Open Close
  • A4たて_表面 [更新済み].epsのコピー3

    新作オリジナル朗読ミュージカル「カラフル」 2/10から銀座・博品館劇場にて上演

    新作オリジナル朗読ミュージカル「カラフル」が2018年2月10日(土)~12日(月・祝)まで、東京・銀座の博品館劇場にて上演される。

    1998年に初版刊行された森絵都の「カラフル」は、第46回産経児童出版文化賞を受賞。出版20年を経過した現在でも「高校生に読ませたい本No.1」(文春文庫調べ)になるなど、ロングセラーを続けている。
    2000年秋には監督・中原俊、脚本・森田芳光で実写映画化、2010年には監督・原恵一、脚本・丸尾みほでアニメ映画化されている。
    公演は2部構成で、1部に朗読ミュージカル「カラフル」を。2部は実力派キャストの歌声を存分に楽しんでいただける「カラー」をテーマにしたレビューショーを行う。

    今回は脚本・作詞・演出に舞台「あさひなぐ」、ミュージカル「シャーロック・ホームズ」等を手掛けた板垣恭一、作曲・音楽監督・演奏は音楽劇「瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々」等のYUKAを迎えて、「朗読ミュージカル」という形で、原作の世界観を表現する。 キーボード、ギター、ベース、ドラム、ヴァイオリンの生演奏が物語に華を添える。

    出演は、小林真役に2017年「レ・ミゼラブル」マリウス役の田村良太。
    プラプラ役に2015年「レ・ミゼラブル」マリウス役、2014年「ミス・サイゴン」クリス役の原田優一。
    真の兄、満役に「オペラ座の怪人」ラウル役、「美女と野獣」野獣役の中井智彦。
    真の母役に「キャッツ」シラバブ役の今泉りえ。
    真の事が気になる同級生の佐野唱子役は「アニー」アニー役の水野貴以。
    真の初恋相手の桑原ひろか役は「最高はひとつじゃない」、「bare」ヒロイン・アイヴィ役の元AKB48の増田有華。
    真の父親役に「アナと雪の女王」ハンス王子役、2000年「レ・ミゼラブル」マリウス役の津田英佑の7名。
    ミュージカルの舞台で歌に定評がある実力派が揃った。

    【あらすじ】
    「気がつくと、僕は小林真だった。」
    一度死んだ「ぼく」は、「前世の過ちを償う」ために下界で誰かの体に乗り移って過ごす「ホームステイの修行」をおこなう。「ぼく」の魂は「小林真」という中学3年生の少年に乗り移り、「修行」が始まった。
    ところが、お目付役の天使から、両親の行状や真の学校での評判を知らされ、さらに好意を持っていた後輩の女子生徒が援助交際していたことがわかり、すっかり「修行」に消極的に。
    しかし「ぼく」は学校で心を開ける友人を見つけ、休日に父から釣りに誘われて会話を交わしたことで、家族の別の姿や真への愛情を知る。「ぼく」はその愛情が真に向けられたものであることに葛藤を覚え、そして「ぼく」が下した決断は。。。
    森絵都のベストセラー小説、初のミュージカル化!

    【公演概要】
    2018年2月10日(土)~12日(月・祝) 銀座 博品館劇場

    原作      :森絵都(文春文庫)
    脚本・作詞・演出:板垣恭一
    作曲・音楽監督 :YUKA
    出演      :田村良太、原田優一、中井智彦、今泉りえ、水野貴以、
    増田有華、津田英佑
    チケット    :全席指定7,500 …

  • 『Vision』アーティスト写真

    映画『Vision』 岩田剛典、美波、森山未來、田中泯(特別出演)、夏木マリ!!河瀨直美監督作品へ初参加の実力派キャスト、遂に解禁!

    神秘の森・奈良吉野でのオールロケ撮影も無事クランクアップ!
    映画 『Vision』

    初めて手がけた劇映画『萌の朱雀』を発表した1997年から約20年。世界中で高い評価を受ける河瀨直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台に、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得したフランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、そして、日本が世界に誇る俳優永瀬正敏をダブル主演に迎え制作する映画『Vision』。すでに世界中から熱視線が注がれている本作の新たなキャスト情報が解禁。

    奇跡のような瞬間は、突如として訪れた。ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、河瀨直美―映画への愛で長年トップを走り続けるランナー達が、昨年5月の「第70回カンヌ国際映画祭」で運命的な出会いを果たしたことが発端となる。本作のプロデューサーであるマリアン・スロットが映画祭の公式ディナーで偶然にも河瀨監督と同席となり、国籍や言語の違いを越えて繋がる“映画への愛”を共通のワードに、スロットが河瀨監督にビノシュを引き合わせる。以前よりお互いをリスペクトしていた二人は意気投合。ビノシュは河瀬監督の次回作出演に意欲を見せ、翌6月には制作が決定。すぐさま河瀨監督はオリジナル脚本を執筆し、この運命的な出会いからわずか3ヶ月あまりで世界各国の注目を集める河瀬直美監督最新作は、新たな船出を迎えることとなる。

    神秘の森、奈良・吉野…。杉、檜の植林地として500年の歴史を誇るこの地で、昨年9月の撮影開始から、夏パートの前半、秋パートの後半に分けて撮影を敢行。12月初旬に全編奈良でのオールロケ撮影は無事クランクアップを迎え、現在、編集作業に取り掛かっている。

    本作のダブル主演であるジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏と共演する新たな出演者は、日本の音楽シーンを牽引するEXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー岩田剛典。2016年公開の『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で映画初主演を果たし、「第41回報知映画賞」や「第40回日本アカデミー賞」で新人賞を受賞。興行収入は22億円を超え、同年を代表する日本映画の1本となる。また、『HIGH&LOW』シリーズのコブラ役で見せた好演も記憶に新しく、幅広いファンから厚い支持を集め、大ヒットを記録した。テレビドラマや舞台、CMなど、パフォーマーだけではない活動も精力的に行う中、世界中で多くのファンが待ち望む河瀨監督作品に初めて参加し、新たな一歩を踏み出す。岩田演じる鈴(リン)という青年は、永瀬演じる智と同じ“山守”として山で生きているという設定で、撮影時にはスタントなしで実際にケヤキの木に登るなど、果敢に撮影に挑んだ。

    ジュリエット・ビノシュ演じるフランス人エッセイストのアシスタント役・花を務めた美波は、深作欣二監督作『バトルロワイヤル』(2000)で鮮烈なデビューを果たし、現在はフランスに拠点を置きながら、映画、テレビドラマ、舞台などで活躍。本作では流暢なフランス語も披露している。

    また、森山未來、田中泯、強力な布陣が本作の彩りを更に鮮やかにする。
    2016年公開の『怒り』で「第40回日本アカデミー賞」優秀助演男優賞を受賞した森山未來は、同年の「第10回日本ダンスフォーラム賞」を受賞。ダンサーとしての活動も幅広く、現在も、舞台「プルートゥ PLUTO …

  • メイン_ DSC08002

    映画『ダークタワー』柳沢慎吾が壮絶な対決を“ひとりダークタワー”で完全再現!公開直前イベント

    『IT』『シャイニング』『キャリー』『スタンド・バイ・ミー』そして・・
    スティーヴン・キングの集大成ベストセラーが遂に完全映画化!
    アカデミー賞®受賞キャスト&スタッフが挑む、アクション超大作!

    劇中の壮絶な対決を“ひとりダークタワー”で完全再現!
    柳沢慎吾「アクションスターになりたい!!」

    『IT』『シャイニング』『キャリー』『スタンド・バイ・ミー』など、自身の小説が次々と名作映画として実写化されるベストセラー作家スティーヴン・キング。そんな彼が1970 年代から継続的に執筆し、完成まで実に30 年もの月日を費やした、“作家人生の集大成”ともいえる「ダ
    ークタワー」シリーズ待望の映画化『ダークタワー』が1月27日(土)より全国公開となる。

    異次元の世界を舞台に、世界の調和を保つタワーを守る伝説の拳銃使い“ガンスリンガー”と崩壊を目論む“黒衣の男”との壮絶なアクションが繰り広げられる超大作。
    そんな大注目である本作の日本公開を間近に控え、本日1月17日(水)に“公開直前イベント”がソニー・ピクチャーズ試写室にて行われ、【ひとり甲子園】【ひとり警察24時】など、いくつもの伝説の“対決ネタ”を披露してきた柳沢慎吾がゲストに登場。「面白すぎて2回観た!」と語るほど『ダークタワー』を研究し【ひとりダークタワー】を披露した。

    MC の呼びかけにより、黒のマントに身を包み、姿を現した柳沢は、「ハッ!ハッ!ハッ!世界は私のものだ!」と、本作で世界の崩壊を目論む悪役“黒衣の男”をイメージして高笑いで入場。会場がその異様な様子にざわついたのも束の間、突如マントを脱ぎ捨てた柳沢はその下に着込んでいた主人公ガンスリンガーのコスプレ姿を披露しつつ、「我は塔を守る者、伝説の拳銃使い、ガンスリンガーだ!」と声高らかに宣言すると、本作で描かれる<塔を守るガンスリンガー>と<塔を破壊する魔術師・黒衣の男>との一騎打ちを、拳銃の弾とその効果音も含め“一人四役”で熱演。劇中さながら(?)の壮絶なガンアクションをみせる柳沢に会場からは大爆笑が巻き起こった。さらにMC から巧みな拳銃さばきを絶賛された柳沢は「劇中のガンアクションは迫力がありましたよね!実は昔、竹内力さんと共演した『ブローバック』というV シネマで二丁拳銃をつかったガンアクションをやったことがあるんですよ。それで今日は火がつきました」と、二丁拳銃に関する自身のエピソードを明かす。主人公ガンスリンガーについて「高速ガンアクションは凄いですね!僕がスピーディーにできるのはパトカーの接触灯くらいですね」と、自身の持ちネタと絡めながらキャラクターの魅力を説明し、集まったマスコミ陣に“パトカーの接触灯の回転”とサイレンの音のお馴染みのネタをレクチャーする爆笑の一幕もあった。

    さらにイベントでは<世界の均衡を保つ巨大な塔“ダークタワー”が崩れると世界が終焉する>という本作の設定にちなみ、黒く高くそびえたった巨大ジェンガが登場。柳沢が『ダークタワー』にちなんだ質問が書かれた柱から3 本抜き、“タワーを壊さずに答え続けることができるのか”挑戦。まずマジシャンのようなアピールで一本の柱を引き抜き[ズバリ!柳沢さんの宿敵は?]という質問が。それに対して、柳沢は“中井貴一”と即答。「彼とは同い年で、いつも落ち着いているんですよ。あの落ち着き方には憧れますね」と、“宿敵”中井貴一のモノマネをしながら彼とのエピソードを語り会場を沸かせる。続いて[柳沢さんの日々の平和を保っているものは?]という質問にも「睡眠ですね」と即答。

    あまりの普通の回答に静まり返った会場を前にした柳沢は「なんですかこの沈黙は!?」と不満を漏らし、さらに会場を沸かせる。[ガンスリンガーのような正義のヒーローには、やはり憧れますか?]という質問には「もちろん!これからはアクションスターとして、シリアスなガンアクションシーンに挑戦したいですね!」と、面白すぎて2回観たという本作の壮絶なアクションに影響を受け、アクションスター宣言も飛びだした。
    見事、タワーを崩さずに答え続けた柳沢は、本作で早くも注目を集める“リロードアクション”にかけ今年の抱負を聞かれ、「何もないです!現状維持です!」と意外な回答を披露。最後は「いい夢見ろよ、あばよ!」とお決まりのセリフを残し、会場が爆笑の渦に包まれるなかイベントは終了した。

    【STORY】
    ニューヨーク―。少年ジェイクは、毎夜同じ夢にうなされていた。“巨大なタワー”“拳銃使いの戦士”、そして“魔術を操る黒衣の男”・・・。
    ある日、この現実世界と夢で見た<<中間世界>>と呼ばれる異界が時空を超えて繋がっている場所を発見する。すべては実在したのだ―。中間世界に導かれたジェイクは、そこで拳銃使い【ガンスリンガー】に出会う。彼は2 つの世界のバランスを保つ塔<<ダークタワー>> の最後の守護者であり、タワーの破壊を目論む【黒衣の男】を倒すために旅を続けていた。一方、ジェイクこそが唯一タワーを破壊できる特殊能力を秘めた存在であることに気づいた黒衣の男は、その強大なパワーを求め、ジェイクたちの前に立ちはだかるが―。

    監督:ニコライ・アーセル『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(脚本)
    原作:ステーヴン・キング
    出演:イドリス・エルバ『パシフィック・リム』/マシュー・マコノヒー『インターステラー』 /トム・テイラー/キム・スヒョン/フラン・クランツ/アビー・リーand ジャッキー・アール・ヘイリー
    2017 年/アメリカ/
    原題:THE DARK TOWER
    原作本:角川文庫刊
    配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
    公式サイト:http://Dark-Tower.JP
    ♯ダークタワー

    1 月27日(土)丸の内ピカデリー他全国ロードショー

     

    rakuten_design …

  • terro531

    演劇か裁判か?! 【動画あり】 舞台【TERRO-テロ-】公開ゲネプロ 評決を下すのはあなた

    2012年本屋大賞「翻訳部門」1位を受賞したリーガルサスペンス作家、シーラッハの2015年の初戯曲【TERRO-テロ-】の日本初演の幕が、1月16日に開いた。
    前日15日に行われた公開ゲネプロの模様を動画を中心にご紹介する。

    164人乗りの旅客機がハイジャックされた。行き先は7万人収容のサッカースタジアム。
    7万人の命を救うために旅客機を撃墜した空軍少佐は 有罪か、無罪か?!

    舞台上ではまさに裁判そのままに1つ1つの事実が明らかにされていく。
    観客は俳優たちの発する一語一句を聞き逃すまいと見つめ、聞き入り、演劇だと思えない切実な緊迫感が客席を覆う。
    テロという問題を、切実に考えることをしてこなかった私に、この裁判は厳しい現実を突きつけてくる。

    被告人の弁護士に橋爪功、検察官に神野三鈴、裁判長役を今井朋彦、被告人の少佐役には松下洸平、飛行機乗客の遺族を前田亜季、証人として登場する軍人に堀部圭亮という実力派俳優たちが、裁判という殺伐とした場に人間味を感じさせる人物像を作り上げた。

    そして、できる限りの事実が明らかにされた裁判の最後には、それを見守った観客の手に評決がゆだねられる。

    橋爪功の朗読劇として2016年に上演された4回の公演では、観客の評決はすべて有罪となったのだが、このゲネプロでは有罪26票、無罪39票で無罪の表決がでた。
    だが翌日の初日公演では有罪の評決が出たと聞く。

    あなた自身は、どう考え、どういう判断を下すのか。
    そして、そのときの裁判の評決はどうなるのか。

    ぜひとも、自分自身でこの裁判に参加し、自ら考え、選んで欲しい。

    東京公演は1月28日(日)まで、新宿・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA。その後、兵庫・名古屋・広島・福岡公演が予定されている。

    橋爪功コメント
    年明け早々おつき合いいただくには、「TERROR」に込められた想いとテーマは、少々大きく、重きに過ぎるものかも知れません。何せ、ドイツの辣腕弁護士にして小説家であるシーラッハ氏が、長年温めた題材を初めて戯曲にしたためた作品ですから。けれどテロは遠い外国のことではなく、日本の私たちにとってもすぐそばに迫っている脅威だと思うのです。
    不特定の膨大な情報が流れ込んでくる、種々の報道やネット環境とは違い、演劇は精査された知識と思索に対して開かれた「窓」です。普段は目を背けがちな、世界と人間の抱える問題について劇場でひと時、私たちと一緒に心を傾けていただくお客様に深く感謝致します。

    今井朋彦コメント
    この作品の主役は事件そのもので、主体は参審員であるところのお客様です。裁判長は証言を引き出す、参審員に結論を導く役回りだろうと意識しながら稽古してきました。舞台上の登場人物が話しを聞かせている相手は、参審員である客席です。稽古場でも常にそのことを意識してきましたが、実際に客席空間を前にすると稽古場とはまったく違った感覚で、稽古場で想像していたより芝居の“アテ”が見つかった気がしています。初日を迎えれば、さらに感じ方や芝居そのものも変わるかもしれません。作品の最大のポイントは、有罪か無罪かの判断を最終的には観客が下さなければならないという点。登場人物たちの台詞や仕草の一つ一つが、有罪に傾いたり無罪に傾いたりと、見る側の気持ちを変えていくのを楽しんでいただければと思います。

    松下洸平コメント
    これまでの自分の演劇経験の中では最高に難しい作品でした。今回のコッホ少佐は超優秀な軍人という設定ですし、声を荒げたら負け、という裁判の中で毅然としていなくてはならない役です。厳しい質問に誠実に回答しながらも、感情は動きます。でも、それを表せない。感情を表したらダメな役というのは本当に大変で……(笑)。先日の稽古では、じっと手を組んでいた腿のあたりに手の跡がついてしまうくらい汗をかいていました(苦笑)。客席の皆さんは芝居を観ているのか、参審員として本物の裁判を観ているのか、しばしば錯覚する局面があると思います。緊張感のある舞台なので、そこを楽しんでいただきたいですね。自分としては今回の作品に参加できたこと、今回いただけた役を演じるのは大きなチャレンジなので、全力で明日からの本番と向き合っていきます。

    神野三鈴コメント
    不器用な私に、台詞の一語一音まで緻密な演出をつけて下さった森新太郎さんや、橋爪功さんを始めとする頼もしい共演陣に支えられ、稽古の日々を走り切ることができました。
    劇場は本来、束の間日常を忘れ、心を解放するために足を運ぶ場所。けれど「TERROR」は、お客様に「命」や「罪」についての深い思索と大きな決断を迫ります。だからこそ、お客様と私たちの間には想像を共有したことで壮大なドラマの伽藍が築かれ、終幕には互いの健闘を讃え合う拍手が響くはず。この舞台はきっと、そんな奇跡のような時間を生み出してくれると信じています。

    森新太郎コメント
    研ぎ澄まされた作家シーラッハの強靭な台詞と、そこに宿る思い問いかけに導かれ、余分なものを全てそぎ落とした、人間と言葉だけが息づき・ぶつかり合う、まだ誰も見たことのない舞台が誕生しました。これを実現するため、過酷な要求に応えてくれた俳優陣に心から感謝しています。
    でも作品を完成させるには観客が席に着き、裁判に参加して下さることが不可欠。「TERROR」における一番の主役。結末を左右し、作品の持つ意味合いを変える力を持つのは観客なのですから。テロの暴力と不条理に向き合い、“演劇を越える演劇”をお客様に体験していただけたら幸いです。

     

    タイトル:TERRORテロ
    原作:フェルディナント・フォン・シーラッハ
    翻訳:酒寄進.
    演出:森新太郎
    出演:橋爪功 今井朋彦 松下洸平 前田亜季 堀部圭亮 原田大輔 神野三鈴
    http://www.parco-play.com/
    【東京公演】  紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
    2018年 1 …

  • 【第2話】メイン

    ドラマ「賭ケグルイ」第2話場面写真到着! 浜辺美波VS森川葵の勝負の行方は!?

    シリーズ累計370万部突破の大ヒット漫画、
    待望の実写ドラマ化!早くも話題沸騰!!
    MBS/TBS ドラマイズム
    「賭ケグルイ」
    第2話場面写真到着!
    浜辺美波VS森川葵の勝負の行方は!?
    そして人気上昇中の松田るかが登場!

    河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画「賭ケグルイ」の実写化がMBS/TBSドラマイズム枠でいよいよ放送開始となりました!

    第1話では蛇喰夢子(浜辺美波)の転校初日に二年華組の女王・早乙女芽亜里(森川葵)との対決が開始!ゲームの名は「投票ジャンケン」。芽亜里優勢で勝負が進み、夢子の負けは120万円に膨らむ。「ポチ」こと鈴井涼太(高杉真宙)は夢子を止めようとするのだが、突如彼女の清楚な表情が一変。「ギャンブルは狂っているほど面白い。さァ、賭け狂いましょう!」と夢子は一千万円の勝負を芽亜里に挑むのだった―。

    初回から白熱した勝負の行方が気になる注目の第2話の場面写真が到着致しました!浜辺美波と森川葵の狂気の演技バトルは必見です。
    そして「仮面ライダー エグゼイド」でヒロインを演じ注目された松田るかが扮するキャラクター、皇伊月(すめらぎ・いつき)が登場!一年生の皇は天真爛漫な少女だが、実は百花王学園を支配する生徒会の役員だった。早くも夢子の第2のゲームが始まる!?

    ドラマ「賭ケグルイ」第2話は、MBSで1月21日(日) 深夜1時10分~、TBSで1月23日(火)深夜1時28分~放送です。
    またNETFLIXにて1月18日(木)より独占配信いたします。第2話にもご期待ください!

    【第2話あらすじ】
    夢子(浜辺美波)の転校初日におこなわれた芽亜里(森川葵)との「投票ジャンケン」対決は予想外の結末を迎え、その幕を閉じた。夢子の真の顔を垣間見た鈴井(高杉真宙)は、恐れながらも彼女の存在に魅かれていく。そして、鈴井から夢子に百花王学園の秘密が語られる。この学園が今のように狂ってしまったのは、2年前、現生徒会長が就任し、会長を頂点とした生徒会がギャンブルで学園を支配するようになってからだという。だが、警告するつもりだった鈴井の意図とは裏腹に、夢子は、これから始まる規格外の学園生活に目を輝かせる。そんな中、夢子と鈴井の前に一年生の皇伊月(松田るか)が現れる。一見すると天真爛漫なこの少女、実は生徒会の役員だった。夢子の噂を聞き、勝負を持ちかけにきたのだ。しかも、提示してきた賭け金は、2000万円。夢子は、この常軌を逸した勝負を受けるのか―!?

    「賭ケグルイ」
    <ストーリー>
    創立122年を迎える私立百花王学園。この伝統ある名門校で生徒の階級を決めるのは“ギャンブルの強さ”。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。この学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名は蛇喰夢子。一見するとお淑やかなこの美少女は、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂だった。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客たちを送りこむ。壮絶な駆け引きと騙し合いを制したものだけが勝てる、究極の己を賭けた心理バトルが、幕を開ける―!

    出演:浜辺美波『君の膵臓をたべたい』 高杉真宙『トリガール!』『散歩する侵略者』 森川葵『恋と嘘』『嘘八百』
    監督:英勉『ヒロイン失格』『あさひなぐ』
    原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT