Open Close
  • DSC_3268

    長渕剛に「剛コール」止まらず! 「早くみんなに会いたかった!」と笑顔! 映画『太陽の家』公開記念舞台挨拶

    映画『太陽の家』の公開記念舞台挨拶が、1月18日、東京・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、主演の長渕剛をはじめ、飯島直子、山口まゆ、潤浩、瑛太(2020年より永山瑛太へ改名)、広末涼子と、権野元監督が登壇した。

    本作は強面だが人情味の厚い大工の棟梁・川崎信吾と、シングルマザーの芽衣との交流から家族との繋がりを描き出す。信吾役を長渕、芽衣役を広末、信吾の妻・美沙希役を飯島、信吾の娘・柑奈役を山口、信吾の一番弟子・河井高史役を瑛太が演じる。

    昨年12月末に行われた完成披露舞台挨拶では急性腎盂炎のため急きょ欠席した長渕。今回は完全復帰となり、登場前から会場は長渕の登場を今か今かと待ちわびるファンの熱気で溢れていた。そして、スタッフから「本日、長渕さん、元気にいらっしゃっています」と告げられると、観客は大興奮となり「剛!“剛!」と“剛コール”が会場に響き渡る。熱い声援のなか、サングラス姿の長渕が登場すると、「お帰り~!」という声に。長渕は照れながらも「コンサート会場じゃないんだから、少しは考えろよ!」と笑顔を見せ、「みなさんに心配をかけたけど全快しました。みんなと会いたかったんで、本当に嬉しいです」挨拶。長渕の復帰に惜しみない拍手が送られた。

    長渕愛を目の当たりにした共演者たちも驚きつつも、長渕の復帰を祝福。妻役の飯島らが「お帰りなさい」と喜びを表し、瑛太は「舞台袖で待っている時、剛コールを聞いて、自分がまるで長渕剛になったような気分で登壇できて、幸せです」と言って笑いを誘った。

    長渕は「愛に満ちていて幸せだった」と撮影現場を振り返り、「それからプロモーションを1年近くやって、寝ても覚めても『太陽の家』でした。今日を迎えられて幸せ。共演者と監督と今日またお会いでき、これから本当に動いて行くんだなと感じています」と感慨深げ。

    長渕との共演に「台本を読んでいるときからドキドキしていた」と話す瑛太は、「クランクインの日に、ご挨拶をしたら『メシ食いに行こう!』と蕎麦を食べに連れて行ってくれて、『この現場は気持ちで思いっきりぶつかっていけるから』と教えてくださって。本当に優しい方」とエピソードを披露。そんな瑛太を長渕は「迫真の演技を見せてくれる。熱心な男なので侃々諤々としながら演じることができた」と称え、「(瑛太は)ロマンチックな男でねぇ。『剛さんのために買ってきました』と1エーカーの月の土地の証明書を持ってきてくれたんです。嬉しかったなぁ。お月様を見ると、俺の土地があるんだなあと思う。いつか一緒に月に行こうかと思う」と嬉しそうに瑛太を見やった。

    子役の潤浩くんの演技も注目が集まるが、長渕は「潤浩くんとはよく遊んだね。途中から芝居も何も関係なくなって、こっちが集中しているときでも『ねえねえ長渕さん』と話しかけてくる(笑)」と笑いながらも、「でも、しゃくに触るくらい演技が上手い。『そこで泣けよ』と言ったら『僕は本番だけだから』と返されたんですよ」と、潤浩くんのプロぶりに舌を巻いていた。

    ほかの登壇者たちも長渕との共演を喜び、彼から受けた刺激を吐露。静かに耳を傾けていた長渕は「自分が昔映画を撮っていたころはかなり保守的だったけど、、今回はいい意味でだいぶ変わっていた」とし、「今回、現場には総勢60名くらいのスタッフがいましたが、優しさに溢れた愛がある現場でした。それぞれのスタンスで、『俺たちはこういうものを作るんだ』という意識をみんな持っていた。クランクアップの時は、本当にみんなと離れたくなくなかった」としみじみ。そこでできたのが主題歌『Orange』だったという。「こんな出会いをもらったんだから、みんなにラブレターを書こうと思って」と説明する。

    最後に長渕が「みんなで一緒に走って作り上げました。この時代にどうこの映画が映るか・・・、たくさんの人に観てもらいたいです」とアピールし、舞台挨拶を締めくくる。登壇者が退場となると、花束やプレゼントを渡しに駆け寄ったファンに優しく微笑み返した長渕。会場は最後まで“剛コール”が鳴り止まなかった。

    【物語】
    神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾(長渕剛)。普段は強面風な川崎は、やんちゃで人情味の厚い男。そんな川崎が現場で木と向き合えば、職人気質なオーラを放つ。年頃の娘としっかり者の女房と幸せに暮らす川崎だが、そこは男!好みの女性には少々弱い。いつものように弟子の入江たちと現場で仕事に励んでいるところに川崎が無視できない保険会社の営業ウーマンが通りかかる。彼女の名前は池田芽衣。独身だと思っていた芽衣には、息子が一人。シングルマザーだった。父親を知らずに育った少年・龍生が気になる川崎。俺が男にしてやる!とばかりに、川崎の血が騒ぐ。半ば強引な川崎になかなか懐かない龍生だったが、徐々に男同士の触れ合いができるまで心を開いていく。そんな折、川崎はこの親子に家を作ろうと思い立つのだが、そんな父親の様子にどうも納得がいかない、娘と妻と弟子たち。しかし周りの不穏な空気も気にせず、家づくりに没頭する川崎の前に、突如龍生の父と名乗る男が現れて・・・。

    出演:長渕 剛 / 飯島直子 山口まゆ 潤浩 /柄本 明 上田晋也(友情出演)/ 瑛太 広末涼子
    監督:権野 元
    脚本:江良 至
    主題歌:長渕 剛「Orange」
    製作:喜本孝
    プロデューサー:遠藤茂行、飛田野和彦
    制作:楽映舎
    配給:REGENTS
    Ⓒ2019映画「太陽の家」製作委員会
    公式サイト:http://taiyonoie-movie.jp/
    公式Twitter:@TaiyounoieM

    TOHOシネマズ 日比谷他 絶賛公開中

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44″;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId …

  • Gringo_Japanese Poster Revised2

    映画『グリンゴ/最強の悪運男』一般試写会プレゼント!! <1月24日(金)開催>

    シャーリーズ・セロン製作・出演!ハリウッド豪華キャストで放つ
    リベンジ・エンターテインメントがついに上陸!!

    <試写会プレゼント>

    <極悪モンスター上司>への復讐に5億円の偽装誘拐を企てる<正直者社員>
    100%負け犬からの一発大逆転人生とは!?
    アカデミー賞®主演女優賞を受賞した『モンスター』で製作も手掛けて以来プロデューサーとしても活躍、『アトミック・ブロンド』、『タリーと私の秘密の時間』、デヴィッド・フィンチャー監督のTVシリーズ「マインドハンター」など数々の話題作を世に送り出してきたシャーリーズ・セロン。彼女が製作・出演する、お人好しで温厚で正直者すぎて、貧乏くじばかり引いてきた男の爽快かつ壮大にして、ラストカットまで完全予測不能のスーパーリベンジ・エンターテインメント『グリンゴ/最強の悪運男』 (キノフィルムズ配給)がついに2020年2月7日(金)全国公開!

    ラストの瞬間まで超高速の連続ドンデン返しの結末とは?
    朝から晩までマジメに働いたのに、もうすぐクビに! 友達だったはずの経営者にだまされた上に、妻には離婚される始末… パッとしない負け犬人生を歩んできたけれど、さすがにこれほどのどん底は初めてのハロルド(デヴィッド・オイェロウォ)は、極悪モンスター上司のリチャード(ジョエル・エドガートン)とエレーン(シャーリーズ・セロン)への復讐を誓う。出張先のメキシコで偽装誘拐を演じ、身代金5億円を奪うという、生涯初の悪事を企てたのだ。ところが、ハロルドが死ねば、会社に保険金が入ることに気づいたリチャードは殺し屋を雇う。果たして、貯めに貯めた悪運を爆発させた、ハロルドの一発大逆転の切り札とは?

    〈最強の悪運男〉ハロルドには、『グローリー/明日への行進』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたデヴィッド・オイェロウォ。そして己の欲望は必ずかなえる〈最強の性悪女〉エレーンを、オスカー女優にしてハリウッドのトップスター、シャーリーズ・セロン。ほか、アマンダ・サイフリッドらハリウッドの豪華キャストが脇を固めている。
    ※本作の公開を記念し、映画 『グリンゴ/最強の悪運男』一般試写会へ
    Astageをご覧の皆さまを抽選でご招待いたします!
    **************************************
    『グリンゴ/最強の悪運男』
    一般試写会ご招待券プレゼント
    ◆日時:2020年1月24日(金) 18:30開場/19:00開映
    (上映時間111分)

    ◆会場:キノフィルムズ試写室
    (東京都港区六本木7-8-6 AXALL六本木3F※東京ミッドタウン向い)
    ◆ご招待数:5組 10名様 
    **************************************
    ■応募方法
    Astageアステージ公式Twitterアカウント 「@astage_ent」をフォロー&リツート してくださった方、Facebookで「いいね」&メッセージを送ってくださった方の中から抽選で10組20名様へプレゼントいたします。
    必ず「フォロー&リツイート」、「いいね」の上、“『グリンゴ/最強の悪運男』一般試写会希望”とお書きください。
    Twitter   https …

  • DSC_3134

    山田涼介、ジャニーさんの言葉が忘れられない・・・と天を仰ぎ見る! 映画『記憶屋 あなたを忘れない』公開記念舞台挨拶

    映画『記憶屋 あなたを忘れない』の公開記念舞台挨拶が、1月18日に、東京・丸の内ピカデリーにて行われ、主演の山田涼介(Hey!Say!JUMP)と、共演の芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子と、平川雄一朗監督が登壇した。

    本作は、「忘れたい記憶」と「忘れたくない記憶」、人の<記憶>を巡る感動のヒューマンドラマ。主人公の遼一を山田、ヒロインで遼一の幼馴染 真希役を芳根、一部の記憶を失ってしまった杏子役の蓮佛、遼一の大学の先輩で弁護士の高原役に佐々木が演じる。監督は映画『ツナグ』、「義母と娘のブルース」など、数多くの感動作を手がける平川雄一朗監督が務める。

    上映後に舞台挨拶に立った登壇者たち。満足そうな観客を見渡した山田は、「双眼鏡でこちらを見ている人がいるけど、何を見ているのかな?(笑)」と不思議がると、芳根が「(山田の)毛穴じゃない?」と声をかけ、山田も「毛穴かぁ~」と言って笑った。

    芳根は、公開を迎え「子離れするようで寂しい気持ちもありますが、公開することが楽しみだったのでワクワクしていました。(公開日の)昨日もSNSを検索したら良いことばかり書いてあって嬉しかった」とニッコリ。

    本作の内容にちなみ、「忘れられない、この人のこの一言、このエピソードは?」と聞かれると、蓮佛は「16歳の頃、大林宣彦監督から『お芝居には正解も不正解もないので思いっきりやりなさい』と言われたこと」と答え、「今回もその言葉を思い出しながらやっていました」と語った。

    佐々木は「20年くらい前、それまで舞台しかやっていなくて初めて映像の作品に挑戦したとき、『やっぱり自分には合わないな・・・』と落ち込んだが、その時マネージャーから『いけると思うよ。向いていると思う』と言われたんです」と吐露。その言葉から現在まで映像作品にも多数出演を続けているのだが、「本人は『そんなこと言ったっけ?』って覚えてないんですよ」と苦笑い。それでも佐々木の心には大きく残っていたようだ。

    芳根は母から言われた言葉としながらも、「いつも通る床屋さんの前のホワイトボードに書いてあるんです」と明かし、「床屋さん、ありがとう!」と感謝していた。

    山田は、昨年亡くなった故・ジャニー喜多川氏の言葉をあげ、「ジュニア時代に、『YOUのこと、嫌いだよ!』と言われて、もう終わったと思ったら、その後滝沢くんの舞台の時に一人で踊るシーンがあって、ジャニーさんが楽屋に飛んできて、今度は『YOU、最高だよ!』と言ってきたんです。なんなんだ、この人は!と思ったけど、忘れられない」と伝えると、監督が「好きがあるから、嫌いがある。だから(ジャニーさんは山田くんのことを)好きだったんだよ」と。すると山田は「どうだったのかな~」と天を仰ぎ見ていた。

    ここで、監督からキャストたちに感謝の気持ちを伝えるべく、手紙を朗読。山田には「初めて山田くんに会ったとき、顔の美しさに思わず抱きしめたくなった。でも、演じている彼を見て、その美しさは内面から来ているんだと分かったんです。ジャニーズの先輩たちとは違う、山田くんの唯一無二の色を持っている。その色を大切にしていってほしいです」とエールを送った。芳根には「撮影現場ではたくさん泣かせてしまってごめんなさい」と謝ると、芳根は「何度も何度もやらされることもあって正直辛かったけど、負けず嫌いの私なので、絶対にやってやる!と思った。今では監督に感謝しています」と晴れ晴れとして笑顔を見せていた。

    映画『記憶屋 あなたを忘れない』
    <STORY>
    大学生の遼一は年上の恋人・杏子にプロポーズするが、その翌日から彼女と連絡が取れなくなってしまう。数日後に再会した彼女は、遼一の記憶だけを失っていた。信じられない遼一は、人の記憶を消せるという都市伝説的な存在「記憶屋」のことを知り、大学の先輩で弁護士の高原に相談して杏子の記憶喪失の原因を探り始める。
    幼なじみの真希や高原の助手・七海らと調査を進めるうちに、遼一は人々の中にある忘れたい記憶やその奥にある思いや愛に触れていくことに……。

    出演:山田涼介 芳根京子 泉里香 櫻井淳子 戸田菜穂 ブラザートム 濱田龍臣 佐生雪 須藤理彩
    /杉本哲太 佐々木すみ江 田中泯 蓮佛美沙子 佐々木蔵之介ほか
    原作:織守きょうや「記憶屋」(角川ホラー文庫刊)
    監督:平川雄一朗
    脚本:鹿目けい子 平川雄一朗
    音楽:髙見 優
    公式サイト:https://kiokuya-movie.jp/

    2020年1月17日(金) 全国ロードショー

     

    rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”09cb3a3a.f6e014dc.09f988f6.023d6a44″;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId=0 …

  • 【1月18日(土)朝7時解禁】「弱虫ペダル」★main_永瀬簾さん撮りおろしメイキング写真

    King & Prince 永瀬廉主演 『弱虫ペダル』実写映画化! 伊藤健太郎、橋本環奈とともに自転車ロードレースに初挑戦!2020年8月14日(金)公開!※コメントあり

    累計2500万部突破!
    大人気スポーツ青春漫画、初の実写映画化!
    『弱虫ペダル』
    King & Prince 永瀬廉主演
    伊藤健太郎、橋本環奈とともに自転車ロードレースに初挑戦!
    2020夏、一番熱い青春ストーリー始動!

    2020年8月14日(金)公開「弱虫ペダル」の映画化が発表された。

    累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画、「弱虫ペダル」。
    2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載開始され、連載は今年で12年を迎え、現在までで64巻が既刊されている大人気コミックス。アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされているが、満を持して今回が初の実写映画化。

    主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道(おのだ・さかみち)。あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなり、そこで出会ったかけがえのない仲間たちの為に、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく。

    主演はKing & Princeの永瀬廉。
    昨年は映画「うちの執事が言うことには」(東映)、ドラマ「FLY!BOYS,FLY!僕たちCAはじめました」(KTV/CX)に初主演し、グループとしては2回目のNHK紅白歌合戦に出場するなど飛ぶ鳥を落とす勢いだが、ロードバイク、超人気コミックスの実写映画主演ともに初挑戦。昨年12月より、帝国劇場「JOHNNYS’ IsLAND」の公演や年末の歌番組の合間を縫って、自転車練習をスタートさせた。2回目の練習では先生の指導の下、40km近くを出し、3回目の練習では山道を全力疾走するなど気合十分。原作やアニメにハマり、気づくと朝になっている日々を送っており、出演にあたって「とても光栄です。一つの競技に夢中になる選手の魅力をしっかりと伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいです!」とコメント。

    永瀬演じる坂道の良きライバル・今泉俊輔(いまいずみ・しゅんすけ)役には伊藤健太郎。
    ドラマ「今日から俺は‼」(NTV …

  • メイン

    映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』 30年間、3月だけで紡ぐ誰もみたことのないラブストーリーの全貌が明らかに! 本予告&本ビジュアル紹介!

    30年間、3月だけで紡ぐ
    誰もみたことのないラブストーリーの全貌が明らかに。
    すれ違いながらも惹かれ合った男女が迎える運命にきっと涙する――

    「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」、そして昨年NTV系列で放送し注目を集めた「同期のサクラ」など、多くのヒットドラマを生み出してきた稀代の天才脚本家・遊川和彦による第二回監督作品『弥生、三月 -君を愛した30年-』が3月20日(金)に全国公開を迎える。

    小説やマンガの実写化映画が数多く制作される現代において本作は完全オリジナル脚本による物語。注目すべきは“ふたりの男女の30年間を3月だけで紡ぐ”という誰も観たことのないラブストーリーです。昭和~平成~令和と時代を跨ぎ、運命に翻弄されながら愛を紡いでいく二人の半生を、これまでも数多くの映画・ドラマの話題作で様々なキャラクターを演じ、驚きと感動を届けてきた国民的女優・波瑠、今一番スケジュールを取れない大注目俳優・成田凌が演じる。

    この度、本作の最新予告映像とポスターが解禁!
    運命的な出逢いから30年、すれ違いながらも運命を信じたふたりの男女の激動のラブストーリー。本作の全貌が遂に明らかになる。
    高校時代に運命的な出逢いを果たした物語の主人公・波瑠演じる結城弥生<ゆうきやよい>と、成田凌演じる山田太郎。互いに惹かれ合いながらも、杉咲花演じる弥生と太郎の親友・サクラを病気で亡くしたことで想いを伝えられず、遂に二人は別々の人生を歩む。けれど弥生と太郎に待ち受けていたのは順風満帆な人生ではなく、それぞれ別の人との結婚や離婚、子供の頃からの夢の挫折、配偶者を亡くした災害…思い描いた人生とは異なり、思わず目を背けたくなる辛い現実に直面し、まさに人生のどん底を経験する。生きる希望を見失った二人の元に30年越しに届いた亡き友からのメッセージとは。果たして弥生と太郎の運命の歯車はどう動くのか…!?互いに惹かれ合いながらも別々の人生を選んだふたりの男女の、それでも運命を信じ続ける姿が涙を誘う感動的な予告映像に仕上がった。
    併せて解禁された最新ビジュアルは、30年間の3月の出来事を紡いだシーンがフラッシュバックする中で抱き合う弥生と太郎。「30年間、ずっとどこかであなたのことが好きだった」というコピーからは、想いを打ち明けられないまま年月を重ねてきた二人の、切なくも互いを信じ続けてきた愛を感じさせる。

    脇を固めるキャストには弥生の影響で教師を目指す青年・あゆむ役に映画初出演となる岡田健史。弥生の配偶者となる白井卓磨役を小澤征悦。根っからの明るい性格で太郎と弥生の背中を押していく太郎の母・山田真理亜役を黒木瞳。実力派俳優たちが本作を彩る。「同期のサクラ」で日本中を感動に包んだ遊川和彦が贈る、斬新かつ緻密なギミック、そしてあらゆる世代の心に刺さる感涙必至な本作にご期待下さい。

    映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』
    <STORY>
    1986年3月1日。運命的に出会った弥生(波瑠)と太郎(成田凌)。「もし、40過ぎても独身だったら、俺が結婚してやるよ!」
    互いに惹かれ合いながらも、親友・サクラ(杉咲花)を病気で亡くした事で想いを伝えられずに、別々の人生を選んだ二人。
    子供の頃に描いた夢に挑み、結婚相手を見付け子供が産まれ…。しかし人生は順風満帆では無く、離婚を経験し、災害に巻き込まれ、配偶者を無くし、あの時、抱いていた夢は断たれてしまう。
    希望を見失い、人生のどん底に突き落とされていた時、30年の年月を超えて、亡き友・サクラからのメッセージが届くー。

    脚本・監督:遊川和彦
    出演:波瑠 成田凌 杉咲花 岡田健史 小澤征悦/黒木瞳
    製作:電通 東宝
    配給:東宝 ©2020「弥生、三月」製作委員会
    撮影スケジュール:2019年3月~5月
    公式サイト:https://yayoi-movie.jp/

    3月20日(金・祝)全国東宝系にて公開!

    &nbsp …

CINEMA

STAGE/MUSICAL

MUSIC

INTERVIEW

TV

ASIA

Astage NAVI

RELEASE INFO

PRESENT