Open Close

堤真一、橋本良亮(A.B.C-Z)主演★俳優とオーケストラのための戯曲「良い子はみんなご褒美がもらえる」来春上演

2019年4月20日(土)~5月7日(水)TBS赤坂ACTシアターにて、堤真一と橋本良亮主演、トム・ストッパード作『良い子はみんなご褒美がもらえる』を上演する事が決定した。大阪公演は5月11日(土)~5月12日(日)フェスティバルホールにて上演される。

オフィシャル画像『良い子はみんなご褒美がもらえる』

原題のEvery Good Boy Deserves Favourは、五線譜を覚えるための英語の語呂合わせ。つまり私達日本人で例えれば、ルート2を「ひとよひとよにひとみごろ」などと覚えるような言葉。
語呂合わせの文章・・・、その意味を問うと、「とにかくそういうものだから、覚えれば良いのだ」と言われ、そして確かにその語呂合わせは他人との共通の正解を共有することも可能にする。しかし、一個人の思いや考え、好きなもの、嫌いなものまでこの語呂合わせのように正解を求められたら、どうなってしまうのか?
本作は、舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『アルカディア』、映画『恋に落ちたシェイクスピア』等で、日本でも多くのファンを持つ英国劇作家の巨匠 トム・ストッパードが、俳優とオーケストラの為に書き下ろした異色作。彼の作品の特徴でもある言葉遊びと明瞭なユーモアと哲学的観念がふんだんに盛り込まれ、オーケストラがBGMや歌の伴奏を演奏する影の存在ではなく、劇中に登場するというかなり斬新な作品。

出演は、硬派な役からユーモアたっぷりな個性的な役まで演じ分け、舞台だけでなく映画・テレビと幅広い活躍を続ける堤真一、メインボーカルとしてA.B.C-Zでの音楽活動の一方で、『コインロッカーベイビーズ』等の演技で魅せる俳優としての表現力に注目が集まる橋本良亮が主演を務め、演出には英国ロイヤルバレエを中心に世界的に活躍、2014年R.オリヴィエ賞受賞のウィル・タケット。言葉と音と身体のもつ表現を最大限に引き出し、このストッパードの異色作の決定版を創作する。

独裁国家の精神病院の一室。誹謗罪でつかまった政治犯の男(堤真一)と、自分はオーケストラを連れていると主張する妄想に囚われた男(橋本良亮)が精神病院で同室となる。想像することの自由(橋本良亮)と言論の自由(堤真一)を主張する二人を通して、「自由な世界」が故に他人と異なることへの「不自由さ」を感じる現代社会に、ストッパードが贈るアイロニー。

【出演:堤真一 コメント】
トム・ストッパードの作品は2年前の『アルカディア』に続いて2度目となります。今回はストッパードならではの知的な台詞に加えてオーケストラが奏でる音楽とともに表現していきます。僕にとってもオーケストラと一緒に芝居をするのは初めての挑戦となります。
「アレクサンドル」は政治犯にも関わらず精神病院に収監されてしまいます。「社会の常識」から外れているとレッテルを貼られてしまった男がどのように自由を手にするのか、ストッパードが皮肉も込めてつくったこの作品をぜひ堪能してもらえたら嬉しいです。

【出演:橋本良亮(A.B.C-Z)コメント】
35人のオーケストラと舞台上で同じ空間に存在するというのがどんな感じになるのか、まだ想像があまりつかないですが、凄い事だなって思うし、嬉しい気持ちと緊張感が非常にあります。舞台でオーケストラというと、どうしてもオーケストラピットでの演奏や伴奏をイメージしますが、この戯曲はそうではなく、芝居に参加している感じ。要するに役者とオーケストラのメンバーのみんなが主役なんだと思います。
僕が演じるのは、堤さんが演じる「アレクサンドル」と同じ精神病棟に収容され、自分の目の前に常にオーケストラが存在し、演奏していると妄想する「イワノフ」という役で、とても起伏の激しい役柄です。
今回、大先輩である堤真一さんとご一緒できることは非常に光栄で楽しみで仕方ありません。難しい題材ではありますが、堤さんの胸を借りて良い芝居が出来るように、自分を信じて頑張りたいと思います。ぜひ多くの皆さんに劇場でこの舞台をお楽しみいただきたいと思います。

【演出:ウィル・タケット コメント】
今は『Every Good Boy Deserves Favour』を上演するのにパーフェクトな時ではないかと思います。
われわれが信頼を置くべき当局が、ますますわれわれが真実ではないと分かっていることを受け入れ、信じろと言い、権力者とわれわれの間の関係はますます張り詰めたものになっています。
今日の政治状況は、この芝居が書かれた1970年代の状況とは非常に異なるものかもしれませんが、われわれと真実との間の関係、われわれ個人としての自由、自由であるという感覚は、これまでになく複雑になってきています。
ストッパードの辛辣なウィットと、プレヴィンの親しみやすいが曲想的には難解な音楽の組み合わせが複雑な雰囲気を醸し出し、演劇構造の中で音楽とテキストが同じ重みをもって絡み合っています。
本作の設定は架空の、典型的な絶対主義国家ですが、自由のためにわれわれは何を放棄する心の準備があるのかについて、場所と時間の間を揺れさまよいながらじっくりと考えることができます。

【公演概要】
公演タイトル:俳優とオーケストラのための戯曲「良い子はみんなご褒美がもらえる」
作:トム・ストッパード/作曲:アンドレ・プレヴィン/演出:ウィル・タケット/指揮:ヤニック・パジェ
出演:堤真一、橋本良亮(A.B.C-Z) 他
公演日程:東 京 2019年4月20日(土)~5月7日(水)@TBS赤坂ACTシアター
大 阪 2019年5月11日(土)~5月12日(日)@フェスティバルホール
チケット料金(全席指定税込):東 京10,000円/大 阪 S席:10,000円ほか
前売開始:2019年2月9日(土)
お問合せ:パルコステージ TEL:03-3477-5858(月~土 11:00~19:00/日・祝 11:00~15:00)
http://www.parco-play.com

◆STORY◆
舞台はソビエトと思われる独裁国家の精神病院の一室。
誹謗罪で投獄された政治犯の男 アレクサンドル・イワノフ(堤真一)と、自分はオーケストラを連れている主張する
精神病患者 アレクサンドル・イワノフ(橋本良亮)。政治犯と妄想に囚われた二人の男は精神病院で同室となるが・。