います!(笑)

    ▼池田美優
    みなさんよくお会いするメンバーだったので、気楽にリラックスして楽しめました。普段はあまりチャレンジできなくてネットで評価の高い間違いなく美味しそうなお店にしか行かないですが、昔ながらのお店には美味しいだけじゃなくていろいろな魅力があるから長く続けられるんだなっていうのを改めて思ったので、タクシー運転手さんに聞いてみたりなど、ネットでの評価とかに囚われないお店探しをしたいなと思いました。
    改めて色々チャレンジしたいなと思わせてくれる番組だと思います。あとは美味しいものを食べるときに大人が素に戻るかわいらしい姿が見られるのも魅力だと思いますので、そのあたりもぜひチェックしてみてもらいたいなと思います!
    行ってみたい!食べてみたい!
    お出かけや"ついで飯"の参考になる番組です!出演者も超豪華!
    お見逃しなく!
    番組概要
    【番組名】「タクシー運転手さん 一番うまい店に連れてって!」
    【放送日時】毎週木曜夜6時25分~7 …

  • kayokyoku1_webs

    “三銃士企画”第二弾は中川大志の昭和歌謡版「リチャード三世」

    昨年12月に発表されていた、明治座×東宝×ヴィレッヂの“三銃士企画”第二弾公演が、『歌妖曲(かようきょく)~中川大志之丞変化(なかがわたいしのじょうへんげ)~』であることが発表された。

    今作のテーマは、『リチャード三世』×昭和の歌謡界。
    中川大志が本格的舞台初挑戦にして主演をつとめ、昭和歌謡版リチャード三世と美貌の歌手として縦横無尽に変化する。共演は松井玲奈 福本雄樹 浅利陽介 中村中 福田転球 玉置孝匡 徳永ゆうき 山内圭哉 池田成志 他。

    上段左から 池田成志 中川大志 松井玲奈
    下段左から 福本雄樹 中村 中 浅利陽介 山内圭哉
    2020年12月より、第一弾として漫画家・岡野玲子による『両国花錦闘士』を上演した明治座×東宝×ヴィレッヂの“三銃士企画”。
    今回の第二弾でも作・演出を手掛ける持 裕が、初のシェイクスピア作品に挑み、ダーク・ヒーローを描いた『リチャード三世』を取り上げる。日本では「ロミオとジュリエット」「オセロ」「マクベス」等と並ぶ人気シェイクスピア作品が、倉持の手によりどう進化するのか?!

    中川が演じるのは、醜い風貌と不遇な宿命を背負い、大衆芸能・歌謡界で悪逆の限りを尽くす主人公「鳴尾定」。「鳴尾定」は美貌の歌手「桜木輝彦」となり歌謡界を席巻。しかし破滅の道へと突き進んでいく。

    『LIFE!~人生に捧げるコント~』で中川を知り尽くした倉持と、「“三銃士企画”の趣旨であるスペクタクルやケレン味にハマる俳優として、これまでに見たことのないスーパーキャラクターを演じられると確信している」と語る《三銃士》の期待を背負い登場する。

    作・演出 倉持 裕 コメント
    今回、作・演出の依頼をいただき、明治座という歴史ある劇場で、歌と踊りと芝居のエンターテインメントを作る、という機会は、めったにあることではないと思い、快諾しました。
    『リチャード三世』がモデルの、復讐を目的とした主人公を、どう魅力的に描くかについては苦労しましたが、悩みつつも能動的で、格好いいキャラクターになったと思います。主人公を演じる中川大志君とはNHK『LIFE!~人生に捧げるコント~』で知り合ったこともあり、彼には、格好良さに加えて、あの喜劇性にも期待しています。それから、歌声にも実に色気がある。美しさと醜さの二役を、どう演じ分けてくれるかも楽しみです。
    それぞれ一癖ある登場人物たちによる群像劇と、昭和の歌番組や歌謡映画のムード漂う歌唱シーンを掛け合わせ、盛り上げたいと目論んでいます。中川君はじめ、俳優たちのケレン味、シリアスとユーモアの入り混じったドラマ、昭和歌謡をモチーフにした楽曲の数々を、どうぞご堪能下さい。

    中川大志 コメント
    本格的な舞台に立たせていただくのは初めてなので、新たな挑戦の場をいただけて本当に嬉しいです。音楽劇という事で、お芝居をして歌を歌う、というのは、自分にとっては未知の世界なので、わからないことばかりだと思います。いろいろ挑戦して、いろいろ失敗して、恰好つけずに立ち向かってたくさんのことを体感していきたいです。この作品を通して、鳴尾定、桜木輝彦という男に負けないように、今までに経験したことのないゾーンまで飛び込んでいきたいと思います!
    今回の出演は《三銃士》の皆さんとコミュニケーションを取りながら導いていただけたことで実現しました。不安もありますが、それがどのように爆発させられるか自分にも期待したいです。
    今まで見たことのない僕をみせられるように、一生懸命がんばりますので、どうかみなさま楽しみにしていてください!

    『歌妖曲~中川大志之丞変化~』
    【作・演出】倉持 裕
    【出演】中川大志/
    松井玲奈 福本雄樹 / 浅利陽介 中村 中 /
    福田転球 玉置孝匡 徳永ゆうき 中屋柚香 長田奈麻 香月彩里 四宮吏桜 /
    山内圭哉 / 池田成志
    岩﨑巧馬 遠藤 令 金子大介 熊澤沙穂 鈴木サアヤ 鈴木智久 高澤礁太 藤森蓮華 村田実紗 南 誉士広
    【東京公演】2022年11月6日(日)~30日(水) 明治座
    【福岡公演】12月8日(木)~12日(月)キャナルシティ劇場 【大阪公演】12月17日(土)~25日(日)新歌舞伎座
    【公式HP】https://www.sanjushi2nd-2022.com
    企画・製作 東宝/ヴィレッヂ
    制作協力 明治座
    【福岡公演】
    公演日程 2022年12月8日(木)~12日(月) 全7回公演
    会場 キャナルシティ劇場

    【大阪公演】
    公演日程 2022年12月17 …

  • ★IK__22-01-09_0565_ok

    映画『PLAN 75』磯村勇斗が “死”の申し込みに笑顔で対応する本編映像

    第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品
    倍賞千恵子主演最新作

    75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>
    申請窓口の市役所職員・ヒロムを演じる磯村勇斗が
    笑顔で“死”の申し込みに対応する本編映像を解禁!

    第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門正式出品が決定した、倍賞千恵子主演映画『PLAN 75』が6月17日(金)に新宿ピカデリーほか全国公開する。

    脚本・監督は、本作が長編初監督作品ながら、2022年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門への正式出品という快挙を成し遂げた、早川千絵。「経済的合理性を優先し、人の痛みへの想像力を欠く昨今の社会に対する憤りに突き動かされて生まれた映画です。倍賞千恵子さん演じるミチという女性の姿を通して、人が生きることを全肯定する。そんな映画にしたい」と、是枝裕和監督が初めて総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の一篇『PLAN75』を再構築、キャストを一新し、長編映画化した。主人公・角谷(かくたに)ミチを演じるのは倍賞千恵子。<プラン75>に携わる側には磯村勇斗、河合優実を配し、他にたかお鷹やステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美らが顔を揃えた。

    超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行され、その制度に大きく翻弄される人々の姿を描いた衝撃作。昨年のカンヌ国際映画祭での受賞を皮切りに、本年度アカデミー賞○®国際長編映画賞に輝いた濱口竜介監督『ドライブ・マイ・カー』に続く快挙となるか、受賞への期待が高まっている。

    <プラン75>の申請窓口で働く青年・ヒロムは
    次々と訪れる高齢者に対し、何の疑いもなく制度の利便さを薦めていく・・・

    舞台は、75歳以上の高齢者に死を選ぶ権利を認め、支援する制度、通称<プラン75>が施行された近い将来の日本。市役所職員のヒロムは、福祉担当として公園の設備管理や<プラン75>の加入促進の窓口を担当している。
    この度、ヒロムが笑顔で申し込み受付に対応する本編映像が解禁された。

    映像では、<プラン75>のパンフレットをしっかり読み込んできた、女性申込み者に向き合うヒロムが、「すごい勉強されてるんですね!」と感嘆の声を上げる。<プラン75>に関して聞きたいことがたくさんあるという彼女は、申込者に漏れなく与えられる10万円の支度金の使用用途について尋ねる。「基本的に自由にお使い頂けるお金なので。旅行とか、おいしいものを食べるとか」と提案するヒロムに、「ご褒美みたいなもんね」と嬉しそうに微笑み・・・。

    今回解禁された映像の最も恐ろしい部分は、この制度が当たり前のものとして根付き、即日申し込みが可能というシンプルな手順で、死が選ばれてしまうということに他ならない。ヒロムは、死を推奨する制度に笑顔で従事している。そんな、ヒロムの役どころについて早川監督は、「ヒロムは自分たちが非人間的なシステムの一端を担っていることに無自覚です。<プラン75>を選択する人のその先に待っていることについて、考えることをやめてしまっているのです。そんな彼がこの物語でどんな気づきを得るのか。それが本作の希望のひとつでもあります」と語っている。

    ◆本編映像

    【STORY】
    少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決・施行された。様々な物議を醸していたが、超高齢化問題の解決策として、世間はすっかり受け入れムードとなる。
    夫と死別してひとりで慎ましく暮らす、角谷ミチ(倍賞千恵子)は78歳。ある日、高齢を理由にホテルの客室清掃の仕事を突然解雇される。住む場所をも失いそうになった彼女は<プラン75>の申請を検討し始める。一方、市役所の<プラン75>の申請窓口で働くヒロム(磯村勇斗)、死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフの瑶子(河合優実)は、このシステムの存在に強い疑問を抱いていく。また、フィリピンから単身来日した介護職のマリア(ステファニー・アリアン)は幼い娘の手術費用を稼ぐため、より高給の<プラン75 …

  • 場面写真③

    『太陽とボレロ』町田啓太×森マリア 恋を予感させる⁉ロマンチックな場面写真解禁!!

    水谷豊 監督作品第3弾

    不器用ながらも音楽を愛する
    チャーミングなトランペット奏者
    田ノ浦圭介:町田啓太
    ×
    ヴァイオリンこそ我が人生!
    まっすぐで明るいヴァイオリン奏者
    宮園あかり:森マリア
    恋を予感させる⁉
    ロマンチックな場面写真解禁‼
    音楽で惹かれ合う2人の関係性に進展が⁉

    “水谷豊“監督作品第3弾『太陽とボレロ』。初監督作となる『TAP-THE LAST SHOW』(2017)では若者の青春群像とショービジネスの光と影を、脚本も手掛けた監督第2作『轢き逃げ 最高の最悪な日』(2019)では不幸な事故が露わにする人間の心の奥底を描きった。オリジナルの映画を作り続けている水谷豊の監督作品第3弾となる本作は、“クラシックのオーケストラ”を題材に音楽を愛する普通の人々の人間模様を洒脱なエンターテインメント作品として作り上げている。エンターテインメントの最前線に長年立ち続けてきた水谷が生み出す最新作『太陽とボレロ』は6月3日に公開する!

    そしてこの度、圭介(町田啓太)×あかり(森マリア)の新場面写真が解禁!

    ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(20)、ドラマ『今際の国のアリス』(20)、大河ドラマ『青天を衝け』(21)ドラマ『ダメな男じゃダメですか?』(22)など続々と話題作に出演し、若手注目株の最有力候補と名高い町田啓太。今回、町田が演じるのは、アマチュア交響楽団のトランペット奏者・田ノ浦圭介。圭介は、石丸幹二演じる鶴間が経営する中古車販売店で働きながら交響楽団にも所属し、少し擦れたような発言をしながらも、音楽とひたむきに向き合う姿がなんとも憎めないチャーミングなキャラクター。

    また、圭介と同じ弥生交響楽団のヴァイオリン奏者・宮園あかり役を演じるのは、『ヤヌスの鏡』(19)やドラマ『24 JAPAN』(20)に出演し注目を集めたフレッシュな女優、森マリア。父を亡くし経済的な問題からプロになる夢を諦めやっとの思いで弥生交響楽団に入団し、音楽に対して人一倍強い思いを持った、まっすぐで明るい女性を演じている。

    この度解禁されたのは、そんな2人の仲睦まじい様子が切り取られた場面写真。
    圭介とあかりが向かい合うカフェのシーンは、なんといっても満開のツツジが印象的。水谷豊監督によって色鮮やかに映し出される、幻想的なロケーションの数々も本作の見どころ。またこのシーンは、弥生交響楽団のコンサートが間近に迫る中、プロのオーケストラを鑑賞し圧倒されてしまった圭介と、盛り上がるあかりの姿を描いたシーン。演奏を聞いた直後の圭介とあかりの表情の差が印象的に映し出されている。

    続いて、ホールで見つめ合う2人の姿も。解散を目前に控えた弥生交響楽団の今後について語り合う姿が切り取られている。さらに、あかりが圭介に寄りかかっている姿を映し出したシーンも公開。一体どんなシーンなのか?常に前向きなあかりと少し弱気な圭介のユーモラスな掛け合いも本作の見どころの一つ。是非劇場でご覧いただくとともに、今後の続報にもご期待ください。

    【STORY】
    「今日、私たちは、解散をします。」
    ある地方都市で18年間活動を続けてきたアマチュア交響楽団の解散が決まった。
    それを期に超個性派の楽団メンバーの人生も大迷走!主宰者の花村理子は彼らに翻弄されながらも最後のコンサートを計画するが不協和音が響き、問題山積みの中、全員の様々な思いをのせたコンサートがはじまってしまう。理子はバラバラの楽団員を一つにできるのか?最後のそして最高の舞台となるのか?

    【作品情報】
    出演:檀れい、石丸幹二、町田啓太、森マリア
    、永岡佑、梅舟惟永、木越明、高瀬哲朗、藤吉久美子、田中要次
    六平直政、山中崇史、河相我聞、原田龍二、檀ふみ
    水谷豊

    監督・脚本:水谷豊
    制作プロダクション:東映東京撮影所 東映テレビ・プロダクション 配給:東映
    コピーライト:©2022「太陽とボレロ」製作委員会
    公式HP:sun-bolero.jp

    6月3日(金) 全国ロードショー

     

    rakuten_design=”slide …

  • 中務裕太アー写

    GENERATIONS 中務裕太「川崎フロンターレVSサガン鳥栖」自身初の始球式&ハーフタイムショーに出演!

    川崎フロンターレ26(フロ)周年アニバーサリーイヤー
    GENERATIONS from EXILE TRIBE
    【中務裕太】
    明治安田生命J1リーグ第20節
    「川崎フロンターレVSサガン鳥栖」
    自身初の始球式&ハーフタイムショーに出演!
    感謝の気持ちを込めて『Y.M.C.A.』で会場をひとつに!!

    LDH所属アーティストの中務裕太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が、2022年7月6日(水)に行われる明治安田生命J1リーグ第20節「川崎フロンターレVSサガン鳥栖」の始球式とハーフタイムショーに参加することが決定した。

    2022年は、川崎フロンターレ創設26(フロ)周年のアニバーサリーイヤー。 川崎が誇るスーパースター西城秀樹さんが旅立たれて、早4年。 「川崎を盛り上げたい」という秀樹さんの想いで2000年からスタートした「ハーフタイムY.M.C …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT