Open Close
  • サブ2_DSC0418

    登坂広臣&中条あやみ 『雪の華』2人の期間限定の恋の行方に涙する…キャストコメント付き特別映像 解禁!!

    最高のラブストーリーの舞台フィンランドが物語を彩り、
    2人の期間限定の恋の行方に涙する
    キャストコメント付き特別映像 解禁!

    中島美嘉のエモーショナルな歌声と、歌詞の普遍的な世界観、2003年に大ヒットし数えきれないほどカバーされ歌い継がれてきた、日本人なら誰もが一度は耳にしている名曲『雪の華』が、15年の時を経て登坂広臣、中条あやみの主演で、最高のラブストーリーとなって、2019年2月1日(金)に公開する。

    ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだけど真っ直ぐな青年・悠輔に登坂広臣。余命宣告をされたヒロイン・美雪に中条あやみという贅沢なキャスティング。オリジナルストーリーを作り上げたのは、『8年越しの花嫁』の岡田惠和。監督は『orange-オレンジ-』の橋本光二郎。劇中楽曲は葉加瀬太郎が初挑戦。本編の1/2を、冬と夏のフィンランドでの大型ロケで撮影された圧倒的に美しい映像で、期間限定の切ない恋を彩る心を溶かすラブストーリー。

    この度、『雪の華』の2人の期間限定の恋の行方に涙するストーリーと最高の恋の舞台フィンランド、本作の魅力が詰まったキャストコメント付き特別映像が解禁!!

    映像内では、この映画を語る上で外せない2つのポイントを紹介。1つ目はガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだけど真っ直ぐな青年・悠輔と余命宣告を受けたヒロイン美雪の心が締め付けられる切ない期間限定の恋愛模様。

    美雪(中条あやみ)は主治医である若村(田辺誠一)から、余命1年を宣告され、「私は人生で幸運だったことはない」と絶望を感じていた。そんな美雪の心を救ってくれたのは、偶然ひったくりに遭ったところを助けてくれた悠輔、「助けてとか、返してとか、声に出さないとわからないだろ、声出して行けよ、声!」。その言葉に美雪は背中を押されるように、悠輔にとんでもない提案をする「100万円で私の恋人になってください。1カ月だけ―」と期間限定の恋を持ち掛けるのだった。

    2人でお弁当を食べたり、水族館でデートしたり、帰り道に相手が見えなくなるまで手を振ったり、美雪がノートに書いた“夢”―恋人としたいこと―を叶えていく。「先がないのに本当の恋愛なんてできないじゃん、だから期間限定。思い残すことはないって感じで終われるわけ」と悠輔との幸せな日々に初めのうちは満足していた。しかし「どんどん好きになってる、すぐ終わっちゃうのに」と終わりの来る恋とわかりながらも、どんどん惹かれていく美雪。思い出が増えれば増えるほど、美雪の想いとは裏腹に別れの日が近づいてきて…。
    一方何も知らない悠輔は「私が振り返ったときに、みててほしいです。基本だと思います」と無邪気に笑う姿や天真爛漫でいつも前向きな美雪の人柄に触れていくにつれ、次第に惹かれていることに気づきはじめるが。

    悠輔を演じた登坂は「純愛のストレートなラブストーリーだと思うので、この真っすぐな恋愛作品を見て頂けたらな」、美雪を演じた中条は「ロマンチックだけど、儚い素敵な映画になるんだろうなと思っています」と映像内でそれぞれコメントし本作への自信を覗かせる。

    そして2つ目は、2人のラブストーリーの舞台となる最高のロケーション、北欧・フィンランド。本編の約1/2をフィンランドの大型ロケで撮影。ロケ地について登坂は「初めて来た国なんですけど、すごく街並みもキレイですし、この作品にぴったりな風景なんじゃないかなと思います」、中条は「このキレイな雪景色の中で撮影できて、『雪の華』らしい素敵な映画が撮れたんじゃないかなと思います」と話すように、フィンランドの美しい街並みと雄大な自然が2人の物語に彩りを与え、最高のシチュエーションを演出している。

    かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気を与え、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれ、切ない想いに涙が溢れる、初雪の降る日に出会った2人の、1年のラブストーリーとなっている。

    <STORY>
    「余命1年、私の夢――恋がしたい。」
    東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。
    余命を宣告された美雪の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、人生で初めての恋をすること。ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔に助けられる。悠輔が男手ひとつで兄弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかけて――。
    かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

    CAST & STAFF
    登坂広臣 中条あやみ
    高岡早紀 浜野謙太 箭内夢菜 / 田辺誠一
    主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
    監督:橋本光二郎 脚本:岡田惠和 音楽:葉加瀬太郎
    製作:映画「雪の華」製作委員会 企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
    配給:ワーナー・ブラザース映画 ©2019映画「雪の華」製作委員会
    公式サイト:http://yukinohana …

  • イベントオフィシャルスチール

    映画『MANRIKI』へSWAY出演!! SWAY初ワンマンライブに斎藤工、永野がサプライズ登壇!! スペシャル特報映像解禁!

    斎藤工×永野×金子ノブアキ×清水康彦
    映画『MANRIKI』
    SWAY初ワンマンライブに斎藤工、永野がサプライズ登壇!
    『MANRIKI』映像初お披露目。スペシャル特報映像解禁!

    12月12日に新木場 STUDIO COASTにて行われたSWAY初のワンマンライブにて、斎藤工、永野がサプライズ登壇し、映画『MANRIKI』へのSWAY出演の発表とともに、SWAY、斎藤工、永野による映画に関するトークを行った。

    映画『MANRIKI』は、俳優・フィルムメーカーとマルチに活躍する斎藤工が芸人・永野、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキ、CMや金子のMVを手掛ける清水康彦とともに 映像制作プロジェクトチーム「チーム万力」を結成し放たれる長編第一弾作品。

    「チーム万力」としては、今年の国際短編映画祭・ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2018において、完全自主制作のショートフィルム3作品を披露し、本作は長編第一弾作品となります。本作では、齊藤工と永野が企画・プロデュースを行い、永野が原作・脚本・出演、斎藤工が主演、金子ノブアキが出演・音楽監督、清水康彦がメガホンを握る。そして、DOBERMAN INFINITYのメンバーであり、俳優、そしてアーティストとして精力的に活動をしているSWAYが本作に出演していることもあり、本人たちのアイデアから、SWAYのライブにサプライズで登場し、SWAY出演をその場で発表しよう、という企画が始動した。

    イベントではアンコールが1曲終わったところで、サイレンが鳴り響き、スクリーンで初お披露目となる本作のスペシャル特報映像が上映され、サプライズゲストとして斎藤工、永野が登壇した。

    本作のスペシャル特報がステージスクリーンに上映されると、SWAYファンから、「え!?何!?」とどよめきの声があがり、SWAYのシーンが映ると大歓声が巻き起こった。そして約2分のスペシャル特報のあと、SWAYが登場し、「来年『MANRIKI』という映画が公開されますが、出演させていただいたくことになりました!」と発表すると会場から「おめでとう!」と大歓声が巻き起こった。「そして、今日はなんと、斎藤工さんと永野さんにお越しいただいてます!」と斎藤工、永野の二人を呼び込むと、サプライズゲストの登場に会場大歓声が巻き起こった。

    <以下、トーク>
    永野、斎藤「SWAYさん、初ワンマンライブおめでとうございます!」

    永野「少し(ライブを)観させていただいたのですが、カッコよすぎる!最高!そしてお客さんも最高!」

    永野「今までリリースされたやつ全部買う!」

    斎藤「持ってなかったですか!?」

    永野「でもぐっときました、最高でした」

    (会場の歓声に)
    永野「YO …

  • aysonezaki342

    阿木燿子&宇崎竜童の『Ay 曽根崎心中』【動画】囲み取材&ゲネプロ 「最高のものが出来た」

    近松門左衛門が描いた極限の愛をフラメンコで表現する衝撃作「Ay 曽根崎心中」が、12月12日(水)に新国立劇場にて開幕。初日を控えて11日(火)に囲み取材とゲネプロが行われた。

    矢野吉峰 佐藤浩希 鍵田真由美 阿木燿子 宇崎竜童 三浦祐太朗 Ray Yamanda 若旦那
    囲み取材にはプロデューサーの阿木燿子、音楽監督の宇崎竜童と主演の鍵田真由美、佐藤浩希と出演の矢野吉峰、唄を担当する三浦祐太朗、Ray Yamanda、若旦那(湘南乃風)が登場。 熱い情念を描く思いを語った。

    「4年ぶりとなった公演は新たなキャストが加わり、最高のキャスティング」と阿木。
    「和物をフラメンコで」と聞くと意外な感じもするが、主演の鍵田は「この作品のためにフラメンコの技術があったのかというくらいに本当にマッチしている」と言う。
    阿木が「全編、見どころ聞きどころ満載」、宇崎が「初日に来て頂いた方はリピーターになって頂ける」と言う自信作となった。

    ゲネプロ
    和のテイストの中、あふれる感情の高まりがフラメンコのリズムに自然に乗ってここちよい。
    心にストンと落ちるまっすぐな唄に物語の世界へ誘われ、客席に座っていながら悲劇へと向かう2人と共に激情に巻き込まれ揺さぶられる。
    色使いの転換も楽しく、目・耳・体で楽しめる演目となっている。

    「Ay 曽根崎心中」

    日程:2018年12月12日(水)~12月20日(木)
    会場:新国立劇場 中劇場
    (東京都渋谷区本町1丁目1番1号)
    料金:SS席13,000円 S席10,000円 A席7,000円 アンダー25 5 …

  • DSC_2335

    土屋太鳳&北村匠海&小関裕太、強豪女子バスケ部を激励訪問! ガチでフリースロー対決!?

    映画『春待つ僕ら』のバスケ部激励イベントが、12月10日に東京・八雲学園中学校高等学校にて行われ、主演の土屋太鳳と、共演の北村匠海(DISH//)、小関裕太が出席した。

    本作は、あなしん原作の同名少女コミックを『ROOKIES 卒業』の平川雄一郎監督の手で実写映画化。“ぼっち”の女子高生・美月が、4人のイケメン・バスケ男子と出会い成長していく様を描く青春物語。主人公・春野美月役を土屋、バスケ部・イケメン四天王に北村、美月の幼なじみで天才バスケ選手・神山亜哉役を小関が演じる。

    同校の女子バスケ部は、高校バスケの全国大会「ウインターカップ2018」第71回全国高校バスケットボール選手権大会に東京都代表として出場する強豪校。この日、バスケ部の練習中に訪問した3人。突然の登場に驚いた部員たちは、「可愛い~」「カッコいい~」と興奮を隠せない。

    土屋は「出場おめでとうございます。 チームの絆を大切に、一丸となって頑張ってください」とエールを送り、特性のピンク色のバスケットボールをプレゼント。学生時代バスケ部に所属していた北村は、「映画では僕らもチーム感を大事に演じていましたが、(同チームを)見ていてすごくいいチームだなと。もう勝ってます!」と選手たちの背中を押した。

    アジア競技大会ジャカルタ2018の3×3バスケットボールで銀メダルに輝いた奥山理々嘉選手は、本作について「バスケに青春をかける熱い思いが伝わってきて感動しました」と絶賛。土屋は「皆さんに届いていると思うと嬉しいです」と満面の笑みを浮かべた。

    イベントでは、バスケ部と3対3のフリースロー対決に挑む展開に。部員たちの応援を受けながら果敢に挑戦する3人だったが、結果は3対0でバスケ部の圧勝。土屋は“泣きのもう1回”でチャレンジするもシュートを決めることはできなかった。
    土屋は「さすがですね。勝つ力を持っていますね」と白旗をあげ、部員たちへ特製のリストバンドを送った。

    部員らからの応援を受け、土屋は「初日まで頑張ります!皆さんにも常にパワーを送ります」と宣言。北村は「僕らの映画が皆さんの背中を押せれば」と述べ、映画出演までバスケ未経験だった小関は「いちから練習しましたが、やればやるほど楽しさと同時に、難しさと大変さを感じました。(選手たちを)本当に心からリスペクトです」と笑顔で語っていた。

    【ストーリー】
    何をするにもひとり。そんな“ぼっち女子”美月の運命を変えたのは、バスケと仲間を愛する4人のバスケ男子との出会いだった。最初は「チャラい」と決めつけていた4人の、バスケへのまっすぐな思いに触れるうち、美月の中で何かが変わっていく。そして4人の中でも一番無口な天然キャラ=永久の穏やかな優しさに、少しずつ惹かれていく美月。お互いが気になる存在になり始めた頃、幼なじみ=亜哉が突然現れる。

    監督:平川雄一朗
    脚本:おかざきさとこ
    原作:あなしん
    出演:土屋太鳳 北村匠海 小関裕太 磯村勇斗 杉野遥亮 稲葉友 泉里香 佐生雪 緒川たまき
    制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
    配給:ワーナー・ブラザース映画
    ©あなしん/講談社 ©2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会
    公式サイト:http://harumatsumovie.jp
    @harumatsumovie #春待つ僕ら

    12 月 14 日(金)全国ロードショー

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc …

  • メイン

    『アリータ:バトル・エンジェル』 世界最速特別映像試写会&トークイベント

    『アバター』『タイタニック』のジェームズ・キャメロン最新作!
    “ 日本発” の伝説のS F コミック「銃夢」を待望の映画化!

    世界初解禁の映像の迫力に大興奮!
    <『アバター』を超える驚異の映像>は
    J・キャメロンの原作への愛が生み出した!!
    12/10(月)世界最速特別映像試写会&トークイベント

    SF 漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界15の国と地域で出版された木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」。長年に渡り映画化を切望してきた巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本で遂に映画『アリータ:バトル・エンジェル』 として、2019年2月22日(金)より全国公開となる。

    12月10日(月)に本作のVFX を担当したWeta デジタルからニック・エプスタイン氏が来日し、映画ライター杉山すぴ豊氏と世界初映像解禁イベントに登壇。等身大マネキンの初お披露目も行われた。

    イベント冒頭で、ジェームズ・キャメロンとロバート・ロドリゲスのメッセージ映像で幕を開けた。約30分にも及ぶ世界最速となるフッテージ映像では、モーターボールのシーンが初めてお披露目され、迫力ある映像に来場者は度肝を抜かれた。上映が終了すると、会場には興奮冷めやらぬままに、大きな拍手が沸き起こった。ニックさんは自己紹介の中で、自身の担当について「Weta デジタルで本作の映像の600ショットを担当し、アリータが水中を歩くシーン、工場やバーなどのアクションシーンをたくさん担当しました。」と説明。杉山さんは世界初解禁の映像を観て「アリータに恋しました。彼女を愛らしくするために公開が遅れたのかと思うくらいです。待った甲斐がありましたね!」と素直な熱い気持ちをぶつけた。また、ニックさんの普段の仕事については「監督やプロデューサーと毎日ミーティングし、彼らのビジョンを明確にアーティストに伝える役目を担っていました。」と話した。

    今回の作品において、ジェームズ・キャメロンからどのような指示があったか?という杉山さんからの質問に、「600ページのバイブルがあり、中には脚本や絵やデザインなどがほぼ全て入っていたので、制作に入る前から形がしっかりできました。」と現場だからこそ分かる、キャメロンの熱烈な作品愛のエピソードを教えてくれ、さらに「キャメロンからのフィードバックが頻繁に来ていて、それは<原作の漫画に忠実にする>ということでした。例えば、アリータの目の下にある血のマークのちょっと場所が違うと言い出して、キャメロンは「原作3冊目の31ページを参考にしろ」と具体的に指示されました。」と話し、その愛の強さに、会場からは驚嘆の声が起こった。

    さらにニックは「アリータは本当に大変な企画でしたが、とてもやり甲斐があった。アリータは今までに手掛けてきたサノス(『アベンジャーズ』シリーズ)、シーザー(『猿の惑星』シリーズ)など、動物らしいものやエイリアンとは違い、とても人間らしいものだったので難しかった。解決策としては、ローサの実際の演技を取り込みことで、口の動きなど非常に信じられるものになった」と語った。それを受けた杉山さんは、「涙を流すところはとても印象的だったが、実際にローサは泣いていたのか?」という質問にニックは「演技全体、感情も全てキャプチャしました。ローサの演技があったからこそできたことです。」とローサについて語った。またニックさんは「髪の毛のシミュレーションに
    しても、アバターの時はリボンのように1万本をざっくりまとめてのシミュレーションできていましたが、今回は全て髪の毛一本一本をシミュレーションしていました。実際の髪の毛と同じように再現できています。」また「アリータでは2つのカメラを使用して顔のキャプチャを撮りました。以前は平面だけだったのが、とても奥行のあるとても正確なキャプチャが撮れるようになりました。そしてもう一つは、ローサの人形を作り、彼女の演技を一度人形に反映させました。」とアバターをはるかに超える技術的進歩があったと語った。

    最後に、日本のカルチャーについての興味に関しては、「スタッフの間では、ポケモンがとても人気があります。映画も観に行きました。あとはジブリ映画はみんな好きですね。」と日本のカルチャーの人気の高さを語ってくれた。今回のフッテージ上映で、圧巻の映像を観たファンからは本編への期待がますます高まったという熱い声がSNS で多数寄せられた。

    【ストーリー】
    舞台は、“支配する者”と“支配される者”の2つの世界に分断された、謎めいた遠い未来。サイバー医師のイドは、瓦礫の中から少女の人形の頭部を拾い上げる。彼女は300 年前のサイボーグであり、なんと脳は生身のまま生きていた。イドは、過去の記憶を失っていた少女に新たな機械の身体を与え、アリータと名付けて成長を見守る。ある日、自分の中に並外れた戦闘能力が眠っていることに気づいたアリータは、自分が300 年前に失われたテクノロジーで創られた“最強兵器”だということを知る。逃れられない運命に直面した少女は、与えられた自分の命の意味を見つけるために、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な旅に出る。

    ◇原作:「銃夢」木城ゆきと
    ◇脚本・製作:ジェームズ・キャメロン
    ◇監督:ロバート・ロドリゲス『シン・シティ』『スパイ・キッズ』
    ◇出演:ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリほか
    © 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
    配給:20 世紀フォックス映画
    公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/

    20 世紀フォックス映画アプリ配信中/新作映画情報・限定クーポン・ミニゲームをお届け!
    ※ダウンロードiPhone 版はこちら:https://itunes.apple …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT