Open Close
  • DSC_6942

    伊藤健太郎、観客を前に感涙!「この景色を観たかった・・・」 阪本監督「彼はスクリーンが似合う」と太鼓判! 映画『冬薔薇』完成披露上映会

    映画『冬薔薇(ふゆそうび)』の完成披露上映会が、5月17日、東京・新宿ピカデリーにて行われ、主演の伊藤健太郎をはじめ、共演の小林薫、余貴美子と、阪本順治監督が舞台挨拶に登壇した。

    阪本順治監督によるオリジナル脚本による本作は、家族、友人、そして自分自身とも向き合えずにいた青年を主人公に、心の欠損を抱えた「寄る辺なき者たち」が織り成す人間ドラマ。ある港町を舞台に、半端な不良仲間とつるみ、ダラダラと毎日を生きる青年・渡口淳を伊藤健太郎、父・義一を小林薫、母・道子を余貴美子が演じ、人間の業を切なく儚く紡ぐ。他にも眞木蔵人、永山絢斗、毎熊克哉、坂東龍汰、伊武雅刀、石橋蓮司ら豪華実力派俳優が顔を揃えた。

    2年ぶりの映画主演作で舞台挨拶に立った伊藤は「今日ここに立てて、このように完成作品として皆さんにお届けできる日を迎えることができて非常にありがたく思っております」と挨拶し、出演が決まったときは「また、スクリーンに戻れるんだ・・・と分かって嬉しかったです。感謝以外の何ものでもない。このタイミングで声をかけてくださった阪本監督に感謝したい。本当に嬉しかったです」と言い、会場を見渡して「味わったことのない感覚です。この景色を見たかった・・・」と涙で声を詰まらせる。イベント中も時折天を見上げ、涙をこらえる姿も見られた。

    一方、小林は「余さんは安心感がある女優さん。阪本監督とは初めてだったので、呼んでいただいて嬉しかったです」とし、「主演が伊藤くんと聞いて、凄い縁を感じた。名前を見てニタっとしましたね。伊藤くんの復帰作は1回しかないので。そのときに(自分が)呼ばれてとても嬉しかったですね」とニッコリ。

    小林の言葉に伊藤は「大大大先輩と一緒にお芝居させていただいたことは、今後の人生において財産になりました」と感謝の気持ちを口にする。

    母親役を演じた余は「伊藤さんは、おじさんとおばさんたちの会話をちゃんと聞いてくれてとってもいい人。すぐに親子になれました」と微笑み、「皆さん、自由なお芝居をされるので、映画のヒリヒリとした内容とは違い、楽しい現場でした」と振り返った。

    阪本監督は伊藤について、「最初はよく知らなかったので、撮影前に二人きりで2時間くらい話をしたんです。彼は本当に人の話をちゃんと聞いて受け止めて、どんな質問にも素直に語ってくれた。それで仲間として一緒に映画を作ることができたと思います」と伊藤の人がらに惚れん込んだ様子。

    伊藤の魅力を聞かれると、監督は「本人の前で言いますか?」と照れながらも、「ひと言で言うと『スクリーンが似合う』です。スクリーンのアップに耐えられる人です!」と答え、会場から大きな拍手が送られた。

    クランクアップのときは、不安もあったという伊藤だが「約1年ご無沙汰させていただいたので、怖い気持ちもありましたが、阪本組の皆さんが温かい空気で接してくださったので余計な不安は初日で取り除くことができました」と回顧。大先輩たちとの共演には「刺激もたくさんもらいましたし、幸せでした。自分が生まれる前からスクリーンで活躍されている先輩たちの背中がカッコ良かったです。自分も50年後、60年後にああいう姿でいられるように頑張らないと、と思いました」としみじみ。

    小林は「プロデューサーの計らいで、一度伊藤くんを囲んで俺と石橋さん、伊武さん、笠松くん5人で飲みに行ったことがあるんです。伊藤くんに『70、80歳の人と飲むって、キツくない?』って聞いたら、『楽しいです』と言っていたんですよ」と驚いたようだった。監督も「伊藤くんが石橋さんのヘルメットを運んだりしてくれていましたね」と明かすと、「たまたまです」と照れ笑いの伊藤。

    最後に阪本監督は、「伊藤くんへは演技で追い込んだところがありますが、今日は健太郎くんを待っている方たちの前に彼をお連れするということが仕事だったので感慨深いです」と語り、余は「ぜひ、この作品を静かにお楽しみください」と、小林は「日本の映画ではこの映画のように、若い人と渋い人が融合している作品はあまりない。この話は、もしかしたら自分の人生というか、自分に凄く近い話じゃないかと思って観ていただけるといいなと思います。ゆっくりと楽しんでください」とアピールした。

    伊藤は「色々な意見、賛否があることは覚悟していますが、あの時あのタイミングで自分ができる最大の力を出しきったつもりです。自信をもって皆さまにお届けできる作品です。観ていただいた方に刺さるシーン、キャラクター、台詞が1つはあると思いますので、ぜひ楽しんでいただきたいです。また、この場を借りて、この映画に関わってくださった方々、家族、友達、応援してくださっている方々、今日ここに来てくださった方々に感謝の気持ちを伝えたいです」と真摯に語り、舞台挨拶を締めくくった。

    映画『冬薔薇(ふゆそうび)』
    <STORY>
    ある港町。専門学校にも行かず、半端な不良仲間とつるみ、友人や女から金をせびってはダラダラと生きる渡口淳(伊藤健太郎)。“ロクデナシ”という言葉がよく似合う中途半端な男だ。両親は埋立て用の土砂を運ぶ海運業を営むが、時代とともに仕事も減り、後継者不足に頭を悩ましながらもなんとか日々をやり過ごしていた。淳はそんな両親の仕事に興味も示さず、親子の会話もほとんどない。そんな折、淳の仲間が何者かに襲われる事件が起きる。そこに浮かび上がった犯人像は思いも寄らぬ人物のものだった……。

    出演:伊藤健太郎 小林薫 余貴美子
    眞木蔵人 永山絢斗 毎熊克哉 坂東龍汰 河合優実 佐久本宝 和田光沙 笠松伴助
    伊武雅刀 石橋蓮司
    脚本・監督:阪本順治
    配給:キノフィルムズ 製作:木下グループ ©2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
    2022年|日本|カラー|スコープサイズ|5.1ch|109分|PG12
    配給:キノフィルムズ
    製作:木下グループ
    HP:https://www.fuyusoubi.jp/
    Twitter:https://twitter.com …

  • IMG_9557s

    幕が開いた!ミュージカル『るろうに剣心 京都編』のゲネプロ&取材会 写真【動画2本】

    2022年5月17日(火)~6月24日(金)にIHIステージアラウンド東京にて上演される 小池修一郎演出、小池徹平主演ミュージカル『るろうに剣心 京都編』のゲネプロと取材会が前日16日に行われた。レポート第二弾としてゲネプロ写真と、取材会の動画をお届けする。出演は小池徹平 黒羽麻璃央 松下優也 加藤清史郎 岐洲匠 奥野壮 井頭愛海 鈴木梨央 伶美うらら 山口馬木也 加藤和樹 他。

    【取材会】

    【ゲネプロ】

    和月伸宏原作「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」は、明治時代の日本を舞台に、オリジナルのストーリーでありながら、新撰組、紀尾井坂の変、池田屋事件などの史実を絡ませた剣劇漫画で、1994年から『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載、2017年より『ジャンプスクエアSQ.』(集英社刊)にて続編「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」が連載、シリーズ累計発行部数が7200万部を超える大ヒット作。これまでに、アニメ、小説、そして、実写映画など様々なメディアで展開されてきた原作の中でも、特に人気の高い“京都編”を、ミュージカル界のトップランナー・小池修一郎が新作として脚本を書き下ろし、日本で唯一の客席が回転する劇場・IHIステージアラウンド東京でミュージカル化する。

     

    ミュージカル『るろうに剣心 京都編』
    公演期間 2022年5月17日(火)~6月24日(金)
    会場 IHIステージアラウンド東京(※全46公演)
    原作 「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」和月伸宏(集英社 ジャンプ コミックス刊)
    脚本/演出 小池修一郎(宝塚歌劇団)
    音楽 太田健(宝塚歌劇団) / 和田俊輔

    出演 小池徹平 黒羽麻璃央 松下優也 加藤清史郎 岐洲匠 奥野壮
    井頭愛海 鈴木梨央 伶美うらら 山口馬木也 加藤和樹

    猪塚健太 郷本直也 松浦司 キャッチャー中澤 梶原颯 才川コージ 城妃美伶 阿部裕
    藍実成 浅川文也 飯作雄太郎 伊藤寛真 鹿糠友和 黒沼亮 笹川慎一朗 寒川祥吾
    鮫島拓馬 柴原直樹 清水錬 楢原じゅんや 西村聡
    彩花まり 斎藤葉月 七理ひなの 杉浦小百合 美翔かずき 横関咲栄 吉田繭

    公式サイト https://www.ruroken-musical.com
    クレジット表記 ©和月伸宏/集英社

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”0e09566e.a7cca049 …

  • sktS_CV_chida_0511m

    舞台『漆黒天 -始の語り-』注目の加藤大悟&安田桃太郎キャラビジュ解禁!

    舞台『漆黒天 -始の語り-』
    出演の注目キャスト!!
    ミュージカル『「刀剣乱舞」 ~江水散花雪~』 加藤大悟
    舞台『「刀剣乱舞」天伝 蒼空の兵-大坂冬の陣-』 安田桃太郎
    2名のキャラクタービジュアル解禁!
    映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【ムビ×ステ】の第三弾、映画『漆黒天 –終の語り-』(主演:荒木宏文、脚本:末満健一、監督・アクション監督:坂本浩一) & 舞台『漆黒天 –始の語り-』(主演:荒木宏文、作・演出:末満健一)。
    この度、舞台『漆黒天 –始の語り-』に出演する加藤大悟(かとう だいご)と安田桃太郎(やすだ ももたろう)のキャラクタービジュアルと役名が解禁された。

    加藤大悟 (真嶌千蛇) 

    安田桃太郎 (座頭の來)
    本作にて、悪事の限りを尽くしていたと言われている<日陰党(ひかげとう)>の一員、真嶌千蛇(ましま ちだ)を演じるのは、加藤大悟。本作ではじめて原作のないオリジナル作品に挑戦することになる。また、真嶌千蛇と同じく日陰党の一員で、盲目の剣豪、座頭の來(ざとうのらい)を演じるのは、安田桃太郎。繰り出す殺陣、アクションにご注目いただきたい。
    本作の世界観を思い起こす、「漆黒」の中に浮かび上がる加藤と安田。力強い眼差しと表情から、彼らの光と闇が感じられ、他のキャラクターたちとどのように交わっていくのか、ますます本作への想像と期待が膨らむ。
    舞台『漆黒天 –始の語り-』は、タイトルが意味する通り、映画『漆黒天 –終の語り-』の前日譚となる。記憶を失くした男・名無しがどう日陰党に絡んでくるのか、名無しは一体何者なのか。映画と舞台を連動させるプロジェクト【ムビ×ステ】ならではの展開と仕掛けにご期待ください。

    舞台『漆黒天 –始の語り-』 開催概要
    タイトル      ムビ×ステ 舞台「漆黒天 -始の語り-」

    作・演出 末満健一

    出演:荒木宏文
    松田凌 長妻怜央(7ORDER) 梅津瑞樹 / 小島藤子
    橋本祥平 松本寛也 加藤大悟 安田桃太郎
    小澤雄太 鈴木裕樹

    工藤翔馬 榮桃太郎 澤田圭佑 下尾浩章 菅原健志 杉本佳幹 宮永裕都 横山慶次郎

    会場・日程:
    2022年8月5日(金)~8月21日(日)
    東京:サンシャイン劇場
    8月5日(金) 18:00
    6日(土) 13:00  / 18:00
    7日(日) 13:00
    8日(月) 休演日
    9日(火) 18:00
    10日(水) 13:00  / 18:00
    11日(木・祝) 13:00  / 18:00
    12 …

  • ALL_h1

    EXILE「LIVE PHOTOBOOK」表紙公開&発売記念 スペシャル生配信決定!!

    【EXILE】
    EXILE LIVE TOUR PHOTOBOOK
    表紙初公開&発売記念生配信決定!
    初のソロライブ写真集を発売するEXILEの表紙初公開!
    橘ケンチ/ EXILE TETSUYA / EXILE NESMITH / 岩田剛典による
    発売記念生配信も開催!

    20周年イヤーを記念した全国アリーナツアーを開催中のEXILEが、ライブの模様を詰め込んだ初となるソロツアー写真集“EXILE 20th ANNIVERSARY EXILE LIVE TOUR 2021“RED PHOENIX LIVE PHOTO BOOKを6月27日に発売する。

    躍動感溢れるパフォーマンスシーンを余すことなく詰め込み、一人ひとりのカットをメインとした構成でお届けする今回の初ソロツアー写真集。この度、それぞれの個性が溢れる表紙が初解禁された。

    さらに、発売を記念した生配信番組の開催も決定。その配信では、全メンバーの裏表紙を初解禁予定している。写真集の見どころやツアーの秘話、そして夏から開催予定のATSUSHIが限定復活するドームツアー“EXILE LIVE TOUR …

  • 組み写真_WEB用

    浜中文一、相葉裕樹、日野真一郎が二人だけのミュージカル『ダブル・トラブル』上演

    浜中文一、相葉裕樹、日野真一郎(LE VELVETS)ほか出演で、たった二人のミュージカル『ダブル・トラブル』~2022夏 Season A~が、2022年7月28日(木)から8月14日(日)まで東京・ オルタナティブシアターにて上演することが決定した。

    ミュージカル「ダブル・トラブル」は、ボブ&ジムのウォルトン兄弟によって書かれた抱腹絶倒のミュージカルコメディ。作詞家のボビー・マーティンと、作曲家のジミー・マーティンの兄弟2人が、ハリウッドのメジャームービーの曲を書くという大チャンスをつかむ!が、与えられた時間はたったの数時間、気に入ってもらえなければ即クビ!恋に仕事に大奮闘!果たして兄弟の運命はいかに…という物語。
    本作の出演者は2名のみ、演奏はピアノだけ。歌って踊って曲を書くボビー&ジミー兄弟を演じながら、映画会社の社長や秘書、演出家、司会者、スター女優など…次から次へと現れる登場人物、およそ10人もの人物をたった2人で演じる。

    ミュージカル『ダブル・トラブル』~2022夏 Season A~
    A Musical Tour de Farce
    脚本・作詞・作曲:ボブ・ウォルトン&ジム・ウォルトン 翻訳・訳詞:高橋亜子
    演出:ウォーリー木下 音楽監督:落合崇史/大塚茜 振付:TETSUHARU タップ振付:本間憲一
    出演: 浜中文一 相葉裕樹 日野真一郎(LE VELVETS) 横山賀三
    2022年7月28日(木)~8月14 …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT