Open Close
  • COLOR キャスト+ロゴ2

    浦井健治 成河 濱田めぐみ 柚希礼音 出演 ミュージカル「COLOR」22年9月上演

    新作オリジナルミュージカル「COLOR」が 2022 年 9 月新国立劇場小劇場にて上演されることが発表された。
    草木染作家・坪倉優介さんが自身の体験を綴ったノンフィクション「記憶喪失になったぼくが見た 世界」(朝日新聞演出 出版)をベースに、音楽・歌詞を植村花菜、脚本・歌詞を高橋知伽江、演出を小山ゆうなが担い、浦井健治 成河 濱田めぐみ 柚希礼音という豪華キャストで生み出す。東京公演会場として 新国立劇場 小劇場が発表されている。

    言葉と音が密接に繋がり合う楽曲を生み出す植村花菜が、初めてミュージカル作品を担当、語るような歌で構成する。

    高橋知伽江は『アナと雪の女王』の訳詞で注目を浴び、ミュージカル「生きる」や劇団四季の新作ミュージカル「バケモノの子」などを手掛けてきた。植村と共に歌詞も担当する。

    演出は第25回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞、ミュージカル「ロボット・イン・ザ・ガーデン」など話題作を次々と手掛ける小山ゆうな。
    ボストン・バークリー音楽大学で学び、自身も作曲・演奏家として活躍、数多くのアーティストや映像作品への楽曲提供、ディズニーD23 Expo Japan などでの編曲も手掛けてきた木原健太郎が編曲・音楽監督を担当する。

    【クリエイター コメント】
    ■音楽・歌詞 植村花菜
    私が歌手になると決意したきっかけが映画「Sound of Music」だったので、いつかミュージカルに携わるお仕事がしたいとずっと思っていました。今回、作曲者としてのオファーをいただき大変光栄でしたし、夢が一つ叶いました。普段は一人で黙々と曲作りをしているので、プロデューサーさん、演出家さん、脚本家さ ん、音楽監督さんなど、チームで一緒に作品作りをさせていただけることは、本当に刺激的でとても楽しか ったです!
    このミュージカルは、今の時代だからこそぜひ観ていただきたいメッセージに溢れています。生きていく上 で本当に大切なことはなんなのか。原作の本から広がったミュージカルの世界が、時におかしく、優しく、切なく、皆さんの心に響き渡ることを信じています。

    ■脚本・歌詞 高橋知伽江
    『COLOR』は、18 歳で記憶が白紙になった草木染作家、坪倉優介さんのご著書とお話に想を得て、記憶喪失の青年が〈新しい過去〉をつかみとっていくまでの道のりを描いています。そこには、想像を絶する体 験と家族の絆と友情があり、戸惑い、苦悩、喜び、挫折、不安……とても濃くて、凝縮された人生が刻まれ ています。でも、このミュージカルは記憶喪失という特殊な体験をした人の話にとどまりません。ここには私たちにとって「記憶」とは何だろうという問いかけがあります。そして、絶望の淵から立ち上がってゆく命の 力を信じさせてくれる希望の物語でもあります。植村花菜さんの心に響く音楽と共に、ときどきクスッ、とき どきホロッとしながらご覧いただけますこと、心より願っております。

    ■演出 小山ゆうな
    企画のお話を伺ってから、若く才能溢れるプロデューサーさんのもとに集った脚本の高橋知伽江さん、作 曲の植村花菜さん、音楽監督 木原健太郎さんとミーティングを重ねながらオリジナルミュージカルが少しずつ形になっていく過程にわくわくしながらたちあっています。
    信頼し、尊敬している浦井健治さん、そしていつかご一緒したいと思っていた成河さん、濱田めぐみさん、 柚希礼音さんという素晴らしい豪華な出演者の皆様とオリジナルのミュージカルを創作できる事がとても 嬉しいです。
    坪倉優介さんご自身もお母様も一瞬で心奪われてしまうような魅力的な方でした。
    お二人自身、そして坪倉さんの身に起こった事・起こっている事、事実の力に圧倒されますが、お客様とこ の世界や人と人の間に起こるささやかな奇跡のような瞬間を共有できるよう創作していきたいと思います。

    【キャスト コメント】
    ■浦井健治 – ぼく/大切な人たち
    この作品の原作を読んだとき、胸がいっぱいになり、これからも強く、人に優しく、生きていきたい。と、様々 な気持ちを頂きました。
    それがミュージカルになり、信頼するキャストメンバーさんたちと組める喜びもあって。 今、はもう戻らない。今を、やれることを大切に、向き合うこと。
    そんなことを感じながら、一気に読んだ本です。
    また、作曲の植村花菜さんの曲は魅力的で、ミュージカルでご一緒出来ることも光栄です。

    ■ 成河 – ぼく/大切な人たち
    坪倉優介さんの手記を読んだときの感動は今も忘れられません。言葉のひとつひとつ、音のひとつひとつに 豊かな色やイメージが感じられ、坪倉さんに見えていた、聞こえていた世界がまるでいま目の前にあるかの ような強烈な錯覚を起こしました。そして生々しいけれど詩的で、悲しいけれど美しいその文体には、同時 に、逞しく強い坪倉さんの生命のエネルギーが満ちていました。

    劇場は「感覚の共有」というのがとても得意な場所だと思うんです。この手記に紡がれた繊細でリアルな感 覚をお客さまと体験することは、その先にある生きるエネルギーを得る体験でもあり、いま演劇として立ち 上げる意義を強く感じています。素晴らしい機会を与えて頂けたことに心から感謝しています。丁寧に、心 を込めて、取り組みたいと思います。

    ■濱田めぐみ – 母
    自分の意識しか認識出来なくなり全てがリセットされたならば。。

    生きている事は奇跡の連続なのだろう。
    好きだと思う感情、綺麗だと感じる心、ありがとうと言う感謝の気持ち。全て兼ね備えて生まれて来ても、対象となる物は先に生きて来た人達の価値観によってもたらされる。

    その価値観と認識と記憶がリセットされてしまったら、、。記憶喪失になった本人とそれを取り巻く人々のお話。全てをリセットさせられた主人公の宇宙。COLOR はとてつも無く難しく万華鏡の様な世界だと思う。しかしこの舞台を上演する意味は重要で最高に大切な事なんだと感じる。原作者の方とお母様そして関係者 の方々にとっても大切な舞台になる様に、そして観て下さる方々の心の勇気と愛になる様に精一杯演じま す。

    ■柚希礼音 – 母
    この約 2 年の間に、世の中がガラッと変わりました。
    自分と向き合う時間が増え、舞台で、何を伝えたいかという思いもより強くなった気がします。そのようなタイミングで、この作品のオファーをいただけたこと、とても嬉しく思います。
    原作を読み、こんなことが起こるのかと最初は驚きながらも
    とても温かい感情に包まれ、様々なメッセージを受け取りました。
    そしてこの作品がどう舞台で表現されるのか私もとても楽しみにしています。
    演出の小山ゆうなさんは、何作か演出された作品を拝見させていただき、どの作品も、温かさを感じる素 敵な世界観を作り出される方で、ご一緒できるのが本当に嬉しいです。
    浦井健治さん、成河さん、濱田めぐみさんは、それぞれ舞台を拝見し、
    いつかご一緒してみたいと、尊敬している皆様ですので、一緒に作品作りできることが純粋に嬉しくてたま りません。
    そんな素晴らしい皆様と一緒に、お客様が観終わったあと劇場にきてよかったなと思ってもらえる作品にな るよう
    頑張ってまいりますので、どうぞお楽しみにお待ちください。

    ミュージカル「COLOR」
    上演時期 2022 年 9 月
    東京公演会場 新国立劇場 小劇場 ※地方公演あり

    キャスト (五十音順)
    浦井健治 成河 濱田めぐみ 柚希礼音

    スタッフ
    原作 坪倉優介「記憶喪失になったぼくが見た世界」
    音楽・歌詞 植村花菜
    歌詞・脚本 高橋知伽江
    演出 小山ゆうな
    編曲・音楽監督 木原健太郎
    振付 川崎悦子
    美術 乘峯雅寛
    照明 勝柴次朗
    音響 山本浩一

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”0e09566e.a7cca049.0e095670.5c333ff9″;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId=”0″;rakuten_size=”600×200 …

  • poster

    広瀬アリス主演『失恋めし』門脇麦、前野朋哉、小西桜子、三浦透子 大友花恋、紺野ぶるま、深川麻衣、林遣都 各話ゲスト出演キャスト発表!&ポスタービジュアル解禁!!

    広瀬アリス主演ドラマ

    各話“失恋人”一挙解禁!
    門脇麦、前野朋哉、小西桜子、三浦透子
    大友花恋、紺野ぶるま、深川麻衣、林遣都 !!
    <第二報>
    各話ゲスト出演キャスト発表!&ポスタービジュアル解禁!!

    ©木丸みさき・KADOKAWA/ytv
    Amazonプライム・ビデオにて
    2022年1月14日(金)全10話一挙独占配信スタート!
    木丸みさきのコミックエッセイ「失恋めし」(KADOKAWA刊)原案、読売テレビ制作、広瀬アリス主演ドラマ「失恋めし」が、Amazonプライム・ビデオにて2022年1月14日(金)から全10話一挙独占配信をスタートする。更に、2022年7月には読売テレビにて地上波放送を予定している。
    ドラマ「失恋めし」の主人公でイラストレーター・キミマルミキを演じるのは広瀬アリス、近所の花屋の青年を井之脇海、ミキのマンガを連載する出版社の編集者に村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコ、近所のお弁当屋を若林拓也がレギュラーキャストとして出演し、監督には、『勝手にふるえてろ』(17)『私をくいとめて』(20)などの話題の映画を手掛ける大九明子監督がメガホンを取る。
    そしてこの度、ポスタービジュアルと各話ゲスト出演となる“失恋人”キャストを一挙に解禁。
    失恋の数だけ忘れられない味がある――
    ひとつの恋が終わったとしても今日も明日もおなかはすく!
    失恋人たち一挙解禁!
    ドラマ「失恋めし」は全10話で紡ぐおいしい失恋ドラマ。
    主演を務めるのは、ドラマ・映画など話題作への出演が相次ぎ、人気と実力を共に兼ね備えた今最も注目を集める女優・広瀬アリス。広瀬が演じる主人公のキミマルミキは、地元紙に“失恋めし”というマンガ連載を持ち、日々連載のネタとなる失恋エピソードを探しているイラストレーター。

    本作は、失恋で心を傷めた失恋人たちが各話ごとに登場し、忘れられない美味しい味のエピソードとともにストーリーが展開していく。
    各話ゲストとして出演するのは、第一話彼氏からプロポーズされると勘違いしてしまった“サバ子”・門脇麦。第二話結婚式でスピーチをお願いしていた上司に婚約解消を告げる部下・前野朋哉。第三話失恋を少しの間だけでも忘れられるようにと会社の先輩にランチに誘われる後輩・小西桜子、第四話高校時代失恋したミキが、路上ライブで元気をもらった歌手HARU・三浦透子、第五話失恋して元気がないことを気遣う父親と二人でごはんを食べにきている娘・大友花恋、第六話長い間想い人だった男性の結婚発表に肩を落とし、女子同士で慰め合うヒトミ・紺野ぶるま、第八話高校時代の秘めた想いを打ち明けるミキの同級生エイコ・深川麻衣、そして、物語の展開のキーを握るある人物に林遣都というフレッシュで豪華なキャストが顔を揃えます。ミキと共においしいめしを味わううちに傷ついた心がいつしか癒され前向きな気持ちになっていく。

    門脇麦の「悲しいことがあっても失恋しても、美味しいものに救われる、そんな瞬間が誰の人生にもある」とコメントあるように、誰にでも失恋と、その時元気をくれた美味しい食べ物の思い出しながら自分と重ね合わせて楽しんでいただける。
    また全員のコメントにもあるように、現場は美味しいごはんとほのぼのとした雰囲気で満ちており、作品からはその様子が溢れ出し、癒し効果とおなかがすいてしまうことは間違いない。また、「僕は物語のある重要な役を演じています。どんな役かは秘密です」とコメントする林遣都の役どころもお楽しみに!

    そして、レギュラーキャストは、ミキがほんのり恋心を抱く近所の花屋の青年を、若手実力派俳優の井之脇海、ミキが連載する地元紙の出版社・STO企画(佐藤さんという苗字の社員ばかりが集う)の面々には、村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコが個性豊かでチャーミングなキャラクターとなって集結、近所のお弁当屋の佐藤さんを若林拓也が演じ、本作のおいしいスパイスとなっている。
    第七話、第九話、第十話では、この面々の失恋エピソードが織り込まれていく。

    本作は、すべて実在する飲食店で撮影を行っており、各話ごとにそのお店の人気メニューが続々登場する。
    失恋の数だけ忘れられない思い出の味がある。全10話で紡ぐ「失恋めし」にご期待ください!

    【ストーリー】
    恋のはじまり⽅は…いろいろ。恋のおわり⽅も…いろいろ。でも、どんなおわり⽅をしても、おなかはすく。
    ひとつの恋がおわったとき、元気をくれたのは、あの味だった—。

    イラストレーターのミキ(広瀬アリス)は、フリーペーパーで“失恋めし”というエッセイ漫画を連載中。失恋の思い出と、それにまつわる“めし”の話を集めて描いているのだが、最近はネタ切れ気味で困っていた。ネタになる失恋がどこかに転がっていないかと悩むミキは、ある日縁結びの御利益がある神社で「いい失恋に巡り合えますように」と手を合わせる。すると、思い詰めた表情の女性を見かけ、後を付いて定食屋に入り、女性の失恋エピソードを聞くことに。これを機にミキは街中で失恋した人々と彼らの思い出の味に巡り合うことに――。

    【各話キャストコメント】
    サバ子/門脇麦(第一話)
    私自身食べることが大好きなのですが、やっぱり美味しいものにはパワーがあると思います。
    悲しいことがあっても失恋しても、美味しいものに救われる、そんな瞬間が誰の人生にもある。
    日常のかけがえのない時間が詰まった作品になっていると思います。
    こんなご時世だからこそ美味しいもの食べて元気を出しましょう!

    部下/前野朋哉(第二話)
    第二話で少し気の弱いサラリーマン役で出演しております。
    あるお店の、ある食べ物とある人物(お楽しみに!)が彼の失恋ハートを楽にしてくれます。
    大九組特有のなごみある現場の雰囲気は『失礼めし』というほのぼのとした、でも確実に背中を押してくれる作品と相性抜群です。
    ぜひご覧ください!

    後輩/小西桜子(第三話)
    失恋した後輩女子を演じさせていただきました。大九監督の作品が好きで拝見していたので、今回参加させていただきとても嬉しかったです。
    失恋した役どころでしたが、撮影では美味しいものを食べて、先輩に素敵な励ましをいただいて、とにかく心がほっこりゆるんだ思い出が強く残っています。
    失恋した方もしてない方も、美味しいもの食べたい!という前向きな気持ちになっていただけると嬉しいです。

    HARU/三浦透子(第四話)
    ハルというシンガーの役を演じました。キャラクターもストーリーも、歌詞もメロディも、愛らしくてあったかくて、のびのびと演じることができました。
    ミキとハルの思い出の味、とっても美味しかったです!是非お楽しみに!

    娘/大友花恋(第五話)
    美味しいものを食べることで、お腹だけではなく心も満たされ温まる経験は、多くの方が持っていると思います。
    私が演じた“娘”も、失恋の空洞を、食と父からの愛情で満たしていきます。
    素敵なスタッフ・キャストの皆様との撮影。それだけでも心地よいのに、美味しいご飯をたくさん食べることができて幸せでした(笑)。
    あの幸せな時間を、完成した映像を見ることで再び味わえるのが、私自身も楽しみです。

    ヒトミ/紺野ぶるま(第六話)
    めちゃくちゃ楽しい撮影でした!
    少しセオリーとは違う失恋の形でしたが、誰しも共感する所があるんではないかと思いました。
    失恋とは時におっぱいを見られるより恥ずかしいですが、それを話す友達と美味しいご飯とお酒があるだけでいつか絶対いい思い出になる!
    恋って素晴らしいです!

    エイコ/深川麻衣(第八話)
    今回、ミキの高校時代の親友、エイコ役を演じさせていただきました。生きることと食べることは切っても切り離せないもので、人の数だけいろいろな「思い出の味」の記憶があると思います。それはどこで、誰と、どんな気持ちで食べるかによってきっと全然味が変わってくるのだろうと思います。
    8話は過去と現在を、思い出の味がつないでくれる少し切なくあたたかいお話です。ぜひお楽しみにしていてください!

    ???/林遣都
    また大九組に参加できたことが本当に嬉しかったです。今回も前回同様、大九監督のワクワクする演出を体感し、楽しい時間を過ごさせていただきました。
    僕は物語のある重要な役を演じています。どんな役かは秘密です。ぜひ楽しんで観ていただきたいです。

    【作品情報】
    タイトル:「失恋めし」(全10話)
    配信開始日:2022年1月14日 Amazonプライム・ビデオにて一挙独占配信
    放送開始日:読売テレビ2022年7月放送予定
    出演:広瀬アリス 井之脇海 村杉蝉之介 臼田あさ美 安藤ニコ 若林拓也
    原案:木丸みさき「失恋めし」(KADOKAWA刊)
    脚本:今井雅子
    監督:大九明子
    音楽:髙野正樹

    チーフプロデューサー:前西和成
    企画・プロデュース:田中雅博
    プロデューサー:伊藤太一(AOI …

  • 【FIX】六番目の小夜子メインビジュアル(ロゴのみ)

    舞台「六番目の小夜子」のメインビジュアル公開!チケット特典&アフタートー クショーも発表

    2022 年 1 月 7 日(金)~16 日(日)新国立劇場 小劇場にて上演される舞台「六番目の小夜子」のメインビジュアルが完成。同時にチケットの特典内容とアフタートー クショーの実施も発表された。

    “J ホラーの父”と呼ばれる鶴田法男 が総監督として、脚本は小林雄次、演出は井上テテが タッグを組んで創り上げる本作。

    主人公となる謎の転校生・津村沙世子役で、舞台単独初主演をつとめる乃木坂 46 の鈴木絢音を、演劇部部長の花宮雅子役・尾碕真花、「サヨコ伝説」の謎を追っていく関根秋役・高橋健介、さらに熊谷魁人、山内瑞葵(AKB48)、山本涼介、そして演劇部の顧問・黒川先生役・森下能幸が取り囲むミステリ アスなビジュアルとなった。

     

    舞台「六番目の小夜子」
    原作:恩田陸『六番目の小夜子』(新潮文庫刊)
    企画協力:新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/123413/
    総監督:鶴田法男
    脚本:小林雄次
    演出:井上テテ
    キャスト:鈴木絢音(乃木坂 46)/尾碕真花 高橋健介/熊谷魁人 山内瑞葵(AKB48)/
    飛葉大樹 仲美海(劇団 4 ドル 50 セント) 大原由暉 志田こはく/花崎那奈(ボクラ団義)
    緑谷紅遥(ボクラ団義)/山本涼介/森下能幸
    公演日程:2022 年 1 月 7 日(金)~16 日(日)
    会場:新国立劇場 小劇場 〒151-0071 東京都渋谷区本町 1 丁目 1 番 1 号

    <アフタートーク>
    13 日(木)19 …

  • スパイダーマン ヴィラン・キャラクターポスター3種

    『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ヴィラン・キャラクターポスター解禁!当時のキャストで宿敵たちが蘇る!

    グリーン・ゴブリン、ドック・オク、エレクトロ
    スパイダーマンと対峙する
    ヴィラン・キャラクターポスター解禁!
    ウィレム・デフォー(グリーン・ゴブリン役)、
    ジェイミー・フォックス(エレクトロ役)
    当時のキャストで宿敵たちが蘇る!

    全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2022年1月7日(金)に全国の映画館にて公開!その第一弾予告編は、<公開後24時間の視聴数>が全世界で3億5550万回を記録し、これまでの映画作品の中で最も視聴された予告編となった。さらに、先日解禁された最新版の予告映像でも瞬く間に世界中のトレンドを席巻し、アメリカでは前売り券の発売初日の成績が『アベンジャーズ/エンドゲーム』超えと、ますますその期待が高まっている!

    ドクター・ストレンジによってマルチバースの扉が開かれ、『スパイダーマン」』シリーズの過去作に登場したヴィラン達が集結したことが大きな話題となっている本作。このたび、その過去のヴィラン達から、『スパイダーマン』(2002)に登場した《グリーン・ゴブリン》、『スパイダーマン2』(2004)に登場した《ドック・オク》、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)に登場した《エレクトロ》の3種のヴィラン・キャラクターポスターが解禁!
    すべてのポスターにスパイダーマンの後ろ姿が映りこんでおり、彼らが次元を超えたバトルを繰り広げるのか、それとも違う展開を見せるのか…?気になる演出となっている!

    同時に、本作でも《グリーン・ゴブリン》役をウィレム・デフォー、《エレクトロ》役をジェイミー・フォックスが演じることも発表!!すでに発表されている《ドック・オク》を演じるアルフレッド・モリーナと合わせて、当時の俳優たちによってヴィランが再び蘇ることが明らかとなった!本作にはほかにも、『スパイダーマン3』(2007)に登場した《サンドマン》、『アメイジング・スパイダーマン』(2012)に登場した《リザード》が登場することが明らかとなっており、まさに全ユニバースを賭けた壮大な戦いに、さらに注目が高まる!

    ついにマルチバースの扉が開いたことにより”彼らの存在がこのユニバースを危うくする“として、ストレンジが彼らを元のユニバースに戻すべくピーター、彼女のMJ、親友のネッドの3人に危険を訴えるが、その後さらなる混乱が引き起こされようとする様が描かれる本作。複数のユニバースを同時に生き始めたピーターの「僕の責任だ。全員は救えない」という台詞の果てに、彼が下す選択とは――。今、ここに全ての運命が集結する!

    ■映画予告編
    ◆予告1

    ◆予告2(60秒) 

    ◆予告3

    https://youtu.be …

  • 中務&小森

    GENERATIONS/中務裕太、小森隼 年に一度のエンターテインメントショー開催決定!!

    【GENERATIONS/中務裕太、小森隼】
    年に一度のエンターテインメントショー開催決定!
    1/6「中務裕太のマルチダンス〜多次元裕太をお見せします2022〜」
    1/7「小森隼の小盛りのハナシ」第二弾 

    GENERATIONSの中務裕太と小森隼人が贈るエンターテイメントショー「中務裕太のマルチダンス~多次元裕太をお見せします2022~」と「小森隼の小盛りのハナシ」が来年1月6日、7日に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催する事が決定した。

    小森自身がこれからのライフワークのひとつにしていきたいと意気込む単独トークライブ「小森隼の小盛りのハナシ」の第2弾。新年にどんな笑いと感動を再び与えてくれるのか大いに期待が膨らむところだ。

    そして、中務裕太が、新たなダンスの可能性を探るニュータイプLIVEエンタテインメントとして贈る「中務裕太のマルチダンス~多次元裕太をお見せします2022~」が始動する。ステージナビゲーターにはダンスの弟子でもあるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのリーダー陣を迎える。メインとなる内容は、自分が習いたかったダンスや、SNSで話題の人を呼んで即興ダンスをしたりと、タイトル通り、様々なダンスに本気で挑み、ナビゲーターの陣と共にトークも交えながら進行する。今までに見たことのない中務裕太を見る事ができるだろう。

    また、来年で3年目を迎えるLDHが贈る新たな朗読劇『BOOK ACT』の公演も1月に予定している。続報についてはEXILE TRIBE …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT