Open Close

音楽劇『瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々』観劇レポート

3度目の上演となる音楽劇『瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々』が、草月ホールにて10月5日に幕を開けた。
稽古場取材を見て、是非とも観劇したいと劇場にでかけ、10月7日昼公演を観劇した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
愛加あゆ 和田琢磨  原田優一

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

物語の舞台はドイツ、瀧廉太郎(和田琢磨)の留学先の部屋。
瀧の東京音楽学校時代の友人、岡野貞一(原田優一)が東京から仕事でドイツにやってきて、瀧の部屋を訪ねるところから話は始まる。

だが瀧は不在だった。
同じアパートには、日本人で初めて音楽でヨーロッパに留学してきた幸田幸(愛加あゆ)が住んでおり、彼女の身の回りの世話をしているフク(星野真理)が連絡してくれたおかげで、瀧がアパートに戻ってくる。

同じ東京音楽学校で学んだ瀧、岡野、幸田。ここで原田と愛加によって1曲目の唱歌が歌われる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この舞台では「唱歌がいい」とは聞いていた。
だがこれほどにいいとは思いもしなかった。 1曲目からがっしりと心つかまれ、美しい歌声に心洗われる心地になった。

歌のうまさは折り紙つき、本作も3度目の出演となる原田優一はもちろん、今回が初出演となる愛加あゆの歌声が美しい。唱歌が心に沁みるとは…実に思いがけない驚きと感動に包まれた。
そして、その感動は舞台の終わりまで、何曲か歌われるすべての曲で繰り返された。
唱歌を聞いて、舞台を観ながらも頭の中に景色が広がるような・・・・そんな状態に自分がなるとは…まったく思いもしなかった。

舞台上では、隠してきた瀧の事情が次第に明らかになってくる。

絶体絶命の瀧…彼を支えたのは…
その物語の行方は稽古場取材の記事からご覧ください(ネタバレあり)。

説明くさい台詞はないのだが、登場人物たちの性格までも一瞬で分かった気になる不思議さこそ、演劇の面白さだろう。
リアルさと緊張感の中に、原田が生み出す笑いが絶妙なタイミングでこぼれだし、心地よい芝居のテンポを作っていく。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛加は豊かな音楽の才能と女性らしさの両方を兼ね備えた女性を、星野は芯の強さを秘めた女性を、明るく潔く見せてくれる。
和田はイケメンを眼鏡の奥にそっとしまいこんで、心も体も窮地にある瀧廉太郎を時に抑えて、時に爆発させて見せた。

物語半ばからラストまで、観客は涙をぬぐい続け、客席からは時に嗚咽する声がもれるほど。
熱い感動を呼ぶ切ない希望を描いて、これほど温かな作品を他に知らない。生きる意味をじっくりと、しかも前向きに考えさせてもらった。

広い年代の方に訴え、楽しんでもらえる上質の作品だからこそ、3度目の上演となったのだと、改めて感じた。

公演は10月10日(月・祝)まで。 お見逃しなく!

公演概要
公演名:音楽劇『瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々』
公演日程:2016年10月5日(水)~10日(月・祝)@草月ホール
脚  本:登米裕一 演出:板垣恭一
出 演:原田優一、愛加あゆ、和田琢磨、白又敦・服部武雄(Wキャスト)、
佐野瑞樹、星野真里
ピアニスト:YUKA
チケット料金:S席8,000円、1階席6,800円、2階席6,000円、3階席3,300円  ※未就学児童入場不可
お問合せ:株式会社ショウビズ 03-3415-8832 http://www.show-biz.jp