Open Close

大興奮の幕が開いた!降り注ぐ12トンの雨『SINGIN’IN THE RAIN ~雨に唄えば~』囲み取材&公開ゲネプロ

gp26
史上最強にして、最高のエンタテインメントミュージカル『SINGIN’IN THE RAIN ~雨に唄えば~』が、ついに日本で初日を迎えた。
主演は、マシュー・ボーンの「白鳥の湖」、映画「リトル・ダンサー」で一大旋風を巻き起こした、世界のスーパースター・ダンサー、アダム・クーパー。

SINGIN' IN THE RAIN舞台写真1s

歌とダンスに胸弾ませ、降り注ぐ12トンの雨にびっくり!そして甘いロマンスにうっとり…。
ミュージカルの楽しさを詰め込んだ『SINGIN’IN THE RAIN ~雨に唄えば~』が11月1日夜に初日の幕を開けるのに先立ち、囲み取材&公開ゲネプロが行われた。

gp7

gp12

《囲み取材》
ステージ衣装の白いコートのアダム・クーパーが、演出のジョナサン・チャーチと登場すると、劇場のロビーが一瞬で華やかになった。
「この公演実現のために長い間話し合いを重ねてきました。こんなにステキな劇場とセットで、日本の観客にお見せできることができて、とても嬉しい」とアダム。
ジョナサンも「アダムと(ロンドン公演を終えて)一年ぶりに再会できて嬉しい」と初日に興奮気味。

s1

アダムのダンスと共に大きな見どころとして話題をさらった水の演出は「ロンドンでの劇場で、3方向に舞台を囲む観客を楽しませようと考えたアイデア。実はあんまり言いたくないんだけれど、ドラマ「glee/グリー」で見た『雨に唄えば』とリアーナ(Rihanna)の『アンブレラ』 のリミックスから着想を得た」とジョナサンが明かした。

s3

ジョナサンが「水の中でアダムが恋の喜びを表現するダンスを堪能して欲しい」と言えば、アダムは「濡れることも楽しんでね」とキュートに微笑んだ。

SINGIN' IN THE RAIN舞台写真4s

《公開ゲネプロ》
噂には聞いていました。とにかく楽しいと。なんと、本当にそうでした!
そしてここまで楽しいとは!
gp24
軽やかで、時に甘い音楽。はじけるエネルギーに満ちたダンス。次々に現れる豪華なドレスの数々!色鮮やかに舞台を彩る衣装に目を奪われ、心地よい歌に身を委ね、ちょっとハラハラ。客席からはサプライズに悲鳴が上がる場面もあり。とにかく、あっという間の2時半40分。
今日は眠りにつくまで、歌い続けてしまいそうです。

【公演情報】 『SINGIN’IN THE RAIN ~雨に唄えば~』  英語上演/日本語字幕付
公演期間:2014年11月1日(土)~ 11月24日(月・祝)
公演会場:東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11F)
チケット : S席13,000円 A席11,000円 B席9,000円
U-25チケット 6,500円
(25歳以下対象・当日指定席券引換・要身分証明書/ホリプロチケットセンター、チケットぴあにて前売販売のみの取扱い)