Open Close
  • Processed with VSCO with c3 preset

    三船敏郎はホワイトハウスも顔パス?! “世界のミフネ”の意外なエピソード!『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』 松田美智子×三船力也トークイベント

    『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』
    三船敏郎はホワイトハウスも顔パス?!
    気遣い・綺麗好き・駄洒落好き “世界のミフネ”の意外なエピソード!

    5 月26 日(土)に埼玉県のこうのすシネマにて、『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』公開記念トークイベントを開催し、松田美智子(「サムライ 評伝 三船敏郎」著者)、三船力也(コンサルティング・プロデューサー)が登壇した。

    1965 年から三船敏郎を取材してきた映画記者・脇田の「大変お世話になった三船さんへの恩返しの気持ちで、こうのすシネマさんでの上映をお願いしました」という挨拶の言葉とともにトークイベントは始まった。

    本作が製作されたきっかけを尋ねられた三船力也は「中沢敏明プロデューサーと松田美智子さんが三船プロに来て、書籍を出す話があり、打ち合わせの中で、ドキュメンタリー映画を作る、という話に発展した」と答え、また、松田も「三船敏郎について書いてみませんか?という申し出が、かつて三船プロにも所属していたセディックインターナショナルの中沢プロデューサーより話があった」と書籍の成り立ちについて話し、書籍とドキュメンタリー映画が一つのプロジェクトとしてスタートしたことが明かされた。

    三船敏郎について、書籍を執筆するにあたり多数の関係者への取材を行った松田が「どなたも、三船さんは気遣いの人だと仰います。律儀で几帳面で義理堅く、そして清潔好きで。そうした細やかな心遣いをなさる一方で、外国人に対しては非常に堂々とし物怖じせず威厳があるのが、三船さんの大きな特徴だと思います」とその人柄を評すと、三船力也も「撮影所で手にしていた刀を、家の中ではコロコロ(掃除道具)に持ち替え、キレイ好きだった、子供の頃の記憶がある」と自宅での三船敏郎の意外な一面を披露した。

    また、長年、三船敏郎を取材した脇田も、ニューヨーク、ボストン、ワシントンへの三船敏郎の渡米に同行した時の思い出として、「ホワイトハウスへ表敬訪問した時、厳重な警備のホワイトハウスに、セキュリティチェックが一切なく颯爽と入っていった三船さんを見て、改めて“世界のミフネ”であることを実感した。そんな“世界のミフネ”の宿泊ホテルには、カーク・ダグラスやリー・マービンなど名だたるハリウッド俳優から連日シャンパンなどの差し入れが届いたが、「脇田くん、今日はラーメンに行こうや」とこっそりラーメンを食べに行ったこともあり、そうした庶民性のある方だった」と、三船敏郎との印象深いエピソードを語った。

    続いて、三船敏郎の出演作で気に入っている作品3 本を問われた二人は、三船力也が「海外で初主演したメキシコ映画『価値ある男』、三船の内面にある繊細で優しい一面が役に表れている『吹けよ、春風』、そして僕のナンバーワンは『酔いどれ天使』です。黒澤と三船の初タッグ作品で、全てのシーンから三船のエネルギーやバイタリティを感じる印象的な作品です」と家族ならではの視点で選んだ作品を紹介すると、松田は「リアリティ溢れる演技が鮮烈だった『酔いどれ天使』。三船さんが35 歳の時に70 歳の役をおやりになりその演技に驚いた『生
    きものの記録』。あと、『無法松の一生』。三船さんの良さが全面的に出ていて、殺陣はありませんが、耐えに耐えてその思いが通じないという役を見事に演じていて一番好きな映画です」と三船への思いを熱く語った。

    最後に、松田は「三船さんはあの風貌から信じられないかもしれませんが、とても駄洒落がお好きな方で、例えば、撮影所で、今日は飴の安売りの女優が来るからと言ってみえたのが、キャンディス・バーゲンだったり、昨日俺は10 万に1,2 万足りない男と会ってきたと仰るので、それって誰ですか?と聞くと、ジーン・ハックマンだ、と答えた」と三船敏郎のユーモラスな一面を披露し会場を爆笑の渦に包んだ。そして、三船力也は「今後も三船敏郎の出演作が、国内外問わず、いつまでも観てもらえるようになっていけばいいな、と思っています」とトークイベントを締めくくった。
    なお、こうのすシネマでは上映期間中、劇場ロビーで三船敏郎の愛用品を展示、三船敏郎グッズも販売する。

    『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』
    スティーブン・スピルバーグやマーティン・スコセッシなど世界の巨匠に愛された唯一無二のサムライ俳優・三船敏郎。2016 年にはハリウッド殿堂入りを果たすなど、今も世界中のファンの心を惹きつけ離さない“世界のミフネ”の波乱に満ちた生涯と映画人生に迫るドキュメンタリー映画。三船が出演した黒澤明監督『七人の侍』(1954 年)、『蜘蛛巣城』(1957 年)、『用心棒』 (1961 年)、『赤ひげ』(1965年)、そして稲垣浩監督『宮本武蔵』(1954-56 年)などに焦点を当て、家族、日本の映画関係者や俳優、海外の著名人たちのインタビューと貴重な映像資料とともに、その生涯と世界に影響を与えた「サムライ映画」の進化を明らかにする。

    監督・編集:スティーヴン・オカザキ
    ナレーター: AKIRA
    出演:香川京子、司 葉子、土屋嘉男、加藤 武、八千草薫、夏木陽介、二木てるみ、
    野上照代、宇仁貫三、中島春雄、中島貞夫、佐藤忠男、明石 渉、三船史郎、黒澤久雄、スティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシ、役所広司
    企画:中沢敏明 白石統一郎
    製作:田中 渉 河内 功 星野岳志
    プロデューサー:厨子健介 木藤幸江 スティーヴン・オカザキ 後藤太郎
    コンサルティング・プロデュ―サー:三船力也
    撮影:日名 透 石川泰之
    音楽:ジェフリー・ウッド
    脚本:スティーヴン・オカザキ スチュアート・ガルブレイズ 4 …

  • DSC_0153

    ディーン・フジオカ、レインストッパーの凄さを力説!「日本にも輸入すべき」 映画『海を駆ける』初日舞台挨拶

    映画『海を駆ける』の公開初日舞台挨拶が、5月26日、東京・テアトル新宿にて行われ、主演のディーン・フジオカをはじめ、共演の太賀、鶴田真由、阿部純子、セカール・サリと深田晃司監督が登壇した。

    本作は、映画『淵に立つ』で第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門・審査委員賞を受賞した深田晃司監督の最新作。2004年のスマトラ島沖大地震災で壊滅的な被害を受けたにもかかわらす、完全に復興を遂げた町バンダ・アチェの村を訪れた監督が本作を想起。インドネシアの美しい海とともに、国籍や宗教を超えた若者たちの友情をを描くファンタジー。
    謎の男ラウ役をディーン、NGOで災害復興のする貴子役を鶴田、その息子・タカシ役を太賀、タカシの従妹・サチコ役を阿部、ジャーナリスト志望のイルマ役をサリが扮する。

    まずはディーン、太賀、鶴田、監督がインドネシア語で挨拶。阿部は英語、この日のため来日したサリは日本語で挨拶。ディーンに「いま違う名前言ってなかった?」とつっこまれた太賀は、「タイガ・マンジャって言ったんです。甘えん坊って意味で、インドネシアでそう呼ばれていたんですよ」と説明。ディーンは、「(太賀は)現場のマスコットでした。皆で、どうやってタイガ・マンジャをインドネシアで成功させるかを考えてましたね(笑)」とイタズラな笑顔を見せる。太賀も「ちょっとでもいけるんじゃないかと思った自分を反省してます。まずは日本で頑張らないとね」と照れ笑い。

    本作はバンダ・アチェで全編ロケで撮影。現地ならではのエピソードもあったよう。太賀は「アザーンというイスラム教の礼拝の時間が1日に5回くらいあるんですが、その間は仕事をしてはいけないんです。日本人はしない振りをしながら仕事をしていました」と明かす。撮影の合間には、インドネシアのスタッフが歌い出すと次々に連鎖し、最後は全体に広まって大合唱になったとのこと。

    ま、現地特有のスコールで撮影中止が心配されるが、そこで、現場に雨を止ますことができる “レインストッパー”という祈祷師が登場。フジオカは「日本でレインストッパー業をやったら大成功すると思いますよ。インドネシアから輸入すべきだね。普段はコーヒーを飲んでタバコを吸っていて、普通ならリストラされそうな雰囲気なんだけど、雨雲が近付いてくると祈り出す。すると本当に雨雲が動いていくんですよ」と真剣に語る。監督も「おかげで撮影中、雨による撮影中止が一度もなかった。オールアップして打ち上げに向かおうとしたらどしゃぶりになって、凄かった。これだけは信じたほうが得だと思いました」と振り返る。

    他にも、ディーンは「海での撮影は毎回とても不思議な体験でした。頭から海に突っ込むと、耳や鼻に水が全部入って。鼻から塩水を入れるのを病院でやることがあるじゃないですか。(そんな感じで)結構スッキリしましたね」と苦笑い。

    サリは、太賀の顔が相当おかしかったようで、「撮影中に、タカシの顔を見て笑わないようにこらえるのに必死でした」と語り、会場を沸かす場面も。

    さらに、本作がインドネシア、フランス、中国、台湾でも公開されることが発表された。最後にディーンは「観た人がこの作品について話し合い、価値観や人生観など違う意見がエクスチェンジされる、そんなきっかけになる映画だと思います」とアピールし、「この映画がさらに大きな世界へ、海を駆けていければ」と思いの丈を吐露。監督も「いい映画は鏡のようなもの。観た人それぞれの考え方があぶり出される映画になればいい」とメッセージを伝え、舞台挨拶を終了した。

    『海を駆ける』
    【ストーリー】
    インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ(=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー 果たしてラウは何者なのか…

    キャスト:ディーン・フジオカ 太賀 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカール・サリ 鶴田真由
    監督・脚本・編集:深田晃司
    企画制作:日活
    配給:日活 東京テアトル
    ©︎2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS
    公式サイト:http://umikake.jp

    テアトル新宿、有楽町スバル座ほか全国公開中

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44″;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId=0 …

  • 3D_Tsr_FIX2_R

    『3D彼女 リアルガール』完成間近!上海国際映画祭にて、ワールドプレミア上映決定!

    恋して知った、爆発するほどリアルな気持ち。
    映画『ヒロイン失格』チームが再び贈る、
    『美女と野獣』ならぬ「美女とオタク」の大純愛スペクタクル!!
    主演:中条あやみ × 共演:佐野勇斗
    ×
    英勉監督(映画『ヒロイン失格』)

    完成間近!映画『3D彼女 リアルガール』
    上海国際映画祭にて、ワールドプレミア上映決定!

    講談社「月刊デザート」(2011年9月号~2016年7月号)で連載され、累計発行部数120万部(※デジタル売上含む)の人気コミック・那波(ななみ)マオ原作『3D彼女 リアルガール』(全12巻)がついに実写映画化!現在、テレビアニメも日本テレビAnichU枠ほかにて絶賛放送中!ますます注目が高まっている!

    主人公の派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉(いがらし・いろは)を演じるのはファッションモデルとして活躍し、さらには第41回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞するなど、女優としても勢いのとまらない中条あやみ。そして、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルの世界に没頭するオタク高校生“つっつん”こと筒井光(つつい・ひかり)を演じるのは TBS『砂の塔~知りすぎた隣人』で注目され、映画『ミックス。』『ちはやふる-結びー』NTV『トドメの接吻』と大注目作品に出演が続いている俳優・佐野勇斗(はやと)。『10代女子が選ぶトレンド予想ランキング2018』(マイナビティーンズ調べ)の「10代女子が選ぶ2018年流行りそうなヒト」部門で2位に輝くなど、今年もっとも躍進が期待される俳優だ。
    メガホンをとるのは映画『ヒロイン失格』『未成年だけどコドモじゃない』などで若者の心を掴んで離さない、英勉。
    映画『ヒロイン失格』のスタッフが再集結し、パワーアップしたラブコメがスクリーンに帰ってくる!

    また、6月16日より中国・上海で開催される「第21回上海映画祭」への参加が決定!
    アジア最大規模とされる上海映画祭は、中国で唯一の国際映画製作者連盟公認映画祭。本作は日本の最新作&話題作の上映が行われる「日本映画週間」へ招待され、6月24日には主演の中条あやみと英勉監督が上海へ渡りレッドカーペットに参加! 6月25日には中条&監督に続いて、佐野勇斗も駆けつけワールドプレミア上映を実施する!映画のみならずアニメ・漫画等、日本カルチャーを愛する上海で初披露!映画完成間近!
    今後の続報にもご注目を!

    ※第21回上海国際映画祭※
    【開催地】 中国・上海 【開催期間】 2018年6月16日~6月25日

    <映画『3D彼女 リアルガール』>
    ●6 …

  • Print

    つかこうへい生誕70年記念特別公演「新・幕末純情伝」FAKE NEWSの配役が決定

     

    2018年7月7日(土)~7月30日(月)に新宿・紀伊國屋ホールにて上演される、つかこうへい生誕70年記念特別公演「新・幕末純情伝」FAKE NEWSの配役が決定した。

    沖田総司 :北原里英
    坂本龍馬 :味方良介
    土方歳三 :小松準弥
    桂小五郎 :田中涼星
    新撰組隊士二宮 :増子敦貴
    岡田以蔵:松村龍之介
    勝海舟  :細貝圭

    【公式サイト】https://shin-bakumatsu2018.com …

  • DSC_0376

    横浜流星、「困ったワン」生披露に観客ミラきゅんMAX!! 映画『兄友』初日舞台挨拶

    映画『兄友』の公開初日舞台挨拶が、5月26日、東京・品川プリンスT・ジョイにて行われ、主演の横浜流星をはじめ、共演の松風理咲、松岡広大、古川毅、小野花梨と、中島良監督が登壇。また、福山潤が映像で参加しメッセージを送った。

    本作は、赤瓦もどむの人気コミックスをもとに実写映画化。イケメンなのに女性に超奥手な男子校生・西野壮太と、友人の妹で素朴な女子高生・七瀬まいとのウブすぎるラブストーリー。西野壮太役を横浜、七瀬まい役を松風が演じ、壮太の友人・雪紘役を古川、壮太の従弟・樹役を松岡、壮太の妹・秋役を小野に扮し、フレッシュな顔ぶれが揃った。

    映画単独初主演を務めた横浜が、「僕はグイグイ引っ張っていくタイプではないので、みんなに助けられました」と共演者たちに感謝の気持ちを伝えると、松岡が「流星くんは言葉ではなく、背中で見せるタイプでした」とその存在感の大きさを称えた。

    舞台挨拶でも仲の良さを感じさせるキャスト陣だが、撮影中のエピソードについて問われると、横浜は「印象的なのは、『困ったワン』のシーン」と、雪紘役の古川から罰ゲームとして犬マネをさせられるという場面をあげた。「毅がめっちゃ笑ってて・・・。何十回パターンも撮ったんです」と明かすと、会場から「見た~い!」と声がかかり、舞台上で再現する一幕も。そのキュートなポーズに観客の女性たちはキュン死寸前。

    ヒロインを演じた松風は、映画も初出演。「コケるシーンが多くて大変でしたが、横浜さんに付き合ってもらってたくさん練習しました」と振り返る。

    一方の松岡は、同質問に「動物に囲まれるシーン」をあげ、「実は、ドックフードを全身に仕込んでいて・・・。手にドックフードを持っていたので、犬が手を食べようとするんです。撮影後は手が血まみれでした(笑)」と話しつつ「でも、可愛かったから全部許せちゃいましたね」と笑顔を見せていた。

    映画出演はもちろん、演技をすることも初めてだったという古川は、「初シーンからNGを11回も出してしまって、いきなりメンタルをやられちゃいました」と苦笑い。そこで監督から「色々撮ったけど、結局使ったのは1テイク目だったんだよ」と告白され、「本当ですか!? 今知りました・・・」と驚きを隠せない様子。それでも「初めての映画出演で、流星くんとご一緒させていただき、いい経験になりました」と充実感をにじませ、横浜も古川の演技について「(古川くんは)若いからか吸収力が凄く早い。僕も見習わなければ・・・」と舌を巻いていた。

    そんな横浜を小野は「しつこいくらい、まいちゃんに魂でぶつかっていて、スーパー・リスペクトです!」と称えていた。

    イベントの終盤には、横浜の映画単独初主演を祝い、サプライズで各キャストからメッセージを書いた色紙が送られた。中島監督が「世界にとびだせ!」とエールを送ると、極真空手で世界大会優勝の実力を持つ横浜は「アクションは得意なので、いつか世界にも!」と意気込み、目を輝かせていた。

    『兄友』
    【物語】
    イケメンなのに女性に超奥手な西野壮太(横浜流星)は、ある日友人・七瀬雪紘(古川毅)の自宅で妹・まい(松風理咲)と出会いドキドキ!西野は思わず「妹さん・・・可愛いな」と雪紘に伝えてしまう。ところがこの兄妹の部屋は壁が薄くて、その会話はまいの部屋につつ抜け!!イマドキの恋愛ができない素朴なまいは、兄たちの会話で不思議な気持ちを初体験。そして何とか自分の気持ちを伝える壮太とまいは付き合うことに。。。そして壮太は妹・秋(小野花梨)がアルバイトをするDogカフェ「Happy Dogs」の店長橘萩之介(福山潤)から恋愛講座を受けながら、まいとのぎこちない恋愛をスタートするのだが、壮太の従弟・加賀樹(松岡広大)も、まいを好きになってしまい・・・。まさかの三角関係勃発か?!果たして、この二人のウブ・ストーリーの結末は?!

    出演:横浜流星  松風理咲 松岡広大 古川 毅 小野花梨 / 福山 潤
    監督:中島良
    脚本:中川千英子
    原作:赤瓦もどむ「兄友」(白泉社・花とゆめ)
    主題歌:サイダーガール「パレット」(UNIVERSAL J)
    制作プロダクション:ドリームプラス、ブースタープロジェクト
    配給:T・JOY カラー/ビスタ/5.1ch/86分(予定)
    Ⓒ『兄友』製作委員会
    公式サイト:http://anitomo-movie.jp
    twitter @anitomo_eiga
    Insta@anitomo_dandm

    5月26日(土)より全国順次公開

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT