Open Close

ミュージカル『スリル・ ミー』成河×福士誠治インタビュー 成河「どう生きてきたかが全部ばれちゃう」×福士「100%裏切りますよ」

ミュージカル『スリル・ ミー』は、“私”と“彼”、2人の俳優と一台のピアノだけで繰り広げられる、実際の少年誘拐事件を基にした心理劇。100分という上演時間を貫く緊迫感、舞台から押し寄せるエネルギーが、客席を覆い圧倒する。他に類をみない作品として、絶大なる支持を得て2011年の初演から2014年まで再演を重ねてきた。
その『スリル・ ミー』が4年ぶりに、2018年12月14日(金)からの東京芸術劇場シアターウエストを皮切りに大阪・名古屋でも上演される。

キャストは、初演から再演・再々演と出演してきた松下洸平×柿澤勇人ペアと、初出演となる成河×福士誠治ペアの2組。

IMG_2126
成河        福士誠治

今回、Astage は成河 ×福士誠治に取材が叶った。
舞台を中心に活躍の場を拡げている成河、映像・舞台と幅広く活躍してきた福士誠治。二人が、初タッグを組み、どんな世界を作り出すのか。
しっかり話し合うのはこの日が初めて…とは思えない、息の合ったふたりの、本作への熱い思いをお伝えします。

IMG_2165

―オファーが来た時についてお話し頂けますか?
福士:いまだにオファーいただいたのか?仮押さえかもしれないと思っています。 (笑)
成河:ああ、僕たちは「取り消されるかもしれない」って危機感が、いつでもありますから。
福士:そうなんですよ…。(スタッフから「大丈夫です!」の念押しが入り、真顔になって)この作品は挑戦的な作品だと思って不安もありつつ…不安の方が大きかったかな。
成河:そうなんだ…。
福士:でも近年は不安になる作品に足を踏み入れるということを意図的にしていきたい、自分の安全圏だけだと広がらないと思っていたので、そういう意味でもとても刺激的な作品だと思い受けさせて頂きました。
成河:僕は最初、この作品は女性向けのファンタジックな作品なのかと思って天王洲銀河劇場に観に行きました。ところが観てみたら、それは大きな間違いで、とても良かった。と同時に男性の観客がほとんどいないことに驚きました。だから自分がこの作品をやってみると考えた時、この環境や市場に自分が入っていくという想像がつかなくて、最初はちょっと尻込みしました。
でもプロデューサーさんがたくさん話を聞いて下さって、栗山さんと相談して下さり、キャストも3チームや4チームではなく、2チームにして下さった。話し合いをしていく中で「なにか、自分にできることがあるかなぁ」と思って「よぉ~し!」と決めました。作品としてはとても骨太で、やりがいを感じると思いました。
そして、僕はミュージカルをやらせて頂き始めて日が浅いですけれど…

―えっ?!
成河:いや、まだホントに日が浅いんですよ。だから日本語の歌唱に興味があります。
翻訳劇を日本語でセリフを言って日本語で歌唱をする。そのバランスは、どこが一番おもしろいのか。どこがお客様にとって一番不自然でなく、リアルに感じてもらえるのか?等身大に感じてもらえるのか? まだ多くの方がいろいろな実験をしたり工夫をしたりしている最中ですが、僕もとても興味があります。それをやっていくには、この作品はうってつけです。
そのためには芝居と歌が分離しないでシームレスであることが大切で、『スリル・ ミー』はそうなり得る作品だと思っていたので、その挑戦もしたい。これでダメだったら、僕はミュージカルを諦めます! (一同驚愕!!)
福士:すごい覚悟の要る作品だ!!
成河:日本語歌唱は50年100年、少しずつ形を変えていくと思います。正解があるものではないし、時代ごとに変化していくと思います。究極をいえば、日本人の誰もが英語が分かるようになって、英語歌唱でよくなる時代が来るでしょう。今は日本語歌唱を楽しむ時期だと思いますし、僕は歌唱についてはまったくの素人なので「どんな歌唱がおもしろいのか?」をイチから考えたい。

IMG_2193

―この作品に一番のものを探っていく?
成河:少なくともきれいなものは求められていないでしょうから。
福士:歌を歌として認識したくないですね。
成河:ギターを弾くことにしたら?
福士:それはめちゃくちゃ歌を認識しています!より一層奏でようとしてますよ!(笑) ミュージカルですから、歌を聞きに来ている方もたくさんいらっしゃるでしょうけれど、今回、究極はおしゃべりしているように歌いたい。話しに伴奏がある…というのが理想というか。
歌が無い芝居の時は、芝居を助けてくれる描写の音楽が流れたりする。伴奏に合わせるというところもある。ミュージカルなら、イントロが流れて「さぁ、今から歌いますよ~」という感じで歌が始まるけれど、この作品では芝居の後ろでもピアノの旋律はずっと流れている。そして僕らの芝居から歌へのタイミングにピアノがパッと合わせてくれる。
成河:「歌っていませんけど?」って顔しながらやりたい。
福士:そういう強さのある作品の気がします。
成河:「そういえば歌っていたな」と思うくらいが…
福士:上演中はずっとピアノを弾いていますよね。だからこの作品の土台にステージとピアノがセットである。それを認識した上に、僕らがそこに乗っかる。そういう感覚になれたらいいなぁと思います。

IMG_2184

―今のお話は、すでにおふたりで話しておられたのですか?
成河:いえ、ゆっくりちゃんと話しするのは今日が初めてで…。
福士:今日、取材を通していろいろと理解してきていますね。
成河:遠くからちょっとずつ近寄っていくような感じです。
福士:今も話をしながら「ふたりの色は一緒かもしれない」と感じて「よかったな」って思っています。
成河:この時間は楽しいです。あまり直接的に追求しすぎずに、「こうかも?」「もしかしたら?」なんて…
福士:夢を語っている時間かもしれないね。
成河:稽古に入る前に決め切らないってことは絶対条件です。
福士:そうですね。
成河:可能性ですよね。10の中から1つを選んだのか、50の中から1つを選んだのか、100の中から1つを選んだのか、同じ1つを選んだのだとしても、見え方が全然違います。それを10で止めてしまうのか、50か100か。今はアイデアを出せるだけ出して…、ギターも出して。(笑)
福士:ギターはいいですね
成河:リコーダーだって、ありかもしれない。(爆笑)ありとあらゆる可能性を探っていきたいですね。

IMG_2238

―どういう稽古なのでしょうか?
成河:まずは歌を覚えなきゃね。(笑) 稽古では大変な思いができたらいいですね。でも栗山さんは、何度も繰り返しては稽古させてくれないんですよ。
福士:稽古は早いですか?
成河:早いよ~!
福士:稽古が早いのは好きですけれど…。
成河:役者をちょっと不安にさせておくという心情があるようです。でもそれは大切なことですよね。形で覚えてしまいがちになるので。前進をやめてしまうことに、栗山さんはとても敏感です。それよりも「ずっと考えつづけて」「悩みつづけて」という課題を与えて下さいます。
福士:髪の毛抜けそうです…。
成河:ただ、栗山さんがこれまで決めてきた動きや世界観や立ち位置などを、今回はどこまで継承していくつもりなのか、どこまで新しいものを求めているのか、まだ今はまったく分からない。いざ栗山さんと対峙するとなった時に、どうなるのか。スリルがありますね。

―前評判も高く、お客様の期待も高まっています。
福士:100%裏切りますよ!
成河:裏切らないと始まらない作品ですから。
福士:「よかった~」という感想だけでは帰したくないって気持ちがありますね。
成河:憤慨する人が出たり…
福士:いい意味で賛否両論が出てほしい。
成河:そう!この作品は賛否両論が出てこなきゃ。反論が出ることを分かって作られている作品なので、おもねったらマズイです。これまでとお客様も変わってきたなら、そのお客様と対峙して更に大きく裏切っていかなきゃならないと思います。そのプレッシャーは大きくなっていくでしょうね。それは松下くん×柿澤くんペアも同じだと思います。

―これまでおふたりともにいろんなジャンル、さまざまな公演に出演してこられた、その経験はご自分の中で手ごたえみたいにあるのでしょうか?
福士:コメディが好き、ミュージカルが好き、いろいろなお客様がいらっしゃると思いますが、小劇場も大劇場も回る劇場もいろいろ経験させてもらっているのは、経験値としては大きいとは思いますが…。今回は原点に戻って、お客様と対峙して心の動きを楽しんでもらえるような作品のような気がします。どうなるか、楽しみにしてもらいたいです。
成河:俳優として積み上げてきた引出しの中から技術を披露していくというのは、演劇としては最低な見世物になってしまうと思うので、その時、その時を懸命にやっていくしかないと思います。ただ、自分のことは分からないのですが、「今回のペアが誠治くんでよかったな」と思っています。それは、今日一日、取材を通して話をしてきて誠治くんが「渡り歩いてきた」のを感じたから。
福士:あ~、いまだに綱一本です!陸がない!(笑)
成河:渡り歩いている人を、僕は信用します。もちろん専門があっていいと思いますけど、日本の演劇を考えてみると渡り歩くしかないはず。さっきの幾つの中から1つを選ぶのかと同じで、渡り歩いている人が選ぶ1つですから。
福士:どんな公演でも「どう面白い公演にするか」しか考えてこなかったです。今は成河くんとの『スリル・ミー』をどうおもしろく…怖いとかあらゆる意味を含めて、どうおもしろくしていくか、そればっかりですね。
成河:シンプルな作品なだけに「どう生きてきたか」が全部ばれちゃうと思います。
福士:それが一番怖いよね。王道のラブソングを歌うようでもあり、感情を込めるだけが良いのでもない気がする。答えのない迷宮に入りそうな作品です。
成河:楽しみましょう、迷宮を!

IMG_2131

ミュージカル『スリル・ ミー』
原作・音楽・脚本 :STEPHEN DOLGINOFF
翻訳・訳詞:松田直行
演出 栗山民也

キャスト
成河
福士誠治

松下洸平
柿澤勇人

ピアノ伴奏 朴 勝哲

東京公演
2018年12月14日~2019年1月14日  東京芸術劇場シアターウエスト
チケット料金:全席指定(税込) 8,500円
※12月24日(月)、1月4日(金)、7日(月)、11日(金)に追加公演決定

大阪公演
2019年1月19日〜20日 大阪・サンケイホールブリーゼ
チケット料金:全席指定(税込) 8,500円
ブリーゼシート5,000円 全席指定(税込)
※1月19日(土)、20日(日)に追加公演決定

名古屋公演
2019年1月25日 2回 名古屋・芸術創造センター
チケット料金:全席指定 9,500円(税込)
U-25チケット5,000円(税込)

公式HP http://hpot.jp/stage/thrillme2018

IMG_2240

 成河×福士誠治 サイン入りチェキプレゼント はこちらから