Open Close

劇団プレステージ企画公演『あいつのチョキ』ゲネプロ取材レポート 「自分たちとゼロ距離のところにある話」

2005年から着実に歩みを重ねてきた【劇団プレステージ】が描く
大人になれない30代の男達の青春群像

「あいつのチョキ」集合
秀光   今井隆文
 向野章太郎   小池惟紀    長尾卓也    大村まなる

作・演出を担当する今井隆文が、「自分たちとゼロ距離のところにある話」と語る、劇団プレステージ企画公演『あいつのチョキ』。本作は2018年2月27日(火)より、東京・千本桜ホールで開幕した。
俳優として10年活動してきて、そこそこテレビや舞台には出ているものの、売れるところまではいけていない藤井竜司(長尾卓也)。藤井の小学校からの友達で、今は引きこもりだと噂になっている鈴木拓真(大村まなる)。ラッパーとして地味に活動を続けている河本雷太(小池惟紀)。公務員として堅実な生活を送っている阪口祐(向野章太郎)。
物語は藤井とその友人という、数々の「現実」に直面した4人の「32歳」たちが、「夢」を追い続けるのか、それともあきらめるのか……。どちらの選択が正しいのかもわからぬまま、葛藤する姿を描き出す、大人の青春群像劇になっている。

舞台③「あいつのチョキ」向野_長尾_小池

舞台①「あいつのチョキ」長尾_今井

この作品が2作目の脚本、4作目の演出となる今井。この作品を構想した経緯について聞くと、俳優として活動していく中で「夢を追いかけていてすごい」と言われることが多く、「それって客観視したらどういうことなんだろう?と俯瞰して書いたらこうなった」、と振り返る。
「最初に台本を読んだときに、エッジの効いた内容をやるんだなという印象があった」と大村が語るように、ギャラ、仕事の理想と現実、マネジメントとの関係など、劇中のエピソードはどれもリアルで「やっていて、心が痛くなる部分がある」という秀光の言葉もうなずける。その他のメンバーも「役に嘘がない」(長尾)、「他人事とは思えない」(小池)と自分自身と重なり合う要素を実感しながら、それぞれの役に挑んでいる。

舞台⑥「あいつのチョキ」長尾_小池_向野

その中でも「彼の演技次第で、この作品は変わってしまう」と今井が話すように、藤井役の長尾は作品の全体のトーンを決定づける重要なパートを担う。これまで陽性のキャラクターを演じる機会が多かった彼が、藤井の持つ振り幅をしっかりと表現。そして、大村のナイーブな少年性と安定した演技が反映された、鈴木との情感あるラストシーンにも注目だ。2人の演技が、最後の藤井の選択に確かな説得力を与えている。

舞台⑤「あいつのチョキ」小池

また、得意のラップを演劇に落とし込みながら河本を演じ切る小池、大人の立場から「大人になりきれない大人」を叱る、マネージャー斎藤と鈴木の父の2役をブレずに演じる秀光。さらに肩に力を入れず、おっとりした阪口を演じる向野の姿には(阪口を演じるにあたっては、進む道が見えなかった20代半ばの頃の感覚が反映されているとか)、「非若手」だからこその経験が生きている。そして藤井の母を演じる今井も、シリアスに傾きすぎそうになる流れに笑いを添えている。
「これは、劇団プレステージの第二幕の幕開けとなる作品になると思っている」と大村が語る通り、リアルな台詞の積み重ねによって紡がれた、この「ゼロ距離」の物語は、今後の劇団プレステージの活動にも、大きな影響を与えるものになるはずだ。
公演は3月6日(火)まで。

【「あいつのチョキ」 当日券情報】 全公演、当日券を販売。
当日券は会場にて各回開演の40分前に抽選での販売。
詳細は 劇団プレステ―ジ 公式HP:http://amuse-gekipre.com/

公私共に劇団員がお世話になっている先輩から素敵なコメントも到着。

山崎樹範アー写_クレジット_photo by mao yamamoto  
photo by mao yamamoto

【山崎樹範 コメント】
劇団プレステージ座長の今井君とは長い付き合いです。大人になるとそう簡単に友達なんて出来ない。今井君は数少ない大人になってからの友達です。そして尊敬しています。劇団を守っていくのは計り知れない苦労があります。カムカムミニキーナの劇団員として座長を見てきたからよく分かるのです。とてもじゃないが私には出来ません。そして今井君は結婚しました。おめでとう!お会いした事がありますが、とても可愛い奥様。長く彼を支えてくれている。最近は今井君をテレビで観る機会も増えた。私よりも沢山出ている。
……くそっ!だんだん腹立ってきた。あいつ波にのってるじゃねぇか!?こけろ!
「あいつのチョキ」こけろ!!
でも、どうせ面白いんだろうなぁ。劇団プレステージはいつも面白い。男しかいないのを逆手にとって自由に遊んでいる。男子のバカバカしさを存分に描きつつ、切なさやいとおしさを照れのオブラートに包みながら表現してくれる。全ての女子に観てほしい。彼らの芝居こそが男子のありのままです。男ってバカだけど、捨てたもんじゃないなと必ず思って頂けるはずです。私も今から観に行くのが楽しみです。
最後に業務連絡です。劇団プレステージ最年長の向野章太郎さん、あなたこそそろそろ素敵な相手を見つけて落ち着いて下さい。
以上、山崎樹範略してやましげでした!

【山崎樹範・プロフィール】
東京都出身。1995年劇団カムカムミニキーナに参加。1997年フジテレビ「白線流しスペシャル~19の春」でドラマデビュー。2002年関西テレビ「天体観測」で連続ドラマレギュラー初出演以降はドラマ、映画、舞台、CM、バラエティとマルチプレイヤーとして活躍中。最近では月刊誌「ダ・ヴィンチ」のコラムの執筆やNHK「猫のしっぽカエルの手」ナレーション等さらにその幅を広げている。

 

諏訪雅アー写

【諏訪雅 コメント】
今井くんとはなんだかんだで7回くらい舞台の共演をさせてもらってまして、僕のことを劇の先輩として慕ってくれたり、毛髪の量で愉快な気分にさせてくれたり、高い声で慰めてくれたり、人一倍の努力で引っ張ってくれたり、不気味な顔面で愚痴を受け止めてくれたり、長めの指で宣伝ツイートをリツイートしてくれたり、全身から”優しい”が漏れ出てる男だなあと感じています。「あいつのチョキ」もきっと”優しい”が漏れまくったチョキになってると思うので、そのチョキに目潰しされる覚悟で劇場に行こうと思ってます!

【諏訪 雅(すわ まさし)・プロフィール】
1976年生まれ、奈良県出身。’98年に上田誠と永野宗典を誘って劇団「ヨーロッパ企画」を旗揚げ。
外部公演の他、TVドラマ・映画への出演、脚本・演出、映像作品のディレクションも手がける。
劇団公演で販売する『ヨロッパ通信』の編集長、コラム連載など文筆面でも活動中。
近年の参加作品に
【ショートムービー】『マスマティックな夕暮れ』(脚本・監督)
【舞台】ヨーロッパ企画『出てこようとしてるトロンプイユ』(出演)
【ドラマ】『魔!淀川キャッチボール部』(脚本・監督/大阪チャンネル)、『炎の転校生 REBORN』(Netflix)
【TV】『ことばドリル』(NHK Eテレ)
【MV】クリープハイプ『イト』(出演)などがある。

《公演概要》
■タイトル:劇団プレステージ企画公演「あいつのチョキ」
■脚本・演出:今井隆文
■出演:今井隆文、向野章太郎、小池惟紀、大村まなる、秀光、長尾卓也
■会場:千本桜ホール
■公演日程:2018年2月27日(火)~3月6日(火)
■チケット料金:前売3,800円/当日4,300円(全席自由・整理番号付・税込)
■チケット一般発売:2/105日(土)10:00~
■公演・チケットに関するお問い合わせ:
アミューズチアリングハウス
Tel. 03-5457-3476(祝日を除く月~金 15:00~18:30)
■公式HP:http://amuse-gekipre.com/
■主催:アミューズ
■企画・製作:劇団プレステージ アミューズ

≪あらすじ≫
藤井と鈴木はいつも一緒だった。
年を重ねるにつれ、2人はなんとなく距離を取るようになった。
「友達ってなんだ?」
恋愛だったら、最終的に、結婚っていう契りがある。でも、『友達』には、確固たる定義が存在しない。                                         何が『友達』なのか?大人になって、昔の友達を思い出す。
「あいつ今何やってんだろう?」
大人になるってなんだ?自分が描いた30代ってこんなもんだっけ?
藤井の身にいろんな問題が降りかかる。
そんな時、突然、仲の良かった鈴木と再会する。鈴木は最後に切り出した。
「久しぶりにじゃんけんでもしようよ」と・・・。

【劇団プレステージ】とは・・・
2005年にプロジェクトとしてスタートし以降7年間、キャパ100席足らずの小劇場で公演を重ね、2013年からはCBGKシブゲキ!! 、2015年8月には劇団初の大阪公演、東京での劇場を紀伊国屋サザンシアターに移し、9,000人を動員。NON STYLEの石田明氏を脚本に迎えたり、人気劇団のヨーロッパ企画さんとのコラボ公演を経て、昨年は“直球ど真ん中”の笑いあり、涙ありの泥臭くも熱いエンターテインメント作品「URA!URA!Booost」を紀伊国屋サザンシアターで15公演行い大盛況のうちに終える。
舞台活動以外には、動画メディア『ストラボ東京』での企画・構成・出演、コミュニティFM・渋谷のラジオにて毎週(木)「渋谷のラジオの学校」のレギュラー活動中。