Open Close

男の色気が薫りたつ、いい男たちが勢ぞろい!映画『孤狼の血』新ビジュアル公開!

役所広司、松坂桃李、江口洋介、竹野内豊
“男の色気”が薫りたつ、いい男たちが勢ぞろい!
映画『孤狼の血』新ビジュアル公開

korou_subpos

5月12日(土)公開、昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画 『孤狼の血』(配給:東映)。役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、江口洋介、竹野内豊、石橋蓮司など豪華キャストの共演が話題の映画『孤狼の血』。そしてこの度、本作出演の役所広司・松坂桃李・江口洋介・竹野内豊の個別新ビジュアルが解禁した!

a

b

c

d

所轄署の刑事である、大上章吾役の役所、日岡秀一役の松坂。そして暴力団の尾谷組と加古村組の若頭、一之瀬役の江口、野崎役の竹野内がモノクロで印象的に配置された写真に、大きな『孤狼の血』の黄色いロゴが印象的で目を引くビジュアル!
予告編などでは、「“血湧き肉躍る”映画」というコピーが現すように、怒号や銃声などが飛び交い、荒々しさが際立つ本作ですが、今回解禁されたビジュアルは今までとは打って変わってシックな印象で、まさに“男の色気”が薫りたつビジュアル…!刑事でバディを務めながらも、それぞれの正義に対する方向性が全く違うため、反発しあう大上、日岡。そして同じ若頭でも考え方も振る舞いも真逆の一之瀬と野崎。今回のビジュアルではそれぞれのキャラクターのうちに秘めた、静かな想いを現している。
そしてこちらのビジュアルを使用したポスターが4月30日(月)より、先日解禁されたアナザービジュアルと共に、東京メトロ東京・新宿・恵比寿・有楽町・六本木・虎ノ門ほか全23駅で順次掲出されていく。

※駅・係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

映画『孤狼の血』
【ストーリー】
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。
第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!

キャスト:役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、中村獅童、竹野内豊、滝藤賢一、矢島健一、田口トモロヲ、
ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介 ほか
原作:柚月裕子「孤狼の血」(角川文庫刊)
監督:白石和彌 配給:東映
コピーライト:©2018「孤狼の血」製作委員会
公式サイト:http://www.korou.jp/

5月12日(土) 全国ロードショー!