Open Close
  • 『アントマン&ワスプ』メイン集合写真

    マーベル最新作『アントマン&ワスプ』宮川大輔、中川大志、ファン400人も大興奮! 東西横断スペシャル・ファンミーティング

    本物のA(アントマン)&W(ワスプ)に宮川大輔、中川大志 大興奮!
    相思相愛バディぶりにファン400人が魅了

    「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」を超えた、世界興行収入No.1シリーズのマーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ』。この夏、映画史上最小にして最強のヒーロー・コンビが贈る、ユーモアあふれるバディ・アクションムービーが日本上陸。
    バツイチ、無職、前科持ちで、離れて暮らす愛娘だけが生きがいのスコット。脅威の”スーツ“を手に入れたことで、身長1.5cmの最強ヒーロー<アントマン>になったものの、ある大事件をきっかけにFBIの監視下に置かれることに…。そんな頼りない彼を支えるのが、アントマンの開発者ピム博士の娘、ホープ。彼女もまた父の開発した”スーツ”と脅威の身体能力で、完璧な女性ヒーロー<ワスプ>に!まったく正反対のふたりの前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女<ゴースト>が現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる――。敵の手に渡れば、世界のサイズが自在に操られてしまう!? ありとあらゆるものをすり抜けられる能力を持つ強敵から、アントマンたちは世界のサイズを操る”秘密“を守りきれるのか?笑ったり、驚いたり、泣いたり、感情総動員! “何でもアリ”のサイズ・チェンジ・アクション!

    8月21日、身長1.5cmとなって戦うヒーロー アントマンを演じたポール・ラッドと、本作でアントマンの相棒としてマーベル初の女性ヒーロータイトルロールとなったワスプ役エヴァンジェリン・リリーの最小最強バディの2人と、前作『アントマン』(05)から引き続きメガホンをとったペイトン・リード監督が来日し、TOHOシネマズ新宿にてスペシャル・ファンミーティングを行った。

    会場には、抽選で当選した幸運なファン約400名が詰めかけ、アントマンのコスプレや映画にちなんだTシャツやグッズを身にまとうなど、開演前から熱気を帯びていた。イベントがスタートすると、会場後ろの扉から登場したゲストたちに驚いたファンは熱狂!メインステージに向かう途中、席の間をハイタッチや握手をしながらファンたちと気さくに触れ合うポールやエヴァンジェリンたちの姿に客席からは歓声が飛び交っていた。

    前作から2度目の来日となったアントマン役のポール・ラッドは「前作と同じく温かく皆さんが迎えてくれて、本当にありがとうございます。皆さんとこの映画を分かちあえることが嬉しく、わくわくしています。」と再び日本の地に戻れたことに喜びをみせた。また、ワスプ役のエヴァンジェリン・リリーは「皆さんに招待頂いて本当に嬉しいです!アリガトウ!」と嬉しさと一緒に日本語でも感謝の気持ちを表した。
    実は今回重要な任務を任せられた来日ゲスト3人。劇中で謎の美女<ゴースト>を始めとした敵が狙う、スーツケースサイズになったピム博士の研究所を東京から大阪に届けるという東西横断ミッションを遂行しなければならない。監督は持参したスーツケース型の研究所を手にし、「量子の世界に迷い込んだワスプの母親、ジャネットを救うことができるかもしれないとても重要なものなんです!」と観客も警戒するようなそぶりを見せ、本作のカギになる重要なものであることをアピールした。無事大阪までこの研究所を届けることができるのか注目だ!(アベンジャーズ公式Twitterアカウントにてミッションの模様は実況)

    今日はファンミーティングということで、会場に来たファン約400名から直接来日ゲストに質問できるという超レアな時間が設けられた。映画のファンという女性から「お互いの好きなところを教えてください!」と質問。エヴァンジェリンは、「今までこんな質問されたことないわ!」と少し驚きながらも「もともと共演する前からポールのファンだったの。本シリーズに出演しようと思ったのもポールがアントマンを演じるから、ワスプ単体の映画を望むかと聞かれたときにも考えたことないと答えたわ。だって、ポールが一番だと思っているから」と熱烈アピール!思いがけない回答に驚きながらもポールは「彼女はしっかり地に足がついている役者だと思う。プロモーションで世界を周ったけど、各地に赴いた時に現地の習慣などを知ろうとして、現地の人とのつながりを自ら求める素敵な人なんだ」と絶賛し、映画の役どころさながらの相思相愛バディ感を見せつけた。付け加えるかのようにポールは「僕たち二人、ペイトンに関しては思い入れが無いんですよね~」と会場からは笑いが起こった。

    次に監督へ「アベンジャーズに向けて、『アントマン&ワスプ』のここに注目して欲しい点はありますか?」というファンなら誰もが気になる質問が投げかけられ、「アベンジャーズ4に関しては話せることはないです!」ときっぱり。
    「この作品で起こることが次のアベンジャーズにインパクトを与えることがあるかもしれない・・・?」と回答を濁らせ、会場にいるファンのはやる気持ちを煽った。

    イベントも終盤に差し掛かったころ、特別ゲストとして本作でFBI捜査官ウー役の吹替えを担当したお笑い芸人の宮川大輔、マーベルの大ファンで特に“アントマン”が一番好き!と公言している若手人気俳優、中川大志が会場に駆けつけた。主演の2人との対面に嬉しさが溢れる中川は、「この映画に関わっていないんです、ただのファンです。大好きと言っていたら呼んで頂きました。今は、会場の皆さんと同じ気持ちで立たせて頂いております。小学生の時にアイアンマンに出会ったのがきっかけで、中でもアントマンが大好きなんです!コミカルな笑えるシーンや家族愛の心温まるストーリーもあって。」アントマンが1番と宣言した中川に喜ぶポールがハグを求める一幕も。続けて「アントマンはさえない主人公でそういったところも魅力で好きです」と“さえない主人公”というワードに複雑な表情をみせ、会場の笑いを誘った。

    また宮川は「今この一緒の舞台に立てて売れたなと思いました!ホンマに売れたなとっ!」夢のような舞台に興奮が抑えきれない様子。そんな二人からも来日ゲストへ質問。憧れのヒーローを前に「身長1.5cmのヒーローを演じるにあたり、1.5cmの目線をイメージするためにどんな役作りをされたのでしょうか」と質問、エヴァンジェリンは「撮影時に監督がグリーン色の人の巨大な太ももを作ってくれて、それに乗っかり太ももから顔を見上げた時にどうなるかを分かるようにしてくれたの」と1.5cmの世界を描くための珍しい撮影方法を明かした。

    宮川からは、「本作では、世界中の観客が見るということで、世界共通の「笑い」として意識したシーンはありますか?」と投げかけると、「英語圏で通じればいいなって思って作りました。(笑)」ポールの思い切った回答に会場からドッと笑いが起こり、それをフォローするかのように「ポールのユーモアは国を問わず世界に通じます!」とエヴァンジェリンが宣言した!

    そして今回、東西横断ミッションに挑む来日ゲスト3人のために、宮川さんと中川さんから“大阪へ無事研究所を届けられるように“そして”映画の大ヒット“を願ったオリジナルのお守りが来日ゲストに贈られた。思いを受け取ったポールは「ビューティフル!!!」と日本の伝統の贈り物を手に満面の笑み浮かべた。
    今日ゲストとして呼ばれた宮川は「緊張しましたし、夢のようです。舞台袖で写真撮ろうとエヴァンジェリンさんに言って頂きました」会った時の様子を述べ、中川も「本当に気さくで、優しくて、アントマンが目の前にいることに大興奮しました!」と興奮を隠しきれない様子。笑いが絶えないなかイベントは幕を閉じた。
    東西横断ミッションはまだ始まったばかり、来日ゲスト3 …

  • 映画『楽園』宣材写真3名合成_クレジット有

    映画『楽園』/「悪人」「怒り」に続く、吉田修一 新たな最高傑作「犯罪小説集」!綾野 剛、杉咲 花、佐藤浩市 豪華俳優集結!

    「悪人」「怒り」に続く、吉田修一 新たな最高傑作「犯罪小説集」
    『64-ロクヨン-』 の瀬々敬久監督で映画化!
    綾野 剛,杉咲 花,佐藤浩市 豪華俳優集結
    罪を犯した人間と、取り巻く人々の業と哀しみ―
    犯罪をめぐる“喪失”と“再生”を描く慟哭のヒューマン・サスペンス
    映画 『楽園』

    楽園を知らない青年、楽園を探し求める少女、楽園を信じていた男― 人はなぜ、罪を犯すのか?

    多数の著書が映像化され、今最も注目されるベストセラー作家・吉田修一。2007年「悪人」、2014年「怒り」に続き、自身、「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて。」と語る、新たな最高傑作「犯罪小説集」を映画化!

    青田に囲まれたY字路――。ある夏の日、幼女誘拐事件が起こった。未解決のまま、住民の胸には罪悪感だけがしこりのように残り、事件直前まで被害者と一緒にいた紡は心に深い傷を負った。それから12年後―、再びそこで2つの悲劇が起こる。少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす豪士が容疑者として疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。そしてY字路に続く集落、愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこしの事業を進めていたが、話のこじれから村中の非難を受け、村八分状態に。善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する―。被害者の親友だった少女、容疑者の青年、そして限界集落で暮らす男。なぜ人は罪を犯すのか?なぜ自分だけ生き残ってしまったのか?それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。

    主人公・豪士役には、演じる役柄の幅広さとその演技力が高く評価され、主演作多数の超人気実力派俳優・綾野 剛。『怒り』でも好演を魅せた綾野が、本作では容疑者の孤独な青年という難しい役どころに挑戦する。紡には、TV・映画で幅広く活躍し、急成長を遂げる若手注目女優・杉咲 花。心に負った深い傷を抱えながら、もがき生きる少女を熱演する。善次郎には、その存在感で作品世界を支える、日本を代表する俳優・佐藤浩市。狂気へと転落していく男の心情を安定の演技力で表現している。監督は、『64-ロクヨン-』で大ヒットを打ち出した、瀬々敬久。豪華キャスト,スタッフが集結し、2019年新たな衝撃作が誕生する。

    <あらすじ>
    豪士(綾野剛)は、母親と共にリサイクル品を販売しながら孤独な日々を過ごしていた。ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女・愛華の誘拐事件が起こった。犯人は見つからず、事件直前まで愛華と一緒にいた紡は、心に深い傷を負うこことなった。事件から12年後―、高校を卒業した紡(杉咲花)は、街のホームセンターで働いていた。祭りの前日、準備で集まった公民館で、紡は豪士と出会い、孤独な豪士に対して感情が芽生える。そして祭りの日―、12年前と同じY字路で、再び少女が行方不明となる。やがて豪士が犯人だと疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。それから1年後、東京の青果市場で働く紡。Y字路に続く限界集落では、養蜂家の善次郎(佐藤浩市)が愛犬レオと生活していた。祭りの前日、手伝いで地元に帰省していた紡は善次郎と出会う。そんなある日、善次郎が計画していた村おこしの話がこじれ、村人たちの怒りを買ってしまう。村八分によって善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する――。

    <キャスト&キャラクター>
    ●綾野 剛:中村豪士 なかむらたけし
    母親と共にリサイクル品販売をする孤独な青年。
    ●杉咲 花:湯川 紡 ゆかわつむぎ
    未解決の幼女誘拐事件の被害者と事件直前まで一緒にいた少女。心に傷を負い、苦しみながら生きる。
    ●佐藤浩市:田中善次郎 たなかぜんじろう
    父親の介護のため村へと戻り、愛犬レオと暮らす養蜂家。村おこし事業を進めるが・・・。

    <原作>
    原作:吉田修一「犯罪小説集」(KADOKAWA刊)
    ●吉田修一
    1968年生まれ、長崎市出身。97年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞し作家デビュー。02年「パレード」で第15回山本周五郎賞、同年「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞。07年「悪人」で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞。10年「横道世之介」で第23回柴田錬三郎賞を受賞。著書に「女たちは二度遊ぶ」「怒り」「森は知っている」など多数。

    <監督・脚本>
    監督・脚本:瀬々敬久
    ●瀬々敬久
    1960年生まれ、大分県出身。京都大学卒業後、助監督を経て、89年『課外授業 暴行』で監督デビュー。以降、『MOONCHILD』(03)、『感染列島』(09)などの劇場映画から、ドキュメンタリー、テレビなど様々な作品を発表。『ヘヴンズ ストーリー』(10 …

  • 【本ポスター】『3D彼女 リアルガール』

    映画『3D彼女 リアルガール』 リア充美女・色葉と超絶オタク・筒井の恋が動き出す!“運命の瞬間”が切り取られた特別映像解禁!

    映画『ヒロイン失格』チームが再び贈る、
    『美女と野獣』ならぬ「美女とオタク」の爆笑純愛コメディ!
    主演:中条あやみ × 共演:佐野勇斗× 英勉監督(映画『ヒロイン失格』)

    “リア充美女と超絶オタク”違う世界のふたりが恋に!?
    色葉と筒井の恋が動き出す!
    “運命の瞬間”が切り取られた特別映像解禁!
    講談社「月刊デザート」(2011年9月号~2016年7月号)で連載され、累計発行部数145万部(※デジタル売上含む)の人気コミック・那波(ななみ)マオ原作『3D彼女 リアルガール』(全12巻)がついに実写映画化!

    主人公の派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉(いがらし・いろは)を演じるのはファッションモデルとして活躍し、さらには第41回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞するなど、女優としても勢いのとまらない中条あやみ。そして、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルの世界に没頭するオタク高校生“つっつん”こと筒井光(つつい・ひかり)を演じるのは TBS『砂の塔~知りすぎた隣人』で注目され、映画『ミックス。』『ちはやふる-結びー』NTV『トドメの接吻』と大注目作品に出演が続いている俳優・佐野勇斗(はやと)。『10代女子が選ぶトレンド予想ランキング2018』(マイナビティーンズ調べ)の「10代女子が選ぶ2018年流行りそうなヒト」部門で2位に輝くなど、今年もっとも躍進が期待される俳優です。また、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろうという今最も旬で注目を集めるキャストが同級生役を務め、さらに神田沙也加が本作オリジナルのアニメキャラクター『魔法少女 えぞみち』の声優を務めることでも話題沸騰中!

    メガホンをとるのは映画『ヒロイン失格』『未成年だけどコドモじゃない』などで若者の心を掴んで離さない、英勉。映画『ヒロイン失格』のスタッフが再集結し、パワーアップしたラブコメがスクリーンに帰ってくる!

    この度、解禁となったのは爆笑純愛コメディの“美女とオタクの恋のはじまり”の部分!
    リア充完璧超絶美少女である本作の主人公・色葉と、2次元を愛する超絶オタク・筒井、
    2人の恋が動き出す瞬間が収められた特別映像が解禁!

    職員室に呼び出されたミツヤの身代わりとなった筒井は、普段であれば絶対に関わることのない色葉とプール掃除をするハメに。恋愛経験はもちろんゼロ、女の子と喋ることさえ苦手な筒井はついつい暴言を吐いてしまい、色葉を傷つけてしまう。3次元女子を怒らしてしまった筒井は、残りの平和な学校生活に危機感を覚え、色葉への謝罪を決意。筒井は謝るタイミングを見計らうも中々、話かけることが出来ず…まるでストーカーのように後をつけてしまう…。筒井が頭を抱える中、色葉は本屋で万引きの濡れ衣を着せられてしまい…「俺はただ謝って平凡な日々を…」と筒井がオロオロしているうちに、事態はどんどん悪化していき…「万引きJKです!!」と店内が大騒ぎに!筒井が愛するアニメキャラクターのえぞみちも、「リアルに関わるからこうなるべさ!ほっとけほっとけ!」と筒井に囁くが…色葉を助けようと勇気を出すが、キャパオーバーで、なんだか雲行きは怪しくなっていき!?色葉のピンチを上回り、筒井がまさかの窮地に追い込まれることに⁉しかし、そんな筒井の勇気と優しさに惹かれた色葉は翌日、「つっつん、私と付き合って」と告白!?筒井は更なるパニックへと迷い込んでいく…。

    今回解禁となったシーンに収められたのは予告篇でも印象的な“色葉の告白シーン”へとつながる重要な出来事。まさに、2人の恋物語が急速に動き出すきっかけとなる場面だ。美女とオタク、全く違う世界で生きる2人はどのように恋物語を紡いでいくのか…是非、2人の恋の行く末を劇場で見届けて頂きたい。

    『美女と野獣』ならぬ「美女とオタク」の爆笑純愛コメディ!
    映画『3D彼女 リアルガール』は9月14日(金)全国ロードショー!

    映画『3D彼女 リアルガール』
    <あらすじ>
    “つっつん”こと筒井光は、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルな世界を愛する高校生。
    オタク仲間の伊東と、愛するアニメのヒロイン・魔法少女えぞみちのおかげでこれまで何とか生きてきた。
    ある日、プール掃除を一緒にやるハメになった、派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉から突然の告白!
    18年間バーチャルの世界に居場所を求め、リアルなコミュニケーションを避けてきたつっつんと、色葉の恋の行方とその先に待ち受ける衝撃の展開から目が離せない!
    3次元リアル美少女×2次元オタク男子による、笑って泣いてキュンとする「美女とオタク」のラブストーリー誕生!!

    中条あやみ 佐野勇斗
    清水尋也 恒松祐里 上白石萌歌 ゆうたろう
    三浦貴大 / 神田沙也加(声の出演)
    濱田マリ 竹内 力
    原作:那波マオ 『3D彼女 リアルガール』(講談社「KCデザート」刊)
    累計120万部突破!デジタル版が驚異的な売り上げ伸長率で話題沸騰!
    映画化を記念して、新装版全12巻 2017年8月10日より刊行開始!!
    監督:英勉
    配給:ワーナー・ブラザース
    コピーライト表記: ⓒ2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ⓒ那波マオ/講談社
    公式HP:http …

  • konomichi_main3

    映画『この道』EXILE ATSUSHI 童謡の金字塔「この道」を謳いあげる! 2019年1月11日(金)に公開決定!

    童謡誕生100年
    映画主題歌 決定!
    EXILE ATSUSHI
    童謡の金字塔「この道」を謳いあげる!
    さらに、本作の公開日が2019年新春を飾る1月11日(金)に決定!
    映画『この道』

    鈴木三重吉による児童文学誌「赤い鳥」が刊行された大正7年(1918年)――ある二人の男の友情によって、この先100年にわたり日本人の心を動かす「歌」が生まれた…。
    “童謡”の誕生から100年である今年、稀代の天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を、秀才音楽家・山田耕筰との友情とともに描き出す映画『この道』(配給:HIGH BROW CINEMA)。今年2月にクランクアップし、日本映画では初の試みとなる箱根の老舗・富士屋ホテルでの撮影も実現したことで注目された本作は、2019年1月11日(金)全国公開されることが決定した。

    100年前、それまで日本の子供たちの唄う歌は♪通りゃんせ、♪はないちもんめ、といった伝承の「わらべうた」か、♪ちょうちょう、♪ぶんぶんぶん、といった明治開国で日本に入ってきた「ドイツ童謡」を日本語訳した歌だった。
    <日本の子供たちに、日本人による「童謡」を創ろう!>と児童文学誌「赤い鳥」を発刊した文学者・鈴木三重吉は、独特なリズムがある奇抜な詩で名を馳せていた詩人・北原白秋と、ドイツ留学を経て日本で初めて交響楽団を結成した音楽家・山田耕筰に童謡創作の白羽の矢を立てる。
    自由奔放な天才詩人・北原白秋、私生活では酒に溺れ、不貞をはたらくトンデモ男。洋行帰りでやたら真面目な秀才音楽家・山田耕筰。天才と秀才、性格も生き方も異なる二人に立ちはだかる時代の波に、彼らは歌で立ち向かう――。最初は才能がぶつかり反目する二人はあることがきっかけで手を取り合い、「からたちの花」や「この道」、「待ちぼうけ」や「鐘が鳴ります」など、数々の童謡を世に出していく。しかし、戦争の足音によって二人は苦悩の淵に…。

    日本文学・音楽界に名を残す自由奔放な天才詩人・北原白秋を演じるのは、『ハゲタカ』(09)で日本アカデミー賞優秀男優賞を獲得し、今や日本映画に欠かせない演技派俳優大森南朋。西欧音楽の普及に尽力し、白秋と共に数多く名曲を世に送った秀才音楽家・山田耕筰を、俳優として活躍の場を広げ、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙―サイレンス―』(17)ではハリウッドデビューも果たしたEXILEのAKIRAが熱演。ほか、二人を引き合わせた鈴木三重吉に柳沢慎吾。白秋を見守る与謝野鉄幹・晶子夫妻には松重豊、羽田美智子、波乱の多い白秋の人生の中、そばで支える妻に貫地谷しほり、松本若菜を迎え、更に、ラジオ本放送時に「からたちの花」を歌唱した歌手役で由紀さおり・安田祥子姉妹が『出演。『半落ち』(04)で日本アカデミー賞最優秀作品賞を獲得した日本映画界の名匠・佐々部清監督がメガホンを取り、『かぐや姫の物語』(13)、『恋は雨上がりのように』(18)の坂口理子が脚本を務め、キャスト、スタッフ共に映画界を代表する豪華布陣で、2019年新春映画として全国公開を迎える。

    この度、本作の主題歌に、日本を代表するダンス&ボーカルグループ「EXILE」ボーカルのATSUSHIが歌唱する童謡「この道」が決定した。本作の主人公である<北原白秋>が作詩を担当し、<山田耕筰>が作曲を務め、今もなお歌い継がれている童謡を、日本が世界に誇るボーカリスト・EXILE ATSUSHIが歌い上げている。過去、2012 …

  • 180819_参加メンバー写真

    EXILE ÜSA、TETSUYAに加え 橘ケンチ、小林直己、岩田剛典がサプライズ登場!「夢の課外授業 中学生Rising Sun Project 2018」開催!

    「ダンスで日本を元気に!夢の課外授業 中学生Rising Sun Project 2018」
    プロジェクトリーダーEXILE ÜSA、TETSUYAに加え
    橘ケンチ、小林直己、岩田剛典がサプライズ登場!
    釜石の新たなシンボル「釜石鵜住居復興スタジアム」でパフォーマンス披露!

    東日本大震災で大きな被害を受けた東北の子どもたちに、元気、夢を届けたいという想いからスタートした「ダンスで日本を元気に!夢の課外授業中学生Rising Sun Project2018」の発表会が19日、岩手県・釜石鵜住居復興スタジアムにて開催された『KICKOFF! KAMAISHI 8.19』のメモリアルマッチのハーフタイムで行われた。発表会には、本プロジェクトリーダーを務めるEXILE ÜSA、TETSUYAが参加し、更には 橘ケンチ、小林直己、岩田剛典も応援で駆け付け、約250名の中学生たちとEXILEの復興支援ソング「Rising Sun」を披露した。

    「ダンスで日本を元気に!夢の課外授業中学生Rising Sun Project」は、EXILEが所属する株式会社LDH JAPANの協力のもと、東日本大震災後、東北をはじめとした日本中の子どもたちにダンスの力で元気になってもらいたいという想いで2012年からスタートし今年で7 …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT