Open Close

平野紫耀は”告りたい派”? 平野の天然ぶりに橋本環奈、佐野勇斗らもお手上げ!? 映画『かぐや様は告らせたい -天才たちの恋愛頭脳戦―』大爆笑の完成披露舞台挨拶

 

DSC_2558

映画『かぐや様は告らせたい -天才たちの恋愛頭脳戦―』の完成披露舞台挨拶が、8月7日、東京・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、主演の平野紫とヒロインの橋本環奈をはじめ、共演の佐野勇斗、池間夏海、浅川梨奈、堀田真由、ゆうたろうと、河合勇人監督が登壇した。

現在週刊ヤングジャンプに連載中、累計発行部数700万部を突破する赤坂アカの大ヒット同名コミックを原作に実写映画化。私立・秀知院学園を舞台に、頭脳明晰の生徒会長・白銀御行と、文武両道で大財閥の娘で生徒会副会長・四宮かぐやの恋愛頭脳バトルムービー。白銀御行役を平野、四宮かぐや役を橋本が演じる。

DSC_2472

今回初共演となる平野と橋本はお互いの印象を“天才”と語る。平野について橋本は「皆さんがテレビで見ているまんまです。裏でも一緒。すごく変わってて・・・天才!」と言いつつ、「特に、言い間違い。自分のセリフを間違えても、この方は気が付かないんですよ!」と告白すると、佐野をはじめ登壇者たちもその言葉に同調。当の本人は「なんで、みんな笑ってるの?お芝居しないの?って思ってた。あとで考えたら自分が間違えていました」と苦笑い。橋本も「ときどき天才!気づいてない天才ですね(笑)」と大笑い。

一方、平野は橋本について「上品な女優さんって感じなんですけど、ギャップがあって意外と接しやすいんです。人と壁を作らないで接することができる天才です」と称え、「監督にもカンカン(橋本の呼び名)と何回目なんですか?と聞いたくらい。距離感が近いんです」と続けた。

DSC_2428

DSC_2474平野の天才(天然?)ぶりを佐野も、「僕は石上という役なんですが、『おい、石上!』と呼ぶセリフを平野くんが『おい、アラタケ!』って言うんです」と暴露すると、平野は「そのセリフを言う前に、音声のアラタケさんにマイクを直してもらってて・・・『ありがとうございます』って言ってたら、そのまま音声さんの名前が出ちゃって」と明かし、会場の笑いを誘った。

DSC_2484

生徒会書記・藤原千花役の浅川にも「寒くてホッカイロを貼っていたら、『ひやがりなの?』って聞かれて(笑)。たぶん、寒がりと冷え性が合わさって“ひやがり”になったんだと思うんですけど・・・」と話し、平野語録が毎日のように増えていったそう。平野は「頭の中に言葉がたくさん出てきて、そのうちに合体して口から出ちゃうんです」と説明するも、皆からの集中攻撃に「足の指がしびれてきた・・・」とタジタジの様子。

DSC_2523

そんな平野だったが、イベントでは映画のタイトルにちなんで「自分は告りたい派か、告らせたい派か?」を発表。それぞれ手にもったパネルで一斉に答えると、ゆうたろう以外はすべて“告りたい派”に。平野は「自分の中のルールがあって、告白するならやっぱり男からじゃないかなと思って」と男らしいコメント。続けて橋本が「やっぱり告りたいですかね~」と話すと、「ちょっと、聞いていい?それは告られてもいいの?」と質問する平野。そこから、他の登壇者が説明するたびに「ちょっと聞いていい?」と意見を求め、思わず司会者から「司会します?」と言われる場面も。橋本が話している最中も後ろで佐野のコソコソ話をしてみたりと、平野の自由ぷりいっぱいの笑いの絶えない舞台挨拶となった。

DSC_2429

DSC_2455

DSC_2457

DSC_2481

最後に橋本が「今日の倍率は凄かったようです。ぜひ映画を観てよかったらたくさんSNSで言ってほしいですし、また映画館に来てください」とアピール。平野は「キャストの皆さん、スタッフの皆さんが一丸となって、いかに皆がキュンキュンできるかにこだわって作った作品です。キュンキュンだったり感動だったり笑いが詰まっているので、これが欠けてるという人がいらっしゃったら、この劇場に、いやこの劇場でなくてもいいや(笑)、お近くの劇場に足を運んでいただけたらと思います。2度3度楽しめる映画になっています」とメッセージを伝え、舞台挨拶を締めくくった。

『かぐや様は告らせたい-天才たちの恋愛頭脳戦―』
公式サイト:https://kaguyasama-movie.com/

9月6日(金)全国東宝系にて開戦!