Open Close

山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、ダチョウ倶楽部にチーム力を見せつける! 「カッコよくて強い時代はもう終わり!これからは面白くてコミカルなやつ!」 映画『DTC-湯けむり純情編- from HiGH&LOW』公開直前イベント

DSC_6478

映画『DTC-湯けむり純情編- from HiGH&LOW』の公開直前イベントが、9月10日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲にて行われ、主演の山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹が登壇。サプライズゲストとしてダチョウ倶楽部が登場しイベントを盛り上げた。

本作は、映画、ドラマ、音楽、コミックなどあらゆるメディア展開で人気を博し、社会現象となったエンターテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」シリーズのスピンオフ作品。山王連合会の3人、ダン、テッツ、チハルが・DTCが自分探しのために旅に出た先の温泉旅館で繰り広げる様を描く、アクションなし、笑い80%、感動20%の男の友情物語。ダン役を山下、テッツ役を佐藤寛太、チハル役を佐藤大樹が演じる。

DSC_6319

DSC_6316

DSC_6502

3人は、劇中で登場する旅館でバイトする作務衣の衣装で登場! 映画として製作されたとこについて、山下は「ラジオドラマから始まった“DTC”が映画までたどり着いて、夢が叶いました。DTCができてからノリさん(平沼紀久監督)と『DTCを育てよう、最終目標は映画で』と言っていたんです」としみじみ。山下は、エグゼクティブプロデューサーのEXILE HIROに映画化について直談判したとのこと。「会食のときにアホな顔して『あの~DTCで映画とかって・・・』と話したら、『いいじゃん』と言っていただけたんです」と笑顔を見せる。

DSC_6287

DSC_6454

佐藤大樹も「HiGH&LOWシリーズの中で、スピンオフは『雨宮兄弟』の次が僕らですからね! こんなに早く実現するとは思わなかった」と喜んだ。「これからはこの3人ですよ!」と続けると、山下も「カッコよくて強い時代はもう終わり! 面白くてコミカルに動けるやつがこれからの時代を取っていきます」とキッパリ。

DSC_6309

DSC_6353

「ハイローの本編では、僕らずっと固唾をのんでますから。コブラのうしろで。顔はぼやけてますが(笑)」と言って、右、左と固唾のポーズを決める3人。また、佐藤大樹は「本編の撮影中に山下がラジオ番組出演のために抜けなければならなかったことがあったんですが、コブラのうしろで固唾をのまなきゃいけないから、健二郎さんに背丈が似ている人にダンの服を着せて固唾をのませたら、全然気付かれなかったんですよ(笑)」とエピソードを披露し、会場を沸かせた。

ここで、そんなDTCにゆかりのあるゲストとして、日本を代表する愛されトリオの“ダチョウ倶楽部”がサプライズ登場した。劇中でDTCと(八木将康、天野浩成演じる)縦笛兄弟が披露する楽曲「IIKOTO」の衣装風の格好で3人が客席を通って現れると割れんばかりの歓声があがった。

DSC_6336

DSC_6338

ダチョウ倶楽部は、DTCに合わせ「ぼくらは『DCC』です」と挨拶。大喜びのDTCの3人だが、山下が「大先輩ですから、今日はいろいろ勉強させてもらおうと思っています」と言うと、上島が「思ってないこと言うんじゃないよ!」と詰め寄っていく。ついに、上島のお決まりのキスに。山下は「上島さんとキスができて嬉しいっすよ。こんな機会、なかなかない!めちゃくちゃ唇が柔らかい」とコメントすると、上島は「事務所は大丈夫なの?俺、明日から干されないかな・・・」と恐縮していた。

DSC_6358

先に本作を鑑賞したというダチョウ倶楽部。肥後は「劇中で山下くんが歌っていた『修羅 BANBAN』がよかった。あれ、シングルカットでリリースてほしいよね」と、寺門も「最初のダンスシーンでこの後一体どうなるんだろう?と思っていたが、最後のシーンにこうつながっているのか!と感心したね」、 上島は「この映画も寅さんのようにシリーズ化してほしい。続編があるなら少しでもいいので出演したいね」と、それぞれ印象を語り絶賛した。

DSC_6399

DSC_6409

イベントでは、それぞれ3人の絆の強さを競うべくチームバトルゲームを展開。まずは、お題に対し3人で同じ回答を出したチームの勝ちとなるゲーム。「この夏3人で過ごした一番の思い出は?」という題に、DTCの3人は揃って「高知県のロケ旅」と回答。「撮影がハードスケジュールで、泊まりではなく通いで、温泉にも入れなかったんです。そうしたら先日、2日間のロケを組んでいただいたんです」と嬉しそうに語る3人。ところが、ダチョウ倶楽部も3人で「志村けんさんの舞台」と答えて引き分けとなった。

続いて「各チームのリーダーの純情なところは?」というお題に。山下は「バス釣り愛」と自ら回答するも、佐藤大樹は「DTCのグループLINE」、佐藤寛太は「ウラオモテなし!」とバラバラの答えに。ダチョウ倶楽部も3人合わず、ここで引き分け。

DSC_6420

DSC_6438

最後の対決は「布団早敷き対決」。佐藤寛太は、出てきた布団を入念にチェック。3人で雪駄を脱いで気合も十分。「よーい!スタート!」で山下は枕カバーを担当。佐藤寛太と佐藤大樹は苦戦しながらも掛け布団カバーに挑戦。山下は2人を手伝うこともなく、1人で枕カバーやシーツの端を揃える。ほぼ同時に終了したが、出来上がりの綺麗さでDTCチームが勝利した。

DSC_6500

DSC_6490

最後に山下は、「座組のみんなで、この映画を良くしたいという一心で撮った映画です。僕たちの想いでいっぱいですし、熱い想いで作りました。絆や家族愛、いろんな愛が詰まっています。家族、好きな人、友達と一緒に観に来ていただけたら嬉しいです」とメッセージを伝え、大盛況のままイベントを終了した。

DTC_B2yoko_ol

『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』
<ストーリー>
まさかの…アクションなし!
でも、友情・愛情・人情たっぷりの純情旅が、いま、はじまる――!
刺激的な日々を駆け抜け、疲れ切ったダン(山下健二郎)、テッツ(佐藤寛太)、チハル(佐藤大樹)の3人(DTC)を待っていたのは――死ぬほどモヤモヤした退屈な時間だった。
高鳴る鼓動と青春(と女子)を求めて、行く先も決めずにバイクで旅に出た3人。だが早々に所持金が底をつき、温泉街の旅館で日雇いバイトをするハメに…。そこで出会った若女将・マリ(笛木優子)と、一人娘・メグミ(新井美羽)。夫と死別し、娘を育てながら旅館を切り盛りするマリに恋心を募らせるチハル。だが、マリと番頭・宮崎(駿河太郎)が互いに惹かれあっていると知る。娘を気遣い、再婚に踏み切れないでいた二人を助けるために、仲間の縦笛兄弟(八木将康、天野浩成)、かつては闘いあったSMG(廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝)・達磨ベイビーズ(水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴)の協力を得て、3人はある作戦を実行することに!果たして、DTCの奇想天外な純情旅の結末は…?

企画/プロデュース EXILE HIRO
監督 平沼紀久 「HiGH&LOW」シリーズ 脚本/プロデュース
脚本 渡辺啓、福田晶平、上條大輔、平沼紀久
出演 山王連合会…[DTC]山下健二郎(ダン)、佐藤寛太(テッツ)、佐藤大樹(チハル)/ 鈴木伸之(ヤマト)
SMG…廣瀬智紀(MARCO)、松田凌(COSETTE)、西川俊介(LASSIE)、西村一輝(HEIDI)、
達磨ベイビーズ…水野勝(風太)、田中俊介(雷太)、守屋光治(阿形)、井澤勇貴(吽形)
縦笛兄弟…八木将康(カニ男)、天野浩成(たて笛・尾沢)
旅館「森田屋」の女将・・・笛木優子(森田マリ)、番頭・・・駿河太郎(宮崎有起)、マリの娘・・・新井美羽(森田メグミ)
企画制作 HI-AX
配給 松竹
製作 『HiGH&LOW』製作委員会
制作 イメージフィールド
公開日 2018年9月28日(金)公開
©2018「HiGH&LOW」製作委員会
公式サイト:https://high-low.jp/index.php

映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』
9月28日(金)“3週間限定”ROADSHOW!