Open Close

ミュージカル「HEADS UP!」再び!哀川 翔、相葉裕樹、橋本じゅん、中川晃教の初演キャストに池田純矢が参加!

「HEADS UP!」再演メインカット解禁用_2017

ミュージカル「HEADS UP!」は、2015年11月にKAAT神奈川芸術劇場で初演されたラサール石井による原案・作詞・演出のオリジナルミュージカル。
初演時のKAAT公演では、観客は痛快な歌にダンスに心踊らせ、演劇業界ならではの「あるある」ネタに大爆笑。そして感動のラスト…。
ミュージカルならではの贅沢な音楽とダンス、ラサール石井のサービス精神、倉持裕の巧みな脚本に豪華キャスト陣・・・贅沢で幸せな作品だと大好評を博した。

その記事はこちら!

『また観たい!!』との熱い要望に応えて、初演からバージョンアップし、2017年12月14日(木)~17日(日)までKAAT神奈川芸術劇場にて再演。
さらに富山・長野・大阪・愛知・山梨、そして2018年3月2日(金)~12日(月)まで、TBS赤坂ACTシアターでも上演される。

<原案・作詞・演出/ラサール石井>
初演が「舞台愛に溢れた、日本発のオリジナルミュージカル」と大好評、大成功に終わった「HEADS UP!」その再演が早くも決まりました。しかもキャストの大半がそのままで!
今回は神奈川芸術劇場を皮切りに地方をまわり、TBS赤坂ACTシアターに帰ってきます!
前回見逃した方は是非、ご覧になった方も、バージョンアップした「HEADS UP!」を再度御体験ください!

<主演/哀川 翔>
ミュージカル界の実力者達と又、ご一緒出来るなんて、幸運です。力の限り頑張ります。

♪ミュージカル「HEADS UP!」
原案は、数多の舞台作品を創り続けてきたラサール石井。かねてより、客席から観ているだけでは到底想像のつかない【舞台制作のスタッフワーク】にスポットを当てた群像劇を描きたい、と想いを熱くするも、さして珍しくもないバックステージもののミュージカル、且つ主人公の職業は、その仕事内容が一般的に知られていない「舞台監督」…と、中々実現には至らず、構想を練ること10年。ついに、ウィットに富んだ笑いと人間の機微を丁寧に描き出す筆力に定評のある倉持裕による脚本、さらに、幅広いジャンルの音楽に精通している玉麻尚一が音楽を手掛け、石井自らの演出でミュージカル「HEADS UP!」が誕生しました。一度聴いたら忘れられないメロディーと、エスプリの効いた笑いにドタバタコメディー、そして登場人物の心情を描き出す緻密さが、見事な化学反応を起こしました。ミュージカルファンだけでなく全てのエンタメファン、そして裏舞台で懸命に働く大人全てに向けた人間賛歌でもあります。

♪物語
ミュージカルファンなら誰もが知る”あの名作”が1000回目の公演を終え、華々しく終了する、はず…だった。しかし、主演俳優の鶴の一声で、某地方都市の古い劇場で1001回目を上演することに!さあ、現場はてんやわんや。舞台美術は廃棄済み、スタッフの人手も足りない、キャストのスケジュールも押さえていない…、さらに、舞台の総指揮を執るのはこの作品が初めて、という新人舞台監督!とんでもない条件の中でもスタッフたちは必死に幕を開けようと奮闘する。幸か不幸か、チケットは完売、つまり観客が待っている!!

果たして幕は無事に開けられるのか…。そして主演俳優が1001回目の上演にこだわった理由とは…?

 公演タイトル ミュージカル「HEADS UP(ヘッズアップ)!」
原案・作詞・演出 ラサール石井
脚本 倉持 裕
出演 哀川 翔 相葉裕樹 橋本じゅん 青木さやか 池田純矢
今 拓哉 芋洗坂係長 オレノグラフィティ 陰山 泰
岡田 誠 河本章宏 新良エツ子 井上珠美 外岡えりか
大空ゆうひ 中川晃教 ほか

作曲・音楽監督 玉麻尚一
振付 川崎悦子

公演日程・会場
【神奈川公演】  2017年12月14日(木)~17日(日) KAAT神奈川芸術劇場
【東京公演】   2018年3月2日(金)~12日(月) TBS赤坂ACTシアター
2018年1月~2月 富山・長野・大阪・愛知・山梨 ほか 地方公演あり
公式ホームページ http://www.m-headsup.com/
公式ツイッター @KAATHEADSUP