Open Close
  • メイン

    BOYS AND MEN・田村侑久、初・餃子大志任命を懇願!『キスできる餃子』 完成記念イベント

    第5回宇都宮餃子祭り in YOKOHAMAに登場!
    BOYS AND MEN田村侑久
    初・餃子大志任命を懇願!

    宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザーが、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ『キスできる餃子』。主演は、ドラマやバラエティーに幅広く活躍し、2017 年は主演映画が 2 本公開された足立梨花。相手役を務めるのは、東海地方を中心とした活動から、一昨年の日本レコード大賞<新人賞>受賞、昨年には日本武道館でのワンマンライブを大成功させ、大ブレイク中のエンターテイメント集団「BOYS AND MEN」の田村侑久。監督は、小説家・劇作家・演出家・作詞家としてもマルチに活躍し、2016 年公開『クハナ!』につづき、本作が2作目の監督作品となる秦建日子。『アンフェア』の原作、『HERO』『救命病棟 24 時』『ドラゴン桜』『そして、誰もいなくなった』など数々の大ヒットドラマの脚本を手がけてきた秦自身が、完全オリジナルとなる本作の脚本も手掛ける。

    4月20日、本作の完成記念イベントを「第5回 宇都宮餃子祭り in YOKOHAMA」内にて行った。
    イベントのオープニングセレモニーに宇都宮餃子祭り in YOKOHAMA 応援団長 フォーリンデブはっしーや、宇都宮餃子会 鈴木章弘理事兼事務局長、大人気男性グループBOYS AND MEN 田村侑久が本作を代表し登壇!
    6月に公開を控える『キスできる餃子』とのコラボ!ということで、映画をきっかけに餃子愛に芽生えた田村が鈴木さんに餃子大使になりたいと懇願?!各店舗の意気込みを聞き、映画のロケ地にもなった実際にある「ぎょうざの龍門」も本イベントに参加して久しぶりの対面とお店の撮影裏を教えてもらい、田村もびっくり。映画の公開まで熱々冷め止まぬ、盛り上がりを見せるイベントとなった。

    <イベント>
    田村侑久さんとはっしーさんは、今回イベントに出店するお店16店舗のスタッフと共に開会を宣言。
    フォーリンデブはっしーさんは「いい天気で僕からも肉汁が噴き出ております!(笑)宇都宮で食べ歩きもしたことありますが、このイベントでは人気店舗が隣り合って並んであり、はしごで一気に食べれる貴重なイベントなので皆さんに楽しんで頂きたいですね」とコメント。
    映画の撮影中も宇都宮餃子を食べ続けたという田村さんは「宇都宮餃子は本当においしくて僕自身餃子になるくらいずっと餃子を食べてました。 本当大好きになった 他で餃子を食べると物足りなくなっちゃいますね」と宇都宮餃子の虜になったそう。
    田村さんは「是非、これを機会に餃子大使にしてくださいよ!」と鈴木さんに懇願。
    鈴木さんは「慎重に持ち帰り検討します!(笑)」との返答に「餃子の歌や衣装・マイク作ってライブで宣伝しますよ!」とアピールし続ける田村さんでした。
    そして、鈴木さんは「このイベントで宇都宮餃子の魅力を知ってもらい、ぜひ本場の宇都宮に来るきっかけになってほしい」と語りました。

    本イベントに参加している店舗から各代表の方から「3日間おいしい餃子を提供できるよう頑張ります!」と意気込みとアピールしていただき、映画の舞台にもなった「ぎょうざの龍門」も本イベントに参加。
    撮影中は1か月お店を休みし映画に協力。店長はお店をお休み中は、普段、演歌歌手としても活動されていると暴露。歌声も披露していただき、田村さんもびっくりする場面も。
    オープニングセレモニー終了後、「ぎょうざの龍門」の店主さんの掛け声に合わせ皆さん揃ってフォトセッション。
    「本イベントも映画もこれからもよろしくお願いします!」と田村さんの締めで宇都宮餃子がスタートしました!

    第5回宇都宮餃子祭り in …

  • 仮メイン

    『デッドプール2』フツーのおっさんも!?最強“鬼やば”チームを結成!予告編解禁!!

    クソ無責任ヒーロー💩ド派手にカムバック! 
    DだいぶPパンチ効いてる2本目!!
    フツーのおっさんも!?ガキを守るため最強“鬼やば”チームを結成!
    デップー節全開&アクション満載の予告編全世界同時解禁!

    『アベンジャーズ』『X-MEN』『スパイダーマン』を生み出したマーベル史上最も過激(やりすぎ)なヒーローとして、絶大な人気を誇る“デッドプール”。ライアン・レイノルズ主演で映画化された『デッドプール』は、2016年に公開されるやいなや、全米では『アバター』や『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』を超える20世紀フォックス映画史上最高のオープニング成績で3週連続No.1を記録。日本を含め世界120カ国でNo.1を獲得、全世界興収850億円を超える世界的現象となった。そして遂に、予算もスケールも超グレードアップした全世界待望の続編で6月1日、スクリーンにカムバックする。この度、予告編が到着し、デッドプールが結成した最強“鬼やば”チームのヒーローたちが明らかになった。

    ラブリーハニーのヴァネッサとのお気楽な日々を送るデッドプールの前に、未来からやってきた強敵マッチョなクソ野郎・ケーブルが現れた。大好きなヴァネッサたっての希望もあり、良い人間になることを決意したデッドプールは、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めたガキを守るため、特殊能力を持つメンバーを集めて最強“鬼やば”チーム・Xフォースを結成する。到着した映像では、荒ぶるケーブルに対してデップーが「サノス、イキってる❤」とケーブルを演じるジョシュ・ブローリンが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で史上最凶の敵サノスを演じていることを早速イジる一幕も。そんなイキったケーブルに対抗するために、マブダチのウィーゼルとヒーロー求人を開始!近接格闘術の達人べドラムや、二刀流剣士シャッタースターに続いて、面接に来たのは「幸運(ラッキー)なの」と自信満々のドミノ。そんな彼女に対して「運は能力じゃないぞ。映画的にも地味じゃね!?」と厳しい一言。さらには「映画ナメんな」と言い放ちながらも、特殊能力は無く「仕事が欲しくて」と言う求職中のフツーのおっさんピーターを即採用してしまうハチャメチャぶり!

    映像後半では、デップーとケーブルのタイマン勝負も描かれる。「ヒーローと言うよりお前はピエロだ、オモチャのな」とケーブルに言われてしまったデップーは、そのシリアス過ぎる展開に「DCユニバース出身かよ」とアメコミ界のもう一つの雄を血だらけになりながらもしっかりとイジる。別の勝負では「来いよ。片目のウィリー」とジョシュ・ブローリンのデビュー作『グーニーズ』の伝説の海賊「片目のウィリー」をお約束通りのイジり倒す。そんなおふざけもさることながら、脚本家であり、製作総指揮を務めるレット・リースが「彼は世界屈指のアクション監督の一人で、“おそろしいほどのレベル”にアクションを仕立てた」という言葉を裏付けるように『アトミック・ブロンド』(2017)『ジョン・ウィック』(2015)を手掛け、『ワイルド・スピード』初のスピンオフ作品の監督にも決まっているデヴィッド・リーチ監督の手腕を見せ付けた激しいアクションにも目を奪われる。

    前回解禁された予告編で“『プラダを着た悪魔』のスタジオが贈る”という惹句も話題になったが、なんと今回は“ウルヴァリンを殺したスタジオが贈る”と毒舌炸裂!おふざけ全開&アクション満載の予告編からも本作への期待が高まる!さらに、19日(木)より全世界一斉で前売り券が発売開始となり、日本でも、全国の上映劇場(※一部劇場を除く)で“デップーいっぱいバージョン”と“デップー&ケーブルバージョン”の2種類から好きなデザインを選べるムビチケが販売され、遂に公開までのカウントダウンが始まった!

    監督:デヴィッド・リーチ
    出演:ライアン・レイノルズ ジョシュ・ブローリン モリーナ・バッカリン ジュリアン・デニソン ザジー・ビーツ T・J・ミラー ブリアナ・ヒルデブランド ジャック・ケーシー
    原題:DEADPOOL 2
    全米公開日:2018年5月18日
    配給:20世紀フォックス映画
    画像 ⇒ © 2018 Twentieth …

  • 477549_パーフェクトワールドB1

    岩田剛典×杉咲花 W主演 最新作『パーフェクトワールド 君といる奇跡』ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる、ポスタービジュアル解禁!

    完ぺきな恋なんて、きっとない。
    大切な人に読んでほしいラブストーリーNo.1〈パーフェクトワールド〉が、ついに映画化!
    岩田剛典×杉咲花 W主演 最新作
    10月5日[金]公開
    再会した初恋の人は、車イスに乗っていた――
    『パーフェクトワールド 君といる奇跡』
    舞い散る桜の花びら、見つめ合うふたり…
    ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる、ポスタービジュアル解禁!

    大切な人に読んでほしいラブストーリーNo.1!有賀リエの大人気漫画『パーフェクトワールド』(「Kiss」連載中/講談社 )が、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』というタイトルで映画化、10月5日(金)より全国公開する。
    本作は、 仕事で偶然再会した初恋の人が、車イス生活を送っていた-という設定から始まる純愛ストーリー。
    原作は、初恋の人との再会によって、再び溢れてくる「好き」の気持ち、好きだけでは越え難い壁に直面しながらも、恋する気持ちをストレートに伝え、前に進もうとする主人公たちの姿に心を打たれる感動作として、今、20代女性を中心に、支持を集めている。

    原作読者からは、
    「登場人物全員の痛みとやさしさ、それゆえにすれ違っていく関係のうつろいやすさを余すところなく描いていて秀逸」
    「彼女の切ない恋心に胸を打たれると同時に、幸せになってほしいと思わず応援したくなっちゃうストーリー」
    「障がいがあるからこそ、一人の人と真摯に向き合える、思い合える恋ができるのかもしれない」
    「とても恋がしたくなるお話」、「まわりの言葉に負けず、頑張れ!と言いたくなってしまう」 など多くの反響が寄せられている。
    それは国内のみならず海外にも広がり、世界10カ国で翻訳出版され、フランスの老舗漫画雑誌「Animeland」にて編集部セレクション/一般投票ともに2016年ベスト少女漫画を受賞する勢いとなっている。

    本作で、突然の事故で車イス生活になってしまった建築士の主人公・鮎川樹(あゆかわ いつき)を演じるのは、EXILE/三代目J Soul Brothersのメンバーとして絶大な人気を誇る岩田剛典、また、初恋の先輩である樹を一途に思い、悩み、もがきながらも、一緒に生きていこうとするインテリアコーディネーター・川奈つぐみ(かわな つぐみ)を演じるのは、若手演技派女優として圧倒的な実力をもつ杉咲花。岩田は、2016年公開の映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』、2018年公開の映画『去年の冬、きみと別れ』に続く3作目の主演、杉咲は、本作で初主演となり、2人は、本作品にて初顔合わせでW主演をつとめる。

    そして、この度、本邦初公開となる、ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶるポスタービジュアルが到着!

    今回解禁となったポスタービジュアルには、青い空に舞い散る桜の花びらの中、見つめ合うふたりの姿が。
    戸惑いや悩み、そして、初恋の人との再会によって、再び溢れてくる「好き」の気持ちー。それぞれの気持ちを伝えるキャッチコピーと共に、大切な人と出会い、ふたりでさまざまな壁を乗り越え、絆を深めていく展開が期待できるビジュアルとなっている。
    2018年秋、大切な人とずっと一緒にいたいと願う気持ちに涙する、感動のラブストーリーを是非!ご期待を!

    <ストーリー>
    この世界は不完全
    君がいなければ―――。
    インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に
    7年ぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。
    最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。
    【私は――先輩が好きなんだ、今でも】
    そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想い「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。
    一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き・・・。
    大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは・・・。

    岩田剛典×杉咲花 W主演
    ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる、
    感動のラブストーリー誕生!

    『パーフェクトワールド 君といる奇跡』
    原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
    監督:柴山健次
    脚本:鹿目けい子
    主演:岩田剛典、杉咲花
    配給:松竹 LDH PICTURES
    制作プロダクション:ホリプロ
    原作コピーライト表記:©有賀リエ/講談社
    映画コピーライト表記:©2018「パーフェクトワールド」製作委員会
    公式サイト:http://perfectworld-movie.jp/

    10月5日(金) 全国ロードショー

    &nbsp …

  • DSC_8355

    パトリック・シュワルツェネッガー、父の名セリフ「I’ll be back!」で再会を誓う! 映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』ジャパンプレミア

    映画『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』で映画初主演を務めたパトリック・シュワルツェネッガーが来日。4月19日、東京・新宿ピカデリーにて行われたジャパンプレミアに登壇した。

    本作は、2006年に公開されたYUI主演の大ヒット作『タイヨウのうた』をハリウッド版としてリメイク。怪我によって夢を諦めてしまった水泳部のチャーリー(パトリック・シュワルツェネッガー)と、太陽の光にあたることができず夜しか外出できないケイティ(ベラ・ソーン)の初恋を描いた感涙のラブストーリー。ケイティの歌をきっかけに出会った二人が「本気の恋」とは何かを語りかけてくる。

    ハリウッドスター、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子であるパトリックは、日本を訪れるのは3度目だそうだが、映画のプロモーションとしての来日は初めて。「日本の皆さんに映画を観てもらえてプロモーションできることはハッピー。仕事で来るのは初めてで新しい発見もあってワクワクしています。今後も作品を携えて日本に帰ってきたいです」と目を輝かせる。

    前日にはyuiにも会ったらしく、「とても綺麗で素敵な方。アメリカ版ができたことを喜んでくれて『泣きました』と言ってくれました。5月に彼女のバンドツアーがあるようなんだけれど、いつか彼女のパフォーマンスが見たいです」と明かし、共演のベラ・ソーンについて「才能ある美しい方。彼女と撮影できて楽しかった。彼女も日本に来たかったと思いますよ。日本の皆さんが映画を楽しんでくれることを願っているから」と述べた。

    父親でもあり、俳優として先輩になるアーノルド・シュワルツェネッガーについては「僕は彼の息子であり、弟子でもあり、生徒でもある。彼から学ぶことはたくさんあります」と、その親子関係を伝え、「やりたいことへの目標を定めて、日々努力するようにアドバイスをくれる。ゴールを設定して、それに向かって努力することが大事。他の誰かに止められても諦めることなく、進むことが大切だといつも教えてくれるんだ」と続けた。

    イベントでは、書道に初挑戦する企画も。「パトリック」という自身の名前を上手にカタカナで書いた。達筆な出来栄えに満足そうに微笑み、客席に「誰かほしい人いる?あげるよ!」と提案。フォトセッション時に再入場すると観客と握手を交わし、退場の際にはサインと握手を求めるファンに応え、サービス精神も旺盛。最後は「皆さん、応援してくれてありがとうございます。皆さんを愛しています。日本が大好き。また東京に戻ってきたいです」とメッセージを送り、笑顔で「I’ll be back!」と、父アーノルド・シュワルツェネッガーの名ゼリフを決め、再会を誓っていた。

    『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』
    <STORY>
    17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病のため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌を歌うこと。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく。

    ◆監督:スコット・スピアー
    ◆脚本:エリック・カーステン
    ◆音楽:ネイト・ウォルコット
    ◆出演:ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレット
    アメリカ/2018年/英語/シネスコ/92分/字幕翻訳:野城尚子/原題:MIDNIGHT SUN
    ◆配給:パルコ
    ◆提供:パルコ/バップ/松竹
    ◆協力:S・D・P
    © 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
    公式サイト:http://midnightsun-movie …

  • 0420オフィシャルスチール

    映画『ママレード・ボーイ』​ママレが女子大に降臨!! 女子学生400人のトキメキMAX!! キャスト陣の神対応に大パニック!公開直前!女子大イベント

    1,000万部突破大ヒットコミックの恋愛映画決定版!
    甘くてクール(ママレード)な彼と、突然のシェアハウス
    桜井日奈子 × 吉沢亮 W主演

    桜井日奈子・吉沢 亮・佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)
    ママレが女子大に降臨!!
    女子学生400人のトキメキMAX!!
    キャスト陣の神対応に大パニック!歓喜のあまりに泣き出す人も続出!

    『ママレード・ボーイ』は吉住渉により、1992年~1995年にかけて月刊少女マンガ雑誌「りぼん」(集英社刊)で連載され、1994年~1995年アニメ化、2001年台湾でのTVドラマ化を経て、現在も続編の『ママレード・ボーイ little』が月刊女性マンガ雑誌「ココハナ」(集英社刊)にて連載されており、まさに世代を超えて国内外で愛されている<大ヒット少女マンガ>だ。

    W主演で、光希と遊を演じるのは桜井日奈子と吉沢亮。
    明るく真っすぐな光希を演じるのは“岡山の奇跡”として一躍注目を集め、現在はドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子。頭脳明晰・スポーツ万能・王子様を絵に描いたような遊を演じるのは、映画『銀魂』を始め、話題作への出演が続く吉沢 亮。今もっとも勢いのある若手俳優の二人が、満を持してラブストーリーに初主演!

    また、中山美穂、檀 れい、谷原章介、筒井道隆という超豪華キャストが両親役を務め、ついに初共演を果たすことでも話題沸騰中の本作。6人家族が揃ったファミリーショットが公開されるとSNS上では関連ワードが軒並みトレンド入りするなど様々な世代から反響を集め「両親S(りょうしんズ)が豪華すぎてびっくり」「美男美女揃い!」「絶対に観たい」といった期待の声が上がっています!さらに光希を一途に想い続ける幼馴染・銀太に佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、光希の親友・茗子に優希美青というフレッシュなキャストの出演が話題を呼び、ゴールデンウィーク必見の恋愛映画として話題となっている!

    4月20日【女子大の日】(1901年4月20日に日本初の女子大学が開校したことに由来)に、桜井日奈子・吉沢 亮・佐藤大樹の三人が、実践女子大学で行われるイベントにサプライズ登場した!
    映画の見どころやキャラクターの魅力をプレゼンしたほか、抽選で選ばれた学生が、ときめく恋愛シチュエーションを語り大盛り上がり!映画『ママレード・ボーイ』が、出会いの季節に胸をときめかせる女子学生400人に、サプライズとトキメキを届けた!

    <イベントレポート>
    4月20日の女子大の日を記念して開催された本イベントには、約400 …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT