Open Close

ミュージカル『ファンタスティックス』扮装ビジュアル解禁

fantastick_pos_001

10月23日-11月14日にシアタークリエにて上演される岡宮来夢主演 ミュージカル『ファンタスティックス』の扮装ビジュアル及びコメント映像が解禁された。

2002年まで42年もの間オフブロードウェイで上演を続け、その公演回数は17,162回に及び、米国におけるミュージカル最長連続上演を記録しているミュージカル『ファンタスティックス』。
日本ではは1967年、東宝創立35周年記念東宝ミュージカル特別公演として菊田一夫が製作を手掛け、芸術座で日本初演。
今回55年ぶりに実力派演出家上田一豪の新演出により、芸術座の DNA を受け継ぐシアタークリエにて装いを新たに上演される。

『シラノ・ド・ベルジュラック』などで知られる仏劇作家エドモン・ロスタンの韻文劇『レ・ロマネスク』をもとに、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』『真夏の夜の夢』のエッセンスを織り交ぜたロマンチックなストーリーを、魅力あふれるキャストが演じる。

ミュージカル『刀剣乱舞』鶴丸国永役に抜擢され様々な舞台で活躍する岡宮来夢が主人公の若者マットを演じ、その隣人で恋仲にあるルイーザ役は、ミュージカル『アニー』主演のアニー役でデビューし、この夏話題
の舞台『呪術廻戦』に出演し今後の活躍が期待される豊原江理佳。
ルイーザの父親ベロミー役に、劇団四季出身で、『レ・ミゼラブル』での硬派な役から『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』での三枚目役まで演じ分け、ミュージカル界に欠かせない実力派、今拓哉。マットの父親ハックルビー役に、お笑い芸人でありながら、『レ・ミゼラブル』テナルディエ役で本格ミュージカル俳優としても活躍するトレンディエンジェル・斎藤司。
父親たちの計画により雇われる老俳優ヘンリーを、蜷川幸雄、ジョン・ケアードら巨匠からその演技力を高く評価され、舞台・ドラマ・映画で幅広く活躍する青山達三。旅芸人モーティマー役を本作がミュージカル初出演となるアンガールズの山根良顕が演じます。物語を見守るミュート(黙者)を務めるのは俳優でダンサーの植田崇幸。そして登場人物たちを時に翻弄し、導く流れ者、エル・ガヨ役は元宝塚歌劇団星組男役スターで退団後本作が初ミュージカル出演となる愛月ひかるが演じる。

タイトル:ミュージカル ファンタスティックス
本・詞 トム・ジョーンズ
音楽 ハーヴィー・シュミット
翻訳・訳詞・演出 上田一豪
出演: 岡宮来夢 豊原江理佳 今拓哉 斎藤司 植田崇幸 青山達三 山根良顕/愛月ひかる
公演情報:2022年10月23日(日)~11月14日(月) 日比谷シアタークリエ
製作:東宝株式会社
作品公式 HP https://www.tohostage.com/fantasticks/   コメント映像もこちらから