Open Close

田中圭出演 舞台「夏の砂の上」の全キャスト発表

2022 年 11 月から上演される舞台「夏の砂の上」の全キャストが発表された。すでに田中圭 西田尚美 山田杏奈に加え尾上寛之 松岡依都美 粕谷吉洋 深谷美歩 三村和敬が出演する。公演は世田谷パブリックシアターを皮切りに、兵庫、宮崎、愛知、長野にてツアー公演も予定されている。

夏の砂の上_全キャスト組写真

1998 年に初演された本作は、劇作家・演出家の松田正隆が生まれ育った長崎を舞台に描いた作品で、1999 年 読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞した松田の代表作の一つ。

主人公・小浦治を演じるのは田中圭。テレビや映画等多彩に活躍しながらも、舞台への出演は欠かさず並々ならぬ意欲を持つ田中が、真摯な演技を高く評価された「CHIMERICA チャイメリカ」から 3 年ぶりに、栗山演出に挑む。
夫を捨て家を出ていく妻・恵子を演じるのは、舞台や映像作品で唯一無二の存在感を発揮する西田尚美。
若手実力派として映像作品に多く出演する山田杏奈は、本作品が初の舞台出演。
さらに、新時代のバイプレイヤーとして注目される尾上寛之、 2020 年に第 55 回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した実力派の松岡依都美、 また舞台を中心に活躍し演出家が信頼を寄せる粕谷吉洋、深谷美歩、三村和敬と、豊富な舞台経験を持つ俳優が揃い、登場人物の心情の揺れが幾重にも積み重なる作品世界を、丁寧に描き出す。

《あらすじ》
ある地方都市、坂のある街。
坂にへばりつく家々は、港を臨む。
港には錆びついた造船所。
夏の日。セミも暑がる午後。

造船所の職を失い、妻・恵子に捨てられた小浦治のもとに、家を出た恵子が現れる。恵子は 4 歳で亡くなった息子
の位牌を引き取りに訪れたのだが、治は薄々、元同僚と恵子の関係に気づいていた。
その時、治の妹・阿佐子が 16 歳の娘・優子と共に東京からやってくる。阿佐子は借金返済のため福岡でスナックを
開くと言い、治に優子を押し付けるように預けて出て行ってしまう。
治と優子の同居生活が始まる。

『 夏 の 砂 の 上 』
【作】松田正隆 【演出】栗山民也
【出演】田中圭 西田尚美 山田杏奈
尾上寛之 松岡依都美 粕谷吉洋 深谷美歩 三村和敬
【日程】 2022 年 11 月
【会場】世田谷パブリックシアター(*兵庫、宮崎、愛知、長野にてツアー公演あり)
【お問合せ】 世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515 https://setagaya-pt.jp/
【主催】 公益財団法人せたがや文化財団 【企画制作】 世田谷パブリックシアター
【後援】 世田谷