Open Close

第29回東京国際映画祭『シェッド・スキン・パパ』記者会見

img_9193
佃典彦 ロイ・シートウ フランシス・ン  ルイス・クー ジェシー・リー ジャッキー・チョイ  (子供はサイマン)

佃典彦による戯曲『ぬけがら』を原作とし、フランシス・ン(呉鎮宇)、ルイス・クー(古天楽)という香港スター出演の『シェッド・スキン・パパ(脱皮爸爸)』が、10月26日に上演され、記者会見が行われた。

img_9073

『ぬけがら』は『第50回岸田國士戯曲賞』を受賞し、香港の『香港話劇團』が2011年に現地の演劇賞主要7部門を独占受賞した作品。
2014年には日本でも日本語と広東語との公演が同時期に行われた。

原作者の佃が「僕だけ日本人です」と笑わせ「芝居の台本を香港のスターとロイに素晴らしい映画にしてもらって」と挨拶したが、記者会見の時点では、まだ映画は未見。この後の一般上映を観客と一緒に観る予定とのこと。

img_9086

佃が「初めて会ったときに、兄弟のような気がした」と言うのは、本作の監督、ロイ・シートウ(司徒慧焯)。ロイも「初めて会った時、親戚のような方だと思った」と、そして本作の日本での上演を「夢が叶った」と言う。

フランシスは映画を見た時「時分でも感動し、撮影で苦労したことを思い出しました」「映画に息子と一緒に出演し、一緒に歌う機会をもらって、父として感動しました。映画の中でも外でも、父としての役割を果たせたと思います」と思い入れはひとしおの様子。

img_9109

ルイスは「撮影前に、フランシスが僕の自宅に来て父と語り合った」「撮影でフランシスの姿を見ていたら、80才台を演じた時に、だんたん父に似てきて、僕も芝居に入り込めた」との秘話を披露した。

img_9051

フランシスが「どの年齢の役も難しかったが、球場での若い年の時が、息子との年齢が近くて親子に見せるのが難しかった」と言えば、ルイスは「フランシスが10代の時の場面が難しかった。父なのに僕より年若くて。父をぶつ場面では、自分も父をぶつことが出来るかな…と考えた」と答えた。

会見では「フランシスの実の息子」で子役で出演していたサイマンが、フォトセッションのみに登場。眠かったのか、少し不機嫌で、それをなだめるフランシスが、すっかり父の顔になっていた。