Open Close
  • 1201_homunculus_teaser

    綾野剛が記憶を失ったホームレス役に?!伝説的カルト漫画「ホムンクルス」衝撃の実写映画化!!ティザービジュアル解禁! ※コメントも到着!

    伝説的カルト漫画「ホムンクルス」衝撃の実写映画化!!!
    【綾野剛】が記憶を失ったホームレス役に!?
    禁断の実験で第六感が覚醒する!
    2021年4月2日より劇場公開決定!

    今夏の大ヒットTVドラマ「MIU404」や映画「ドクターデスの遺産-BLACK FILE-」での主演が記憶に新しい実力派俳優の綾野剛が、山本英夫原作の2003年~2011年まで『ビッグコミックスピリッツ』で連載された累計発行部数400万部超えの国民的カルト漫画を映画化した「ホムンクルス」に主演することが決定した。

    「呪怨」シリーズ、「犬鳴村」など、国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠 清水崇が監督を務める。異形の姿をした登場キャラクターのビジュアル描写や独創的な内容から9月の実写化情報解禁時にも驚きと不安と期待の声でタイトルワードがトレンド入りし話題となったが、連載開始から10年以上経て、清水崇監督と綾野剛の初タッグ作品として実写映画化が実現する。

    本作は、記憶も社会的地位もなくした主人公が、頭蓋骨に穴を開ける禁断の実験「トレパネーション」を受ける。それ以来、男の左目には人間の心の歪みが異形として見えるようになり、自らの記憶に隠された衝撃の真実と共に狂った運命の歯車が動き出していく……。
    “人間の正体”がリアルに映し出される衝撃的サイコミステリーとなっている。
    さらに、本作は、企画段階よりNetflixでの全世界独占配信が決定している。日本国内のみ全国の劇場で、鑑賞環境の整った劇場公開用の特別素材にて先行公開する。
    撮影は2019年12月から2020年1月に物語のスタート地でもある東京新宿の高層ビル群がそびえ立つ西新宿を含む東京都内などで行われた。

    ■ 主演 綾野剛 コメント
    全てが初めてでした。
    世界観も、表現も、生き方も。

    僕が山本英夫先生の漫画の世界に初めて触れた時、
    今までに出会った事のない感覚や悍ましさ、
    人間の奥底に眠る境地がそこにありました。
    映像作品となる本作にもその世界は確かに存在しました。

    世界は瞳に映るモノ、見えているモノが全てでは無いという事実をお届けします。

    ■ 監督 清水崇 コメント
    人の精神面を可視化して描いている原作に惹かれました。

    撮影しながら、次第に綾野君はじめとする俳優やスタッフ陣、
    そして自分のホムンクルスが見えてきました。

    どこのどんな文化圏の人にも通じる“人の脆さ”や“距離感”、
    その“交差”や“生きる価値観”などを本作で少しでも見つめ直したり、
    共有してもらえたら…と思います。

    ■ 原作 山本英夫 コメント
    人間(肉体)というタマネギの皮をむいていったら、
    その人の〝魂〟はどんなカタチをしているのか・・・・・・?
    そんな興味から、『ホムンクルス』を作ったのを覚えています。

    それが、10年経った今、、
    まさか実写映像で見られるとは・・・・・・
    とっても嬉しいです!!

    しかも、
    〝魂〟を視る主人公を、綾野剛さんが演じてくれるとはピッタリだと思いました!
    他の俳優陣も豪華キャストで・・・・・・
    はよ見せて。

    ■ 作品概要
    タイトル: ホムンクルス
    英表記:  HOMUNCULUS
    主演: 綾野剛
    監督: 清水崇
    原作: 山本英夫「ホムンクルス」(小学館「ビッグスピリッツコミックス」刊)
    配給: エイベックス・ピクチャーズ
    制作プロダクション: ブースタープロジェクト
    In association with Netflix
    (C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

    映画 「ホムンクルス」
    2021年4月2日全国公開

     

    rakuten_design …

  • あの頃。_ポスター

    松浦亜弥のMVを見て松坂桃李が涙を流す… 映画『あの頃。』2021年2月19日公開決定! 予告編・ポスタービジュアル解禁!

    映画『あの頃。』
    松浦亜弥「♡桃色片想い♡」のMVを見て
    松坂桃李が涙を流す・・・
    【【“推し”に出会って“仲間”ができた。】】
    ハロプロの名曲が彩る、笑いと涙の青春エンターテインメント!!
    <予告編・ポスタービジュアル解禁&公開日決定>

    松坂桃李が主演を務める映画『あの頃。』(2021年2月19日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー)より、予告編とポスタービジュアル、場面写真、そして公開日が解禁となった。

    本作は、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人によるハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)を実写映画化。
    ハロー!プロジェクトのアイドルにのめり込んでいく主人公・劔(つるぎ)を演じるのは、『娼年』(18)、『新聞記者』(19)などの話題作で様々な役柄に、果敢に挑み続ける松坂桃李。藤本美貴の魅力を熱く語るプライドが高くてひねくれ者のコズミン役には『今日から俺は!!劇場版』での今井役が記憶に新しい仲野太賀。石川梨華推しでリーダー格のロビ役に山中崇、痛車や自分でオタクグッズを制作する西野役に若葉竜也、CD ショップの店員で、劔がオタク仲間と出会うきっかけを作るナカウチ役に芹澤興人。 そして、ハロプロ全般を推すイトウ役に、本作が映画初出演となるお笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウ。映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する実力派俳優陣が集結した。そのほか、大下ヒロト、木口健太、中田青渚、片山友希、西田尚美ら若手演技派からベテランまで魅力的なキャストたちが脇を固める。メガホンをとるのは、『愛がなんだ』(19)や『mellow』(20)、『his』 (20)など次々に話題作を発表している今泉力哉。脚本は、これまで『南瓜とマヨネーズ』 (17)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18)などで監督・脚本を手掛けてきた、冨永昌敬。

    今回解禁となった予告編は、「いつも見てます、ずっと好きです、ずっと応援してます」とただならぬ表情で迫ってくる松坂桃李の衝撃的(!?)なカットから始まる。うだつの上がらない日々を過ごしていた劔だったが、ひょんなことから松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを目にしたことで、その人生は大きく変わっていく。軽快なリズムで曲が流れ始めると思わず弁当を食べていた箸を止め、心を奪われ食い入るようにブラウン管を見つめる劔。次第に、その瞳には涙が溢れ出すという、まさに雷に打たれたような”推し”との出会いのシーンは必見。また、ミキティ(藤本美貴)推しの仲野太賀演じるコズミンが神妙な面持ちで「藤本さんのルックスは素晴らしい」と褒め称える姿や、松坂演じる劔が「あややはスターなんだから!いつも松浦亜弥なのが当たり前じゃないですか」と真顔で熱弁する姿など”推し”への溢れ出す愛を感じさせる映像となっている。

    中盤からは、世代を超えて愛されるモーニング娘。の大ヒット曲「ザ☆ピ〜ス」に合わせ、“ハロプロの名曲たちが彩る笑いと涙の青春エンターテインメント”というテロップが躍り、仲間たち6人、銭湯でワイワイと過ごしたり、部屋で訳の分からないイタズラをし合ったり、気になる女の子との出会いがあったり・・・と、生きる支えである”推し”との出会いを通して、大切な仲間と自分の居場所を見つけ、遅れてきた青春を全力で謳歌する劔たちが、くだらなくも愛すべき日々を全力で楽しむ様子が垣間見える予告編となっている。

    同じく解禁となったポスタービジュアルは、「恋愛研究会。」と描かれたキャップを被った”ハロヲタ”松坂が真顔でこちら見つめる写真が印象的。下部には仲間たちと肩を組む笑顔の写真や、彼らの“推しと過ごした青春の日々”を切り取った写真があしらわれ、「”推し”に出会って “仲間”ができた。」という、キャッチコピーも添えられている。

    ◆本予告 

    ◆予告30秒 

    【ストーリー】
    中学10年生の夏休みのような、そんな毎日が永遠に続く気がしていた。
    大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、楽しいことなど何もなく、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを見たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、オタ活にのめり込んでいく。
    藤本美貴の魅力を熱く語るプライドが高くてひねくれ者のコズミンをはじめ個性的なオタク仲間と共に、「恋愛研究会。」を結成した劔。トークイベントや学園祭でのアイドルの啓蒙活動、ライブを開催したりと、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし、時は流れ、仲間たちはアイドルよりも大切なものを見つけて、次第に離れ離れになり…。

    監督:今泉力哉
    脚本:冨永昌敬
    原作:劔樹人「あの頃。 男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)
    出演:松坂桃李 仲野太賀
    山中崇 若葉竜也 芹澤興人 / コカドケンタロウ
    大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希 / 山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)/ 西田尚美
    製作幹事:日活 ファントム・フィルム
    配給:ファントム・フィルム
    ©2020『あの頃。』製作委員会
    2020 …

  • ★earth_カーテンコール_0452

    浜中文一主演 ミュージカル「Now. Here. This.」コメント&舞台写真

    11月28日(土)に東京・博品館劇場にてミュージカル「Now. Here. This.」が開幕。開幕にあたり、主演・浜中文一のコメントと舞台写真が届いた。東京公演は、12月13日(日)まで、博品館劇場にて。その後、埼玉、大阪、名古屋にて上演。【撮影:田中亜紀】

    [earth]カーテンコール
    左から 愛加あゆ、壮一帆、浜中文一、鈴木壮麻、彩乃かなみ、木内健人
    ミュージカルからストレートプレイまで活躍目覚ましい浜中文一主演、浜中以外のキャストは[earth][water]の2パターンで、寺西拓人(ジャニーズJr.)、壮一帆、鈴木壮麻など実力派が揃い、チームごとに違った魅力があふれる作品となった。

    壮一帆、鈴木壮麻

    愛加あゆ、木内健人、彩乃かなみ
    舞台は”自然史博物館のツアー”
    生命の神秘と歴史に触れ、いつしか”私”のアイデンティティへと導かれる……ユニークな傑作ミュージカル

    本作を手がけたのは、トニー賞にもノミネートされたブロードウェイの大ヒットミュージカル[title of show]のクリエイター陣。
    自然史博物館をツアーする4人の男女。おちゃらけた若者、真面目な青年、ワーカホリックの女性実業家、表現者を目指す女性。彼らは友人だけど、タイプはバラバラ。地球の起源から生物の誕生や進化、ヒトが誕生するまで…という「生命の神秘と歴史」に触れ、そこから自分自身のアイデンティティにも思いをはせる。今まで経験した偶然や必然、迷い悩み選択した結果、今の自分は生きている――。
    小さな舞台の上から、生命と人間にまつわる大きな世界を発信するユニークなミュージカル。頑張るすべての人類へのエールが詰まっている。

    愛加あゆ、壮一帆、彩乃かなみ

    今泉りえ、吉田要士

    小此木麻里、今泉りえ、綿引さやか
    浜中文一を中心に、ミュージカルの実力派が集結!!
    ひとつの戯曲から生まれる2パターンの化学反応に注目

    主演を務めるのは、演技力や歌唱・ダンスのスキルに高い評価があり、ミュージカルからストレートプレイまで精力的に活躍する浜中文一。浜中以外のキャストは、[earth][water]の2パターンで入れ替わります。[earth]には元宝塚歌劇団トップスターで、退団後も女優として多彩なジャンルの舞台で活躍を続ける壮一帆、数多くのミュージカル作品に奥行きと深みをもたらす演技巧者・鈴木壮麻ら、[water]には得意のダンスを武器に多数の舞台に出演し、注目を集める寺西拓人(ジャニーズJr.)ら、実力派が揃った。

    【浜中文一 コメント】
    お客様がどういう風な気持ちでどんなことを感じてくださるのか、また、僕たちがどんな風にこの作品を伝えられるか、それが今、不安でもあり、楽しみでもあります。
    この作品は、ストーリーが起承転結で進んでいく、というより、シーンごとにその場その場で出てくる感情や、描かれる情景を表現しています。『ああ、自分にもこういうことあったなぁ』と思い出すところも。時系列が行ったり来たりするので、なるべくわかりやすく、演出や舞台セットの力を借りながら、お客様に伝えられればと思います。
    人は、それぞれに色々なストーリーや経験があって、本当に様々、あると思うんです。それでも、自由に自分に自信を持って、生きることが大事と思わせてくれる作品だと思います。今回2チームでの上演で、初めての形式でしたが、楽しんでやらせていただきました。皆様も、楽しみにいらしていただければと思います。

    シーエイティプロデュース ミュージカル「Now. Here. This.」(フレキシブルバージョン)
    Book by Hunter Bell …

  • 紅葉鬼_童子奇譚_KV

    舞台「紅葉鬼」キャスト、ビジュアル、公演詳細発表

    原作コミックスはシリーズ累計発行部数350万部突破、2018年10月から12月にかけ放送されたTVアニメーションも話題となった「抱かれたい男1位に脅されています。」(月刊マガジンビーボーイ連載/リブレ刊)の劇中劇として描かれ、2019年に舞台化された舞台「紅葉鬼」。2021年1月8日(金)~14日(木)に日本青年館ホールにて上演される、その続編について、メインビジュアル・キャスト・スタッフ・チケットスケジュールが発表された。

     

     

    舞台「紅葉鬼」~童子奇譚~
    【原作】桜日梯子
    「抱かれたい男1位に脅されています。」(月刊マガジンビーボーイ連載/リブレ刊)

    【演出】町田慎吾
    【脚本】畑 雅文

    【CAST】

    <西條高人/経若(つねわか)>:陳内 将

    <茨木童子(いばらきどうじ)>:梅津瑞樹

    <渡辺綱(わたなべのつな)>:小坂涼太郎

    <イクシマ>:小波津亜廉

    <行成(ゆきなり)>:平 楓士
    <殺陣衆>:塚田知紀 三上真司 来夢 村上歩夢
    古川貴大 中土井俊允 藤原悠亮 佐藤慧一
    <熊武(くまたけ)>:髙木 俊

    <保名(やすな)>:富田 翔
    【STAFF】
    殺陣:六本木康弘
    音楽:TAKA
    美術:中村友美
    映像:川崎貴司(T.K.C)
    音響:ヨシモトシンヤ(sacra sound)
    照明:田中 徹(テイク・ワン)
    衣裳:木鋪ミヤコ(doldol dolani)
    衣裳製作:大屋博美(doldol dolani)
    ヘアメイク:茂木美緒
    演出補佐:小寺利光
    演出助手:岸 京子
    舞台監督:渡部景介
    技術監督:寅川英司
    宣伝写真:宮坂浩見
    宣伝美術:圓岡 淳
    【制作】トライフルエンターテインメント
    【主催】アニプレックス/ネルケプランニング/トライフルエンターテインメント/イープラス
    【公演日程】2021年1月8日(金)~14 …

  • ⑪DSC03151d

    竹内涼真初主演ミュージカル「17 AGAIN」 の製作発表 写真レポート

    11月30日(月)に行われた竹内涼真初主演ミュージカルル ミュージカル「17 AGAIN」 の製作発表の模様を写真でお伝えする。公演は東京公演が2021年5月16日(日)~6月6日(日)、その後、兵庫、佐賀、広島、名古屋にて上演。

    左より)有澤樟太郎  桜井日奈子 ソニン 竹内涼真 エハラマサヒロ 水夏希 谷賢一

    竹内涼真が初舞台・初ミュージカルに挑むことで注目を集める本作は、アメリカで製作されヒットしたコメディ映画「セブンティーン・アゲイン」(原題:17 AGAIN)をミュージカル化。
    映画では「ハイスクール・ミュージカル」シリーズのザック・エフロンが主演を演じた。

    製作発表には、演出の谷賢一とキャストの竹内涼真、ソニン、エハラマサヒロ、桜井日奈子、有澤樟太郎、水夏希 が登壇した。

    ミュージカル『17 AGAIN』
    公式HP: https://horipro-stage.jp/stage/17again2021
    公式Twitter: https://twitter.com/musical17AGAIN
    <キャスト>
    マイク[マーク]:竹内涼真
    スカーレット(妻):ソニン
    ネッド(親友):エハラマサヒロ
    マギー(娘):桜井日奈子
    アレックス(息子):福澤希空(WATWING)
    スタン(マギーの彼氏):有澤樟太郎
    マスターソン校長:水 夏希
    マーフィーコーチ/用務員:角川裕明
    ネイオミ:安田カナ
    ディーン:大原研二
    岡田治己、 小原悠輝、 松谷 嵐、 鯨井未呼斗、 長澤仙明、 松村桜李
    熊澤沙穂、 坂口杏奈、 佐藤彩香、 中西彩加、 町屋美咲、 森 莉那 (五十音順)
    <スタッフ>
    脚本:マルコ・ぺネット、 作曲・作詞:アラン・ザッカリー&マイケル・ウェイナー、 翻訳・演出:谷 賢一、 訳詞:高橋亜子、 音楽監督:長谷川雅大、 美術:土岐研一、 照明:原田 保、 音響:山本浩一、 衣裳:及川千春、 ヘアメイク:宮内宏明、 歌唱指導:林 絵理、 振付:AKIHITO、 演出助手:河合範子、 舞台監督:幸光順平
    【東京公演】
    期間:2021年5月16日(日)~6 …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT