Open Close

古川雄輝 主演映画『風の色』 富川国際ファンタスティック映画祭からレッドカーペットコメント到着!

ファンタジックでミステリアスな大人のための上質なラブストーリー誕生
『猟奇的な彼女』『僕の彼女はサイボーグ』の監督最新作

『風の色』

2018年正月第二弾、公開決定!
富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭からレッドカーペットコメントも到着!

kazeiro002

ドラマ「イタズラな Kiss〜Love in Tokyo」の入江直樹役や NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」の村田健太郎役で、日本全国はもとより中国を始めとするアジア全域で人気爆発した古川雄輝・主演、ヒロインには 1 万人のオーディションから選ばれたシンデレラ・ガール/藤井武美が共演する『風の色』(配給:エレファントハウス/アジアピク チャーズエンタテインメント)が、2018年正月第二弾に、TOHO シネマズ 日本橋他、全国ロードショー公開する。

流氷の北海道・知床と東京を舞台に、同じ容姿の2組の男女が織りなす、神秘的で幻想的な「愛」の物語です。それぞれが 1人2役という難しい役どころを演じた2人を、本作では竹中直人、袴田吉彦、中田喜子ら日本映画界のベテランが脇を支えています。監督・脚本は、日本でも『猟奇的な彼女』、『ラブストーリー』、『僕の彼女はサイボーグ』などのヒット作で知られるクァク・ジェヨン。
公開決定の他、映画場面写真に加え、7/13行われた富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭から、クァク・ジェヨン監督、古川雄輝、藤井武美のレッドカーペットコメントが到着した!

kazeiro006

本作は、監督自らが「自分史上、最高のラブストーリー。生まれ変われるなら、自分もこんな恋がしたい。」と語るほどの、ファンタジックでミステリアスなラブストーリー。『ラブストーリー(原題:Classics)』(2003)を手掛けた、クァク・ジェヨン監督ならでは演出で、大人のための上質なラブストーリーが誕生した。
本年度の韓国・富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭で特別招待作品に選ばれ、本日(7/13)のレッドカーペットには、クァク・ジェヨン監督、古川雄輝、藤井武美が参加。特に中国版ツイッターWeibo のフォロワー数が 100 万人を突破するなどアジアで絶大な人気を誇る古川雄輝の登場に、沿道を埋めたファンからの割れんばかりの歓声が響いた。3人のレッドカーペットコメントは、以下の通り。

「風の色」新メイン

・クァク・ジェヨン監督:
10 年前の 2007 年から準備した本作が、日本で公開されることが決まり感無量です。特に、ここ韓国・富川(プチョン)の映画祭で一番初めに上映されることを大変嬉しく思います。上映チケットが 1 分で売り切れたということで、驚きと同時にとても嬉しい気持ちでいっぱいです。多くの観客と会場で会えることを楽しみにしています。私の新作「風の色」を、みなさんが気に入ってくださることを期待しています。

・古川雄輝:
日本公開が発表できて嬉しいです。すごくいい作品が出来たので、たくさんの方に見てもらいたいです。今回は、海外のレッドカーペットに招いていただき光栄です。海外の方の反応が楽しみでワクワクしています。みなさんと共にこの映画祭を楽しみたいです。

・藤井武美:
今作では、ヒロインに選んでいただいたり、北海道での撮影だったり、海外のレッドカーペットに参加させていただいたりと、初めてのことばかりで、とても光栄に思い、感謝しています。頑張ったので、自信はあります。たくさんの方々に見て頂き、どうのように受け取ってもらえるかとても楽しみです。

「風の色」写真船

「風の色」写真流氷

<STORY>
「もし、別の次元にこの世界とまったく同じ世界が存在し、そこに自分とまったく同じ人間が生きているとしたら。そして、その二つがある瞬間に、つながってしまったら……」。
人はなぜ生き、そして愛するのか。流氷の北海道・知床と東京。そこで生きる二組の男女。二つの世界が交錯し、結ばれる愛の先には……。 人間の存在の本質を、ミステリータッチで紡ぎながら贈るラブストーリー。

監督・脚本:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美、石井智也、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子、竹中直人
英題「COLORS OF WIND」 2017 年
製作:「風の色」製作委員会
配給:エレファントハウス/アジアピクチャーズエンタテインメント
ⓒ 「風の色」製作委員会
*原作小説:「風の色」(講談社刊)(著:鬼塚忠/原案:クァク・ジェヨン)
<BOOKOFF(ブックオフ)が選ぶ恋愛文学ベスト 10 の中の 1 冊に選出>
公式サイトURL:http://kaze-iro.jp

2018 年正月第二弾 TOHO シネマズ 日本橋他、全国ロードショー!