Open Close
  • %e5%90%89%e7%94%b0%e5%a4%a7%e5%85%ab%e7%9b%a3%e7%9d%a3

    舞台『クヒオ大佐の妻』上演決定

    2017年5月~6月、東京芸術劇場シアターウエストにて『クヒオ大佐の妻』の上演が決定致した。

    作・演出は、2013年『桐島、部活やめるってよ』(12)で第36回日本アカデミー賞「最優秀監督賞」、「最優秀作品賞」を受賞し、その後も『紙の月』(14)など話題作を数多く手掛けている映画監督吉田大八。吉田は、2013年に初めて手掛けた演劇作品で、本谷有希子の小説『ぬるい毒』を上演。舞台化不可能と原作者をして言わしめた作品を見事に演出し、好評を博した。
    そして、演劇作品2作目の題材に選んだのは、実在の結婚詐欺師、クヒオ大佐。
    『クヒオ大佐』とは、1970年代から90年代にかけて「自分はアメリカ空軍パイロットで、カメハメハ大王やエリザベス女王の親類」と偽り結婚話を交際女性に持ちかけ、結婚詐欺師を繰り返した男。自称「ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐」と名乗った実在する日本人。
    かつて吉田が2009年に監督を務めた映画『クヒオ大佐』とも全く違う、新しい視点から捉え直した舞台『クヒオ大佐の妻』を上演します。吉田の舞台初書き下ろし作品となる。

    出演は、吉田大八監督作品の『桐島、部活やめるってよ』でもその存在感を放った、岩井秀人。
    劇団「ハイバイ」主宰、2012年、NHKハイビジョン特集ドラマ『生むと生まれるそれからのこと』の脚本で第30回向田邦子賞を、2013年『ある女』の脚本で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。脚本家のみならず、俳優としても目覚ましい活躍を続けている。

    そして、今作の主役である『クヒオ大佐』の「妻」は、来月に発表予定。

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44″;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId=0;rakuten_size=”600×200 …

  • img_0947

    「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」 応援サポーター&スケーターゲスト出演 本田望結 インタビュー

    日本のクリスマスに、今年、また新しい楽しみが1つ増える。
    12月16日(金)より12月25日(日)まで、東急シアターオーブにて上演される「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」がそれだ。

    アメリカでは、ロックフェラーセンターにあるラジオシティ・ミュージックホールで行われる「ラジオシティ・クリスマス・スペクタキュラー」をはじめ、各地で様々な“クリスマス・ショー”が上演され、幅広い年代の人々がサンタクロースにクリスマス・ソング、華麗なダンスにゴスペル…等々でクリスマス気分を満喫する。
    そんな本場アメリカのクリスマス・ショー「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」が、今年は日本にも初上陸。クリスマスシーズンを盛り上げる。しかも、ディズニーファンにはたまらない、ディズニーの名曲の数々も披露される予定だ。

    この特別な日本公演の応援サポーターに、女優でフィギュアスケーターの本田望結が就任。全16公演中2公演にスペシャル出演し、♪「ひいらぎかざろう」にのってスケーティングを披露する!!

    今回Astageは、女優として大活躍するのみならず、今年は全日本ノービス選手権2016Aで自己最高の6位を獲得し、フィギュアスケーターとしても成長をつづける12歳の本田望結にインタビューを行った。

    ―「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」にゲスト出演されますが、今の率直なお気持ちをお聞かせ下さい。
    日本初公演ということで、すごく嬉しいと思っています。日本ではクリスマスショーが数多くあるわけではないので、とても楽しみです。そして初日の16日とクリスマスイブの24日にスケーターゲストとして、応援サポーターとして参加し、出演させて頂くので、まずは皆さんの足をひっぱらないようにしっかりとできたらいいなぁと思っています。

    ―スケーティング曲の「ひいらぎかざろう」を最初に聞いたときの感想は?
    楽しくてクリスマスらしい曲だと思いました。いつものフィギュアスケートの大会などでは、曲も選んで頂いて、振付もお願いしています。振付は今、アイスダンスのキャシー・リード先生にお願いしていて、今日も練習してから来ましたが、今回のショーだけはこの曲に合わせて、私が振付を作らせてもらっています。
    この曲に負けないくらいの演技をしたいのですが、今回は氷ではなくて、舞台の上に設けられたプラスチックの樹脂を使うので、スケートぽくやった方がいいのか、跳ねるバレエのようなダンスのような感じの方がいいのか…と考えています。今は「こういうことをしよう」となんとなく決まってきているところです。皆さんに見て頂いて「面白かった」「楽しかった」というシーンになったらうれしいなと思っています。

    ―スケートの時の衣装はとてもステキですが、衣装や振付のポイントを教えてもらえますか?
    衣装は、私がいつもお願いして作って頂いている方に「こんな感じがいい」とお願いしている最中です。振付もまだふわっとしか考えていないのですが、衣装を見て、踊り方も全然変わってくると思います。色はだいたい決まっていますが、かざりのスパンコールの位置だけでも表現が違ってきて、そういうことがフィギュアスケートの点数にもなってきます。
    今回はアイスショーではなくショーなので、その中でナチュラルにスケートを出せるようにしたいと思っています。氷がメインのショーではなく、全体に1つのテーマがあり、1つの物語だと思うので、歌やダンスとナチュラルに流れて行くような、全体の中での1つのシーンを作れたらいいなぁと思っています。

    ―製作発表では出演されるエリック・アンソニー・ロペスさんにお会いになられたのですね。
    はい。エリックさんにお会いしたんですが、今回の公演はエリックさんの他、40名ぐらいの方が来日されます。映像で拝見して「私も生で観たいな」とすごく思っていました。
    みなさん海外の方なので、お会いした時に英語でご挨拶できたらいいなぁと思いました。英語は小学1年生の時から学校で習っていたのと、お兄ちゃんとお姉ちゃんが喋れるので教えてもらって練習しています。

    ―こうしてお話しを伺っていて、とてもきれいな言葉使いですね。まだ12歳ですが、どうしてこんなにもきれいな言葉使いができるのでしょうか?お母様が教えて下さるんですか?
    いえ、お母さんは関西弁です。私も今も京都に住んでいるので、家族といる時には関西弁です。京都に住んでいますが、はんなりというよりも、スケートの練習も大阪でやっていますので、大阪弁ぽい言葉です。
    ただお母さんもお父さんも他の保護者の方とは少し違っていて、私に注意はしてくれますが「宿題しなさい」とか言うことはありません。自分がやりたいと思ったので、フィギュアスケートもお芝居も応援してくれていますが、「最後に決めるのは自分」「自分の責任だ」と言われています。宿題を忘れたら、それは自分の責任だし、忘れ物をしても、学校まで届けない。「宿題しなさい」とかは言わない。自分がやるまで何も言わないんです。私も「次に絶対忘れないようにしなきゃ」と思う自分の気持ちが一番大切だと思っています。お母さんはたくさん注意したり、怒ったり、褒めたりしてくれますが、大切なことは「自分でやらないと」と思うまでは何も言わない感じです。標準語も自分で調べたり、考えたり…。だからいつの間にか標準語になっていた…という感じです。
    今も京都に住んでいるので、関西弁がついつい出てしまったり、セリフが関西弁ぽいイントネーションになってしまったりするのは、自分で気を付けたり、マネージャーさんに「合ってますか?」って聞いたりします。
    もちろん、お母さんは一緒に付いて来てくれたり、お父さんは送り迎えしてくれたり、すごく大変だと思うのですけれど「最後、どっちにするかを決めるのは自分なのだ」と教えてくれています。

    ―クリスマスの思い出といえば?
    毎年クリスマスの前後にフィギュアスケートの全日本選手権大会という日本で一番大きな大会が行われるので、スケートと一緒に過ごすような感じです。今年の全日本選手権にはお姉ちゃん(本田真凜選手)はジュニアで良い成績を残しての参加で、お兄ちゃん(本田太一選手)は怪我から復帰しての2シーズンぶりの全日本選手権なので、すごく楽しみにしています。

    ―スケートとクリスマスがつながっているんですね?
    毎日スケートの練習をしているので、いつも荷物にはスケート靴があり、服が入っています。東京に来るときは私服ですが、いつも関西ではスポーツする服なので、まわりの方には「私服姿を見るのは初めて」と言われるほどです。(笑)スケートは宝物ですし、家族みたいなもので、だからこそ「スケートをやってます」感がないのだと思います。スケートとはいつも一緒、ご飯を食べるのと同じくらいです。

    ―テレビで本田さんを見ている方が、だんぜん多いのではないかと思うのですが、「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」では、生で本田さんを観て頂けますね?
    私は逆が多いように感じていて、ちょっと前には、いつもスケートを応援して下さる方に「かわいいなぁ。女優とかやったらいいのに」とおっしゃって頂きましたし、小さい頃には羽生くんにも「かわいいなぁ。シャンプーのCMに出ればいいのに」と言っていただいたのですが、ちょうどその時にシャンプーのCMに出ていたんです。(笑)
    でもテレビをご覧の皆さんからすると、スケートをしている私の印象はまだあまりないかと思うので、それがちょっと口惜しかったりもします。
    女優もスケートもどっちも頑張る…どっちの本田望結でもありたい…どっちも100%でありたいと思って、今やっていることを全力でやりたいとずっと思っています。

    ―最後に『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』という舞台について、お願いします。
    日本で初めての公演ですし、私が(映像で)観たのとはきっと違うと思いますが、まず、すごく「生で観たい!」と思っています。私もこのショーの中で、物語の一部としてナチュラルに見えるように頑張りたいと思いますので、「観たい」と思って下さっている皆さんに楽しんでいただきたいです!

     

    公演名称 『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』
    出演 エリック・アンソニー・ロペス、サム・ハーヴィー、クリスティン・オコンネル、ケイティ・アン・ハーヴィー、アレクサンドラ・シャウマン&ルーカス・ルジツキ ほか アメリカカンパニー

    応援サポーター・スケーターゲスト出演 本田望結
    公演日程 2016年12月16日(金)~25日(日)
    会場 東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
    チケット料金 S席9,800円 A …

  • cwd2

    ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」シンガーが12/12にHIBUYA109、二子玉川ライズ、中目黒 蔦屋書店でスペシャルミニライブ開催

    12月16日(金)より東急シアターオーブにて開幕する「ブロードウェイクリスマス・ワンダーランド」の出演キャストが、開幕に先駆けSHIBUYA109、二子玉川ライズ、中目黒蔦屋書店でスペシャルミニライブを開催!
    サンタクロースや華やかなキャンディガールズも登場し、街中のクリスマス気分を盛り上げる!

    <ライブスケジュール>
    【日時・会場】 12月12日(月) 14:00~ 二子玉川ライズ イベントスペース ガレリア
    17:00~ SHIBUYA109イベントスペース(正面入口)
    18:00~ 中目黒 蔦屋書店
    【出演予定】 サム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサム・ハーヴィ、 ケイテアンサンタクロース サンタクロース サンタクロース サンタクロース サンタクロース サンタクロース サンタクロース 、キャンディガールズ 、キャンディガールズ 、キャンディガールズ 、キャンディガールズ 、キャンディガールズ 、キャンディガールズ 、キャンディガールズ 、キャンディガールズ 、キャンディガールズ

     

    公演名称『ブロードウェイクリスマス・ワンダーランド』
    出演エリック・アンソニー・ロペス、サム・ハーヴィー、クリスティン・オコンネル、ケイティ・アン・ハーヴィー、
    アレクサンドラ・シャウマン&ルーカス・ルジツキ、ほかアメリカカンパニー
    応援サポーター本田望結
    公演日程2016年12月16日(金)~25日(日)
    会場  東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
    チケット料金(全席指定)S席9,800円A席6,800円(税込)※3歳未満のお子様はご入場できません。お一人様1枚チケットが必要です。
    お問合せキョードー東京0570-550-799(平日11 …

  • pc062034

    松坂桃李を「縁結びの神」と菅田将暉! 横浜流星らも登場!映画『キセキ ―あの日のソビト―』 完成披露舞台あいさつ

    12月6日丸の内TOEI①にて、映画『キセキ ―あの日のソビト―』の完成披露舞台あいさつが行われた。
    登壇したのは、W主演の松坂桃李と菅田将暉、忽那汐里、横浜流星、成田陵、杉野遥亮の豪華俳優陣に加え、メガホンをとった兼重淳監督。
    今作は、日本の音楽シーンに欠かすことのできないヒットメーカーGReeeeNのデビューまでの実際に起こった物語を映画化したもので、注目を集めている。

    後方扉から客席の間を通って登壇!会場は割れんばかりの歓声!!
    まずは、バンドグリーンボーイズのプロデューサーでヒデの兄でもあるジンを演じた松坂よりあいさつ「皆さん本当に集まっていただきありがとうございます。嬉しいです。いよいよ皆さんに初のお披露目ということで緊張もしているのですが、これを機に皆さんの感想をSNSで拡散していただけたらなと思います。皆さんの力を借りたいです。よろしくお願いします。」とほほ笑んだ。
    グリーンボーイズのリーダーでジンの弟ヒデを演じた菅田からは「はじめまして、菅田将暉です。ここに立っていることが嬉しいです。短い時間ですがよろしくお願いします!」と嬉しそう。
    ヒデの運命の恋人理香を演じた忽那は「今日はこの映画を楽しんでくれたらなと思います。ありがとうございます。」と清々しい表情だった。

    グリーンボーイズのメンバーで、ヒデとは予備校時代からの付き合いのナビを演じた横浜 は「ナビ役を務めました、横浜流星です。短い時間ですが、楽しんでいってください。」
    グリーンボーイズのメンバークニを演じた成田は「人生初の舞台あいさつで、テレビで向こう側の景色しか見たことがなかったんですけど、こんな感じなのかと思って楽しい気持ちでいます。今日は短い時間ですがよろしくお願います。」と緊張しながらも嬉しい気持ちを語った。

    映画初出演の杉野からは「初めまして杉野遥亮です。時間が少ないんですけど、できるだけ映画の話ができたらいいなと思っています。よろしくお願いします。」と初々しくあいさつ。
    最後に兼重監督より「こんばんは、ご来場いただきましてありがとうございます。兼重です。よろしくお願いします。」と引き締まった表情だ。

    実在する人物を演じるにあたって、GReeeenのプロデューサージンさんとリーダーヒデさんと主演の二人と食事会をしたという。菅田は「なんか似てるんですよね、ヒデさんと桃李くんが。ネイチャー感とうか・・・山(松坂「山」)川(松坂「川」)風(松坂「風」)松坂(松坂「松坂」)自然物感(松坂「自然物感、うん」)そして、動物的嗅覚的なところが似ているなーっと思いました」と二人の掛け合いに会場から笑いが起きた。また、「あまり言ってはいけないんだけれども・・・」と前置きをして「クニさんはね、成田に似てる。一番似ているかもしれない!」という言葉を受けて、成田が「ご本人たちが見た感想を聞いてみたいですね。」と目を輝かせた。

    劇中の写真を見ながらのトークでは、兄弟げんかのシーンを紹介。過去4回共演している松坂と菅田だが、兄弟役を演じるにあたって、何か話し合いなどをしたのか?という質問に対して、松坂は、「兄弟役って空気感が難しいと思うんですけど、そういう相談とか不安とか、兄弟役だからコミュニケーション取らなきゃとか全くなかったんですね、これは菅田だったからだと思います。初めて共演したのは『王様と僕』という作品の時にあった何気ないシーンで感じたザワっとした感覚を思い出すシーンで印象的なシーンですね。」という言葉を受け、菅田は「このとき僕は捕まれるんですけど、あざになりまして、一週間くらい治らなかったんですけど、そんなに強かったんだってことを気づかなかったんですよ。それって結構いい傾向だなって思いましたけどね。なんか痛いなって。3日後ぐらいに、あ、あれか・・って。」と語ると、松坂が「ごめん」と一言。「謝られても痛みは消えない」と菅田の言葉に会場からは笑いが漏れた。また、監督からも「手を抜かないので衣装が開いたりした」と暴露されると、「それは言い過ぎじゃないですか?」という松坂に向かって「暴走機関車でしたよ。」と菅田にくぎを刺される松坂に会場は笑いに包まれた。

    劇中で結成されているグリーンボーイズは、劇中のメンバーそのままでGReeeenの楽曲をカバーしてCDデビューすることになっており、さいたまスーパーアリーナでの公演も決定している。

    映画の題名「キセキ」にかけて、2016年に起こった「奇跡」は?という質問に全員でフリップに書いて紹介した。
    松坂は「結婚」と書かれたフリップを出すと、会場から「え?え??」と不安の声が沸く中、菅田が「有田さんのパターン?」と前日にTV番組で有田哲平が結婚報告をしたことに例えると、松坂が「この度!!とかいうのではなくて、僕が共演した相手役の女優さんがことごとく電撃結婚するっていう。最初は『梅ちゃん先生』の堀北真希さんに始まり、今年でいうと木村文乃さんが電撃結婚しました。」というと、菅田がすかさず「縁結びの神。松坂桃李は縁結びの神」とつっこむと、会場は笑いが起き、ファンも安堵した。

    菅田は、「今ここにいること」について「16歳のころライダーのオーディションが東映さんであるって聞いて、ここのビルに受けに来て合格したんです。で、始めたこの世界で桃李くんが戦隊やっていて、その二人の主演した映画がここで公開って激アツだなって。」と感激を現した。

    忽那の奇跡は、「財布が見つかった」ということで、「人生ではじめて財布を落としちゃって、京都で落としちゃったんですけど、どこで落としても同じなんでしょうけど、パニックを起こしてしいたら、交番に届いていたんです。そのあと拾ってくださった方に後日お礼しに行きました。」と驚きの話を披露。

    横浜は「この作品に出演できたこと。僕本当にGReeeenさんのファンで、初めて買ったCDも『塩コショウ』っていうアルバムで、『ルーキーズ』っていうドラマで『キセキ』を知って、GReeeenさんを知って好きになって、その時のことを考えると、今こうしているのが奇跡だと思います。」と素敵な話を聞かせてくれた。

    成田の奇跡は「耳の裏」で、「耳の裏をピッカピカしたらお金が貯まる聞いて、その日にお風呂でゴッシゴシ洗って、翌日タクシーで10円拾った!(会場笑)その次の日に1円拾った」と自慢げに胸をはって話したところ、菅田から「耳の裏を綺麗にすると11円になるんだ」とつっこみに会場が爆笑。しかし、そのお金は運転手さんに返したとも。

    杉野の奇跡は「横浜くんとかぶってしまうんですけど、もともと僕もGReeeenさんのファンで、この映画に出演できたこともそうなんですけど、カバーしてデビューさせていただけるというのも2016年最大の奇跡だったなって思いました。」と素敵な話が聞けた。

    監督の奇跡は「今日この時」として、「まるかぶりです。」と一言。「この作品をやらせていただいて素敵な俳優さんたちとご一緒できて、それがCDデビューとか大きな話に発展していったのが奇跡だと思っています」という言葉で締めた。

    最後に主演二人から挨拶。菅田から「今日は本当に来てくださりありがとうございました。僕らGReeeenさんに敬意を表して一生懸命作りました。“二兎追うものは二兎を得た”この実話が本当にあったということが僕ら演じながら勇気をもらえました。楽しんでいただけるとありがたいです。今日はありがとうございました。」と感謝の言葉を述べた。
    続いて松坂より「みなさん今日は本当にありがとうございました。とても心が温かくなるハートフルな作品です。菅田もいいましたが、勇気をもらえる作品だと思います。僕は完成した作品を見て、本当に今自分がやっていること、これからやろうとしていること、自分で選択したからこそそれが正解なんだと後押しされたような気持になりました。皆さんも何か受け取ってもらえたら幸いです。今日はありがとうございました。」と熱い言葉でこの会を締めた。

    『キセキ ―あの日のソビト―』
    <ストーリー>
    歯医者も歌も、どっちも本気!前代未聞の覆面ボーカルグループ!誰もが知る名曲の誕生にまつわる“軌跡”と“奇跡”を描いた“輝石”の物語。
    厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄ジン。父の想いを受け、歯医者を目指す弟ヒデも、仲間とともに音楽の魅力に引き寄せられていた。音楽に挫折し、弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自らの夢を託すことを決意する。
    歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父には絶対に言えない――。彼らがとったありえない秘策。それは前代未聞の顔出しなしのCDデビューだった・・・。

    出演:松坂桃李/菅田将暉/忽那汐里/平祐奈/横浜流星/成田凌/杉野遥亮/
    早織/奥野瑛太/野間口徹/麻生祐未/小林薫
    監督:兼重淳
    脚本:斉藤ひろし
    音楽:GReeeeN
    主題歌:GReeeeN「ソビト」(ユニバーサル ミュージック)
    プロデューサー:小池賢太郎
    音楽プロデューサー:JIN
    製作:「キセキ -あの日のソビト-」製作委員会
    製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
    配給:東映
    公式HP:http://kiseki …

  • 812pl

    ミュージカル『プリシラ』初日囲み&公開ゲネプロ【動画2本あり】

    ゴージャスで愉快で、ちょっと切ない…マドンナ、ドナ・サマーなどの大ヒット曲満載のミュージカル『プリシラ』が、12月8日に開幕。初日前に囲み取材と公開ゲネプロが行われた。

    囲み取材に登壇したのは 写真左から 華やかな衣装で登場したキャストの 古屋敬多(Lead) 陣内孝則 山崎育三郎 ユナク(超新星)と、演出の宮本亜門。
    演じる苦労話や、見どころなど、ユーモアいっぱいに語った。

    その後行われたゲネプロでは、アダム役と子役ベンジー役のキャストが1幕2幕でチェンジしてWキャストの2人の魅力を見せてくれた。
    動画では 始まりから2分以降が2幕となる。

    ゲネプロでのキャストは…
    ティック(ミッチ) 山崎育三郎
    アダム役:1幕 ユナク  / 2幕 古屋敬多
    バーナデット 陣内孝則

    ミス・アンダースタンディング役 オナン・スペルマーメイド
    シンシア役 キンタロー。
    ベンジー役 1幕 陣慶昭 / 2幕 加藤憲史郎

    公演でのキャストについては
    公式HP http://www.tohostage.com/priscilla/

    ゴージャスな衣装、ノリノリの音楽を楽しみ、山崎育三郎の歌声に酔い、ユナクと古屋敬多のセクシーダンスに魅せられる。
    陣内の変身ぶりに驚かされ、キンタローには開いた口がふさがらないほどにびっくり!
    今、日生劇場でしか体感できない興奮とサプライズが山盛り。

    本公演は12月29日(木)までに日生劇場で上演中。
    チケット詳細は、公式HP http://www.tohostage.com/priscilla/

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT