Open Close

世界最高レベルの歌声!! ミュージカルショー『4Stars 2017』東京開幕

ミュージカル界のトップスターが集結し、世界最高レベルの歌声を堪能させてくれるミュージカルショー『4Stars 2017』が大阪公演に続き、12月20日に東京でも開幕。
初日前に、4人のスターが囲み取材に応じ、プレスコールとして2曲を披露した。

314IMG_4893

ラミン・カリムルー  シエラ・ボーゲス   シンシア・エリヴォ   城田優

本公演では豪華オーケストラをバックにブロードウェイの名曲からウィーン・ミュージカル、そしてディズニーのミュージカル映画の名曲まで40曲を4人で披露する。
中には、シエラ・ボーゲスラミン・カリムルー、ブロードウェイやウエストエンドでその役を務めた「オペラ座の怪人」などの名曲もあり、シンシア・エリヴォがトニー賞を受賞した「カラー・パープル」もあるのだが、プレスコールでは ♪「輝く未来(I See The Light)」と ♪「踊り明かそう(I Could Have Danced All Night)」.の2曲のみが公開となった。
わずか2曲ながら、伸びやかなでパワー溢れる4人の歌声とその美しいハーモニーは贅沢な限り。素敵な世界を感じさせてくれた。

314IMG_4643

314IMG_4679

314IMG_4827

囲み取材では、まず出演する4人が登壇。最後に、今回から演出をつとめるサラナ・ラパインが登壇した。

314IMG_4902

大阪での公演を大成功に終え、東京にやってきた4人は笑顔で登場。
ラミン「ともてエキサイトしています。東京大好きですし、戻って来られて嬉しく思っています。新たな3starsと共に公演をすることをとても楽しみにしています」
シエラ「この会場でできることを嬉しく思います。昨日サウンドチェックをしましたが4にともハッピーな状態でいます」
シンシア「東京に来るのは初めてですが、すてきなこの3人とご一緒できてエキサイトしています。どのようなお客様なのかも楽しみに公演をしたいと思っています。

40曲のうち20曲を歌う城田優。「苦労したのは歌詞。15曲は英語、フランス語とスペイン語が1曲ずつ。僕はもともと英語が話せると思っておられる方もいらしゃるかと思いますが、中学で初めて英語の教科書を開いて触れ合ったので、英語は独学です。発音と歌詞を覚えるのは大変で、何度も挫折しました」と言いながらも「ただただ反復。ひたすら読む、書く、歌う」でマスター。
「大阪公演では緊張していたのですが、3人のポジティブな力に支えられて、舞台の上で久しぶりに楽しいなと思いました。東京公演も世界トップの3人の歌声を一人でも多くの方に見ていただきたいという気持ちでいっぱいです」と会心の笑顔を見せた。

314IMG_4928

今回、初めて加わったシンシアと城田もこんなに仲良し。

314IMG_4970

トーク中も互いに顔を合わせながら、ずっと笑顔。

後半には今回の演出を手がけるサラナ・ラパインも参加。

314IMG_5025
サラナ・ラパインは、来年4月の上演の「フォトグラフ51」の演出も担当。

サラナは「今回のコンサートはいろいろな作品から楽曲を披露するコンサートではあるが、そこにストーリーが展開している。ベル・フックス(bell hooks)の書いたものにインスピレーションを強く受けて、テーマは、愛を探求すること。困難なときにも、いかに愛を失わないでいるか・・・です」「事前に城田優さんにお会いして細かくお話しができ、大きなインスピレーションをもらいました。城田さんの寛大でオープンで親切な心や、熱心な探究心が、今回の大きなインスピレーションとなりました」と語った。

世界最高の歌声の持ち主たちが、すてきなチームワークで見せてくれるコンサート、ミュージカルショー『4Stars 2017』は、12月28日(木)まで東京国際フォーラムにて上演。

 

『4Stars 2017』に登場する4人のスターというのは・・・

初来日となるシンシア・エリヴォ(Cynthia Erivo)
「カラー・パープル」の主演であるセリー役でブロードウェイ・デビューし、2016年のトニー賞主演女優賞を受賞。グラミー賞とエミー賞の受賞経験を持つ。その他の代表的な舞台作品は「天使にラブ・ソングを」、「ラスト5イヤーズ」など。

そして、以下の3人は4年前の『4Stars』にも出演した。

ラミン・カリムルー( Ramin Karimloo)
「レ・ミゼラブル」(ジャン・バルジャン)、「オペラ座の怪人」(ファントム)、「ラブ・ネバー・ダイズ」(ファントム)などを演じ、巨匠アンドリュー・ロイド・ウェバーにも愛されて「オペラ座の怪人25周年記念公演」ではファントムを演じた。今年の3月からブロードウェイで「アナスタシア」に出演中。

シエラ・ボーゲス( Sierra Boggess)
ブロードウェイ・ミュージカル版「リトルマーメイド」の主人公アリエル役のオリジナルキャストとしてブロードウェイデビュー。ロンドンで「ラヴ・ネヴァー・ダイズ」のクリスティーヌ役、ブロードウェイで「オペラ座の怪人」クリスティーヌ役などを演じた。

そして城田優(Yu Shirota)は、映画・ドラマで活躍するのみならず、2010年にはミュージカル「エリザベート」で最年少でトート役を演じ岩谷時子賞奨励賞、読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。2018年もミュージカル「ブロードウェイと銃弾」が控える。