Open Close
  • DSC_1596

    中村勘九郎、松坂桃李ら十勇士が揃って新宿の街に登場! 映画『真田十勇士』レッドカーペットセレモニー!!

    映画『真田十勇士』のレッドカーペットセレモニーが、8月29日、東京・新宿モア4番街にて行われ、主演の猿飛佐助を務める中村勘九郎をはじめ、霧隠才蔵役の松坂桃李、くノ一・火垂役の大島優子、真田幸村役の加藤雅也ほか、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、そして堤幸彦監督の総勢14名が登壇した。

    豊臣・徳川の最後の決戦“大坂の陣”から400年となる2014年、大ヒットしたスペクタクル超大作舞台『真田十勇士』を、同作品の演出を手がけた堤幸彦監督により映画化。天下の名将と名高い真田幸村が実は腰抜けの武将であった、という大胆な発想による本作。幸村を本物の立派な武将に仕立てるため、猿飛佐助が大博打に打って出る。抜け忍仲間の霧隠才蔵を筆頭に、超個性的な10人が集まり、「真田十勇士」を結成し、徳川軍との決戦に挑んでいく様を描く大スぺクタルエンターテイメント時代劇。

    台風が迫っていたこの日、開催も危ぶまれた天候だったが、勘九郎は「大雨の中のイベントと覚悟していましたが、まさかの晴れと言うことで“奇跡”が起こりました。天も我らに味方して大ヒットを願っているのではないかと思うほどです」と満面の笑顔で挨拶。

    白馬に乗って悠然と登場した加藤雅也は、馬上から見た新宿の景色を「馬上から眺める新宿の景色はいいですね。こんなことはめったにあることじゃない」と満足気。「みなさんもやってみるといいかも」と声をかけ壇上者たちの笑いを誘った。

    撮影で大変だったことは?と聞かれ、「監督に馬と並走してと言われて…」と松坂。「もう足がパンパンになりましたね」と苦笑すると、勘九郎も「それも、草がぼうぼうに生えているところを走るので、リアルにコケている人もいました」と続け、過酷だった撮影を振り返った。

    紅一点の大島は、「この前(完成作品を)観させてもらったんですけど、十勇士のみなさんが本当にかっこいいんです。男の生き様を胸に焼き付けられたような作品になりました」と目を輝かせ、「今日はスーツ姿の十勇士を見て惚れ惚れしています。男性の圧が凄くて、そして熱い!」と言って場を沸かせた。さらに「十勇士のみんなが、学校の部活みたいで・・・(笑)。本当に仲が良くてワイワイしていました。私は撮影で十勇士と一緒になる機会があまりなくて、仲間に入れていないので寂しかったです」と、羨ましそうに語った。

    また、根津甚八役の永山は「みんながとても生き生きしていて、僕自身も楽しんで演じることができました」とコメントし、公開を楽しみにしている様子。由利鎌之助役の加藤和樹は「撮影現場は厳しいものでしたが、このメンバーと堤監督と乗り越えることができました。大変な撮影を吹き飛ばすくらいカッコイイ作品になりました」と完成度の高さに自信を覗かせた。

    そのほか、「撮影現場は厳しいものでしたが、このメンバーと堤監督と乗り越えることができました。」高橋 光臣、「リーダーの勘九郎さんを筆頭にこのメンバーでしかできない『真田十勇士』を楽しんでいただきたいです。」石垣佑磨、「堤監督のエンターテイメントが爆発していて自分の出ているとあるシーンで泣いてしまいました。」駿河太郎、「堤監督のマジックで笑って笑って最後に泣ける素敵な作品になっているのでぜひ大きなスクリーンで見てください。」村井良大、「厳しい撮影でしたがド迫力なすごい作品に仕上がっているのでぜひ見ていただけるとありがたいです。」荒井敦史、「たくさんの先輩方の中で真剣に演じさせて頂きました。」望月歩、「舞台からのメンバーの多く映画化するということで十勇士のメンバーに思い入れも強く涙してしまう部分もあったのですがお客さんにもその絆が伝わる映画になっていると思います。」と青木健が、それぞれコメント。

    過酷な撮影に触れた中村も「寒さと爆風と雨に対してどうやって戦うのか、一致団結するしかなかった。絆を深めなければやることができなかったですね」としみじみ。チームワークを高めるためには?と尋ねられると、「男がこれだけいればねぇ・・・現場は下ネタばかりでした」と笑い会場を和ませる場面も。

    そんな完成度の高いと出演者が豪語するも、「実はまだCGをいじっている」と暴露する堤監督。おもわず「え~?」と驚きの声があがった。「最後の最後まであがいて努力してより良い作品ができればと思っています。この舞台上に並ぶキャストの熱意が熱く、カメラで何とか捉え、今できる映像技術を全て駆使しております。この作品は盆、暮れ、正月にいっぺんに来たような娯楽大作になっておりますのでぜひ、劇場で体感してください!」と語り、作品に対する熱い思いを伝えた。

    最後は、キャスト陣のサインが記載された“真田フラッグ”に勘九郎と堤監督のサインを入れて完成させ、映画『真田十勇士』の大ヒットを祈願しイベントを締めくくった。

     

    映画『真田十勇士』
    “戦国一の名将” 真田幸村は実はダメ男だった!?
    幸村のもとに集結した《真田十勇士》が仕掛ける、“奇跡”の大逆転を目撃せよ!
    関ヶ原の戦いから14年。天下統一を目前にした徳川家康と、復権を狙う豊臣家の対立が深まっていた戦国の世で、“天下に並ぶ者なし”の名将として、世間から尊敬を集めていた男、真田幸村(加藤雅也)。しかし実はこの幸村、その男前な容貌と、偶発的な幸運の連続によって勝ちを拾ってきただけの、気弱な〈腰抜け男〉だったのだ!実像と虚像の違いに悩んでいた幸村はある時、猿飛佐助(中村勘九郎)と運命的に出会う。忍者の里から飛び出してドデカいことを成し遂げたいと思っていた佐助は、幸村を担いで「本物の天下一の英雄に仕立て上げようじゃないか!」と、同じ抜け忍の霧隠才蔵(松坂桃李)を筆頭に一癖も二癖もある十人の男たちを集め、世にいう《真田十勇士》を誕生させる!亡き秀吉の妻・淀殿に呼び寄せられた幸村、そして十勇士たちは、またたく間に徳川との最終決戦の最前線に立つこととなった。戦国最後にして最大の戦い、徳川対豊臣の〈大坂の陣〉がついに幕を開ける!ついに明かされる“真田の謎”、佐助と才蔵を狙う、くノ一(女忍者)の火垂(大島優子)との“因縁”、淀殿と幸村の禁断の“秘密”、そして勝つ事は不可能とも思える圧倒的に不利な徳川との戦いで、佐助と十勇士が企てた驚愕の“大仕掛け”とは・・・。徳川軍二十万VS十勇士、時代を変える《大逆転》がいま、始まる!!

    監督:堤幸彦  脚本:マキノノゾミ 鈴木哲也
    出演:中村勘九郎、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健
    伊武雅刀、佐藤二朗、野添義弘、松平健(特別出演)、加藤雅也、大竹しのぶ
    配給:松竹・日活
    ©2016『真田十勇士』製作委員会
    公式サイト:http://sanada10braves.jp/

    9月22 …

  • _69A6241

    9月 6日(火)開幕の音楽劇 ≪マハゴニー市の興亡≫  歌唱シーンの稽古場風景が初公開

    KAAT神奈川芸術劇場にて、いよいよ9月6日(火)に音楽劇 ≪マハゴニー市の興亡≫が幕を開ける。
    開幕を控えて、見どころである、歌唱シーンの稽古場風景が初公開された。

    劇作家ベルトルト・ブレヒトと「三文オペラ」での名コンビで知られる作曲家クルト・ヴァイルが組んだ本作を、 KAAT神奈川芸術劇場の芸術監督に就任した白井晃が初めて演出を手掛け、オペラ作品をジャズピアニストのスガダイローによるジャズのアレンジで、音楽劇として上演。 なんとも斬新で貴重な作品となっている。

    キャストには山本耕史、マルシア、中尾ミエ、上條恒彦、古谷一行 など、声もツヤもテクニックも、身にまとう空気まで見せて聞かせる超一流どころがズラリと揃った。 迫力のある稽古風景をご覧ください。

    【マハゴニー市民席】でマハゴニー市民となって観劇できるという演出も楽しみだ。

    ■写真提供=KAAT神奈川芸術劇場
    ■撮影=伊藤大介(SIGNO)

    2016年 9月 6日(火)~22日(木・祝) KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
    作 ベルトルト・ブレヒト
    作曲 クルト・ヴァイル
    翻訳 酒寄進一
    演出・上演台本・訳詞 白井晃
    音楽監督 スガダイロー
    振付 Ruu

    <出演>
    山本耕史 マルシア
    中尾ミエ 上條恒彦 古谷一行
    公式HP  http://www.mahagonny.jp …

  • s_of-02

    「DISGRACED/ディスグレイスト -恥辱」 最新 稽古場レポート!!

    2013年ピュリッツァー賞受賞、2015年トニー賞(BEST PLAY部門)ノミネート。ニューヨーク、ロンドンを震撼させた話題作「DISGRACED/ディスグレイスト-恥辱」がついに日本初上演!
    2016年9月10 日(土)~9月25 日(日)東京・世田谷パブリックシアター、9 月27 日(火)名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、9 月30 日(金)〜10月2 日(日)兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて現代演劇界の重鎮、栗山民也演出により日本初上演される。

    “disgraced”は、辱める、地位や名誉などを失わせる”の意味。
    現代アメリカを舞台に、パキンスタン系アメリカ人の男と白人の妻、ユダヤ人の男とアフリカ系アメリカ人の妻という異なる背景をもつ4人が揃ったホームパーティーでそれぞれの信仰と社会政治の言葉の応酬はやがて驚くべき結末に繋がり、会話の表面から露呈される「人間の本質」を描く本作。

    いよいよ来月に迫った公演に向けて稽古の続く稽古場よりレポートと写真が到着した。

    稽古場レポート(8月中旬、都内稽古場より)

    8月中旬、舞台「ディスグレイスト-恥辱」の稽古場。この日は、第三幕・パキスタン系アメリカ人の弁護士・アミール(小日向文世)のアパートメントで彼の白人妻、画家・エミリー(秋山菜津子)のホイットニー美術館での展示決定を祝うパーティーの場面。彼女の絵を招聘したのは、白人のユダヤ人キュレーター・アイザック(安田顕)。パーティーの参加者は彼らに加え、アミールと同じ事務所に所属するアフリカ系アメリカ人弁護士・ジョリー(小島聖)。平穏と成功の中から稽古はスタート。稽古場にはピリリとした空気が流れる。演出・栗山民也によって創り出される舞台上の“フィクション”が、大がかりな場面転換の無い構成も相まって、自らもパーティーの参加者であるような“リアル”な感覚として、脳内に入り込んでくる。

    物語は、アミールの甥・パキスタン生まれのアメリカ人・エイブ(平埜生成)が持ち込んだとある相談から動き始める。ひとたび狂った歯車は、水面に投げ入れた小石のように波紋を広げ、いつしか全員を巻き込む荒波と化していく。一言、また一言と放たれるたび、引き返せたはずの瞬間を誰も気づかぬまま通り過ぎ、取り返しのつかない荒波と化していく。立場が違えば本来異なるはずの「正義」の定義が共通のものとしてこの世界を覆っている現実の「嘘」が、舞台上で曝け出されていく。胸をえぐられるような感覚になる。男性と女性、イスラムとユダヤ、白人と有色人種。舞台上に、スピード感を持って世界の縮図が映し出される。本作のキャッチコピー「日本を代表する俳優陣が挑む!」に恥じぬ重厚な雰囲気は、開幕までまだ数週間ある稽古からも感じられた。

    <撮影=矢野智美>

    【ストーリー】
    彼は自分が成功者だと信じていた。だが、最後に掴んだものは・・・!

    ニューヨークの高級アパートメントに暮らすアミール(小日向文世)はパキスタン系アメリカ人、企業専門の弁護士事務所に所属する優秀な弁護士だ。妻のエミリー(秋山菜津子)は白人の画家。ある日、アミールの甥エイブ(平埜生成)が訪ねてくる。エイブはアミールに、自分たちの指導者が逮捕されたので助けてほしいと訴えに来たのだ。拒否するアミール、だが妻のエミリーは助けるべきだと主張する。結局、審問に立ち合い、人生の歯車が狂いだす。ある夜アミールと同じ事務所で働く黒人弁護士ジョリー(小島聖)と、その夫でホイットニー美術館のキュレーター、ユダヤ人のアイザック(安田顕)が訪ねてくる。画家でもあるエミリーの作品がホイットニー美術館に展示されるお祝いのホームパーティだった。誰もが、成功を掴んだと思っていた、しかし、最後に掴んだものは……

    =======================
    「DISGRACED/ディスグレイスト −恥辱」
    作:アヤド・アフタル
    訳:小田島恒志・小田島則子
    演出:栗山民也

    出演:小日向文世、秋山菜津子、安田顕、小島聖、平埜生成

    [東京公演]2016年9月10日(土)-25(日) 世田谷パブリックシアター
    [名古屋公演]2016年9月27日(火)19時 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
    [兵庫公演] 2016 …

  • 31455

    パルコプロデュース2016『露出狂』 フォトセッション&ご挨拶【動画あり】

    2016年9月30日(金)~10月10日(月・祝)までZeppブルーシアター六本木にて上演されるパルコプロデュース2016『露出狂』。
    稽古に先立ち、総勢32名の若手俳優たちを一堂に集め、フォトセッションと作・演出の中屋敷法仁によるワークショップが行われた。

    勢揃いしたキャストは市川知宏、陣内将、小沢道成、永島敬三と、オーディションで選ばれた小野一貴、川合諒、ケイン鈴木、高良亘、紺野真、坂口涼太郎、渋谷謙人、鈴木勝大、砂原健佑、田中穂先、畠山遼、松井薫平、松井勇歩、見雪太亮、赤楚衛ニ、石賀和輝、井藤瞬、小松直樹、佐藤信長、三原大樹、井澤巧麻、池本啓太、菊池修司、鈴木翔吾、髙橋里恩、中山龍也、飛葉大樹、三永武明。

    『露出狂』の初演は女優14名により上演されたが、今回は新興強豪校として名を馳せる県立高天ヶ原高校のサッカー部を舞台に、男だけの世界で起こるプライドと痴情が絡み合う問題作32名のキャストで14 名×3 チームを作って上演する。

    全員が揃ったところで、まず行われたご挨拶~フォトセッションからご覧ください。 後程、ワークショップの動画もアップします。

    ◆公演概要
    【公演タイトル】 露出狂
    【公演日程】 2016年9月30日(金)~10月10日(月・祝)
    【出演】 市川知宏、陳内将、小沢道成、永島敬三/
    小野一貴、川合諒、ケイン鈴木、高良亘、紺野真、坂口涼太郎、渋谷謙人、
    鈴木勝大、砂原健佑、田中穂先、畠山遼、松井薫平、松井勇歩、見雪太亮/
    赤楚衛ニ、石賀和輝、井藤瞬、小松直樹、佐藤信長、三原大樹/
    井澤巧麻、池本啓太、菊池修司、鈴木翔吾、髙橋里恩、中山龍也、飛葉大樹、三永武明

    2016年9月30日(金)~10月10日(月・祝)Zeppブルーシアター六本木

    【各チーム出演者】
    ○チーム露(あらわ) 市川知宏(佐反町) 陳内将(白峰) 小沢道成(御器) 永島敬三(蔵毛)/
    川合諒(氏川) 紺野真(九門) 渋谷謙人(真今井)
    鈴木勝大(比留) 砂原健佑(野宮) 田中穂先(宇津保) 松井薫平(蒲郡)/
    赤楚衛二(葉枝) 井藤瞬(香森) 小松直樹(羽生)

    ○チーム出(いずる) 市川知宏(御器) 陳内将(佐反町) 小沢道成(比留) 永島敬三(白峰)/
    小野一貴(真今井) ケイン鈴木(香森) 高良亘(蔵毛) 坂口涼太郎(野宮)
    畠山遼(蒲郡) 松井勇歩(羽生) 見雪太亮(葉枝)/
    石賀和輝(九門) 佐藤信長(氏川) 三原大樹(宇津保)

    ○チーム狂(くるう)   赤楚衛二(佐反町) 石賀和輝(御器) 井藤瞬(野宮) 小松直樹(白峰)
    佐藤信長(比留) 三原大樹(真今井) 井澤巧麻(蒲郡)池本啓太(九門)
    菊池修司(葉枝) 鈴木翔吾(羽生) 髙橋里恩(蔵毛) 中山龍也(香森)
    飛葉大樹(氏川) 三永武明(宇津保)※チーム狂は、23歳以下の俳優だけによる回です。

    【公演に関するお問合せ】 パルコ・ステージ・インフォメーション 03-3477-5858 http://www.parco-play.com/

    【チケットに関するお問合せ】 サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 …

  • 『君100』浴衣オフショット

    映画『君と100回目の恋』公開日決定!miwa&坂口健太郎、浴衣姿のオフショット写真解禁!

    映画『君と100回目の恋』
    2017年2月4日(土)公開日決定!
    miwa&坂口健太郎、浴衣姿のオフショット写真解禁!

    10代を中心に男女問わず圧倒的な支持を得る時代を繋ぐシンガーソングライター・miwaと、映画『ヒロイン失格』・NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」など話題作への出演が続く今最も注目される俳優・坂口健太郎のW主演で贈る、歌姫と一途男子のオリジナル恋愛映画『君と100回目の恋』。
    公式Twitterでは数々のオフショットを公開し、「映画公開が待ち遠しい!」という声が続々と寄せられる中、2017年2月4日(土)より全国公開することが決定した!

    miwa演じる大学生の葵海(あおい)を事故から救うため、坂口健太郎演じる幼なじみの陸(りく)がすべてをかけて何度もタイムリープする物語。彼女の運命を変えるために100回人生を捧げようとした一途男子を坂口が、彼の1回の未来を守るために自分の運命を決めた切なさと強さを併せ持つ彼女をmiwaが演じる。葵海と陸と同じ大学でバンドを組み、ベースを担当し葵海に片思いをする松田直哉(まつだなおや)役に竜星涼、ドラム担当でムードメーカーでもある中村鉄太(なかむらてった)役に泉澤祐希、葵海の親友で常に彼女を応援しながら自身は直哉への密かな想いを秘める相良里奈(さがらりな)役を真野恵里菜(まのえりな)が、それぞれの想いを胸に葵海と陸の恋を見守る。

    そして、この度、miwaと坂口の浴衣姿のオフショット写真を解禁。白地に赤と青の水玉があしらわれた可愛らしい浴衣に身を包むmiwaと縞模様の落ち着いた印象を与える浴衣をきた坂口。満面の笑みで2人を囲む竜星、泉澤、真野。撮影は、5月初旬からクランクインし、ほぼ1ヶ月合宿状態で、終始和気あいあいとした中で行われました。そんな5人の仲の良さがにじみ出る一枚となっている。

    また、映画の製作と並行して、「(君100)プロジェクト」も始動中。「週刊ヤングジャンプ」にて、同タイトルの漫画「君と100回目の恋」(原作:Chocolate Records構成:イナバセリ 漫画:よしづきくみち)も大人気連載中。秋以降には、集英社オレンジ文庫にて、本作の関連小説の出版も決定。miwaの劇中でのラブソング・ストロボスコープの楽曲をはじめ、音楽での様々な展開も予定しています。映画・出版・メディア・WEBと広がっていく(君100)プロジェクトにもご注目ください。

    <ストーリー>
    彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、
    彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女の物語。
    感涙のラブソングにのせて贈る、時をかけめぐるラブストーリー

    7月31日、誕生日の夜。ライブの帰り道に、大学生の葵海は事故にあってしまう
    しかし、気が付くと葵海は教室にいた。日付は事故の1 …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT