Open Close

井ノ原快彦、道枝駿佑と“タメ口協定”を結び、ギターをプレゼントする後輩思いの一面も! 映画『461個のおべんとう』完成披露試写会

DSC_5507

映画『461個のおべんとう』の完成披露試写会が、10月13日、東京・丸の内TOEIにて行われ、主演の井ノ原快彦をはじめ、共演の道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀の豪華キャストと、兼重淳監督が登壇した。

渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)を『キセキ -あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』で知られる兼重淳監督の手で映画化した本作は、ミュージシャンでありながら息子のために3年間お弁当を作り続けるシングルファーザー・一樹の葛藤と、息子との絆を描いた物語。主人公の鈴本一樹役を井ノ原、その息子・虹輝を関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット「なにわ男子」に所属する道枝駿佑が演じる。

舞台上には渡辺氏が実際に作られたお弁当の写真が一面に飾れ、その写真を見た井ノ原は「これが一つひとつ、手作りで作られていたと思うと圧巻ですね!」としみじみ。

DSC_5415

この日は、登壇者たちがそれぞれお弁当のおかずをイメージしたという衣装で登場。井ノ原は「何と言っても卵焼きですよ」と、チラリと見える黄色と白色のストライプのシャツを指さし、道枝が「僕はきんぴらです」と言うと「え?どこがきんぴらなの?僕は認めないぞ」とツッコミながらも「道枝家のきんぴらなの?」とやり取りし、仲の良さを見せつけた。そんな道枝は外出自粛中にチーズドックを作ったそうだが、家族にふるまったものの「不評でした・・・」と苦笑い。

DSC_5418

劇中で見事な卵焼きを作ってみせる井ノ原だが、「毎日、作ってみんなに食べてもらっていましたよ」と、その苦労と吐露。井ノ原の作った卵焼きを食べたという道枝は「紅ショウガが入った卵焼きが凄く美味しかったです」とニッコリ。実際に井ノ原が作っている場面を見た阿部は「プロ並みのフライパンの扱いでした」と絶賛していた。

DSC_5496

本作は、“お弁当”がテーマになっているが、ライブ、学園、恋愛などいろいろなシーンが取り込まれている。印象に残ったシーンを聞かれると、若林は「僕らがお弁当を食べているシーンはアドリブです。でも、3方向から撮っていたので、あとで監督の編集が大変だったみたいですけど(笑)」と楽しそうに振り返り、森は「ライブシーンがカッコ良すぎて! これからも続けて活動してほしいです」と井ノ原たちが劇中で結成したバンドの続投を希望。

DSC_5439

DSC_5467

DSC_5441

同じ質問に、井ノ原は「鎌倉の自分の家として、1か月借りて撮影したんですが、そこから見える景色、そして坂道が人生と重なって印象的でした」と明かし、「あと、最後にミッチー(道枝)と一緒に歌を歌えたことが良かったですね」と笑顔を見せると、道枝も「(井ノ原とのデュエットは)新鮮でしたし、楽しんで歌うことができました」と井ノ原を見やった。

DSC_5463

DSC_5408

また、二人の年齢差は26歳。井ノ原はその年齢差を埋めるため、“タメ口協定”を提案したそう。今回の撮影時に井ノ原が道枝にギターをプレゼントしたそうだが、道枝が「ちょうど(所属する)なにわ男子の全国ツアーでギターを披露することを井ノ原さんに伝えたら、『ギター何本あるの?もう1本あったほうがいいんじゃない?』と言って貸してくれたんです。いつ返したらいいかと思っていたら、『じゃ、あげるよ』って」と、打ち明けると、井ノ原は「今後、ミッチーがまたギターを練習して上手くなってくれればいいなと思って」と優しさをみせる。そこで「今でも練習してるの?」と井ノ原に聞かれた道枝はここでも「うん、やってるよ」と堂々とタメ口で返していた。

461obento_Hposter_200822

【ストーリー】
長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。父を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な時期を迎えていた時期の離婚なだけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。これまで自由に生きてきた一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい”と思っていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。そして翌年の春、見事に高校に合格。ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの?お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。 慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。 ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も…一樹の怒涛 のお弁当作りが始まる――。

■出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
森 七菜、若林時英、工藤 遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
■監督:兼重 淳(『キセキ -あの日のソビト-』)
■ 脚本:清水 匡 兼重 淳
■原作: 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)
■公式サイト: https://www.461obento.jp/
■公式Twitter: @461obento
©2020「461個のおべんとう」製作委員会

2020年11月6日(金)全国ロードショー!