Open Close
  • 「風の色」完成版ポスターデータ1017jpg

    古川雄輝主演!映画『風の色』 《最新予告編+日本版ポスター+公開初日》解禁!

    古川雄輝主演!
    『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』の監督最新作!!
    ファンタジックでミステリアスな大人のための
    上質なラブストーリー誕生!!!

    もし、別次元にこの世界とまったく同じ世界が存在し、そこに自分とまったく同じ人間が生きていたら?
    流氷の北海道・知床と桜舞い散る東京を舞台に、古川雄輝とクァク・ジェヨン監督(『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』)の下、日韓スタッフが総力を結集した”究極の愛の物語”が完成。時空を超えた2組の男女が繰り広げる、幻想的かつミステリアスで壮大なドラマ『風の色』が 2018年1月26日(金) TOHO シネマズ 日本橋他にて全国ロードショー公開すること、そして初日が決定した。

    主演は中国版ツイッター「Weibo」において158万人を超えるフォロワー数を誇り、ドラマ「重要参考人探偵」「僕だけがいない街」、映画『曇天に笑う』が控える古川雄輝と、公募オーディションで約1万人の中から選ばれた藤井武美。ブレイク必至なフレッシュな二人に加え、竹中直人、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子といった実力派・ベテラン俳優が脇を固める。
    解禁となった最新予告では、東京で暮らす涼(古川雄輝)が、突然消えた彼女ゆり(藤井武美)を探しに北海道へ向かったところ、自分とそっくりのマジシャン隆(古川雄輝・2役)を見て、不思議な出来事に巻き込まれていくという、ファンタジックでミステリアスなシーンが散りばめられている。後半の映像では、北海道・知床での大掛りな脱出マジックのシーンや語り尽くせない2人の本当の愛の姿が、挿入歌 Professor Green の「/Read All About It (Feat Emeli Sande)」に乗せて描かれていく。

    日本版ポスターは、遠くを見つめるような主演・古川雄輝とヒロイン・藤井武美の2人の顔のアップ。左下には、雪原の上を歩いてどこかに向かうかのような美しい風景。
    見るものを”究極の愛の物語”に引き込んでいくような予告編映像と日本版ポスターに是非ご注目ください!

    ☆注目ポイント☆
    ① 主演は、若手注目俳優、古川雄輝。ヒロインは、約1万人のオーディションから選ばれた藤井武美。
    ② 恋愛映画の巨匠クァク・ジェヨン監督が、「自分史上、最高のラブストーリー。生まれ変われるなら、自分もこんな恋がしたいーー」と自ら語るほどの愛の物語。
    ③ 日韓合作映画史上類を見ない、脱出マジックシーンを撮影するために、北海道・知床に作られた大掛かりな巨大セット、巨大クレーンの登場。
    ④ 未だかって見たことがない、限界の中、リアルに撮影した美しい流氷のシーン。

     

    映画『風の色』
    【ストーリー】
    突然目の前から消えた恋人・ゆり(藤井武美)の死から100日、彼女との想い出の品々を胸に、失意のどん底からマジシャンになることを決意した青年・涼(古川雄輝)。その後、“自分と生き写しの人間”の存在に気付き始めた彼は、生前「私たちはまた会える」、「流氷が見たい」と言っていた彼女の言葉に導かれるように、北海道へと向かう。そして、旅の途中で偶然出会った、亜矢と名乗る、ゆりと瓜二つの女性(藤井/二役)。彼女もまた、2年前の事故により行方不明になっていた、涼と瓜二つの天才マジシャン・隆(古川/二役)との再会を待ち望んでいた——。

    監督・脚本:クァク・ジェヨン
    出演:古川雄輝、藤井武美、石井智也、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子、竹中直人
    英題:COLORS OF WIND
    主題歌:華原朋美「風の色」(UNIVERSAL J)
    挿入歌:Professor Green /Read All About …

  • DSC_6055s

    ヘドウィグの同志・山本耕史「ジョンのパッションを感じる!」 美しき天才ジョン・キャメロン・ミッチェル監督登壇 『パーティで女の子に話しかけるには』ジャパンプレミア

    『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
    ジョン・キャメロン・ミッチェル監督待望の最新作!!

    美しき天才、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督来日
    「こんな世の中だからこそパンク精神をもってほしい!」
    友人の俳優・山本耕史と即興で大熱唱!

    今もなお「生涯のベスト1」の声多き伝説の名作『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の原作・監督・脚本・主演を務めたジョン・キャメロン・ミッチェルの待望の最新作『パーティで女の子に話しかけるには』が、12月1日(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開する。(映画が製作されたイギリス・アメリカに先駆けて日本が世界初公開。)

    ミッチェル監督は、オリジナルキャストで日本初上演となる『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』舞台への出演と、本作のプロモーションのため、9年ぶりに来日。10月19日、新宿ピカデリーにて、ミッチェル監督が登壇しての、世界で初となるプレミア上映が行われ、ミッチェル監督の長年の友人である実力派俳優・山本耕史がゲストとして駆けつけた!山本は、2007年、2008年、2009年の3度に渡り同舞台でヘドウィグを演じ、ミッチェル監督とは2008年のジョイントライブでも共演している。

    <イベントレポート>
    鳴りやまない拍手の中、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督が登場!
    ミッチェル監督は、「15年ぶりに日本の映画館に戻ってこられてうれしいです。(『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』劇場公開時のメイン館である)シネマライズがもうなくなってしまったのは残念ですが、この映画は日本の観客の心に残るものになることを願っていますし、そうなる予感がしています。なぜならこの映画は初恋についての映画だからです。パンク少年とエイリアンによるものだけどね(笑)」とあいさつ。

    本作は、日本でも「コララインとボタンの魔女」などで有名なニール・ゲイマンの短編が元になっているが、本作を手掛けることになった経緯について、監督は、「もともとは気心の知れているプロデューサーが開発していた企画ですが、何年もかけて僕のことを口説いて引っ張りこんでくれたんです。原作ではワンシーンしか描かれていなかった物語を、時間をかけて膨らませて、より豊かな世界に広げていきました。」と説明する。

    遠い惑星からやってきた女の子ザンを演じたエル・ファニングについて、「一緒に仕事をしてきた中で、今までで一番楽しいと思わせてくれた女優です。スターであると同時に女優であるというのは難しいことだと思うのですが、彼女はその両方を兼ね備えていて、この映画は彼女にとってそれを両立させた初めての作品ではないかと思います」と彼女を称える。
    また、ニコール・キッドマンが、パンクのゴッドマザー的存在であるボディシーア役として出演。それについて、「今回は、いつも彼女が演じるような役とは全く違う、汚れた役をやってもらいました。実は、あるシーンの撮影中、パンク少年が彼女の顔につばを吐き続けたり、ギターの角が頭に当たってしまうような場面があって、僕はそれを見て、これこそ“パンク”だなと思いました(笑) 彼女は、“ジョン、こんな目に遭って全然居心地いい現場じゃないけど、サイコーよ!”と言ってくれたんです。」と語る。
    さらに、「この映画を観て皆さんにも感じてもらえると思いますが、僕はいつかニコールとエルは母娘の役を演じるべきだと思っています。」とふたりに対して監督自身が抱く期待も明かしてくれた。

    これまでの作品の中でも“音楽”が重要なカギを握ってきたミッチェル監督が、今回パンクを選んだことについて、「今の若い人たちは、親から手渡されたこの世界をどこか奇妙で怖いものであると感じているんじゃないかと思います。反対に、上の世代の人たちは色んなことに対して怒りを持っているけど、それがどこか偏ったものになってしまっている。だからこそ若い人たちには新しい形でのパンク・スピリットを持ってほしいんです。なぜならパンクが持つ反抗心とは、抑圧するものや様々なことに問いかけをすること、自分とは違う多様なものを受け入れていくこと…そんな、すごく健康的なものだから。すべてを綺麗なものに変えてしまうような怒りの力で、愛を探していってほしい。この映画は、そんなクリエイティブなパンク・スピリットを思い出させてくれるものになっています。」とパンクへの持論と熱い想いを語ってくれた。

    ここで、ゲストとして山本耕史が登場!
    山本は久しぶりの再会となるミッチェル監督への印象について、「最初に会ったときから優しい人で、今日はジョンの友達ということで呼んでいただきました。」とあいさつ。
    2008年には舞台で共演を果たしているふたりだが、山本は、今改めてヘドウィグという役どころについて、「いで立ち含めてジョンの演じたヘドウィグになるべく近づけようと思いながらやっていました。いろんな方が演じている作品だけど、僕は常にジョンのヘドウィグを意識していたから、彼には勝手に同志のような気持ちを抱いています」と語ってくれた。それに対して監督は、「ヘドウィグを演じたすべての人が兄弟であり姉妹なんです。役者人生の中で最も大変な役柄でもあるから、これを演じ切ることができればどんな役も恐れることはないと思います」と語る。

    いち早く『パーティで女の子に話しかけるには』を鑑賞した山本は、映画について、「ジョンらしい、すごく素敵なパッションを受け取りました。青春時代を思い出して懐かしいというのもあるし、僕はファンタジーが好きなんですが、ジョンがここまで直接的にファンタジーを描いたのはこれが初めてになります。彼の心の中にあるファンタジーが、はっきりとした表現やアートになって、彼の子供のような存在としてわかりやすく前面に出てきたように感じました。そのことに僕はキュンとしてしまったんです(笑) もちろん音楽も素晴らしいですよ。」と見どころを語ってくれた。
    ちなみに、ミッチェル監督は、映画の序盤のとあるシーンで少しだけ出演もしている。それについて、「ジョン、この映画に出てたよね・・・?」とさすがの観察眼も披露。

    ふたりが着用したのはヴィヴィアン・ウエストウッド。キッドマン演じるボディシーアがヴィヴィアン・ウエストウッドで働いていたがクビになったという役柄であることにちなみ、今回の来日プロモーションに寄せて監督に衣装提供をしてくれている。ふたりは絶妙な掛け合いを見せるのみならず、「ヘドウィグ・アングリーインチ」劇中曲のひとつである名曲「The Origin Of Love」をふたりで即興で歌い上げ、会場は改めて大興奮に包まれた。
    また、客席には、先日大成功に終わったばかりの、ミッチェル版ヘドウィグが日本初降臨した際に、スペシャルショーでミッチェルと共演した中村 中さんも駆け付け、それを見つけたミッチェル監督も「もうひとりのヘドウィグです!」と観客に紹介。割れんばかりの大きな拍手が送られた。
    監督は、自身のInstagram用に観客にカメラを向けたり衣装の着こなしについて質問したり、短い時間ながら観客とのコミュニケーションを目いっぱい楽しんでいた。

    『パーティで女の子に話しかけるには』
    <STORY>
    パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

    監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
    原作:ニール・ゲイマン「パーティで女の子に話しかけるには」
    衣装:サンディ・パウエル『キャロル』、『ベルベット・ゴールドマイン』
    出演:エル・ファニング 『20センチュリー・ウーマン』、アレックス・シャープ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」
    ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
    配給:ギャガ
    © COLONY FILMS LIMITED 2016
    ★公式サイト:http://gaga.ne …

  • hanas

    今度の五反田タイガーは花魁?!キャラビジュアル公開 『五反田タイガー』2ndSTAGE詳細発表

    今度の五反田タイガーは花魁!?
    歌って踊って芝居して…新たなエンターテイメント!!
    五反田タイガー 2nd STAGE
     『花街花魁クロニクル』

    2017年11月1日(水)~5日(日)
    新宿村LIVEにて STAGE ON!
    劇団TEAM-ODACを母体として今年1月に発足した女性劇団『五反田タイガー』の、第2回公演が2017年11月1日(水)~11月5日(日) の期間、新宿・新宿村LIVEにて上演が決定した。メインキャラクターのビジュアルを一挙公開!お披露目となるのは、主演・高橋胡桃(元アイドリング!!!)演じる小桜、東ななえ(五反田タイガーのリーダー)演じる高尾太夫、多田愛佳(元HKT48)演じる水間弥生、相笠萌(元AKB48)演じる花魁・立花、酒井萌衣(元SKE48)演じる花魁・五鈴、清水麻璃亜(AKB48)演じる花魁・伽耶ほか、五反田タイガーの主要メンバー数名。

    【公演日程】
    11月1日(水)        19時~(★)
    11月2日(木)        19時~(♪)
    11 …

  • ph1

    Live Musical「SHOW BY ROCK!!」 ―深淵のCrossAmbivalence― ついに開幕!! 米原幸佑ら出演者からのコメントも!

    燃やし尽くせッ! 深紅色に輝く魂の炎サウンドを…ッ!

    Live Musical「SHOW BY ROCK!!」
     ―深淵のCrossAmbivalence― 

    本日開幕!!

    ©2012, 2017 SANRIO CO., LTD. SHOWBYROCK!!製作委員会#
    10月19日、AiiA 2.5 Theater Tokyo(東京・渋谷)にて、『Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―深淵のCrossAmbivalence―』が開幕した。公演に先駆けてゲネプロが公開され、囲み取材で登壇者がコメントした。

    音楽・バンドをテーマとしたゲーム・アニメファン向けサンリオキャラクターであり、スマートフォン向けソーシャル音ゲーアプリとしても250 万ダウンロードを突破しております「SHOW BY ROCK!!」は、2017 …

  • 「坂道のアポロン」キャスト_1019解禁用

    知念侑李初主演 映画『坂道のアポロン』特報映像解禁&公開日決定!

    知念侑李×中川大志×小松菜奈
    監督:三木孝浩(『ホットロード』)最新作
    小学館漫画賞受&「このマンガがすごい!オンナ編」第1位の名作コミック映画化!!

    特報映像解禁&公開日決定
    あの坂とともに思い出す―。あいつと彼女と僕の、一生ものの10年間。

    東宝=アスミック・エースの共同配給にて、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、2009年版「このマンガがすごい!オンナ編」第1位に輝いた、名作コミック「坂道のアポロン」を単独初主演となる知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(『ホットロード』 『ぼくは明日、昨日の君とデートする』)がメガホンを取り映画化、2018年3月10日(土)に全国公開する。

    原作は、人気漫画家・小玉ユキにより「月刊flowers」(小学館)にて連載された伝説的コミック。
    アニメ化でもその音楽シーンの完成度の高さなどで話題を呼んだ人気漫画が待望の映画化となる。都会から長崎県・佐世保市へと引っ越してきた転校生で、うまく周囲に馴染めない主人公・西見薫を演じるのは、映画単独初主演となる、Hey! Say! JUMPの知念侑李(ちねん ゆうり)。そして、学校一の荒くれ者で、“札付きの不良”と恐れられながらも優しい心を持ち薫の一生ものの友達となっていくクラスメイト・川渕千太郎には、中川大志(なかがわ たいし)。千太郎の幼馴染で町のレコード屋の娘、薫が想いを寄せながらも自身は千太郎に片思いしている心優しい女の子・迎律子には、小松菜奈(こまつ なな)。共演に、ディーン・フジオカ、真野恵里菜(まのえりな)、中村梅雀(なかむらばいじゃく)ら実力派キャストが集結し、一生ものの友情と恋に出会ってもがきながら幸せを掴もうとする彼らの友情と恋に加え、音楽がまぶしく交錯する10年間を描いた、2018年春必見の感動青春ラブストーリーが誕生した。

    そして、本日ついに、本編初出しとなる特報映像が公式サイト(http://www.apollon-movie.com/)にて公開となった。
    特報では、主人公薫(知念)が、千太郎(中川)という友人を持ち、律子(小松)との恋をしながら変わっていく様子、そしてなにか大きな事件を感じさせる10年間が描かれている。また、特報で流れるジャズの名曲「いつか王子様が」は、劇中で知念・中川によってセッションされる楽曲の1曲。本作の為に、知念はピアノ、中川はドラムを数か月にわたり猛特訓した成果が表れています。新たなキャストとして、山下容莉枝(やましたよりえ)、ジャニーズJr.の松村北斗(まつむらほくと)、野間口徹(のまぐちとおる)らの出演情報も解禁となった。

    <ストーリー>
    医師として病院に勤める西見 薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良、川渕 千太郎と、運命的な出会いを果たす。
    二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎 律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある日突然、千太郎は二人の前から姿を消してしまい――

    出演:知念侑李 中川大志 小松菜奈
    真野恵里菜 / 山下容莉枝 松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.) 野間口徹
    中村梅雀 ディーン・フジオカ
    監督:三木孝浩
    脚本:髙橋泉
    原作:小玉ユキ「坂道のアポロン」(小学館「月刊flowers」FCα刊)
    製作幹事:アスミック・エース、東宝
    配給:東宝=アスミック・エース
    制作プロダクション:アスミック・エース、C&Iエンタテインメント
    (C …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT