Open Close
  • 『蜜蜂と遠雷』メイン写真

    映画『蜜蜂と遠雷』それぞれの想いを胸に戦う、若き4人のピアニストを松岡茉優・松坂桃李・森崎ウィン・鈴鹿央士が熱演!特報映像初解禁!

    音楽の神様に愛されるのは、誰か?
    それぞれの想いを胸に戦う 若き4人のピアニストを
    松岡茉優・松坂桃李・森崎ウィン・鈴鹿央士が熱演!
    <<特報映像初解禁>>

    史上初の快挙となる<直木賞>(第156回)と<本屋大賞>(2017年)のW受賞を果たし、現代を代表する作家の一人、恩田陸の新たな代表作となった名作「蜜蜂と遠雷」が豪華キャスト、スタッフ陣により実写映画化され10月4日(金)に公開する。

    既に発表され話題となっているキャスト陣には今を彩る豪華俳優陣の“競演”が実現!2018、2019年と各種映画賞を軒並み獲得している今最も輝く女優の一人となった松岡茉優が主演を務め、共演には第42回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝いた松坂桃李、ハリウッドデビューも果たした期待の若手・森崎ウィン。そして新星・鈴鹿央士が大抜擢されている。監督・脚本・編集は『愚行録』で長編監督デビューを果たし、新藤兼人賞銀賞を受賞した新鋭・石川慶監督と日本映画界が注目するキャスト、スタッフ陣が集結した。

    この度、初めて解禁される映像では、若き4人のピアニスト達がそれぞれの想いを胸に、生命と魂を懸けた戦いに挑む姿が描かれている。世界最高峰の国際ピアノコンクールを舞台に、母を亡くしたことがきっかけで、突如、音楽の世界から失踪するも、このコンクールで再起を目指し再び舞台に戻ってきた元・天才少女<復活の神童:栄伝亜夜(松岡茉優)>。生活者の音楽を掲げ、家庭と仕事を持ちながらも夢を諦めきれず、出場年齢ギリギリで最後のコンクールに挑む<不屈の努力家:高島明石(松坂桃李)>。人気、実力ともに兼ね備えた優勝大本命のエリート<信念の貴公子:マサル・C(カルロス)・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)>。そして、コンクールに波乱を巻き起こす、今は亡きピアニストが遺した謎の少年<祝福の異端児:風間塵(鈴鹿央士)>。はたして音楽の神様に愛されるのは誰なのか――?さらに、新たな場面写真も併せて解禁となった。映像に映る戦う姿とは違った表情が印象的で、ピアノコンクールの外でも織りなされる、4人のドラマに期待がかかる。

    さらに原作の繊細な“文章”による楽曲の表現に映像化不可能と言われていた本作だが、日本最高峰のピアニスト(河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央)が、それぞれのキャラクターに沿った演奏で一音の妥協なく“音楽”を作り上げていることへも注目が集まっている。ピアニストという表現の難しい役柄を繊細かつ、感情的に演じきったキャストと、各界の最高峰が揃い“本物”を追求した本作に、是非ご期待頂きたい!

    <ストーリー>
    「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスをもち、近年高い注目を浴びる芳ヶ江(よしがえ)国際ピアノコンクール。ピアノの天才達が集うこのコンクールの予選会に、若き4人のピアニストが現れる。7年前の突然の失踪から再起を目指す元・天才少女、英伝亜夜。“生活者の音楽”を掲げ、最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。人気実力を兼ね備えた優勝大本命、マサル。今は亡き“ピアノの神”からの「推薦状」を持つ謎の少年、風間塵。熱い“戦い”を経て、互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げ<覚醒>していく4人―。その先に待ち受ける運命とは。

    松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン 鈴鹿央士(新人)
    原作:恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎文庫)
    監督・脚本・編集:石川慶
    「春と修羅」作曲:藤倉大
    ピアノ演奏:河村尚子 福間洸太朗 金子三勇士 藤田真央 オーケストラ演奏:東京フィルハーモニー交響楽団(指揮:円光寺雅彦)
    ©2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
    公式サイト:https://mitsubachi-enrai-movie.jp/

    10月4日(金) 全国公開

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44 …

  • 1.Leolaツアー初日

    Leola、全国ツアー『Leola Live Tour 2019“HANGRY!?“』 全24公演の初日が開幕!

    Leolaが、6月18日にHEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3を皮切りに3カ月、全国24公演のツアー『Leola Live Tour 2019“HANGRY!?“』をスタートさせた。

    タイトルの「HANGRY」には、「夢に向かってHungryな自分」「夢にまだ届かずAngryな自分」との意味が込められているそうで、ツアーを通してアーティストとしてさらに成長しようというLeolaの意気込みが感じられる。ツアーでは、8月7日にリリースされる2ndフルアルバム『Things change but not all』から、多くの楽曲が披露された。

    ロングヘアーをばっさりと切ったショートヘアーでLeolaが登場すると、会場には驚きの歓声が起こる。「Let it …

  • オフィシャル写真1「さよならくちびる」

    『さよならくちびる』小松菜奈&門脇麦、ギター特訓を振り返り感無量!次回作は“姉妹役”を熱望!!

    秦 基博(主題歌提供)・あいみょん(挿入歌提供)
    未来への希望を奏でる、奇跡の音楽映画誕生!!

    ハルレオの歌声に感動の声が続出!!
    小松菜奈、門脇麦、人気スタイリスト・伊賀大介 登壇

    小松菜奈・門脇麦をダブル主演に迎え、更に成田凌と今の映画界最旬キャストで贈る青春音楽映画『さよならくちびる』が、大ヒット公開中!小松菜奈演じるレオ、門脇麦演じるハルで構成する、人気ギター・デュオ“ハルレオ”。劇中、2人が披露する、主題歌のプロデュースを秦 基博が、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんが担当、映画と音楽の奇跡のタッグが実現。海外の映画祭でも高く評価される、『害虫』『どろろ』の塩田明彦が監督・脚本・原案を務め、未来への希望を奏でる青春音楽ロードムービーが誕生した。

    公開後のSNSでは、「小松菜奈×門脇麦×成田凌のお芝居のバランス…歌声…曲…どれも良かった!」「2019年の暫定1位にくる映画になりました」「スゴい映画見た…まだ興奮してる」と、映画ファンを中心に絶賛の声が続出!一度聴いたら忘れられない、秦とあいみょんらトップアーティストが手掛ける珠玉の名曲の数々はもちろん、“ハルレオ”の付き人・シマ(成田凌)が織りなす切ない物語にも、大きな反響を呼んでいる本作。

    映画ファンを中心にSNSで口コミが広がりを見せ話題を集める本作から、6月19日、“ハルレオ”に扮した小松菜奈、門脇麦が登壇する舞台挨拶が行われた。劇中でお馴染みだったハルレオの“つなぎ”の衣装に身を包み、小松と門脇が現れると、上映後の熱気あふれる場内からは大きな拍手が沸き起こり、「ハルレオです」と劇中風の挨拶を交え、舞台挨拶がスタート。

    まずはMCから、SNSや映画レビューサイトで絶賛の口コミが広がっていることについて触れられると、既に映画を観た知り合いや友人から連絡がくることも多かったと振り返る小松。「観に行った人は少し年齢上な方も多くて、男性の方も足を運んでくれていると聞きました。歌も良かったという声や、ハルレオの声の相性も良かったと聞いて、嬉しいなって」と笑顔を見せた。そんな小松の言葉に門脇も隣で頷き、「私の周りでもそういう声たくさん聴きましたね。想像していたよりも、幅広い年代の方に観ていただいている印象ですね」とコメント。

    さらに本日場内に集まった観客も、二回以上鑑賞しているリピーターがほとんどだと告げられると、小松は「嬉しいですね。『さよならくちびる』のために、劇場にたくさん通ってくれているんだなと思うと、ギター、本当に頑張って良かったなって思います!」と声を大にし、涙で目をにじませた。また、「小松さんの透明感あふれる声が絶妙でした」「小松さんの演じる、無邪気で感情ストレートな感じが好き」という、SNSに寄せられた、本作で初披露となった小松の歌声や、小松独自の存在感にも絶賛の声を読み上げられると、照れ笑いを浮かべながらも「私は歌が苦手で。最初は歌うのが嫌で嫌で仕方がなかったんですが(笑)、泣きそうになりながらも練習を重ねたので、評価していただけたのが本当に嬉しいです。そして麦ちゃんがいてくれてよかったなと。本当に支えになりました」と感謝の言葉を述べた。

    そんな門脇に対しても、SNSでは「門脇さんが美しい。声がものすごくキレイ」「ハルのリアリティが凄い。あぁいう歌い手、絶対にいる」と、歌声はもちろんのこと、圧巻の演技力にも絶賛の声が集中。役作りについて問われると、門脇は「現場であまり深く話し合ったりすることはあまりなかったのですが、プロモーション中に、どう説明したらこの作品の魅力や内容が伝わるんだろうと(小松と)話し合って、レオは“自由奔放すぎる女”、ハルは“内に秘めすぎる女”で行こう、と話したりはしていました(笑)」と笑い交じりに告白する場面も。また、門脇について小松は「一緒にお芝居していて、隣で見ていても、麦ちゃんが台詞を放つと、ドシンと来るというか。台詞に聞こえないくらい、本当にそう思って話している感じがすごくするのでスゴいなって」と振り返り、門脇の演技力に刺激を受けた様子だった。

    さらに舞台挨拶中には、劇中衣装のスタイリングを担当した、人気スタイリストの伊賀大介がサプライズで登壇!
    舞台に姿を現した伊賀は満席となった客席を眺め、思わず「スゴい光景だね」と呟きつつ、「今日はハルレオの衣装(つなぎ)をスタイリングしに来ただけだったのですが、駆り出されてしまいました(笑)」と笑いを交えながら挨拶。小松・門脇と共に舞台に登壇するのは今回が初だといい、門脇も「いつもはハルレオとシマ(成田)の並びだけれど、“ハルレオ伊賀”の並びは新鮮ですね」と笑顔を見せた。まずは伊賀に対し、ハルレオの舞台衣装がつなぎになったことについて経緯を問われると、「僕がもともとつなぎをプライベートで着ることが多かったのですが、今回はたまたま監督から『ハルレオはつなぎが良い』と言われて。その時点で、これは貰ったなと思いました」とニヤリ。「二人に着て貰い、その姿を初めて観た時にものすごく似合っていて、その時はなんかもう泣きそうになってしまいましたね」と、感激した当時を振り返った。さらに「今回の衣装合わせは本当に楽しかったですし、ほとんど一発OKだった」と、声を大にし語る伊賀。「衣装合わせって、本来はすごく大変なんです。内容も打合せもしていない時点で、あれこれ役にマッチした衣装を決めなきゃならない。衣装さんにも何パターンかいるみたいで、これだと思う衣装をあえて3つ目くらいに持ってくる人もいるそうなんですが、僕は逆に一発目にこれだと思うイメージのものを持ってきたんです。その甲斐もあってか、今回はばっちり決まって嬉しかったですね」と舞台裏を明かした。

    そんな中、イベントでは、今回撮影はもちろん、ギターや歌のレッスンに至るまで、多くの時間を共に過ごした小松と門脇に向けて、次に共演するとしたらどんな映画が良いかという質問が。まずは門脇が「私は二人でシェアハウスしてて、何気ない日常を切り取っている感じの映画が良いですね。ケンカもせずに、仲良しで。深夜ドラマでゆるーっとした感じの作品が良いです。ご飯もおいしそうに映してるような作品(笑)」と具体のイメージを語り、場内の笑いを誘った。対する小松は、「私は姉妹役が良いです!」と即答。「何か意気投合しそうな気がします。いい感じになりそうじゃない?」と門脇に話を向ける小松。すると「どっちがお姉さん?私?」の門脇の質問に対し、小松が「はしゃいでて欲しいかも!そういう麦ちゃんも見たいです。天真爛漫みたいな」と返し、二人でイメージを膨らませるなど、仲睦まじい様子が垣間見えた。

    そしてイベントの最後には「沢山観ていただけているのは心の底から嬉しくて、頑張った甲斐があったなと本当に思います。この作品は、切なかったり、悲しかったり、それでも前向きになれるような映画です。ぜひ、また気軽に映画館へ足を運んでいただきたいですし、周りの気になっている方にもどんどん進めていただけたら」(小松)、「私の周りの反響を見ていると、本当に口コミがじわじわと広がっている感じがして、このスピード感がこの映画らしいなあと感じています。これから観ていただける場所も少しずつ広がっていくと思うので、この映画のように全国を旅しながら、この作品がますますいろんな方に広がって行ったら嬉しいなと思います」(門脇)とそれぞれ笑顔で語り掛け、舞台を後にした。

    <STORY>
    インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)。付き人シマ(成田凌)が参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。やがて3人が出した答えは“解散”。全国ツアーの道中、歌詞にしか書けないハルの真実と、歌声でしか出せないレオの想い、隠していたシマの本音も露わになり―。それぞれの想いがつまった曲「さよならくちびる」は、3人の世界をつき動かしていく――。

    ■監督・脚本・原案:塩田明彦
    ■キャスト:小松菜奈 門脇麦 成田凌
    篠山輝信 松本まりか 新谷ゆづみ 日髙麻鈴 青柳尊哉 松浦祐也 篠原ゆき子 マキタスポーツ
    ■主題歌 Produced by秦基博 うたby ハルレオ
    ■挿入歌 作詞作曲 あいみょん うたby ハルレオ
    製作幹事・配給:ギャガ
    制作プロダクション:マッチポイント
    © 2019「さよならくちびる」製作委員会
    公式HP: http://gaga.ne.jp/kuchibiru/
    公式Twitter【@kuchibirumovie】:https://twitter.com …

  • ★DSC00578

    中村倫也 自身の理想の家族像を告白! 「やっぱり両親のような家族を築いていきたい」 映画『長いお別れ』 公開記念舞台挨拶

    蒼井優×竹内結子×松原智恵子×山﨑努
    日本映画界を代表する豪華キャストが集合!
    『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太監督最新作
    『長いお別れ』
    蒼井優の恋人役を演じた中村倫也
    自身の理想の家族像を告白!
    「やっぱり両親のような家族を築いていきたい」

    日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長いお別れ』が絶賛公開中。
    父の70歳の誕生日。久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だったー。ゆっくり記憶を失っていく父との、お別れまでの7年間。それは、思いもよらない出来事と発見に満ちた日々。蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山﨑努という、日本映画界が誇る豪華実力派俳優陣の共演で贈る、笑って泣いて、前に進んでいく家族たちの、新たな愛の感動作!
    6月19日、本作の大好評スタートを記念し、東家の次女・芙美を演じた蒼井優さんの同級生であり恋人の磐田道彦役を演じた中村倫也と中野量太監督が登壇の公開記念舞台挨拶を実施した!

    満席の場内にお二人が登場すると大きな拍手が。中野監督が「ほぼ女性のお客様ですね、こんな中での舞台あいさつは初めてです。(笑)今日はご来場くださりありがとうございます。」と挨拶。中村さんは「僕自身、若い世代の方々に観ていただきたい映画だと思っていました。今日はたくさんの方にお越しいただき嬉しいです。」と語りつつ「楽しく、愛おしい気持ちになれる作品ですよね、僕もうるっとしながら、時にケラケラ笑いながら観た映画です。認知症がテーマにはなっていますが楽しんでほしいです。」と映画を観た感想を明かし舞台挨拶がスタート。

    実は本作の撮影以前に中野監督と中村さんはとあるパーティーで出会っていたとかで、当時を振り返り「あの時は中村さんだと気づいていなかったんですが、パーティーの中で一人膝を抱えて座っていて。(笑)その直後に、いろいろな作品に出演されているのを見かけるようになって、、、あの時のって!思い出したんです。」と出会いのエピソードを明かした中野監督の言葉に対し、「僕、パーティーとかに馴染めなくて、、あの頃はとがってました。(笑)」と中村さん。すかさず「じゃあなんでパーティーにきたの?」とツッコミを入れるなど、二人の仲睦まじい様子に場内は笑いで包まれた。

    和やかなムードの中、映画の脚本を読んだ時の印象を聞かれた中村さん。「小学生の頃、ひいおばあちゃんが介護が必要で。小さいながらにお見舞いにいったり、僕のことも分かってはくれていないんだけど、一緒に遊んだりという愛おしい記憶を思い出しました。だから、僕自身、完成を楽しみにしていた作品なんです。道彦も、いい人なんだけど、どこか頼りないというか、、あぁいるな、とみんなに感じてもらえるキャラクターにできるといいなと思っていました。」と自身が演じた役柄に込めた想いや幼い頃の思い出を告白。

    そんな道彦の恋人役でもある蒼井さんが実生活でも結婚されたことが話題に上がると「おめでたいですね。僕もグリーンカレーを作ってくれる人がいるといいな。どこかにいい人いないかな。(笑)」と劇中で蒼井さん演じる芙美が作る手料理を例にあげながら、冗談混じりでコメント。「真面目な父親と、天然な母親の両親を見て育ったし、やっぱり両親のような家族を築いていきたい。」と理想の家族像についても言及すると、中野監督は「でも、僕の映画に出た人はみんな結婚するんだよ。宮沢さんに竹内さんに蒼井さん!」と自身のキューピッドパワー?をアピールし、場内を沸かせた。

    最後に「この映画は色んな世代の人に観ていただきたい作品。この映画をきっかけに、普段話さないことを家族と話してみたり、今までにない一歩を踏み出せる映画になっていると思います。詳しくはネタバレになっちゃうから言えないけど、僕が劇中で「付き合って1年半記念」と話しているシーンは特に気に入っているシーンなので、ぜひ注目してください!」とアピールした中村さん。一方で、中野監督は「親・子・孫の3世代を描いた映画だけど、特に若い世代の人々にこそ観てほしいと思っていました。今日はまさに、そんな人達がたくさん来てくれて嬉しいです。今日は僕ら二人にとっても良い日になりましたね。」と二人でマイクを掲げて中村さんと乾杯!作品に込めた想いを語りつつ、終始和やかなムードでトークイベントは幕を閉じた。

    『長いお別れ』
    監督:中野量太
    出演:蒼井優 竹内結子 松原智恵子 山﨑努
    北村有起哉 中村倫也 杉田雷麟 蒲田優惟人
    脚本:中野量太 大野敏哉
    原作:中島京子『長いお別れ』(文春文庫刊)
    主題歌:優河「めぐる」
    企画:アスミック・エース Hara Office
    配給・制作:アスミック・エース
    ©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋
    公式サイト:http://nagaiowakare.asmik-ace.co.jp/
    公式Facebook:www.facebook.com/nagaiowakaremovie/
    公式twitter:@nagaiowakare_mv

    絶賛公開中!!

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44″;rakuten_items …

  • IMG_2723

    「生きたパタリロ」加藤諒、No.1最先端スポット”原宿竹下通り”をお忍び観光!? 金井成大と共に「いらっしゃいませ~」、劇中衣装で”サプライズ接客” 劇場版『パタリロ!』

    劇場版 『パタリロ !』
    原宿竹下通り 練り歩きイベント

    1978年の連載開始から40年以上も愛され続け、シリーズ累計発行部数が2500万部を超える魔夜峰央原作の超人気作品「パタリロ!」。2016年の2.5次元ミュージカル化に続き、その圧倒的な世界観と面白さが映画館のスクリーンで繰り広げられる!舞台のアナログ感と、映像化ならではVFX(何と白組が担当!)が融合し、“見たことはあるけど、観たことのない”パタリロ!ワールドが全開。「翔んで埼玉」の大ヒットで魔夜峰央ブームが再来している中、今度は劇場版「パタリロ!」が新たなセンセーションを巻き起こす。監督は舞台版の演出も手がけるなど、マルチに活躍するクリエイターの小林顕作。6月28日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほかにていよいよ全国順次ロードショー公開する。
    公開まで10日となった6月18日(火)に”映画『劇場版パタリロ!』原宿竹下通り練り歩きイベント”が開催された。イベントには、本作で主演を務め、個性派俳優の域を超え「生きたパタリロ」とも呼ばれる加藤諒をはじめ、パタリロ!ワールドには欠かせない!「タマネギ部隊」の一人、タマネギ9号を演じた金井成大が登場。2人がNo.1最先端スポット”原宿竹下通り”を練り歩くというサプライズを敢行。修学旅行生や女子高生、若いカップル、親子連れほか、周囲に黄色い歓声!?が飛び交った。

    令和の新時代!?いや、昭和の古き良き時代を担う「生きたパタリロ」加藤諒をはじめ、今注目を集める豪華キャストが出演した映画『劇場版パタリロ!』。平日にも関わらず多くの人が行き交う流行の最先端スポット原宿竹下通りにサプライズ登場したパタリロ殿下に扮する加藤諒とタマネギ部隊の一人、タマネギ9号に扮する金井成大。突然の登場で、原宿竹下通りを練り歩く二人を目撃しざわざわし始める通行人。髪は金髪、個性的な体型、左胸に勲章を2つも着けたベージュ色の軍服を着用した殿下、タマネギ頭の帽子を被り眼鏡をかけた菱口の武官部隊の一人タマネギ9号の派手なメイクと唯一無二の容姿に、思わず2度見する人たちも。一目見ようと多くの人々が携帯を取り出し詰めかける中、歓声を浴びる加藤と金井。
    通行人から写真撮影をねだられ笑顔で撮影に応じた。片手にタピオカドリンクを持つ学生に対しては、加藤「あ!いいなぁ~タピタピしてね~!」と若者言葉を駆使し笑いを誘うなど、神対応する場面も。子供の頃から「パタリロ!」を愛してきた親世代は「パタリロだ!」と感激のあまりびっくりしすぎて放心状態に。

    加藤と金井は、その後も原宿竹下通りを練り歩き、声援に応えながらキャンディショップ「Candy・A・Go・Go」に来店。タイアップしている店舗の外にはパタリロの特大写真と誰でもタマネギ部隊になれる顔はめ”パネル”ならぬ、顔はめ”ガラス”が展示中。また、劇中にも登場する”フェロモンキャンディ”は実際に店舗でも購入できる。来店したお客様に対して、加藤「いらっしゃいませ~」、「糖分、とってますか~?」とアドリブで接客する場面も。”フェロモンキャンディ”について聞かれた金井「本来、このフェロモンキャンディは僕のアドリブから生まれた商品なので、ここまで大きく取り上げてもらってビックリしてるんですよ。」と驚きを隠せない様子。加藤「見た目に反して味はピーチ味とギャップを感じるので、まさにパタリロ!にピッタリです」と精力的に商品をPR。

    最後に、今回の原宿竹下通りの練り歩きについて加藤は「すごく楽しかったです!最近なかなか竹下通りを歩くってことができなかったので、久しぶりに堂々と歩かせてもらってとっても気持ちよかったです。『Candy・A・Go・Go …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT