Open Close
  • DSC_9744

    健太郎&山田裕貴が“オラオラ歩き”を披露! 「お前どこ中や!」のオチにバット佐田がズッコケ!! 映画『デメキン』完成披露上映会

    映画『デメキン』の完成披露上映会が、11月21日、東京・新宿シネマートにて行われ、主演の健太郎をはじめ、共演の山田裕貴、栁俊太郎、原作者の佐田正樹と山口義高監督、主題歌「一秒のあいだ」を書き下ろしたLEGO BIG MORLのカナタタケヒロとタナカヒロキが舞台挨拶に登壇した。

    本作は、バットボーイズ佐田正樹原作の「デメキン」を基に、『アルカナ』『猫侍』の山口監督の手で実写映画化。幼少期から“デメキン”と呼ばれいじめられた佐田が、喧嘩無敗と数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰めていく様を描き出す。主人公・佐田役を健太郎、佐田の幼なじみ・合屋厚成役を山田が演じる。

    自身を演じた健太郎を、佐田は「初めて会ったときはまだ未成年だった。こんなに大人になって」映画とともに成長した姿に目を細め「仕草や歩き方、喋り方まで常に研究して撮影に臨んだらしいです」と健太郎の努力を称えつつ、「お笑い芸人を招いた試写会のときに、後輩の芸人が、『(健太郎が)時々、僕に見えた』というんです」というと、会場から「え~?」と反感の(?)声があがる。すかさず「主役が男前というところだけは、フィクションでお届けしています・・・」と、フォローを入れていた。

    その話を笑って聞いていた健太郎は、「苦しいとか大変なことは何もなかった。楽しい気持ちで芝居に臨みました」とニッコリ。山田は、「佐田さんが生きた人生を、また僕らが生きるという感じ。お芝居ではなく、厚成、正樹がどう生きるかが大事だったんです」と、映画と役柄に対する熱い思いを吐露。

    撮影現場も和気あいあいとした雰囲気だったようで、山田が「健太郎が、僕の太ももやお腹の上で寝たりね・・・」とエピソードを披露すると、会場から悲鳴にも似た歓声があがった。
    正樹の仲間・真木役の栁は、そんな二人を見つめながら「自分の役はカリスマ性ある役だったので、緊張感をもって臨んだ。それでも(山田たちが)羨ましかった・・・」と本音をポロリ。

    トーク中、MCから佐田お墨付きの“オラオラ歩き”を健太郎と山田がステージ上で披露することに。山口監督の掛け声とともに、向かって歩き始め、すれ違いざまに肩をぶつけると、山田が「おい、なんや、きさん、こら!肩ぶつかっとんぞ!」、健太郎「おいなんや。来いや」とにらみ合い、山田が「お前どこ中じゃ!?」と叫ぶと、健太郎は低い声で「舞台挨拶中じゃ!」と返し、会場の笑いを誘う。思わず佐田がずっこけると、2人はハイタッチをして「完璧だった!」と大喜び。

    また、映画の内容にちなみ、それぞれが「過去のやんちゃ武勇伝」についてトークを展開。健太郎は「小学校の時は結構やんちゃだった」といい、「友達と砂場に埋まって水をかけあったり、お母さんとスーパーに行ったとき、パックの寿司をいっぱい抱えて『買って!』とねだったりしました」と、なんとも可愛いエピソードを告白。山田は「小さい頃は悪童として知られていましたからね…」と武勇伝に期待を持たす。ところが「小学校の遠足でおやつ代300円のところを、350円分持っていったからね」とドヤ顔。佐田から「そんな悪くない!」とツッコまれていた。

    主題歌を担当したLEGO BIG MORLのカナタは、「バイクの疾走感シーンや、拳をふるシーンのヒリヒリ感やスピード感にドキドキしてもらえる曲を作りたかった」と映画曲への思いを馳せ、「監督には3曲作って持っていたんですが、一番自然体に作った曲を選んでくださいました」と微笑んだ。

    最後に、健太郎は「この作品はヤンキー映画だと思うかもしれません。血もいっぱい出ますし、怖い人もいっぱい出てきます。そういう点もこの映画の魅力ではありまが、それ以上に仲間同士の友情、人間愛が詰まっている作品になっています」と本作の魅力を力強くアピールし、舞台挨拶を締めくくった。

    映画『デメキン』
    <ストーリー>
    幼少期からデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷしが強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラーメン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返していた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛んな敵が待ち受けていて…。

    出演:健太郎  山田裕貴
    栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修
    岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン(水玉れっぷう隊)  坂田聡
    原作:佐田正樹『デメキン』/監督:山口義高/脚本:足立紳/音楽:海田庄吾/
    主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)
    製作:東映ビデオ、AMGエンタテインメント
    製作プロダクション:ステアウェイ
    配給:AMGエンタテインメント
    2017/日本/115分
    (C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
    (C)2017映画『デメキン』製作委員会
    公式サイト:http://demekin …

  • メイン_AAA2457

    ファンタビのエズラ・ミラーら登場にファン約1200 人大熱狂!ガチヒーローコスプレのパンサーが超人チームに憧れ土下座!? 『ジャスティス・リーグ』 ジャパンプレミア

    オンリーワンが集まれば、世界も救える!

    62 か国No.1大ヒット作品を引っ提げてヒーローが日本のレッドカーペットに登場!!
    ガチヒーローコスプレのパンサーが超人チームに憧れ土下座!?
    ファンタビのエズラ・ミラーら登場にファン約1200 人大熱狂!
    ジャパンプレミア

    世界のかつてない絶望的な危機を前に、数々の危機から世界を救ってきたオンリーワンの能力を持つスーパーヒーローたちが、史上最強の超人チーム“ジャスティス・リーグ”を結成!全世界のファン待望のアクション・エンターテイメント『ジャスティス・リーグ』のジャパンプレミアを11 月20 日(月)、六本木ヒルズアリーナにて実施。
    3 回目の来日となるフラッシュ役のエズラ・ミラー、サイボーグ役のレイ・フィッシャー、そして本作のプロデューサーのチャック・ローブンが登壇し、完全ヒーローコスプレしたパンサーの3 人そしてメジャーリーガーの前田健太選手も登場。

    ◆ゲスト:エズラ・ミラー(フラッシュ役)、レイ・フィッシャー(サイボーグ役)、チャールズ・ローブン(映画プロデューサー)
    ≪ステージ日本人ゲスト≫パンサー(尾形貴弘、菅良太郎、向井慧)、前田健太(ロサンゼルス・ドジャース所属)
    ≪レッドカーペット日本人ゲスト≫ぺえ、JOY、れいぽよ、みくぴ、菅谷哲也、宮城大樹、AYA、ニコラス・ペタス、小原雅人、
    FROGMAN、おもしろ佐藤、なだぎ武、竹若元博、ダンテ・カーヴァー、谷まりあ、千葉ットマン、ユリコ・タイガー、叶姉妹

    本作はブラジルでは初日(15日)歴代オープニング最高成績を記録!3,700,000 ドル(約41.4 億円/1 ドル112 円換算)。韓国では半日(15 日)だけの興行で、すでに大ヒットした『ワンダーウーマン』と並んだ。1,100,000 ドル(約1.2 億円/1 ドル112 円換算)。フランスは1,100,000 …

  • 『不能犯』百々瀬麻雄①

    映画『不能犯』新人熱血刑事<新田真剣佑>直視不能!まぶしすぎる初々しさ全開画像解禁!!

    俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』(配給:ショウゲート)が、2018年2月1日(木)より公開する。

    本作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹(うそぶき)正(ただし)役を松坂桃李、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じている他、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星 水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍という豪華キャストが出演。そして主題歌は、今大注目の男女二人組ロックユニットGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)の書き下ろし楽曲「愚か者たち」に決定するなど、話題を集めている。

    都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く【立証不可能犯罪】スリラー・エンターテインメントが誕生した。

    ただただ真っ直ぐな猪突猛進タイプで、沢尻エリカ扮する上司・多田になかなか認めてもらえず、名前すら呼んでもらえない新人刑事・百々瀬麻雄役を演じるのは、大ヒット青春映画『ちはやふる 上の句/下の句』で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝き、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』、『ピーチガール』などの話題作に続々と出演、瞬く間に人気を獲得し、今後も来年の3月に『ちはやふる 結び』、そして4月には日本でも公開を控えるハリウッド超大作『パシフィック・リム』の続編に挑むなど、人気若手俳優の中から一歩飛び出た存在の新田真剣佑。

    劇中では、遺体を前にキビキビとした動きで検分する多田(沢尻)に対し、遺体を見るなり「うわ!」と思わず声を漏らしたり、<不能犯>である宇相吹(松坂)を捕まえるべくがむしゃらで奔走したりする新人らしい姿や飲食店で喧嘩をするカップルをほっとけず、正義感を持って制止するなどの熱血さが印象的な百々瀬ですが、この度、そんな新人熱血刑事・百々瀬を好演する新田のまぶしすぎるほどの初々しさ全開画像を初解禁!
    新田は百々瀬というキャラクターを演じるにあたり、「新人刑事なので、新人らしく元気にハキハキとした感じで、お芝居もストレートに臨もうと思いました」と役づくりについて明かしており、新田について白石監督は「まだまだ底知れない魅力があるなと感じました」と絶賛のコメントを寄せている。

    【不能犯】とは─ 〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。

    映画『不能犯』
    ≪あらすじ≫
    都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正(松坂桃李)。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明するー。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していくー。果たして多田は宇相吹を止められるのか?そして宇相吹の真の目的とはー。

    出演:松坂桃李 沢尻エリカ
    新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
    水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
    原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載
    原作:宮月新/画:神崎裕也)
    監督:白石晃士
    脚本:山岡潤平、白石晃士
    配給:ショウゲート
    (C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
    ◆公式サイト:http://funohan.jp/
    ◆公式twitter:https://twitter.com/FunohanMovie
    ◆公式facebook:https://www.facebook.com/FunohanMovie/
    ◆公式Instaglam:https://www.instagram.com/funohan_movie …

  • 『最後のジェダイ』来日決定画像

    『スター・ウォーズ/最後​のジェダイ』 ルークとしては39年ぶり!豪華キャスト陣来日決定&特別動画解禁!

    『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、
    誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」

    最新作の豪華キャスト、スタッフが日本に集結
    ルークとしては39年ぶり!マーク・ハミルらキャスト陣が来日決定
    ルーク役マーク・ハミルからのメッセージ&衝撃の特別映像も解禁!!

    全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。全米興行収入ランキング歴代№1 を記録し歴史に名を刻み、日本でも社会現象級の大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。この作品のその後を描いた最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が12 月15 日(金)より公開となる。

    そんな世界中で期待が高まる本作だが、ライアン・ジョンソン監督をはじめ、レイ役のデイジー・リドリーとカイロ・レン役のアダム・ドライバー、そして伝説のジェダイを演じるマーク・ハミルの来日が決定!マークが「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカーとして来日するのは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』以来、39年ぶりの来日となる。さらにマーク・ハミルから日本のファンへのメッセージ動画と新シーンが披露される特別映像が解禁となった。

    「フォースの覚醒」で“フォースを覚醒させた”レイ、“ダース・ベイダーの意志を継ぐ決意をした”カイロ・レン、そして“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカー。前作でレイがルークにライトセーバーを渡した衝撃のラストの直後から本作は描かれる。レイは内なる強大なフォースを覚醒させながら、その理由も使い方がわからずに行き場を失い、カイロ・レンは父ハン・ソロを手にかけてもなお“闇”に落ちきれず母レイアの命までも奪おうとする。“光”と“闇”の間で揺れ動く2人を待ち受ける“衝撃の運命、そしてついに姿を現した伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーはこの物語に何をもたらすのか?

    デイジー・リドリーとアダム・ドライバーは「フォースの覚醒」以来、約2年ぶりの来日。マーク・ハミルは映画「スター・ウォーズ」シリーズのルークとして39年ぶりの来日となる。(映画のプロモーション以外では、2008年に「スター・ウォーズ セレブレーション・ジャパン」で来日)。マーク・ハミルはルーク・スカイウォーカー役で世界中を虜にし、前作「フォースの覚醒」では約30年ぶりにルークとしてスクリーンに登場。「スター・ウォーズ」シリーズの“象徴”であり本作でも物語のガキを握る最重要人物だ。そしてライアン・ジョンソン監督は「スター・ウォーズ」の新たなる3部作の監督と脚本を務めることが発表されたばかり。今後ますます進化していく「スター・ウォーズ」を担っていく存在なのは間違いないだろう。

    そしてルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディも来日。彼らはレッド・カーペットイベントや特別映像上映会イベントなど、直接日本のファンと交流する機会があるほか記者会見も予定している。さらにルークを演じるマーク・ハミルから日本のファンに向けた特別メッセージと新シーンが見られる特別映像も公開された。マークはルークとして来日することについて「日本の皆さん、こんにちは。マーク・ハミルです。『最後のジェダイ』は『フォースの覚醒』のすぐ後の物語を描いています。エキサイティングで素晴らしいこの映画から大きな衝撃を受けるでしょう。東京でお会いするのを楽しみにしています。フォースとともにあらんことを。アリガトウゴザイマス」と喜びの熱いメッセージを寄せた。

    併せて解禁となった新映像では新しいシーンも映されている。惑星オクトーに隠れていたルークだが、ついにミレニアム・ファルコン号に乗り込む姿があり、レイあるいはチューバッカやポーグとどこかへ向かうのだろうか。そんなミレニアム・ファルコン号が地上から飛び出してくる様子もあり、ルークはレイやイアらとジェダイとしてカイロ・レンらファースト・オーダーとの戦いに参加するのかもしれない。だが、倒れているルークに対しライトセーバーを振りかざす“衝撃”のレイの姿も…。

    すでに解禁となっている日本版予告編では、困惑するレイにカイロ・レンが手を差し出すようなシーンもあったが、レイはダークサイドに落ちてしまうのか?光と闇に揺れ動くレイ、カイロ・レン、そしてルークの運命は?期待が膨らむ新映像となっている。デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、マーク・ハミルは“最後のジェダイ”は一体誰なのか?誰も見たことがない衝撃の「スター・ウォーズ」となる最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12 月15 日(金)より公開となる。

    『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
    監督・脚本:ライアン・ジョンソン
    配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
    © 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
    公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

     12月15日(金)全国公開

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44″;rakuten_items …

  • 健太郎 初公開写真1

    映画『デメキン』佐田正樹が健太郎の演技を絶賛! 動画インタビュー映像!コラボラーメンも!

    いじめられっ子が福岡・伝説の総長に!
    芸人・佐田正樹の実話を基にした、ホンモノ青春グラフィティー

    ★原作者・佐田正樹が健太郎の演技を絶賛!動画インタビュー映像到着

    2009年3月22日に小説が発売。2010年3月19日より始まったヤングチャンピオン連載中のシリーズ累計発行部数180万部を突破した大人気コミックスの「デメキン」。現在、単行本は17巻まで刊行され、幅広い世代から大きな支持を集めている。そして今回、実写映画化されることとなった(12月2日公開)。様々な漫画が実写化されている昨今だが、人気作になればなるほど、ファンの反応は様々。「デメキン」原作者である漫画家・佐田正樹氏に、実写化の心境をコメントした。

    佐田は、「話がきたときはニヤニヤが止まらなかった。動き出すまで1年半ぐらいかかりましたが、いざ撮るとなるとワクワクドキドキしました」と、実写化に対して不安よりも期待が大きかったと語った。
    また佐田を演じた主演の健太郎に対して、「親友がやられてタイマンに行く前のいろいろな感情。自分ではどうすることもできない憎しみ、悲しみ、悔しさ、歯痒さ・・・それら全部を背負った怒りの表情をむき出しにするシーンはコミックの時にも漫画家さんにこういう絵にして欲しいとこだわりました。健太郎が(そのシーンの撮影で気持ちを作るために)30分ぐらいトイレにこもり、いざ本番でその顔を見た時にここまでやってくれたんだと嬉しくなりました」と絶賛している。

    ★佐田正樹をイメージしたコラボラーメン発売決定!

    また、日本国内に16店舗を展開するラーメンチェーン「博多 一幸舎」では映画『デメキン』の佐田正樹をイメージしたコラボメニューを11月18日(土)より発売。商品名は「デメキンラーメン 福岡連合2代目総長 佐田正樹スペシャル ~ファイヤーパターン仕様~」。発売期間中は出演者のサイン入りポスターなど豪華商品が当たるキャンペーンも実施。詳細は一幸舎公式サイトをチェック。是非足を運んでほしい。

    本作は、幼少期から“デメキン”と呼ばれいじめられた佐田正樹が、親友の厚成と共に喧嘩無敗と数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰める物語。主人公の正樹役は、現在放送中のNHK土曜時代ドラマ「アシガール」や同年10月28日公開の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』などに出演する、ネクストブレイク筆頭の逸材・健太郎が演じ、映画『亜人』(公開中)や『あゝ、荒野』(前編:公開中 後編公開中)、『HiGH& LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(11月11日公開)など話題作への出演が続く実力派俳優の山田裕貴が脇を固める。監督は、三池崇史の助監督として数多くの現場を支え、右腕とも言える山口義高。脚本は『百円の恋』で第39 …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT