Open Close
  • _MG_6017

    柳楽優弥、5年ぶりの主演舞台『CITY』開幕!!

    柳楽優弥、5年ぶりの主演舞台『シティ』が2019年5月18日(土)に彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて幕を開けた。
    晩年の蜷川幸雄も新作の執筆を依頼するなど、破格の才能として高く評価され、多くの観客やクリエイターを魅了して来た演劇作家・藤田貴大の新作舞台で、井之脇海、宮沢氷魚、青柳いづみら、旬の若手が競演。柳楽演じる善悪の狭間で生きる闇のヒーローに注目が集まっている。

    (舞台写真:井上佐由紀)
    5年ぶりの舞台主演となる柳楽優弥が演じるのは、事故で死んだ妹(青柳いづみ)の死を不審に思った兄。孤児としてともに育った青年(宮沢氷魚)の助力を得ながら、妹の死の真相を追っていた。猟奇的な連続殺人犯(内田健司)など、都市の暗部に否応なく触れることになり、いつしか町を守る存在として悪と対峙するようになって行く。

    ★藤田貴大コメント
    光と影のアンサンブルを、都市というコンセプトでつくりました。柳楽優弥さんの鏡のような眼に、どんな現代が映るか。
    そしてその様子を、いくつもの眼が凝視する。劇場にて、かんがえつづけています。

    ★柳楽優弥コメント
    久しぶりの主演舞台なのでしっかり集中して挑みたいなと思います。
    (初めての藤田さんとの作品作りですが、)稽古していて、藤田さんの新しいことへのチャレンジに参加できているんだなと実感しています。いい意味で刺激的な舞台になっているんじゃないかなと思います。ファッションと音楽の融合やパネルでの映像表現だったり、エンターテインメントととしても楽しめる作品になっているので、是非、劇場へ足を運んでいただけたら嬉しいです。

    <キャスト>
    柳楽優弥 井之脇海 宮沢氷魚 青柳いづみ
    菊池明明 佐々木美奈 石井亮介 尾野島慎太朗 辻本達也 中島広隆 波佐谷聡 船津健太 山本直寛
    内田健司(さいたまネクスト・シアター) 續木淳平(さいたまネクスト・シアター)
    <スタッフ>
    作・演出:藤田貴大

    <スケジュール>
    ●埼玉公演●
    日程:2019年5月18日(土)~26日(日)
    会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
    主催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

    ●兵庫公演●
    日程:2019年5月29日(水)
    会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
    主催:兵庫県、兵庫県立芸術文化センター

    ●豊橋公演●
    日程:2019年6月1日(土)・2日(日)
    会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT …

  • メインP1040344s

    映画『チア男子!!』中尾暢樹、浅香航大らが観客と一緒にBREAKERSを応援&解説! 衣装からパフォーマンスまで“チア男子の裏側“を大胆披露!

    直木賞作家・朝井リョウの話題青春小説、待望の実写映画化!
    横浜流星&中尾暢樹 W主演で贈る、感動青春映画の誕生!

    中尾暢樹、浅香航大らが観客と一緒にBREAKERSを応援&解説!
    衣装からパフォーマンスまで“チア男子の裏側“を大胆披露!
    《応援上映&劇場生コメンタリー上映 二本立てイベントレポート》

    「桐島、部活やめるってよ」で旋風を巻き起こした直木賞作家の朝井リョウが、大学在学中に書き上げた「チア男子!!」。実在する男子チアチーム “SHOCKERS”をモデルに、男子チアリーディングチームの発足から成長を描いた感動青春小説。朝井作品ならではの一人一人の抱えるドラマやキャラクター性の秀逸さで人気になり、これまでアニメ化や舞台化されてきた「チア男子!!」がついに実写映画化。大ヒット公開中!

    この度、109シネマズ二子玉川にて応援上映&劇場生コメンタリー上映を実施した。イベントは、集まった観客と共にキャスト自ら上映を鑑賞し、応援する“応援上映”、更に上映に併せて副音声形式で映画の裏側等を話す“生コメンタリー上映”を実施。
    まず最初に実施した“応援上映”では、中尾暢樹、菅原健、小平大智、風間太樹監督が登場。4人はドリンクにサイリウム、さらに劇中でも実際に使用された“BREAKERS”うちわを持参し、応援上映に気合十分で登場すると客席からは大きな歓声が。上映前に行われた舞台挨拶で、観客と「レッツゴー、ブレイカーズ」のコール&レスポンスでウォーミングアップを整えると、キャスト&監督は場内最前列に着席し上映はスタートした。

    劇中で印象的な「すごく気持ち~!!」「これから!」などの名台詞を観客とキャスト全員で叫ぶなど、上映が進むにつれてボルテージは上昇。更に映画が進むにつれて成長していくBREAKERSを実際に手拍子や声を出して応援していくことでまるで会場全員がBREAKERSのメンバーになったような一体感でクライマックスへ。ラストチアのシーンでは、客席から「がんばれー!」や「ハルー!!」「カズ―!!」とBREAKERSの勇姿を応援する声で溢れ、実際に目の前でチアパフォーマンスが行われているような臨場感に包まれ、大きな歓声やすすり泣く声も聞こえるなど感動の渦が巻き起こり、大盛況のうちに上映は終了しました。さらに今回が応援上映初体験だったという中尾は、「こんなに応援上映が楽しく盛り上がるものだとは知らなかった」と興奮の表情を見せていた。

    続いて実施された“生コメンタリー上映”では、応援上映のメンバーに加え浅香航大も参戦。この企画は先日の舞台挨拶で中尾暢樹、浅香航大が提案した企画が実現したのものとなり、上映前に中尾は「初めてなので、どうなるか分かりませんが、とても楽しみです」とコメント。浅香は「(やりたいと)言ってみるものですね。初めてやる企画なのでとても楽しみです」とコメント。上映が開始すると、映像に併せてキャストと監督がキャラクターの設定や、細かな小物・ロケ地など“チア男子の裏側”を徹底解説した。

    まず話題にあがったのがチアリーディングの練習をする際の衣装について。“元陸上部で少しお金持ち”の溝口(浅香航大)は、陸上部の時につかっていた良いブランドのスポーツウェアを、“あまり運動経験のない”トン(小平大智)は、中学時代の体育のジャージを着ているなど、各キャラクターにあった衣装を着ているなどといった細かな設定が解説された。
    そしてチアリーディングの練習内容やパフォーマンスに関して、監督は「本作のモデルとなった早稲田大学男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”から徹底的なリサーチを重ねた結果、リアルで本格的な映像が出来上がりました」とコメント。また実際に3ヵ月の練習を重ねてから撮影に挑んだため、浅香は「映画序盤にチアがまだ出来ない演技をするのも、逆に難しかったですね」と、実際に演じたキャストだからこそわかる難しさを語った。
    “応援上映”では、BREAKERSの勢いそのままにライブ会場の如く盛り上がり、さらに“オーディオコメンタリー上映”ではその中に隠された奥深さを感じられるという、本作の二つの魅力を感じられるイベントとなった。

    練習期間約3か月を要したチアリーディング。その間に生まれたBREAKERSの正真正銘本物の友情や青春が、見るものそれぞれの青春を思い返させ、感動をもたらしてる!そして、さらに応援上映会も決定し、ますます盛り上がっていくチア男子!!から目が離せない。
    青春が過ぎ去った大人こそが、過去の自分を振り返りながらも、BREAKERSに明日への勇気をもらえるのかもしれません。絶賛公開中の本作にぜひご注目ください!

    【STORY】
    道場の柔道一家に生まれた晴希は、幼い頃から柔道に打ち込む姉=晴子に憧れて育った。優しすぎる性格から晴子のように強くなれない晴希は、ある日の試合で肩を負傷。以降、柔道を続けるかどうか迷っていた。そんな時同じ柔道仲間で無二の親友である一馬が、突然「やりたいことがあるんだ」と柔道をやめることを宣言。動揺する晴希に「俺はこれをやる。ハルと一緒に!」と笑顔で畳みかけたのは、“男子チアリーディング部”の創設だった。ひとつ間違えると大けがにつながるチアの基本は、「仲間を信頼すること」。だが、メンバーを集め練習に打ち込んでいくうちに、“BREAKERS”の歯車は少しずつ狂い始め、やがてメンバーの間に決定的な亀裂を生んでしまう。

    ◆出演:横浜流星・中尾暢樹
    瀬戸利樹 岩谷翔吾 菅原 健 小平大智 / 浅香航大
    清水くるみ 唐田えりか 山本千尋
    伊藤 歩
    ◆原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
    ◆主題歌:阿部真央「君の唄(キミノウタ)」(PONY CANYON)
    ◆監督:風間太樹
    ◆脚本:登米裕一
    ◆音楽:野崎良太&Musilogue
    ◆制作プロダクション:AOI Pro.
    ◆配給:バンダイナムコアーツ/ポニーキャニオン
    ◆コピーライト:©朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT

    ■公式サイト:http://letsgobreakers7 …

  • S_0517-1

    KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『恐るべき子供たち』公開ゲネプロ及び囲み取材

    5月18日(土)~6月2日(日)までKAAT神奈川芸術劇場<大スタジオ>にて、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『恐るべき子供たち』を上演している。公演に先駆けて17日に公開ゲネプロ及び囲み取材が行われた。

    白井晃 松岡広大 南沢奈央 柾木玲弥 馬場ふみか

    ■南沢奈央(エリザベート役)コメント
    カンパニーとしては和気あいあいで、皆さんが今回適役で、普段のポジションも役のポジションに沿っているようで、例えば征木さんは本当の弟のようで、ちょっと優しくしようとすると照れて、のど飴あげると言ったのに「いらない」と返されて、「受け取ってよ~」というやりとりがあったり(笑) 松岡さんは最年少なのにしっかりしていて、皆の間を取り持ってくれて本当に助かりました。馬場さんは、異なる二役を演じているのですけれど、まったく違う雰囲気で、私も楽しませてもらっていますし、お芝居がとても好きなのだなあと感じます。
    私が演じるエリザベートは、これまであまり演じたことのない役柄なのですが、稽古が始まってキャストの皆さんと打ち解けて、遠慮しなくなったころから何かが変わりました。その頃に、白井さんからも「エリザベートらしくなった」と言っていただけて。稽古をしていく中でいろいろな発見があったり、白井さんからのヒントを頼りに役を作り上げてきた感じです。
    照明や装置から音楽、キャストやスタッフの皆さんも含めてとても素敵な環境で作品に携わらせてもらっているなと思っています。こんなにセットの何もない舞台は初めてで、まるでリングに立たされているよう(笑) 子供時代の雪合戦のシーンから物語が始まるのですが、そこから私たちも全力なので、そして最後までそのエネルギーに満ちた状態で終える作品にしようと思っていますので、ぜひ劇場に足を運んでください。

    ■柾木玲弥(ポール役)コメント
    (製作発表時には、これから本をよく読みこまないと…とおっしゃっていましたが、稽古場では普段もまるでポールのようだったとのお話があります。役をつかむことが出来たのでしょうか?)何かのきっかけがあってということではありませんが、稽古で皆さんと合わせていくうちにだんだん自分の中でポールができあがってきたと思っています。ぜひ劇場に、生の舞台を体感しに来てください。

    ■松岡広大(ジェラール役)コメント
    今回、ストレートプレイに初挑戦ですが、一つ一つの言葉の意味を理解して、これまで以上にエネルギーを使って大切に演じていかないと、と感じています。これまでのミュージカルでも勿論大事にしてきましたが、より言葉の大切さを意識していかないと、伝えたいこと、この作品の良さがお客様に伝わらないのでは…と思っています。明日からのプレビュー公演で「表現の幅」をもっと広げて臨みたいです。

    ■馬場ふみか(ダルジュロス/アガート 二役)コメント
    (二役演じることの面白さや難しさはどんなところ?)二つのまったく異なる視点から、この作品を考えられるこという面白さがあります。一方で、ワンシーンごとにその切り替えをしなくてはいけませんので、スイッチングの難しさを感じました。ぜひ二役の違いにも注目していただきながら、この作品全体を楽しんでもらえれば嬉しいです。

    ■白井晃(演出)
    「恐るべき子供たち」は、「春のめざめ」に続いて思春期にある人たちの心の状態を表現する作品です。ですが、大人になる途上での葛藤や苦悩を描いた「春のめざめ」に対して、この作品は大人になることを拒否している子供たちが、それでも大人にならざるを得ない自分を殺してしまうという、全く違うアプローチになっています。上演台本を小説から戯曲化してくださったノゾエ(征爾)さんは、ジェラールの目線で描いてくれて、そこが面白いと思いました。
    今回のキャストの皆さんはとても大人に感じました。俳優としても真面目ですし、こちらの要求に対してレスポンスも早くて、むしろそれだけこちらの要求も多くなってしまって(笑) プレビュー公演を経て、もっとブラッシュアップしていきたいと思います。

    原作 ジャン・コクトー
    上演台本 ノゾエ征爾
    演出 白井晃
    出演 南沢奈央、柾木玲弥、松岡広大 馬場ふみか
    会場 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
    日程 2019年5月18日(土)~6月2 …

  • 宮本_組写真0515s

    池松壮亮主演、ヒロイン・蒼井優 映画『宮本から君へ』新キャスト発表!

     主演・池松壮亮×ヒロイン蒼井優で映画化!
    映画

    現在もなお熱狂的に支持される伝説の漫画『宮本から君へ』が、主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え、真利子哲也監督により映画化。この度、映画版の新キャストが発表された。
    ★★★映画版・新キャスト発表!★★★

    左上から: 松山ケンイチ(神保和夫)、蒼井優(中野靖子)、池松壮亮(宮本浩)、井浦新(風間裕二)
    左下から: 星田英利(小田三紀彦)、一ノ瀬ワタル(真淵拓馬)、佐藤二朗(大野平八郎)、柄本時夫(田島薫)、古舘寛治(岡崎正蔵)
    ※俳優(カッコ内役柄)
    世代を超えて読み継がれる伝説の漫画を、主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え映画化した『宮本から君へ』(今秋公開)の映画版・新キャストが発表!映画では、原作の後半をベースに、池松壮亮が演じる“宮本浩”と蒼井優が演じる“中野靖子”の前に立ちはだかる「究極の愛の試練」を二人が克服していく姿が描かれる。この二人の関係をつなぐ重要キャラクター・風間裕二を演じるのは、幅広い演技力で多くの作品に出演し高く評価され、今年は2本の主演作が控える井浦新。裕二は、どうしようもない遊び人だが、靖子の心に棲みつく元恋人。宮本と靖子の間で、奔放に振る舞いながらも、二人の距離を近づけていく大切な役割を担っている。井浦は、本作の出演について「撮影時、この作品が放つ生命感溢れる熱量に吹き飛ばされまいと、全身全霊で現場にしがみついていた。その中心で熱苦しいほどのエネルギーを生み出している池松君と蒼井さんのぶつかり合いは、 正に鬼神の如く、その凄まじさを余すことなく味わえたことが、大きな喜びでした。関わったシーンでの撮影では毎回がクライマックス、しかし初号を観たら始まりから終わりまで全編がクライマックスに漲っていた。なんてべらぼうな映画だ。」とコメントする。

    また、本作では、漫画「宮本から君へ」が今も熱く支持される理由となっており、本当に映画化できるのか?と注目される“高層マンションの階段での決闘シーン”も描かれる。その決闘シーンで、宮本が立ち向かう怪物・真淵拓馬を演じるのは、一ノ瀬ワタル。格闘家としての現役時代に出演した『クローズ ZEROⅡ』をきっかけに俳優の道へ、日本人俳優として規格外の体格を活かし『キングダム』、『HiGH&LOW』シリーズなど様々な作品に出演する。本作では、ラグビー部に所属する巨漢にして怪力の持ち主で、紳士的な表と、欲望に忠実な裏の二つの顔をもつ難しい役柄を完璧に演じきっている。だれが拓馬を演じるのか?原作ファンの間で最も注目されるキャラクターだけに、一ノ瀬は、体重を 33kg 増量し「絶対に勝てそうにない体」を作り上げ撮影に挑み、「映画「宮本から君へ」がいよいよ公開します。僕が原作に出会った直後にこの役をやれるチャンスを頂き運命的なものを感じました。真淵拓馬は絶対に自分にしか出来ないという自信と強い想いがあります。より拓馬に近付く為 2 ヶ月間で 30kg 以上の増量もしました。この作品を撮り終わったら死んでも良いと覚悟して挑んだ作品です。ありったけの魂を込めました。この映画、観てください!!!!!!!!」と気合い十分。

    このほか、真淵拓馬の父で、宮本の得意先の部長である真淵敬三をピエール瀧、真淵敬三の親友・大野平八郎を、新井英樹の原作漫画の大ファンであることから出演を即決し、映画にドラマなど様々な組から引っ張りだこの名優・佐藤二朗が演じており、「僕が新井英樹作品を大好きな理由の 1 つが、何かを引きかえに描いてるとしか思えない、壮絶で豊饒なキャラクターたちだ。今回、そのキャラクターの 1 人を演じられることに悦びと畏れを感じつつ、皆で渾身の思いで拵えた作品です。是非、劇場でご覧ください。」とコメント。また、真利子哲也監督は「ついに実写化の舵が切られ、分厚くて重たい定本を握りしめ、ボロボロになるまで読み込み書き込み、かなり手強いこの原作をどうやったら映画にできるか、みんなで真剣に向き合いました。やがて一癖も二癖もある役者たちが集まってきて、現場はより一層の執念と活気で溢れました。今、 このタイミングにしか映画にできない自負がありました。ここで失敗したらもう誰も映像化できないという勝手な責任感もありました。宮本に負けず劣らず、這いつくばって完成させた映画をでっかいスクリーンで観たときの、理屈抜きで気持ちが開放されたあの感触。子供に返ったみたいに老いも若きも男も女も、みんな一緒になって朝まで語らって歌ってました。この映画の顔ぶれに微塵も悔いはありません。」と新しく加わった俳優を含めキャスティングに悔いなしと、熱く語る。

    原作コミックは、社会に蔓延する様々なテーマを、容赦ない人間描写と圧倒的な世界観で描き続けてきた漫画家・新井英樹が熱血営業マン・宮本浩、七転八倒の記録を描いた作品。1990 年にモーニング(講談社)で連載をスタートし、1992 年に<第38 回小学館漫画賞 青年一般部門>を受賞。2009 年には『定本 宮本から君へ』(全 4 巻)が太田出版より出版され、いまもなお俳優やミュージシャン、漫画家など各界から熱烈な支持者を生み続けている。

    金なし!コネなし!勝ち目なし!・・・でも情熱だけは半端ない!熱血営業マン・宮本浩が“絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!宮本の暑苦しくも切ない生き様を描いた“極限の人間讃歌”が描かれるエンターテイメント! 今秋、全国公開。

    ★映画公式 FB ⇒ https://www.facebook.com/miyamotomovie/?ref=py_c
    (※映画公式 HP は 5 月末 オープン予定)

    映画『宮本から君へ』
    原作: 新井英樹 『宮本から君へ』 百万年書房/太田出版刊
    監督:真利子哲也
    脚本:真利子哲也、港岳彦
    出演:池松壮亮 蒼井優 井浦新 一ノ瀬ワタル 柄本時生 星田英利 古舘寛治 ピエール瀧 佐藤二朗 松山ケンイチ
    配給:スターサンズ、KADOKAWA
    (C)2019「宮本から君へ」製作委員会

    今秋、全国公開

     

    rakuten_design …

  • DSC_1781

    長澤まさみ、「観客の97%が騙された」の結果に「嬉しい!」とご満悦! 映画『コンフィデンスマンJP』初日舞台挨拶

    映画『コンフィデンスマンJP』の初日舞台挨拶が、5月17日、東京・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、キャストの長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也、織田梨沙、竹内結子、三浦春馬、江口洋介と、田中亮監督が登壇した。

    2018年に放送されたフジテレビ系月9大ヒットドラマ、「コンフィデンスマンJP」が遂に映画化。本作は、華麗に大胆に人を騙し続ける美しきコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)のダー子(長澤)が、真面目で小心者のボクちゃん(東出)、百戦錬磨のベテラン詐欺師・リチャード(小日向)と共に、香港マフィアの女帝・ラン・リウ(竹内結子)が持つと言われているパープルダイヤを狙って壮絶な戦いを挑むストーリー。香港を舞台に史上最大の今ゲームを繰り広げる。

    昨年ドラマの最終話で映画化が発表されたが、それさえも「詐欺では?」と疑われていた本企画。公開初日を迎え、長澤は「コンフィデンスマンJPの世界にどっぷり浸かってくださっている方々がたくさんいることを実感しました。こうして映画になって、番宣などでたくさんの子猫ちゃん達に会い、この作品を心待ちにしてくださっている方がいるのを目の当たりにしました。素敵な作品に巡り会えて、感無量です!」と喜んだ。

    東出は「長澤さんが座長として頑張ってくださって・・・、長澤さんの背中についていこうと思いました。みんながお祭りのような気分で、一緒にこの作品を撮ることができて素晴らしい体験でした」としみじみ。そして、小手に「いかがですか?シンデレラおじさん」と話を振ると、「長澤さんのおかげです」と述べる小手。東宝シンデレラ出身の長澤が「私もシンデレラなんだ! でも、(シンデレラを)譲るよ」とニッコリ。ドラマ出演により、すっかり本作のマスコット的存在(?)となり、ブレイクした小手は「この1年で僕の生活は激変しました。五十嵐(役)をやらせていただいてから、バラエティに呼んでもらえるようになって、この役がらに出会えて一歩を踏み出すことができました」と振り返り、二歩三歩とシンデレラの階段を上がっていきたいです!」と意気込んだ。

    小日向も「映画化になって、本当に贅沢な環境に居るんだなと実感しています。ドラマ中は本当にしんどかった(笑)。まさみちゃんの背中を見ていると、やりたくなさそうだな〜って(笑)。でも、それを乗り越えて映画化された。脚本が素晴らしくて、僕らも騙されました」と感慨深げ。

    また、この日は鑑賞後の観客445人を対象に、今作で騙されたか否かのアンケートをとることに。「ダマされた」という内輪を挙げた人数を「野鳥の会」のメンバーがカウント。長澤が「95%」と予想するも、結果はそれを上回る97%が騙されたという結果となった。これには長澤も「嬉しいです! ありがとうございました」と満面の笑みを浮かべていた。

    さらに、イベントでは“くすダマしコンゲーム!ダー子VSコンフィデンスマン・ファミリー”と題したゲームを実施。登壇したキャスト、監督が持ったくす玉のうち1つだけに大ヒットを祝う垂れ幕が入っており、それを長澤が引くというもの。登壇者たちはそれぞれに自分のくす玉を引かせようとアピールするが、長澤が選んだのは小手。しかし、「ダマされた!!」と書かれた垂れ幕が出てきてハズレ。 次に小日向のくす玉の紐を握り・・・見事正解! しかし、本当はハズレだと思って引いたようで、「もうちょっと楽しみたかった・・・」と嘆いて会場を沸かせた。

    最後に長澤が「本当に楽しくて、大胆で痛快な『コンフィデンスマンJP』の世界を作り上げることができました。まだまだこの先もこの作品が続くことを今は祈っています。まずは、たくさんの人に愛される映画になればいいなと思います」とメッセージを伝え、舞台挨拶を締めくくった。

    映画『コンフィデンスマンJP』
    監督:田中亮
    脚本:古沢良太
    長澤まさみ 東出昌大 小手伸也 / 小日向文世
    織田梨沙 瀧川英次 Michael Keida / 前田敦子 佐津川愛美 岡田義徳 桜井ユキ
    生瀬勝久 山口紗弥加 / 小池徹平 佐藤隆太 吉瀬美智子 石黒 賢
    竹内結子 三浦春馬 江口洋介
    配給:東宝
    製作:フジテレビ・東宝・FNS27社
    (c)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会
    公式サイト:http://confidenceman-movie.com

    5月17日より全国東宝系にてロードショー

     

    rakuten_design …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT