Open Close

松坂桃李、役所広司とバディを組めて幸せ! 映画『狐狼の血』製作発表会見

DSC_7111

映画『狐狼の血』の製作発表会見が、4月3日、グランドハイアット東京にて行われ、役所広司、松坂桃李、真木よう子、石橋蓮司、江口洋介ら主要キャストが発表され、白石和彌家督、原作者の柚木裕子氏とともに登壇した。

本作は、柚木裕子のベストセラー小説を原作に映画化。暴対法成立以前の広島・呉原市を舞台に、暴力団系列の金融会社社員失踪事件をきっかけに捜査する警察と、暴力団組組織間の激しい抗争を描く、昭和の熱き男たちの物語。映画『凶悪』、『日本で一番悪い奴ら』で日本映画賞を総嘗めした白石和彌監督がメガホンをとる。

<警察小説×『仁義なき戦い』>と評される本作。原作者の柚木氏は「大好きな映画『仁義なき戦い』なくして、この作品は有りえませんでした」と語り、原作を読んだ白石監督は「昭和の最後の時代に、男たちの情念がぶつかりあった熱い作品。最近見ることができない物語性を感じました」とその作品性に惚れ込んだ様子。「一つひとつの表現を自主規制しないで、やれることは逃げずにすべてやると心に誓って、自分を奮い立たせています」と、意気揚々と述べた。

DSC_7012

P4040446

暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾役の役所は「今、広島の呉弁に悪戦苦闘しています。クランクインまでにマスターしたいと思います」と挨拶。作品の魅力について「監督と初めて会ったとき、『日本映画には元気のある作品が少ない』と話していたんです。今作は、原作のハードボイルドさに白石監督の世界観を足して、もっとアウトローで激しい世界になっています。人間臭いユーモアもあって魅力的。詳しくは話せませんが、蓮司さんしか似合わない、決めゼリフがあるので楽しみにしていてください」と語った。

DSC_7028

DSC_7023

大上の捜査に戸惑う若き刑事・日岡秀一役を演じる松坂は「胸が熱くなるような作品。役所さんに食らいついていこうと思っています」と力を込める。

役所と松坂は、すでに映画『日本のいちばん長い日』や、CMでも顔を合わせているが、役所が「僕は某CMで、松坂くんの事務所の社長役。彼は非常に頼りになる男で、普段は本当に好青年なんです」と言って会場の笑いを誘うと、松坂は「最初の出会いは、某CMの最初のシリーズだと思います。一瞬しか絡みがなかったんですが、(役所は)言葉にならないほどの存在感で、セリフが『そこまでだ、松坂!』だったので、本名を言われて嬉しかったんです(笑)」と嬉しそうに話す場面も。

DSC_7083

さらに「本作では、がっつりとバディとして作品の中で生きられるので本当に幸せ。楽しみでしょうがないです」と期待に胸を膨らませ、やる気十分。役所が「監督が撮影の余白でも作ってくれれば、酒でも飲みに行きたい」と話すと、松坂も「行きたいっすね~!」と応え、意気投合。白石監督も「任せてください! 作ります!」と笑った。

P4040448

P4040457

DSC_7048

DSC_7034

尾谷組の若頭・一之瀬を演じる江口は、これまでにない役に挑戦するが「役作りは、街でそういう人を観るとか・・・(笑)、書物や映像で研究しています。刺激的な作品になると思って楽しみにしています」と明かし、クラブ「リコ」のママ・高木里佳子役の真木は「私が男性だったらヤクザのほうで出たいです。気合いの入った女の人なので、みなさんに負けずにカッコいい女を演じようと思います」と意気込む。五十子会の組長・五十子正平役の石橋は「台本をもらったときに自分の役名が読めなかった。

DSC_7004

DSC_6998

そんな情けない組長を演じます。安心、安全な街を作れるように努めたい(笑)」とジョーク交じりに話す。個性豊かなキャストたちを前に、柚木氏が「想像していた以上のオーラと迫力で最高の俳優の方々。すごい映画になると確信しております」とコメントすると、白石監督も「最高のキャストが揃ったので、早く撮影地である広島県呉市に行ってみんなで大暴れしたい」と目を輝かせていた。

DSC_7128

映画『狐狼の血』
キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介 ほか
原作:柚木裕子「狐狼の血」(KADOKAWA)
監督:白石和彌
配給:東映
コピーライト:(c)2018「狐狼の血」製作委員会

2018年春、全国ロードショー!