Open Close
  • DSC_8689

    尾野真千子、総立ちの観客と向井理からの花束に大号泣! 映画『いつまた、君と ~何日君再来~』初日舞台挨拶

    映画『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』初日舞台挨拶が、6月24日、東京・TOHOシネマズ新宿にて行われ、主演の尾野真千子をはじめ、共演の向井理、岸本加世子、駿河太郎、成田偉心と、脚本を手がけた山本むつみ、深川栄洋監督が登壇した。

    本作は、向井理の祖母・芦村朋子の半生を綴った「何日君再来」を原作に映画化。物語は、戦後の混乱期、夫・吾郎(向井の祖父)と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながらも、日本人の誇りを失わずに懸命に生きる、壮大な愛を描く。書籍は、向井が大学生のときに、祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿(90歳)をむかえた祖母へお祝いとしてプレゼントしたもの。その原作をもとに向井自身が7年の歳月をかけ、企画にも携わった渾身の作品である。

    上映後、舞台挨拶に登場したキャスト陣をスタンディングオベーションで迎えた観客。いつまでも鳴り止まない拍手に感激を隠せない尾野は「こんな経験は初めてです。こうやってご褒美をもらえたことが嬉しいです」と涙を流した。
    隣に立つ向井も、「僕もこういう経験は初めて。嬉しいというか、たくさんの人に気持ちが届いたんだなと。役者冥利につきます。ありがとうございます」と感無量の様子。

    「自分の家族ということは脚本の時点でなくなっていて、この時代にいた人々(家族)のことを描きたかった」と話す向井。深川監督が「俳優さんが“映画”を作りたいと言ってくれたのが嬉しかった。映画じゃなきゃ自分の思いが伝わらないんだという、この人の情熱に報いたいと思いました」と制作のきっかけと思いを述べると、向井は「どうしても深川さんとやりたいという思いが強かったんです。ひょうひょうとしているけれど、その中に映画に対する情熱を感じていました」と語り、お互いの思いの強さから本作が完成したことを示した。

    吾郎の先輩・高杉役を演じた駿河は、向井について、「企画を聞いたとき、何てじいちゃん、ばあちゃん孝行なんだ。その顔でそんないいことされたら、誰も勝たれへんやん、って思いましたよ(笑)」と称え、向井理役を演じ、初の映画出演を果たした成田は「向井さんを演じるということで緊張しましたが、向井さんから『普通でいいよ』と言われ、リラックスして演じることができました」と笑顔をみせた。

    また、先日13日に81歳で亡くなった野際陽子について、岸本は「映画としての遺作にご一緒させていただくことができて幸せでした。撮影現場では、監督が『野際さん、もうちょっと弱った感じを出していただいても大丈夫です』と仰っしゃるくらいお元気でした」と明かし、野際との別れを惜しんだ。

    終盤には、向井から尾野へサプライズで花束を贈呈。向井が「真千子と共演できて幸せだったよ」と感謝の気持ちを込めて優しく語りかけると、またまた尾野は号泣。涙顔を花束で隠しながら「もう、めっちゃブスな顔してるから・・・。きょうはなんて日だ! こんなのやめろよぉ~」と照れつつ、「妻をやらせていただいて、本当に毎日幸せで楽しかったです。共にこうやって足並みそろえて歩んでこられたことがうれしいです。(この作品が)宝物になりました」と、思いの丈を伝えた。

    最後に向井が「普通の家族のドラマ。戦後の大変な時代をくぐり抜けた人たちがいるから今の自分たちがいるんだなと思わせてくれます。野際さんも『あの時代が二度と来てほしくない』と仰っていましたし、あのような行為を二度と起こさないためにもこういった映画が必要だと思います」とメッセージを伝え、舞台挨拶を締めくくった。

    『いつかまた、君と ~何日君再来~』
    どんなに貧しくても、父ちゃんが私の誇りだった。私、やっぱり父ちゃんがいい。
    81歳になった芦村朋子(野際陽子)は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。しかし、朋子は突然倒れてしまう。そんな朋子の代わりに、孫の理が手記をまとめていくことに。そこに綴られていたのは、今まで知ることのなかった祖母・朋子(尾野真千子)と祖父・吾郎(向井理)の波乱の歴史と深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった。そして、その中ではじめて語られる朋子の子供たちへの思い―。その手記は、進路に悩んでいた理(成田偉心)に、そして朋子に対してずっとわだかまりを抱いていた娘・真美(岸本加世子)の心に変化をもたらしていく-。

    出演:尾野真千子 向井理 岸本加世子 駿河太郎 イッセー尾形 成田偉心/野際陽子
    原作:『何日君再来』芦村朋子
    主題歌:「何日君再来」高畑充希(ワーナーミュージック・ジャパン)
    脚本:山本むつみ「ゲゲゲの女房」「八重の桜」
    監督:深川栄洋「神様のカルテ」「60歳のラブレター」
    製作:「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
    配給:ショウゲート
    (C)2017「いつまた、君と ~何日君再来~」製作委員会
    公式サイト:http://itsukimi.jp/

    TOHOシネマズ 新宿ほか 全国公開中!

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44″;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId=0;rakuten_size=”600×200″;rakuten_target=”_self …

  • maria-princess

    ミュージカル『マリアと緑のプリンセス』チケット プレゼント 

    ミュージカル『マリアと緑のプリンセス』チケット プレゼント 
    東京&大阪 各5組10名  合計20名様

    Astege-アステージ-をご覧のみなさまを
    抽選で本公演 へご招待いたします!!
    「株式会社ブロードリーフ 提供」
    **************************************
    ミュージカル『マリアと緑のプリンセス』公演ご招待
    東京公演◆日時:8月27日(日) 開演=11:00
    ◆会場:全労済ホール/スペースゼロ(JR新宿駅南口より徒歩5分)
    ◆招待人数: 5組 10名様
    大坂公演◆日時:8月30日(日) 開演=15:30
      ◆会場:サンケイホールブリーゼ(JR大阪駅桜橋口より徒歩5分)
    ◆招待人数: 5組 10名様
    **************************************
    ■応募方法
    Astageアステージ公式Twitterアカウント 「@astage_ent」をフォロー&リツート してくださった方、Facebookで「いいね」&メッセージを送ってくださった方の中から抽選で東京5組、大阪5組、合計で10組20名様へプレゼントいたします。
    必ず“ミュージカル『マリアと緑のプリンセス』 〇〇公演希望”(〇〇には東京か大阪)とお書きください。
    Twitter   https://twitter …

  • maria-princess

    加藤梨里香 小野田龍之介出演『マリアと緑のプリンセス』 8月に東京・大阪で上演

    苦悩する女優志望の少女マリアが、遠く緑の星に暮らすプリンセスとの不思議な出会いによって、次第に心が癒されていく物語。“いのち”のミュージカル『マリアと緑のプリンセス』が、好評を受けて2017年夏にも再演される。

    主演のマリア役は、「葉っぱのフレディ」「赤毛のアン」など、ジュニア・ミュージカル舞台の王道作品に多数に出演。2016年上演の「花より男子 The Musical」では3,000人応募のオーディションを勝ち抜き、ヒロイン牧野つくし役に抜擢され、注目を浴びた加藤梨里香が演じる。マリア役は2度目となる。

    ビリー役には、劇団四季ミュージカル「ウェストサイド物語」トニー役、「ミス・サイゴン」クリス役など、歌も演技もその実力が高く評価されている小野田龍之介が担う。小野田もアンコールに応えての再出演。

    また、歌舞伎界からのさまざまの挑戦が大きな話題となり、歌舞伎と歌舞伎役者の魅力が再評価される中、中村鴈治郎(四代目・屋号=成駒家)がミュージカルに初挑戦するもの見どころとなりそうだ。

    ケイト役は初演から演じている吉川麻美。

    ビリーの助手として劇団の仕事を手伝うトニー役には、俳優集団D-BOYSの山田悠介が、初のミュージカルに挑む。

    またオーディションで選ばれた子供たちがブルー組とグリーン組のWキャストで出演する。

    【物語】
    緑の星の王女さま、プリンセスとその仲間たち、アースリーフとライトリーフ、ハニーとモル、そしてたくさんの緑の星の妖精たちは、平和で美しい理想郷に住んでいた。
    幼い頃から地球に住んでいるらしい一人の女の子、マリアの声が心に聞こえていたプリンセスは、はるか彼方の青い星、地球に行って、その女の子と友だちになる夢を描いていた。

    一方マリアは病弱な母、ケイトと二人とつつましく暮らしながら女優になるという夢を持ち、マシューが経営する『劇団ボアベール』で、演出家・ビリーの指導のもと日々レッスンに励んでいた。
    心の中の語り相手として、いつもプリンセスに悩みごとなどを打ち明けていたマリア。その心の声は、遠い緑の星のプリンセスに届いていたのだった。

    母の病や劇団内の確執でだんだんと心が折れていくマリアの声を聞いたプリンセスは、マリアに会うため、はるか遠い地球へと旅立って行く──。

    公演概要 『マリアと緑のプリンセス』
    【会場】
    全労済ホール/スペースゼロ( JR新宿駅南口 徒歩5分)
    【日程】
    8月24日(木) 開演=18:30(B)
    25日(金) 開演=14:30(B)/18:30(G)
    26日(土) 開演=12:00(G)/16:00 …

  • DSC_8825

    貫地谷しほり、ディーン・フジオカとのキスシーンに「溺れそうだった・・・」 映画『結婚』初日舞台挨拶

    映画『結婚』の初日舞台挨拶が、6月24日、東京・角川シネマ新宿にて行われ、主演のディーン・フジオカをはじめ、共演の柊子、萬田久子、貫地谷しほりと、西谷真一監督が登壇した。

    本作は直木賞作家・井上荒野の同名小説を実写映画化。完璧なヴィジュアルと知性、そして匂い立つその色気で女性たちを虜にする結婚詐欺師・古海健児(ディーン)と、「結婚」という魔物に騙された女たちの孤独や欲望を描き出す、大人のための愛の物語。

    ディーンは、満席の客席を見渡しながら「ついに初日を迎えることができて感慨もひとしおです」と満面の笑みを浮かべて挨拶。
    「“完璧な男性”という世間のイメージとは違う、実際の自分は?」と問われると、「完璧・・・? そう言っていただけるのは嬉しいんですが」と少々戸惑いの表情を見せると「実は、さっき劇場に入る直前に、目にまつ毛が入っちゃって・・・、扉のところで必死に目をいじっていました」とジェスチャー付きでオロオロしていた様子を明かした。

    演じた古海との共通点と違いについて「僕は、犯罪はしたくないので、ああいう生き方はしたくないですね(笑)」と前置きし、「違いは、犯罪者か犯罪者でないか。共通点はあらゆることを駆使して自分でない人を演じて説得すること」と語った。

    ディーンのギャップについて「女性を相手にしないで一人で歩いているシーンには(いつものディーンとは)ギャップを感じました」と柊子。萬田は「私はまだ詐欺師に騙されたことないんですけどね」と言って会場の笑いを誘いつつ、「ディーンは、ギャップがないくらい詐欺師になりきって自然に演じられていた」と褒め、「詐欺師になれる可能性あるかもよ」といたずらな笑顔を見せた。

    一方、古海の妻・初音を演じた貫地谷は、ディーンとのキスシーンについて言及。「大雨の中でキスシーンをすることが、撮影の直前になって決まって。ディーンさんは背が高いから、(上を向いていた)私は口に水がいっぱい入ってきて溺れそうでした」と振り返り、「本当に大変でした」と監督に向かって恨み節。それでもディーンとのキスシーン。会場からは「うらやましい~!」と声が上がっていた。

    また、「大人の色気とは?」とMCに聞かれ、「う~ん、難しいですね」と回答に困ったディーンが、「ちょっとみんなでクロストークしてもいいですか?」と共演者たちに助け舟を求める場面も。すると、西谷監督から「腐りかけの果物だと思う。腐る直前が一番美味しくて食べごろだから」と話すと、一同納得。ディーンも「腐りかけです!」とニッコリ。それでも貫地谷が「え?私たち、腐れかけなんですか?」とツッコみ、会場の笑いを誘っていた。

    この日はディーンから観客に青いバラのプレゼントもあり、来場者たちは皆幸せそうな笑顔。「振込口座番号教えて!」といったプラカードを振るファンもおり、ディーンも大喜び。最後にディーンは「最初は女性の気持ちで。次は古海の気持ちになって、何度でもこの映画を観て楽しんでください」とメッセージを送り、最高の笑顔を振りまきながら会場をあとにした。

     

    映画『結婚』
    <あらすじ>
    結婚しよう──それが、彼の別れの言葉。
    完璧なヴィジュアルに知性的な会話、何よりも匂い立つその色気で女性たちを虜にする男がいる。彼の名は古海健児(うるみけんじ)、結婚詐欺師だ。ある時は小説家、またある時は空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。騙された女たちは、ついに古海の相棒・千石るり子にたどり着くのだが……。「結婚」という魔物に騙された女たちと、騙した男にうごめく秘密と哀しみ―。
    彼らが持つ孤独と欲望の行き着く先とは⁉そして古海の本当の目的とは⁉スタイリッシュな映像で描き出す、大人のための愛の物語。

    出演:ディーン・フジオカ 柊子 中村映里子 松本若菜 安藤玉恵 古舘寛治 萬田久子 貫地谷しほり
    原作:井上荒野「結婚」(角川文庫刊)
    監督:西谷真一
    脚本:尾崎将也
    主題歌:DEAN FUJIOKA「Permanent Vacation」(A-Sketch)
    製作:「結婚」製作委員会
    配給:KADOKAWA
    ©2017「結婚」製作委員会
    映画公式サイト:http://kekkon-movie.jp

    全国公開中

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44″;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId=0;rakuten_size=”600×200″;rakuten_target …

  • _O2A1912

    フランス映画祭『エル ELLE』上映にイザベル・ユペール、ポール・ヴァーホーヴェン監督が登場!

    第89回アカデミー賞 主演女優賞:イザベル・ユペール ノミネート
    第74回ゴールデン・グローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門 ):イザベル・ユペール/外国語映画賞W受賞
    フランスの至宝イザベル・ユペール
    ×
    『氷の微笑』ポール・ヴァーホーヴェン監督
    ×
     「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」原作者小説
    『エル ELLE』
    イザベル・ユペール、ポール・ヴァーホーヴェン監督来日!
    「フランス映画祭2 0 1 7」6/23(金)上映Q&Aイベント

    『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督が、フランスの至宝イザベル・ユペールを主演に迎えて放つ、話題の異色のサスペンス『エル ELLE』の公開日が8月25日(金)に決定!
    様々なドラマを生んだ本年度の賞レースで、本作はひときわ異彩を放ちながらも、131ノミネート68受賞(2017/6/2時点)と驚異的な数の賞をさらい、フランス映画にしてアカデミー賞主演女優賞ノミネートも果たした話題作。現在開催中の「フランス映画祭2017」にて6月23日に本作が上映され、ヴァーホーヴェン監督とユペールが揃って登壇。上映後に、観客とのQ&Aに臨んだ。

    約10年振りの来日となったポール・ヴァ―ホーヴェン監督と、監督の『ルドガー・ハウアー/危険な愛』を観たことが本格的に“女優”として生きていく覚悟を決めたきっかけになったというユペールは、ふたりで延べ約40社によるメディア取材をこなす傍ら一緒にランチに行くなど日本でもその息はピッタリ。割れんばかりの大きな拍手で迎えられたふたりは満足気な表情で、ヴァーホーヴェン監督は「東京はこれが5回目になりますが、今回はその中でも特に特別な機会になっています。それは、隣にイザベルがいてくれるからです」と挨拶。続いてユペールも「ポールと一緒にこの場にいられること、こんなに沢山の皆さんの前にいられることができてうれしく思います」と挨拶し、それぞれに相思相愛ぶりをにじませる。

    常識をはるかに上回る性格や行動力を持つミシェルについて、それに至った背景を聞かれたユペールは、「映画の中での出来事や経験を通して、ミシェルは自分自身を再構築していくのではないかと私は考えています。ミシェルの行動に対して何か原因はあるかもしれないけれど、それはあくまでも情報として描かれているので、皆さんには自由に解釈してもらえればと思います。ミシェルは、自分が(映画の冒頭に)襲われることをポジティブにとまではいかないですが、自分のアイデンティティと関連付けて考えていきます。“男性的な暴力”とはどういう動機から来るのかについて、自分が体験したことによって知りたいと思うようになるんです」と答える。

    ミシェルという複雑な人物像を作り上げるにあたり、ユペールとの事前のディスカッションについて聞かれた監督は、「物理的な場当たりなどの最低限必要なもの以外、彼女の性格などについてのディスカッションは一切していません。僕らの中で、それをすべきでないし何の助けにもならないと分かっていたからです。イザベルは、ミシェルとしてやるべきことを完璧に分かってくれていて、コミュニケーションの上で僕はただうなずくだけでよかった(笑)」とユペールに対して全幅の信頼を寄せていたことを明かす。

    Q&Aでは映画鑑賞直後の観客の興奮が伝わるような熱い質問が続き、それまで英語で質問に答えたユペールは、自分がフランス語で話し始めていたことに気付き、「私、いつの間にかフランス語になってるわね(笑)」と場内を笑わせながら、「ミシェルはある場面で話し方や雰囲気が突然変わります。彼女には皮肉もあればユーモアもあるけれど、この場面はひとつのゲームのようでもあるんです。」とミシェルというキャラクターを読み解く上でのヒントとなるものを教えてくれた。
    一番大変だったシーンを聞かれたユペールは「何もありませんでしたよ(笑) でもあえて言うなら小さな雀が死んでしまうシーンが一番大変でした。この映画のテーマは命だと思いますが、ミシェルはこんな小さなものでも救おうとするんです」と締めくくった。

    Q …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT