Open Close
  • IMG_3043

    『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVS ニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』初日舞台挨拶!!ジュウオウジャー&ニンニンジャー!ハッピ姿でジュウオウダンス生披露!!

    14日に公開初日を迎えた『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVS ニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』の初日舞台挨拶が丸の内TOEIにて行われ、『動物戦隊ジュウオウジャー』から中尾暢樹、柳美稀、南羽翔平、渡邉剣、立石晴香、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』からは西川俊介、松本岳、中村嘉惟人、矢野優花、山谷花純、多和田秀弥らレギュラーキャストが顔を揃え舞台挨拶に登壇した。

    本作は、2017年、日本が世界に誇るスーパー戦隊シリーズが、通算40作到達×2000回放送という、Wアニバーサリーを迎え、歴代スーパー戦隊から全レッドも参戦し、『動物戦隊ジュウオウジャー』と『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の2つのスーパー戦隊との豪華共演作品となっている。

    前回の完成披露では欠席だった山谷も加わり、ニンニンジャーチームはメインキャストの6人が揃って出席。今回、ジュウオウジャーチームは、國島直希(門道操/ジュウオウザワールド)が体調不良の為に欠席となってしまい國島からのメッセージが寄せられた。

    【 國島直希 メッセージ 】
    体調不良により欠席となってしまい悔しい思いでいっぱいです。治療に専念して、一日でも早く撮影、イベントに復帰したいと思います。この映画は子供たちが楽しめるカッコイイシーンや面白いシーンが沢山あります。過去の先輩方が勢揃いするシーン!エンディングのジュウオウジャーとニンニンジャーのダンスは大人の方々にも楽しんで頂けると思います。次回までにはしっかり治して元気な姿を皆さんにお見せしたいです。

    國島からのメッセージが読み上げられた。

    公開初日を迎え、中尾は「こうしてニンニンジャーのチームと公開初日を迎えられて幸せですし、多くのお客さんに観てもらえて愛されているんだなと凄く感じました。」と喜びの声を上げ、またニンニンジャーの西川も「その通りですね!」と笑顔を見せ、「皆んなで気合を入れて挑んだ作品なので、こうして皆んなでステージに立てて幸せです!」と、ジュウオウジャー、ニンニンジャーチームらと共に喜びを露わにした。

    本作の見どころのひとつをジュウオウジャーチームに聞くと中尾は「天晴くん(西川)と踊ったんです」と話し始めたところ、西川に「現役でジュウオウダンスを踊っているのに間違った振付けを教えられて…」困惑したと暴露。中尾も「部分的に逆の振付けを教えてしまって…未だにできなくなっちゃって…」と動揺する場面に客席の笑いを誘っていた。

    また、テレビ版の撮影は既にクランクアップしていることも明かされ、ジュウオウジャーチームにスーパー戦隊を通して学んだことは?と聞くと、

    中尾:ファンの方たちとお会いした時に僕たちからは笑顔を与えて、そして皆さんからも元気がもらえる関係が素敵だと思いました。

    柳:今日は1人いないんですけど、6人で作って行くものなのでチームワークは大切ですね。

    南波:舞台に立って声援をもらった時はスーパー戦隊はこういうヒーローらしく、ヒーローにならなきゃと思いました。

    渡辺:僕たちがステージに立てるのもニンニンジャーも含めて、40作品の歴代の先輩方が築き上げてきたものなので、皆さんと一緒に笑いあえることができて光栄です。

    立石:放送が始まる前からイベントに来てくれたり、これだけ応援してもらえてスーパー戦隊が本当に愛されてる作品と思いました。

    ジュウオウジャーチームそれぞれが答え、スーパー戦隊作品がとても愛されていることを実感したという。

    この日は登壇した全員が背中に『戦隊祭』と書かれたオレンジ色のハッピ姿で登場とあって、本作のエンディングで披露しているジュウオウジャーとニンニンジャーによるジュウオウダンスをスペシャルコラボとして生披露し会場を大いに盛り上げた。

    さらに歴代スーパー戦隊からアカレンジャー、スペードエース、レッドファルコンが駆けつけ、一緒にフォトセッション。最後に中尾から「これからもスーパー戦隊が続いて行くと願う中で、“僕もヒーローだったんだぞ!”と心の中で思い続け、いつまでも子供たちのヒーローになれたら良いし、僕たちのことを覚えててくれたら嬉しいです!」とコメントし舞台挨拶を締めくくった。

    【ストーリー】
    「スーパー戦隊の歴史が終わっちゃった・・・」
    絶体絶命の危機から地球を救うため、未来から1人の少年がやってきた。
    しかし、何も知らない大和たちは、すでに敵の術中にはまってしまっていたのだ。
    大和たちジュウオウジャーを倒そうと攻撃をしかけるのは、なんと、かつて地球を守った手裏剣戦隊ニンニンジャー!
    何故か彼らは、大和たちジュウオウジャーが悪の妖怪だと信じこんでしまっているようだ。
    このままでは、ジュウオウジャーとニンニンジャーが全滅してしまう!
    未来からやってきた少年の想いは、果たして大和たちに届くのだろうか!?
    全スーパー戦隊奇跡の勢揃いで、最強アメイジングバトルが巻き起こる!

    出演
    中尾暢樹 柳 美稀 南羽翔平 渡邉 剣 立石晴香 國島直希
    西川俊介 松本 岳 中村嘉惟人 矢野優花 山谷花純 多和田秀弥
    原作:八手三郎
    脚本:香村純子
    監督:竹本 昇
    音楽:亀山耕一郎 山下康介
    アクション監督:福沢博文
    特撮監督:佛田 洋
    「ジュウオウジャーVSニンニンジャー」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・東映AG・ 東映
    公式サイト:http://zyuoh-vs-ninnin.jp/

    『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVS ニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』
    大ヒット公開中!

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44″;rakuten_items …

  • 関ヶ原第2キャスト

    岡田准一主演『関ヶ原』に東出昌大ら第2弾キャスト発表!8月26日(土)公開決定!

    原作:司馬遼太郎「関ヶ原」
    監督・脚本:原田眞人
    出演:岡田准一 有村架純 / 役所広司
    関ヶ原
    豪華メインキャストに続く待望の第2弾
    日本映画界を代表する、演技派俳優が多数集結!
    <第2弾キャスト発表&公開日決定>
    2017年8月26日(土)公開!

    西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。
    豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠されていた!そして、三成を命を懸けて守り、愛し続けた忍び・初芽との許されない、淡い“恋”の行方は・・・。
    様々な権謀が渦巻く中、多勢に流されず 己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした“純粋すぎる武将”三成を中心に、「愛」と「野望」の激突が、今幕を開ける!!

    世代を超えて熱烈なファンを数多く持つ歴史小説界の巨星・司馬遼太郎原作「関ヶ原」。現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が580万部を超える、大ベストセラーが、巨匠原田眞人監督の手により、待望の初映画化!
    昨年8月のクランクイン前には主演の岡田准一と役所広司、有村架純のメインキャスト3名が発表され、大いに盛りあがりを見せた。そして無事に撮影も終わり、完成に向けて鋭意進行している中、第2弾となる主要キャストを発表!
    平岳大、東出昌大、中越典子、北村有起哉、伊藤歩、音尾琢真、和田正人、滝藤賢一、キムラ緑子、西岡徳馬 という個性あふれる、演技派俳優陣が集結!

    石田三成の右腕として、影日向に主君を支え勇猛果敢に戦う島左近には、数々の映画や舞台で強い印象を残し、活躍の幅を広げる平岳大。天下分け目の決戦の命運を握る小早川秀秋には相次ぐ出演映画それぞれで違った個性を見せる東出昌大。島左近の妻であり、優秀な看護師でもあった花野にはドラマ、映画、ナレーションなど多岐に渡る活躍を見せる中越典子。
    対する東軍では、徳川家康を支え、“井伊の赤鬼”の異名を持つ猛将井伊直政に、映画・舞台などでは欠かせない演技を見せる北村有起哉。初芽と同じく「伊賀の忍び」として家康に仕え、次第に側近となっていく蛇白には、数々の作品で記憶に残る演技ぶりをみせつける伊藤歩。そして、三成憎しの思いから家康を支持する武断派の武将福島正則を演じるのは、TEAM NACSのメンバーにして映画への出演も続く音尾琢真。同じく7人衆の黒田長政には、本年度も映画・ドラマ・舞台と出演作が続く若手演技派の和田正人が演じる。
    また、三成を取りたてた豊臣秀吉には、2016年に6本もの映画に出演、今最も勢いのある実力派滝藤賢一。その妻にして徳川方を支持する北政所に、名バイブレイヤーとして数々の映像作品に出演する女優・キムラ緑子。三成と家康の間で強烈な存在感を発揮する前田利家には、日本映画界を代表する名優・西岡徳馬が扮する。

    その他、西軍には、三成の盟友・大谷刑部には大場泰正、左近の息子・島信勝に山村憲之介、三成の腹心・八十島助左衛門に堀部圭亮、五大老宇喜多秀家に生島翔、五奉行増田長盛に中村育二、安国寺恵瓊に春海四方、島津維新入道に麿赤児、島津豊久に三浦誠己、上杉景勝に辻本晃良、初芽と同じ伊賀忍者・赤耳に中嶋シュウ。
    東軍には本多正信に久保酎吉、本多忠勝に天乃大介、松平忠吉に吉村界人、加藤清正に松角洋平、細川忠興に関口晴雄が扮している。
    まさに日本映画界を代表する名優・名バイプレイヤーたちが原田監督のもとに集結し、天下分け目の決戦を彩る!

    さらに昨年末には解禁となっておりましたが、この度、本作の公開日が、2016年8月26日(土)に正式決定!
    昨年よりNHK大河ドラマなどでも話題を見せる「関ヶ原」を映像作品としては初めて真正面から描きます。また、誰もが知るこれまでの「関ヶ原」とは違った、新しい角度から戦国時代最大の“天下分け目の決戦”を迫力ある映像と共に、スペクタクルにそして感動的に描き切った本作にぜひご注目下さい!!

    ◆待望の第2弾キャスト!新たな出演者たちのコメント◆
    西軍
    ●平岳大・・・島左近役
    三成の右腕として、時に励まし、時に叱咤しながら影日向に支える猛将。戦場では誰もが恐れる獅子奮迅の活躍を見せる
    コメント
    今まで経験したことのない様な現場の緊張感の中、俳優の真価を問われるような作品でした。
    その戦いっぷりを是非劇場でご覧ください。

    ●東出昌大・・・小早川秀秋役
    豊臣秀吉の養子になり、寵愛された。家康の策略により三成を憎み、西軍にいながらも東軍に加担する約束をする。
    コメント
    「いつかご一緒したい」と願っていた原田眞人監督のもと
    敬愛する司馬先生の作品に出演できたことが本当に嬉しく、
    また、一司馬ファンとしても映画の完成をとても楽しみにしています。

    ●中越典子・・・花野(はなの)役
    島左近の妻。夫を支え2人の息子を育てる。合戦では看護師として西軍方で負傷者の手当てを引き受ける。
    コメント
    撮影時のあの活気、男達の戦い、女達の生き抜き方、どうスクリーンに映るのか、楽しみです。熱い夏になるはずです。

    東軍
    ●北村有起哉・・・井伊直政役
    家康の側近にして、息子・忠吉の後見人を務める。政治的策略にも長け、戦では「伊賀の赤鬼」と恐れられる。
    コメント
    時代劇は大好きなので今回お話をいただいた時はとにかく嬉しかったです。
    初めて馬に跨り疾走したのも良き思い出です。関ヶ原の大絵巻の映画を私も早く見て、またアドレナリンをグツグツさせたいです。

    ●伊藤歩・・・蛇白役
    初芽と同じく伊賀の忍び。家康の側で数々の謀略を図り、絶大的な信頼を得る。のちに「阿茶(あちゃ)」と名を変える。
    コメント
    家康公の側近でありながら忍者の概念にまったく捕らわれない蛇白は、場面ごとに使命を達成する楽しみがあり、原田監督のもと、いい緊張感の中でさまざまな経験ができた最高の現場でした。

    ●音尾琢真・・・福島正則役
    豊臣家の譜代大名。天下に広く武名を轟かせながらも直情的な性格を利用され、三成を憎み家康に率先して加担する。
    コメント
    原田監督のもとで2作目の出演となりますが、毎度この現場は刺激的で楽しいです。
    物語の重要な一端を担う役柄として、加藤清正や黒田長政らと共にシーンを盛り上げることが出来て、
    楽しく過せました。多くの人に見てもらいたいです。

    ●和田正人・・・黒田長政役
    名軍師黒田官兵衛の息子。正則と同じく家康に加担し、謀略を巡らせて西軍武将を切り崩していく。
    コメント
    石田三成憎しの思いで結束を強めた、福島正則、黒田長政を始めとする我ら七将。
    戦乱の世を暴れ回るちびっ子ギャング達の団体芸は、まさに本作の見所の一つ。
    原田組に賭ける七人の想いを熱く感じて欲しいです。

    豊臣家
    ●滝藤賢一・・・豊臣秀吉役
    戦国時代に終止符を打ち、天下統一を成し遂げた。晩年は家康を恐れながら、三成にすべてを託す。
    コメント
    俳優の道を志した時から豊臣秀吉という人間を演じるのが夢でした。
    『クライマーズ・ハイ』から10年。
    僕にとって原田組は独特の緊張感が張り詰めている希有な現場。
    あぁなんて幸せな俳優人生なんだろう…感無量です!

    ●キムラ緑子・・・北政所役
    秀吉の正室。郷里・尾張出身者の正則など武断派の武将を贔屓し、三成たちを疎んじる。家康を非常に信頼している。
    コメント
    日活撮影所での初の顔合わせ
    あのような広い空間であのような大人数での本読みは初体験でした。
    原田監督がニコニコ優しく話しているのに、ものすごい緊張感!
    北政所の三河弁は、とても難しくて何度も何度も、方言テープを聞きました。

    ●西岡徳馬・・・前田利家役
    家康に次ぐ五大老の重鎮。秀吉死後、息子秀頼の後見人として家康の牽制役となり、三成が最も頼りにした大名。
    コメント
    何しろ一度ご一緒したいと思っていた原田眞人監督の映画だったので、オファーがあった時は喜んでお受けしました。適当の緊張感のある良い現場で、イケイケになる気持ちをセーブして、力の入らない抑えた演技を目指しました。

    その他の配役
    西軍:
    大場泰正・・・大谷刑部 (三成の盟友・関ヶ原では獅子奮迅の戦いぶりを見せる)
    山村憲之介・・・島信勝(島左近の息子)
    堀部圭亮・・・八十島助左衛門(三成の腹心)
    生島翔・・・宇喜多秀家(五大老のひとり・関ヶ原では吉継と共に最後まで戦う)
    中村育二・・・増田長盛(五奉行のひとり・日和見主義)
    春海四方・・・安国寺恵瓊(毛利軍の外交顧問)
    麿赤児・・・島津維新入道(薩摩国の大名・関ヶ原では戦いに参加せず)
    三浦誠己・・・島津豊久(維新入道の甥)
    辻本晃良・・・上杉景勝(五大老のひとり・忠臣直江兼続を通じて家康を狙う)
    中嶋シュウ・・・赤耳(初芽と同じ伊賀忍者)

    東軍:
    久保酎吉・・・本多正信(家康の腹心で共に謀略を練る)
    天乃大介・・・本多忠勝(家康の腹心)
    吉村界人・・・松平忠吉(家康の四男・関ヶ原が初陣となる)
    松角洋平・・・加藤清正(豊臣家の譜代大名)
    関口晴雄・・・細川忠興(豊臣家の譜代大名)

    『関ヶ原』
    <ストーリー>
    西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。
    豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠されていた! そして、三成を命を懸けて守り、愛し続けた忍び・初芽との許されない、淡い“恋”の行方は・・・。
    様々な権謀が渦巻く中、多勢に流されず 己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした“純粋すぎる武将”三成を中心に、「愛」と「野望」の激突が、今幕を開ける!!

    出演:岡田准一 有村架純/役所広司
    監督・脚本:原田眞人
    原作:司馬遼太郎「関ヶ原」(新潮文庫刊)
    製作:「関ヶ原」製作委員会
    製作プロダクション:東宝映画/ジャンゴフィルム
    配給:東宝 アスミック・エース
    公式HP:http://sekigahara …

  • ☆メイン画像

    映画『一週間フレンズ。』 2月10日(金)特別試写会へご招待!!

    7日間しか記憶がもたない君を、僕は好きになった――。
    川口春奈・山﨑賢人 W主演

    特別試写会プレゼント!!

    “何度でも、あなたを思い出す。”、“何度でも、君を好きになる。”
    コミック・シリーズは累計150万部を突破し、アニメ化、舞台化もされた葉月抹茶の同名コミック・シリーズ「一週間フレンズ。」。1000万人が泣いた、今世紀いちばん泣ける純愛(ピュアラブ)ストーリーがついに、2月18日(土)より全国公開!
    本作は、毎週月曜日になると友達のことを忘れてしまう少女・藤宮香織と、初めて彼女に会った日から惹かれ、何度忘れられても思い切って「友達になってください」と思いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹が織りなす切なくも淡い恋物語。

     
    香織と祐樹を演じるのは、「好きっていいなよ。」、「クリーピー」、「にがくてあまい」等、話題映画への出演が続き、CM・ドラマでも大活躍中の川口春奈と、「ヒロイン失格」「orange」「四月は君の嘘」等多数のマンガ実写化映画に出演し、今、“最もマンガ実写化に適した俳優”といって過言ではない山﨑賢人。そして、「超特急」のボーカルとして人気急沸騰中の松尾太陽、「俺物語!」「地獄先生ぬ~べ~」等話題作への出演が続く高橋春織、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」への出演で注目を集めた上杉柊平、「Going!Sports&News」のお天気キャスターとして人気急上昇中の古畑星夏というフレッシュなキャストも集結。
    誰かを大切に思う気持ち、それを伝えるほんの少しの勇気、相手に向き合う純粋なひたむきさ―感涙必死の新しい純愛物語が誕生した!
    ※本作の公開に先立ち、Astege-アステージ-をご覧のみなさまに抽選で
    映画『一週間フレンズ。』特別試写会 へご招待いたします!!
    **************************************
     『一週間フレンズ。』特別試写会プレゼント
    ■日程:2月10日(金)開場18:00/開映18:30(上映時間:2時間)
    ■場所:よみうりホール(東京都千代田区有楽町1 – 11 – 1 読売会館7階)
    ■ご招待人数: 10組20名様
    **************************************
    ■応募方法
    Astageアステージ公式Twitterアカウント 「@astage_ent」をフォロー&リツート してくださった方、Facebook …

  • C-_Users_Public_Documents_Astage用_記事アップ宣伝リリース_キセキ-ーあの⽇のソビトー_kiseki-jin1

    『キセキ ーあの日のソビトー』 松坂桃李の最初で最後の!?歌唱シーン場面写真!菅田将暉がエロいと絶賛!

    松坂桃李×菅田将暉W主演で贈る
    本当にあったキセキの⻘春物語

    松坂桃李の最初で最後の!?歌唱シーン
    場面写真初披露!!
    菅田将暉がエロいと絶賛!マイクを持つ手にも注目!
    「キセキ」の裏にある音楽への想いとは?

    GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡と奇跡を、松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く輝石の物語、映画「キセキ-あの日のソビト-」(1月28日(土)全国公開)。
    この度、松坂桃李演じるジンの歌唱シーンの場面写真を初披露!

    誰もが知る国民的大ヒットソング「キセキ」。人々の心を掴んで離さないこの曲の誕生の裏には何があったのか!? 本作は、名曲誕生にまつわる本当にあったキセキの物語。松坂桃李演じるジンと菅田将暉演じるヒデ、二人の兄弟を中心に家族と仲間との間で起こる様々な迷いと衝突の中で、自分の進むべき道を切り開いていく姿を描き出した青春ストーリー。

    この度、松坂桃李演じるジンがメタルバンド「ハイスピード」のボーカルとしてライブで歌う場面写真が公開された。緑髪に口ひげ、タトゥーにピアスのスタイルで夢と現実の間で闘うミュージシャンを見事に体現。劇中での歌唱は松坂のキャリア史上、なんと初めてとなる。歌に苦手意識があり、今までずっと避けてきたと言い、「初めはプロデューサーの役と聞いていたのですが、台本みたら最初のシーンから歌ってて・・・騙されました(笑)。CDは出しません。」と恐縮するが、弟のヒデ役を演じた菅田将暉から「マイクを持つ手がエロい!このシーンは注目です!」と太鼓判を押されている。

    厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄、ジン。メタルバンド「ハイスピード」としてメジャーデビューを果たすも、音楽性の違いで仲間と衝突、バンドは解散状態に。一方、グリーンボーイズ(メンバーに菅田将暉演じる弟のヒデ、横浜流星演じるナビ、成田凌演じるクニ、杉野遥亮演じるソウ)はキラキラと輝き、どんどん前進していく。劇中では、そんな対比が残酷なまでに描かれ、映画監督の西川美和は、「弟たちが初めて立ったステージを観ると、「そりゃこっちが受けるわ」と哀しいほどに納得をした。自分の信じることに対して懸命な者が時代を掴めるとは限らない。爽やかなパッケージだが、才能というものをめぐる残酷さを逃さずに描いている作品だった。」と感想を述べている。

    が、それでもジンは音楽を辞めようとはしなかった。弟たちの才能に夢を託し、プロデューサーを買って出る。音楽をやる人間にとって、それは複雑な想いを抱えながらの大きな決断だったに違いない。そんな想いを背負ってジンを演じきった松坂は、「勇気づけられる作品で、今自分がやっている事、またこれからやる事、自分で選択したからこそ、それが正解だと後押しされる気持ちになった。」と語る。本作を鑑賞した是枝裕和(映画監督)は、「自分では諦めた夢を弟に託したジン。彼の哀しみ、喜び、そして覚悟を目だけで表現してみせる松坂桃李。色っぽかった。」と称賛の声を寄せている。ジンを通して観る「キセキ」誕生のストーリーは、そんなドラマチックな展開で様々な感情をかきたてるに違いない。

    クランクインの約2ヶ月前からボイストレーニングに励んだ松坂。ライブシーンの撮影は「緊張しました。それと同時にバンドメンバーの心強さも同じぐらい感じました。かっこよすぎる( 「ハイスピード」メンバー)3人がバックで演奏してくれているので、彼らの音楽が鳴った瞬間に、心配はなくなりました。」と振り返った。松坂の渾身の熱唱は必見だ。

    また、本作の主題歌「ソビト」は、1月24日発売のGReeeeN初のシングルコレクション「ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~」のボーナストラックとしても収録される。配信は1月18日からスタートする。

    「ソビト」ダウンロードはこちら
    ・iTunes http://po.st/italgreeeenallsg
    ・レコチョクhttp://po.st/recoalgreeeensobito

    「ソビト」だけでなく、「声」、「道」、「キセキ」などGReeeeNの曲が彩る本作について、俳優の髙嶋政宏が「まさか、こんなに泣いてしまうとは!最初、あんな親父ヤダ~!とか脳天気なお母さんが救いだ~!とか気楽に観ていたが、俳優陣が今、ここでしか出来ない素晴らしい演技、そしてその俳優陣と完璧にハモった演出で、自分の学生時代、ゴロゴロ転がってたようなエピソードを珠玉の作品に創り上げた!それにしてもGReeeeNの曲って最高だ!」とコメントするように、キャストの演技、音楽が織りなすハーモニーを公開まで楽しみに待ちたい。

    菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮は、1 …

  • 破門_蔵之介超絶アクション合体

    『破門』 佐々木蔵之介が飛び蹴りそして馬乗り!超絶ガチアクション画像解禁!

    黒川博行による第151回直木賞受賞作「破門」を原作に、佐々木蔵之介、横山裕(関ジャニ∞)をW主演に迎えた、 映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』が、2017年1月28日(土)に公開する。
    本作は黒川博行の大人気≪疫病神≫シリーズ「破門」待望の映画化。イケイケやくざを佐々木蔵之介が、口だけは達者なぐーたらビンボーのカタギを横山 裕が演じ、W主演で贈る2017年イチオシの話題作です。共演には北川景子、橋爪功、國村隼をはじめ、濵田崇裕(ジャニーズWEST)、矢本悠馬、キムラ緑子、木下ほうか、中村ゆり、橋本マナミ、宇崎竜童ら話題の俳優が出演。怒涛のアクションと関西弁の掛け合い満載の大追跡エンタテインメントが誕生した!
    この度、佐々木演じる桑原のまさに体を張った乱闘シーンを捉えた新場面写真が一挙解禁に!

    桑原は、整った身なりから一見今どきのビジネスマンのような雰囲気を持つが、一度スイッチが入ると誰も手が付けられない“暴れ馬”。映画のクライマックスで繰り広げられるこのアクションシーンは、本来ファッションツールであるストールまで駆使して巨体の男相手に馬乗りからの首を絞め上げ、相手の肩の高さからの飛び蹴り・・・と、佐々木自身がこれまでの作品では見せたことのないハードなアクションを披露している。
    佐々木は撮影前こそどのように役を作っていくべきか迷いもあったというが、撮影初日と2日目は続けて激しい乱闘シーンだった。人物像が固まる前に桑原としてハードな撮影を続けてこなしたことで、身体感覚でこの人物像を掴むことができたという。この場面以外にも、ありとあらゆる手を使った暴れ馬ならではのキレキレのアクションはこの映画の見どころのひとつとなっている。

    【STORY】
    舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北川)からは、本当は桑原のことが好きなんじゃないの?と言われる始末。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。出資詐欺か!? 詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、弟分の木下(濵田)、セツオ(矢本)らも加わり、更に大きなトラブルへと発展!追っている筈が何者かに追われてる!? この絶体絶命に、ふたりは生き残りをかけて大勝負に挑むがー。

    監督:小林聖太郎(『毎日かあさん』『マエストロ!』)
    原作:黒川博行『破門』(角川文庫刊) 第151回直木賞受賞作≪疫病神シリーズ第5作目≫
    脚本:真辺克彦(『脳男』『ソロモンの偽証』)、小嶋健作(『深夜食堂』)、小林聖太郎
    出演:佐々木蔵之介、横山 裕/北川景子、濵田崇裕(ジャニーズWEST)、矢本悠馬、橋本マナミ、中村ゆり、木下ほうか、キムラ緑子、宇崎竜童/國村隼、橋爪功
    主題歌:「なぐりガキBEAT」関ジャニ∞(インフィニティ・レコーズ)
    配給:松竹
    ©2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会
    http://hamon-movie.jp/

    2017年1月28日(土)ロードショー!

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44 …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT